石垣島

Category: 石垣島  

石垣島は、沖縄県内で沖縄本島、西表島に次いで3番目に大きい島で、現在約5万人が暮らす沖縄県の離島。
八重山諸島の政治・経済・教育・交通などの中心地として現在は自衛隊配備が決定し、宮古島・奄美大島と同時進行
で尖閣諸島への中国脅威にらみをきかせ、南西防衛強化を急いでいる。
本土に住む我々も常に注視しておきたい島である。そんな石垣島だが先の大戦中、沖縄本島の様な地上戦は無かった
ものの、陸海軍の航空基地や震洋特攻基地があった為、度重なる空襲に悩まされた島だった。
今回、石垣市も保存に力を入れていない事もあって、ほとんど知られていない石垣島の戦跡を巡ってきた。
DSCN7843_convert_20170104225132.jpg
関西国際空港から約2時間、石垣島が見えてきた。2013年にオープンした新石垣空港に着陸する。
DSCN7799_convert_20170104225716.jpg
新しい空港は非常に綺麗。しかし住民の理解を得て工事着工から完成まで新空港建設には約30年の歳月を要した。
DSCN6561_convert_20170104225011.jpg
2013年3月まで使用されていた旧石垣空港は、大戦中の海軍石垣島南(平得)飛行場だった。この旧飛行場滑走路を延長
させれば新石垣空港を作らなくても良いのではないか?という意見がある中での遅れ遅れの新空港建設着工だった様だ。
旧石垣空港は滑走路が1500mしか無く、ボーイング737でさえ、乗客や荷物を積んで燃料を満タンにすると1500mで
は離陸出来なかった。なので石垣島から本土へ直行便を飛ばす事が出来ず、那覇で燃料補給を余儀なくされていた。
日本海軍平得飛行場当時は滑走路1200m、それでもゼロ戦を飛ばすには十分な滑走路だった。
海軍石垣島南(平得)飛行場(旧石垣空港)からは太平洋戦争(大東亜戦争)中の昭和20年4月1日~5月に、神風特別攻撃隊
「大義隊」が沖縄本島に上陸を開始した米軍艦隊に向けて爆装零戦で特攻出撃している。
DSCN7862_convert_20170105183911.jpg
▲海軍平得(ひらえ)飛行場の図(計画では2000m級の滑走路を3本持つ広大な飛行場計画だった)
平得飛行場は海軍平喜名飛行場への観音寺部隊の駐屯と歩調を合わせるように、昭和19年2月に工事着工。
本土の原田組によって施工され、1日延べ約2000人を動員した。現場事務所前には「この工事は天皇陛下の工事である」
と書かれた立て札があったという。
昭和19年当時八重山の人口は約33000人。そこへ県立八重山農学校に司令部を置いた「独立混成第45旅団」を中心に、
陸海軍合わせて約8000人の軍人が移駐して来た事で、食糧不足が深刻な問題となっていった。
※独立混成第45旅団は日本陸軍沖縄第32軍隷下の宮古島及び石垣島の基地設定を命じらた宮崎武之少将の部隊。
ishigakiminamihikojyoww2_convert_20170111203531.jpg
▲米軍の激しい空襲にさらされる海軍石垣島南(平得)飛行場。
DSCN7008_convert_20170104231711.jpg
▲かつての海軍石垣島南(平得)飛行場の面影は何も残っていなかった。
DSCN7861_convert_20170104233534.jpg
▲昭和59年頃撮影された平得飛行場に現存していた掩体壕。
DSCN7014_convert_20170104233953.jpg
▲その掩体壕が残っていたとされる場所に行ってみたが、何と壊されていた・・・私有地だった様なので仕方ないのか。
ohhamakaigunentaigo_convert_20170105192102.jpg
▲10年以上前に撮影された平得飛行場の大浜掩体壕。2000年代だがまだちゃんと残っていた・・・。
hiraeentaigo_convert_20170105192541.jpg
▲鉄筋入りコンクリートと石垣を組み合わせた強固な作りだった様で、この掩体壕は建設途中だったそうだ。
DSCN7013_convert_20170104234238.jpg
▲かすかに残る遺構は、サトウキビ畑に変わった駐機場辺りに残る当時のコンクリート。粗目のコンクリートが当時を
かすかに伝えている様だった・・・。
DSCN7009_convert_20170104234712.jpg
ここから神風特別攻撃隊「大義隊」が約420キロ離れた沖縄本島へ特攻出撃した事を伝える痕跡は何も無い・・・。
以下、海軍南(平得)飛行場から出撃した神風特別攻撃隊「大義隊」の出撃記録。※海軍平喜名飛行場からも可能性有
昭和20年4月1日神風特別攻撃隊「第1大義隊」 石垣島平得飛行場より零戦で出撃
清水 武中尉(山口県出身)/酒井 正俊中尉(岐阜県出身)/松岡 清治2飛曹(埼玉県出身)/大田 静輝2飛曹(広島県出身)
昭和20年4月2日神風特別攻撃隊「第2大義隊」 石垣島平得飛行場より零戦で出撃
伊藤 喜代治中尉(東京都出身)
昭和20年4月4日神風特別攻撃隊「第4大義隊」 石垣島平得飛行場より零戦で出撃
矢田 義治上飛曹(愛知県出身)
昭和20年4月5日神風特別攻撃隊「第5大義隊」 石垣島平得飛行場より零戦で出撃
小林 友一上飛曹(山梨県出身)/辻村 健一郎1飛曹(山口県出身)
昭和20年4月13日神風特別攻撃隊「第9大義隊」 石垣島平得飛行場より零戦で出撃
満田 茂中尉(兵庫県出身)/山崎 隆2飛曹(京都府出身)
昭和20年4月14日神風特別攻撃隊「第10大義隊」 石垣島平得飛行場より零戦で出撃
粕谷 仁司中尉(兵庫県出身)/三浦 義信2飛曹(北海道出身)
昭和20年4月17日神風特別攻撃隊「第12大義隊」 石垣島平得飛行場より零戦で出撃
斎藤 信雄飛曹長(茨城県出身)/文谷 良明1飛曹(大阪府出身)
昭和20年4月28日神風特別攻撃隊「第15大義隊」 石垣島平得飛行場より零戦で出撃
和田 文蔵2飛曹(長崎県出身)
昭和20年5月4日神風特別攻撃隊「第17大義隊」 石垣島平得飛行場より零戦で出撃
細川 孜中尉(長野県出身)/橋爪 和美2飛曹/佐野 一斉2飛曹(山梨県出身)
※「第17/18大義隊」は台湾の宜蘭基地から。「第17大義隊」2機が八重山諸島宮古基地から出撃している。
DSCN7022_convert_20170105155037.jpg
▲平得飛行場敷地内だった画像の場所は、その昔、地元民の居住区だった様で、海軍が居住区を全て接収して飛行場を
建設したという。掩体壕が何基も並んでいたとされる場所は、昔の地元民の居住区が復元されつつあるが、この場所ま
で旧石垣空港の滑走路を延長すれば新空港建設の必要は無かった様だが、新空港建設の理由として無理やり遺構を復元
した感が強く、資料も無く、創造だけで復元された特に価値の無い遺構は管理費を生み出すダシとなりつつある。
DSCN7020_convert_20170105155446.jpg
▲一見すると沖縄独特の城(グスク)の様にも見えるが、そうではないらしく、詳しい資料も全く無いとの事。
DSCN7017_convert_20170105155710.jpg
▲この場所も平得飛行場敷地内だった。当時を思わせる日本軍飛行場独特の粗目のコンクリートが残っていた。
画像右手には掩体壕が立ち並び、この道は飛行場当時のものだと言う。零戦が滑走路に向けて移動したり、駐機したり
していただろう。石垣市の土地という事なので、何基かでも掩体壕が残っていれば、神風特別攻撃隊「大義隊」の慰霊
碑とセットで供養の場所として少しでもスペースを確保して欲しかった・・・。
掩体壕を全て破壊し、謎の史跡を復元させた石垣市にも過去の戦争を思い起こしたく無い色々理由があったのだろう。
敗戦国の日本で戦争遺跡を残すというのは本当に難しい様だ。
sirahohikojyo1_convert_20170105182855.jpg
▲米軍統治下の1970年頃に撮影された平得飛行場(旧石垣空港)
DSCN7036_convert_20170105154208.jpg
▲謎の遺構がある場所の地下には平得飛行場施設当時の豪が残されている。
DSCN7033_convert_20170105160232.jpg
早速中に入ってみると、わりと綺麗に掃除されていた。謎の史跡とセットで文化財化するつもりか?
DSCN7028_convert_20170105160413.jpg
それほど長い距離では無いが、途中に爆風除けらしき石積みがあり、一番奥で左に折れて崩落していた。
DSCN7030_convert_20170105160804.jpg
最後まで見たので、振り返って入口を撮影し、豪を出た。
DSCN7031_convert_20170105160838.jpg
石垣島には自衛隊500人~600人規模の駐屯が決定している。しかし島民全員が歓迎している訳では無い・・・。
DSCN6645_convert_20170108211942.jpg
※写真を撮り忘れたが、当然自衛隊配備推進派の看板も沢山あった。半々で意見が分かれている印象だった。

初日、石垣島に到着してまず向かったのが南部のサザンゲート広場(石垣新港埠頭緑地公園)だ。
DSCN6563_convert_20170105093654.jpg
公園内に平成25年8月15日地元有志と全国各地からの寄付によって建立された「伊舎堂用久中佐と隊員の顕彰碑」が
あるからだ。石垣島に到着したらまずは此処に来て、八重山諸島巡り旅の安全祈願と、感謝の誠を捧げたかった。
太平洋戦争(大東亜戦争)関連のモニュメントとしては沖縄県で最も新しいものだという。逆に今まで忘れ去られる様に
歴史の中に埋もれていた事が非常に歯痒い思いもした。
DSCN6564_convert_20170105095816.jpg
▲▼駐車場に車を停め、少し歩くと公園内の海沿いの場所に「伊舎堂用久中佐と隊員の顕彰碑」はあった。
DSCN6566_convert_20170105095720.jpg
昭和20年3月26日石垣島にあった陸軍白保飛行場から沖縄本島に向け、「沖縄戦」陸軍航空特攻第1号として特攻出撃
した陸軍特別攻撃隊「誠第17飛行隊」 の隊長が伊舎堂用久大尉(沖縄県石垣市登野城出身)だった。
伊舎堂大尉は出撃を前に、家族が面談にき来ても、「郷里遠く離れて石垣島にやってきて家族にも会えない部下達がい
るのに自分だけが会うわけにはいかない」と、最後まで家族と面会せず、部下と共に慶良間諸島に停泊する米艦隊に体
当たり攻撃をかけ散華した。
DSCN6571_convert_20170113231354.jpg
▲石碑には、石垣島陸軍白保飛行場から出撃した特攻隊員の名前が出身地・年齢と共に刻まれている。
DSCN6572_convert_20170105100948.jpg
▲石碑の裏側には以下の内容が刻まれている。
『大東亜戦争終結六十八年を経たわが国は、戦後の荒廃を乗り越え、平和で豊かな生活を送ることが出来ています。現
代のわが国の平和と繁栄は、国家存亡の危機に殉じた英霊と戦争の犠牲となった多くの方々の礎によってもたらされた
ことを心に留め、その史実を後世に伝えていかねばなりません』
isyadhoyoukyutaityo.jpg
▲伊舎堂 用久大尉(沖縄県石垣市登野城出身 享年24歳)
isyadotaiimakoto17hikoutai.jpg
▲誠第17飛行隊隊員勇士。上列右から3人目が伊舎堂用久大尉(沖縄県石垣市登野城出身)
昭和20年3月26日04:00石垣島陸軍白保飛行場より99式襲撃機で出撃、突入戦死。
伊舎堂 用久大尉(沖縄県石垣島出身24歳)/川瀬 嘉紀大尉(三重県出身24歳)
黒田 釋少尉(愛媛県出身21歳)/安原 正文大尉(高知県出身24歳)/久保 源次郎大尉(千葉県出身23歳)
有馬 達郎少尉(鹿児島県出身17歳)/林 至寛少尉(東京都出身17歳)/芝崎 茂大尉(埼玉県出身24歳)
(独立飛行第23中隊)三式戦闘機「飛燕」で出撃(直掩/特攻)
阿部 久作大尉(北海道出身29歳)/須賀 義榮少尉(千葉県出身23歳)/長野 光宏少尉(東京都出身21歳)
金井 勇少尉(富山県出身21歳)/岩本光守少尉朝鮮名不詳(朝鮮出身20歳)/廣瀬秀夫少尉(香川県出身19歳)
安西 為夫大尉(米軍機と空中戦の末被弾、沖永良部島に不時着)
(飛行第17戦隊)
平井 俊光少佐(岡山県出身21歳)/児子 国高大尉(岡山県出身21歳)/西尾 卓三大尉(東京都出身25歳)
国谷 弘潤大尉(富山県出身21歳)/勝又 敬大尉(愛知県出身24歳)/照崎 善久少尉(大阪府出身21歳)
西川 福治少尉(兵庫県出身21歳)
(飛行第105戦隊)
長谷川 斎大尉(愛知県出身23歳)/山元 正巳少尉(鹿児島県出身19歳)/永田 一雄少尉(鹿児島県出身20歳)
石田  勝少尉(岐阜県出身20歳)/小川 多透少尉(福岡県出身20歳)/丸林 仙治少尉(岡山県出身19歳)
内藤 善次少佐(東京都出身22歳)
(飛行第19戦隊)
根本 敏雄大尉(千葉県出身22歳)/倉澤 和孝大尉(長野県出身22歳)/栗田 常雄少尉(静岡県出身22歳)
合計31名が、石垣島陸軍白保飛行場より特攻出撃し、慶良間洋上にて突入戦死している。
99syugekiishigaki.jpg
▲陸軍99式襲撃機
現在、陸軍白保飛行場の遺構としては弾薬庫が数か所残されている。
DSCN7081_convert_20170110140513.jpg
▲草木に覆われ、道路からはほぼ確認出来ない様な場所にそれはひっそり残っていた。
DSCN7066_convert_20170105163357.jpg
今回、2つの豪(弾薬庫)を確認する事が出来た。
DSCN7072_convert_20170105163602.jpg
▼一つは中に入る事が出来た。奥で左に徐々に折れて隣の豪に続いていた。
DSCN7071_convert_20170105163742.jpg
▼しかし隣の豪(弾薬庫)は水没していたので、見学を止めておいた。
DSCN7079_convert_20170105164046.jpg
▼奥で右に徐々に折れ、隣の豪と繋がっている。
DSCN7074_convert_20170105164105.jpg
▼辺り一帯は陸軍白保飛行場の敷地だった場所だ。
DSCN7064_convert_20170105163259.jpg
通りかかった軽トラに乗ったお爺さんが、当時の空襲の様子を教えてくれた。聞けば昭和20年の空襲時は小学2年だっ
たそうだ。度重なる米軍の空襲で穴だらけになった滑走路の砲弾跡を毎回必死に埋め戻す作業に従事したという。
話を聞いているうちに、直ぐに「みのかさ部隊」を思い出した。
陸軍白保飛行場は、陸軍航空本部が昭和18年末頃着工昭和19年5月下旬第32軍に工事が引き継がれ8月滑走路が完成
白保飛行場の建設や補修に従事したのが昭和19年11月地元住民から召集された「郷土防衛隊」第506特設警備工兵隊
(高良隊)だ。その愛称は、「みのかさ部隊」と呼ばれた。何故「みのかさ」なのか?
 物資不足の折で軍服は配給されず、着衣はすべて私服だったからだ。当時を知る宮良祐八さん(87)は「雨が降ると、
みのかさをかぶり作業したところから「みのかさ部隊」と呼ばれた。」と語っておられる。
「空襲の酷い時には、頭に2~3ミリの薄い鉄板を切り取った鉄かぶとも被った事がある。」と、振り返る。
靴のない者はわらじを履き、野良仕事の為に田畑に出かける格好そのままだったと言う。
米軍機は日本の特攻機の出撃を妨げ様と、白保飛行場に連日の爆撃を浴びせた。「みのかさ部隊」は特攻機の離着陸を
可能にする為、敵機が去るのを待ち、モッコで土を運び、スコップで弾痕の穴を埋めた。作業中に米軍機が来襲し機銃
掃射を浴びせることもしばしばで、犠牲者が続出した。時には自宅の塀(石垣)を持って行って埋めるのに利用した。
部隊の一員だった故石垣正二さんは回想録で「血のにじむような思いで補修したら、翌日はまた(敵機が)来襲して破
壊していくという具合で、連日の出動に兵は精根も尽き果てていた」と語る。
それでも作業は沖縄戦終結まで続き「みのかさ部隊」は「八重山諸島の戦闘では最も功績が多い」と言われたという。
DSCN7864_convert_20170105183000.jpg
▼▲昭和20年、米軍の爆撃を受ける陸軍白保飛行場
ishigakijimakusyu_convert_20170105181146.jpg
▼緑で示した部分が現在使用されている新石垣島空港だ。
DSCN786486_convert_20170107011524.jpg
▼石垣島地図で飛行場を見る。
ishigakijima.jpg
黄印(新石垣空港)、緑印(陸軍白保飛行場)、紫印(海軍平得飛行場/旧石垣空港)、ピンク印(海軍平喜名飛行場)

石垣島に初めて飛行場が完成したのは昭和8年に完成した平喜名飛行場(海軍石垣島北飛行場)である。
現在跡地の大部分が国際農林水産業研究センター熱帯・島嶼研究拠点となっており一般人立入禁止となっている。
敷地内に通信施設が現存(見学不可)、北側の宮良川沿いの崖には、昭和18年12月に佐世保海軍航空部隊から来た
観音時部隊の駐屯した壕が現存している。石垣島では最大級の地下豪陣地である。
※昭和19年1月には石垣島で「郷土防衛隊」として第227特設警備隊(三木隊)、第226隊(又吉隊)が招集、編成される。
※石垣島南東部に位置する石垣市宮良には宮良飛行場(秘匿飛行場)も存在していたそうだ。
DSCN7132_convert_20170105215438.jpg
▼宮良川
DSCN7133_convert_20170105215620.jpg
▼平喜名橋
DSCN7087_convert_20170105215751.jpg
▼平喜名橋を渡ると、そこからはかつて海軍平喜名飛行場(海軍石垣島北飛行場)だった場所だ。
DSCN7130_convert_20170105220220.jpg
川沿いを進んで行くとジャングルに戻りつつある元飛行場下の崖に向かう。左は川、右手丘の上は元飛行場。
DSCN7128_convert_20170105220547.jpg
藪の中に入り、崖沿いを進んで行くと・・・平喜名飛行場地下豪口があった!大きい坑口!
DSCN7090_convert_20170105220828.jpg
特に危険な様子も無いので、早速入豪を開始する。
DSCN7092_convert_20170105221504.jpg
しばらく奥に行くと左に曲がっている。
DSCN7093_convert_20170105221727.jpg
海軍掘削という事もあり、とのたま氏とyakumo氏に連れって行ってもらった野島地下壕によく似ている。
DSCN7096_convert_20170105222407.jpg
左へ折れてからも奥まで続いている。石垣島まで来てこの様な豪探索が出来るとは夢にも思わなかった。
DSCN7095_convert_20170105222651.jpg
再度左へ折れると、外へと抜ける場所があった。海軍らしいコンクリートまきだ!
DSCN7097_convert_20170105222944.jpg
筆者との比較で豪の大きさが解って頂けると思う。
DSC_4808_convert_20170108112849.jpg
素晴らしい!戦闘が無かったとはいえ、強固に作られている。
DSCN7099_convert_20170105223305.jpg
外に出てみると爆風除けの石垣など、かなり上陸戦闘を意識して作られている。
DSCN7111_convert_20170105223627.jpg
幹部クラスの避難豪としての役割もにらっていた為か、南方離島の豪としてはかなり手間がかかっている様だ。
DSCN7100_convert_20170105224019.jpg
▲碍子などもそのまま放置されており、豪内に電気が通っていた事が確認出来る。
DSCN7108_convert_20170105224257.jpg
▲発電機の台座の様な跡も残っている、まだ奥へと続いている。
DSCN7101_convert_20170108160513.jpg
▲行き止まりかと思ったが左へ折れ、出口へと続いていた。
DSCN7102_convert_20170105224653.jpg
▲また外へと抜けた。豪口は3つ確認出来た。
DSCN7103_convert_20170105225833.jpg
▼さぁ、戻ろう。
DSCN7106_convert_20170108160853.jpg
▼元来た通りに戻って地下壕を後にした。
DSCN7123_convert_20170106195937.jpg
▼地下壕を出て丘の上へ。豪の上(地上)は畑になっている。かつて此処は日本軍機が駐機していた場所だ。
DSCN7139_convert_20170106145542.jpg
画像の斜め左側下が宮良川だ。
DSCN7138_convert_20170106145916.jpg
▼畑と国際農林水産業研究センターの間には道路が走っている。左側が畑、右側は国際農林水産業研究センター
DSCN7141_convert_20170106150207.jpg
国際農林水産業研究センター敷地内には通信豪が残っているそうだが、徐々に壊されつつあるとの事。
DSCN7136_convert_20170106150504.jpg
▲国際農林水産業研究センター敷地内が平喜名飛行場(海軍石垣島北飛行場)の滑走路があった場所だ。

屋良部岳(216m)山頂の大岩の上にに機銃台座跡が残されているとの事で登山してみた。
DSCN72023_convert_20170106153222.jpg
▲中腹までは車で行けたが、そこからは足で登山となる。
DSCN7196_convert_20170106153754.jpg
多少足場は悪いが、一応登山道となっているので誰でも登れる道だ。
DSCN7192_convert_20170106154007.jpg
▲こんな岩も乗り越えて登っていく。
DSC_4825_convert_20170108112046.jpg
▲登山はこんな感じ、写っているのは筆者。
DSCN7188_convert_20170106154134.jpg
▲頂上の岩が見えた!ここまで約15分~20分ぐらい。
DSCN7171_convert_20170106154519.jpg
▲頂上の岩の上まで来ると確かにあった。台座跡が。しかし機関銃座ではなさそうだ。小さいので観測機器の台座跡と
思われる(情報求む)。しかし、ここからの眺めは絶景!於茂登岳や川平湾が一望出来た。
DSCN7168_convert_20170106155426.jpg
▲正面の山が於茂登岳。右手奥の湾は川平湾。その手前方向のビーチは米原海岸という事になる。
DSCN7152_convert_20170106160146.jpg
▲アングルを左(西側)にもっていくと、崎枝方面の御神崎の灯台まで見えた。
DSCN7162_convert_20170106160626.jpg
ガイドブックにも掲載されない戦跡が観光客にも忘れ去られ、踏まれながらひっそりと残っている。
DSCN7164_convert_20170106160918.jpg
▼米原ビーチに向かう途中、小さな展望台っぽい場所があったので立ち止まった。何やら高級住宅街の匂いがした。
DSCN6751_convert_20170108205152.jpg
▼石垣島はプチバブル。本土移住者向の売土地は海沿いの至る所にあるが、とても私が買える様な価格では無い。
DSCN6757_convert_20170108211157.jpg
▼地元の方は台風を考えて海沿は敬遠すると言うが、やはり綺麗な海が見えるロケーションはいいな~別荘欲しい!
DSCN6758_convert_20170108211251.jpg
▼石垣市桴海地区にある米原ビーチは「米原キャンプ場」として古くからある有名な場所。
DSCN6774_convert_20170106161541.jpg
平成2年4月16日オウム真理教の麻原教祖は、「日本が沈没する」との予言のもと救済セミナーを指示。
1270人の信者を引き連れ石垣島に集結し、米原キャンプ場で「石垣セミナー」を開催、約500人の出家者を認定。
静かな米原キャンプ場には1300人の教壇関係者とマスコミなどが殺到。現場は大混乱となった。
当時無料だった米原キャンプ場はそれ以来有料となり、キャンプをするには住所氏名を書類に書く事になったという。
DSCN6772_convert_20170106163548.jpg
透き通る様な海は絶景だ。本土からの旅行者は地元民の迷惑とならない様、心がけて楽しみたい。
DSCN6770_convert_20170106163816.jpg
オウム真理教「外報部長」だった上祐 史浩の元運転手は石垣島の老舗ホテルでフロント業務をしていたり、工芸品販売
員などをしながら島に残り、まだ残党が少なからず残っていると聞いた。
戦跡と関係無い話だが、上祐元受刑者が代表の「ひかりの輪」が、狂気の団体としてまだ存在する事に憤りを感じる。
2度とこの様な宗教団体が島に入らない事を熱望する。
▼戦跡から離れついでに、ミーハーと言われながらも米原キャンプ場から近いのでちょっと覗いてみた。
DSCN7713_convert_20170106165159.jpg
▲大麻女優と呼ばれた「高樹 沙耶」(益戸 育江)が経営する1500坪のコテージ「虹の豆 浮世離れ」の入口だ。
2016年10月25日大麻取締法違反(所持)の疑いで現行犯逮捕されてから主を失い、現在は当然営業していない。
個人的には、ジャングルを切り開き、3年かけて本人と数人の手作りで作り上げたコテージは凄いと思っていたし、自
然回帰活動を推進し、自給自足の生活をする益戸 育江に憧れが無い訳では無い。
しかし、資本主義社会から離れて自由に生活するのは良いとしても法律違反は・・・非常に残念。戦場の極限状態でも
ない限り、平和な世の中で健康、五体満足であれば人間に薬物は基本不要!!と言いたい。
彼女を信用して手伝ったり関わった地元の方達も裏切った事になる。ナイチャーのイメージを下げないで頂きたい。

話が戦跡から脱線したが、元に戻したいと思う。
戦時中、石垣島には度々米軍の空襲があったのはお伝えした通りだが、現在でも工事等の度に不発弾が多く出る。
不発弾を除去した後、処理するまでの間保管しておく施設が作られている。屋良部岳周辺に最近建設されたそうだ。
DSCN7204_convert_20170106181411.jpg
旧海軍の防空壕にそっくりなこのコンクリート製の建物の中には不発弾がギッシリ保管されている。
DSCN7203_convert_20170106181324.jpg

崎枝に足を延ばすと明治30年建造の「電信屋」と呼ばれる建物がある。正式名称「元海底電線陸揚室」
DSCN7244_convert_20170106182037.jpg
▼大崎牧場では牛がのんびりしていた。石垣牛は有名だが、基本子牛での出荷がメイン。本土で育てられて「神戸牛」
や「宮崎牛」などのブランド牛となる。サトウキビ農家より買い取り価格が良い黒毛和牛の酪農にシフトしつつある。
DSCN7249_convert_20170106203536.jpg
アスファルトの道から大崎牧場が見えたら左へ。凸凹道を海に向かって走っていくと弾痕だらけの建物は建っていた。
DSCN7243_convert_20170106205825.jpg
「沖縄戦」では重要な軍の施設と見なされ、連合軍の空からの猛攻撃を受けた。弾痕が多く残っている。
DSCN7219_convert_20170106221735.jpg
▲中は劣化が進んでいるが空襲を受けながらも100年以上この場所に建ち続けている。
DSCN7236_convert_20170106183537.jpg
鹿児島~奄美諸島~沖縄本島~石垣島~台湾(基隆)を結んでいた海底ケーブルの陸揚施設だった。
DSCN7783_convert_20170106222205.jpg

DSCN7217_convert_20170106183855.jpg
▼「電信屋」の裏は綺麗な大崎ビーチだ。
DSCN7238_convert_20170106203046.jpg
戦跡も魅力的なのだが、どうしても綺麗な海を眺めてしまう・・・。
DSCN7237_convert_20170106210759.jpg

DSCN7208_convert_20170106211102.jpg

DSCN7212_convert_20170106211228.jpg

DSCN7214_convert_20170106211508.jpg

▼川平湾は国の名勝に指定されている。島内随一の人気観光地で、世界有数の透明度を誇る海に、小さな島々が浮かぶ
風景はパラオ共和国を思い出した。此処は絵に描いたような絶景だ。
DSCN6669_convert_20170106224104.jpg
時間が経つのも忘れてしまう程の絶景だった・・・。
DSCN6680_convert_20170106224816.jpg
ここは日本か・・・と思う程美しいビーチと海。大戦中も風景は同じだっただろう。
DSCN6706_convert_20170106230047.jpg
▼戦後の昭和41年3月に撮影された川平湾
ishigakijimakawahirawan19660306_convert_20170106230542.jpg
▼17世紀中葉に創建されたという川平観音堂。
DSCN6718_convert_20170108170637.jpg
▼綺麗な景色を眺めるのもほどほどに目的地に向かう。川平湾の奥(矢印の部分)は第19震洋隊の「特攻艇秘匿壕跡」
DSCN6664_convert_20170106230124.jpg
昭和19年2月16~18日、日本海軍基地があり、連合艦隊の停泊地でもあった「トラック諸島」(現チューク諸島)が米
軍による大空襲を受けて壊滅状態になって以降、南西諸島の防備強化が着手され、昭和19年4月沖縄方面根拠地隊が編
成された。続いて9月、宮古島・石垣島に警備隊が新設され、大島防備隊と共にその指揮下に入った。
海軍石垣島警備隊(司令官は井上乙彦大佐)はバンナ岳に司令部を置いた。
昭和19年10月15日、川平湾に海軍第19震洋隊50隻が配備される(大河原中尉以下186名内4名戦死)
この時住民は九州の宮崎への疎開を命じられたが、川平の住民と町会議員の粘り強い陳情によって昭和19年10月15日
石垣島の崎枝地区への移転に疎開命令が変更された。
既に昭和19年7月には奄美大島・徳之島・沖縄本島・宮古島・石垣島(八重山諸島)の子供、老人を、本土と台湾に緊急
疎開させる事を閣議決定していたので、9月頃からは石垣島の島民も台湾への疎開をはじめていた。
しかし、米軍の空襲を避けて夜間に出航した「ポンポン船」や木造船は米軍の低空機銃掃射に襲われ、亡くなる者も多
かった。中には「魚釣島」(尖閣諸島)に漂流し、無人島の魚釣島の飢餓地獄で命を落とした者も少なくないという。
DSCN6690_convert_20170108171951.jpg
美しい川平湾をグラスボートで遊覧するツアーに多くの観光客が吸い込まれていく。特攻艇秘匿壕目的で此処を訪れた
人が一体年間何人いるだろう・・・ま、特攻艇「震洋」を知っている人も少ないけど・・・。
DSCN6693_convert_20170108172013.jpg
▲景色は堪能させて頂いたが、グラスボート遊覧は行かず、特攻艇秘匿壕探しに向かった。
DSCN7358_convert_20170107222630.jpg
▲観光客でにぎわう人気の景勝地、グラスボート遊覧乗り場から車で少し南へ移動、解りにくい枝道から川平湾に出る
DSCN7353_convert_20170107223214.jpg
お昼14:00頃の引き潮時がよいだろう。「特攻艇秘匿壕跡」まで歩き易い。
DSCN7351_convert_20170107223652.jpg
▲画像中央の海岸を注意深く見ながら川平湾グラスボート遊覧乗り場に向かって戻る様に歩いていくと・・・。
DSCN7339_convert_20170107223917.jpg
▲あった!海軍第19震洋隊の特攻艇「震洋」を格納していた「特攻艇秘匿壕」。西側には5つ残っているはず。
DSCN7266_convert_20170107224351.jpg
▲1つ目は入口から直ぐ入った所で崩落していた・・・。2つ目に向かう。
DSCN7278_convert_20170107225729.jpg
▲草木に覆われて思わず通り過ぎてしまったが、見つけた!2つ目。
DSCN7267_convert_20170107224834.jpg
▲此処は崩落は無さそうだがしっかり柵が設置されていた。
DSCN7272_convert_20170107225010.jpg
▲崩落・落盤・陥没の危険性は良くわかるが、「特殊地下壕」って何??ちゃんと説明版書こうよ・・・。
DSCN7270_convert_20170107225447.jpg
▲柵の間から中を撮影。奥が崩落している・・・、確かに危ないわ・・・。気を取り直して3つ目を探す。
DSCN7280_convert_20170107230014.jpg
▲戦跡巡りとはいえ、綺麗な川平湾の海に気をとられ、思わず眺めてしまう程の美しい海と景色。
DSCN7289_convert_20170107230255.jpg
▲豪と豪の間隔がほぼ一定なので、もう慣れたもの。3つ目発見!此処は入れそうだ。
DSCN7288_convert_20170107230530.jpg
早速入豪する。
DSCN7283_convert_20170107230655.jpg
1つの豪に、全長約5mの震洋が5隻収められていたというから長さ25mはあるだろう。
DSCN7284_convert_20170107232141.jpg
所々小崩落は見られるが突き当りまで行けた。
DSCN7286_convert_20170107232346.jpg
さぁ、豪を出て4つ目を探そう。米軍が撮影した「震洋」。米兵との比較で大きさがよくわかる。
okinawaIshikawaIsthmussinyotei_convert_20161003104744.jpg
▼あっさり4つ目を発見。一番解り易かった。此処に「震洋」が入っていたんだな・・・。
DSCN7296_convert_20170108095807.jpg
▼沖縄本島で米軍に鹵獲された海軍特攻艇「震洋」。ベニア板で製作された船体にトラックのエンジン・・・。
kaigunsinyo222_convert_20161003104102.jpg
船首部分に250キロ爆弾を搭載。敵艦に体当たりする特攻ボートだ。
DSCN7295_convert_20170108100508.jpg
4つ目にもこの看板・・・、マジックで[ 旧日本海軍特攻艇「震洋」秘匿壕跡 ]と書きたくなる・・・。
DSCN7291_convert_20170108102539.jpg
▲奥の方は赤土が入り込んで崩落している・・・。
DSCN7313_convert_20170108103655.jpg
▲5つ目はまわりこんだ海岸を少し歩いた場所にあった、断崖の様に見えるが当時はえぐられて無かったのだろう。
DSCN7303_convert_20170108102921.jpg
ここも柵が・・・。
DSCN7309_convert_20170108105542.jpg
此処も盛大に崩落していた。NHK沖縄「戦跡と証言」
DSCN7306_convert_20170108105719.jpg
西側の秘匿壕は5つ全て見学したので川平湾を後にした。川平湾を挟んで東側にも3~5つ残っているそうだ。
DSC_4948_convert_20170108110437.jpg
日本海軍第19震洋隊はここ川平湾に50隻が配備されていたという記録と合致するので納得して見学を終えた。

DSCN7049_convert_20170108113600.jpg
宮良湾には昭和19年10月25日、第23震洋隊52隻が配備された.。(幕田稔大尉以下184名内1名戦死)
翌年の昭和20年1月15日には小浜島から転進してきた第38震洋隊も配備。(旅井少尉以下188名内86名戦死)
宮良にも「震洋」秘匿壕跡がいくつか残っているが、私有地内や崩落などで全て見学出来ない為、今回2つ見学した。
DSCN7047_convert_20170108122657.jpg
海沿いの国道390号線を東に進み、宮良川を渡って道をそれ、サトウキビ畑の農道を歩いていくと豪はあった。
DSCN7046_convert_20170108122928.jpg
ここは第38震洋隊(旅井少尉以下188名内86名戦死)の使用した「震洋」秘匿壕跡。
DSCN7038_convert_20170108123634.jpg
流石南国。2017年1月1日元旦というのに気温は26℃。暑いぐらい。植物は枯れる事無く元気に育っている。
DSCN7042_convert_20170108123917.jpg
ここでも「特殊地下壕」の看板・・・。
DSCN7041_convert_20170108124124.jpg
奥は崩落が始まっていた。豪の掘られている丘の上には新しいマンションがどんどん建設されているので、後10年もす
れば、崩れて痕跡すら無くなってしまうだろう・・・。
DSCN7045_convert_20170108124741.jpg
飛行機の轟音がしたので空を見上げると、新石垣空港から離陸した旅客機が見えた。
国道390号線を挟んで反対側(宮良湾に近い方)の宮良集落入り口付近には第23震洋隊(幕田隊)の秘匿壕跡がある。
DSCN7051_convert_20170108133701.jpg
▲幕田隊の兵舎があったとされる付近には、立派な鳥居が建てられていた。
DSCN7053_convert_20170108125324.jpg
▲中国人が約1億円で買い取ったというペンション?ホテル?が目印。
DSCN7058_convert_20170108125609.jpg
また畑跡の様なジャングルを歩いていくと豪はあった。しっかり柵が立てられている。
DSCN7057_convert_20170108125816.jpg
▼柵の合間からカメラをねじ込んで内部を撮影。
DSCN7055_convert_20170108125947.jpg
中はとても綺麗に保たれており、崩落個所も見当たらなかった。隣にもう豪が現存し、中でV字で繋がっているとの事
私有地内という事でそちらの豪は見学する事は出来なかった。
DSCN7059_convert_20170108130342.jpg
▲第23震洋隊(幕田隊)の秘匿壕から宮良湾は近い。いつでも決死の特攻出撃態勢を整えていたことだろう。
DSCN7062_convert_20170108130718.jpg
桟橋の跡が残っているという事だったが、コンクリートの残骸が既に自然と同化しつつあった。痕跡があまりにも少な
かったので、気にせず美しい海の景色に集中していた。見えているのは石垣島南部の大浜付近だろう。
DSC_4790_convert_20170108132908.jpg
これで石垣島警備隊の震洋隊基地は全て見学した事になる。隊員の戦死はほとんどが空襲と戦争マラリアと聞いた。
※第23震洋隊(隊長)幕田稔大尉は、日本敗戦後の昭和25年4月7日BC級戦犯として処刑されている。
同時に石垣島でも多くの住民が飛行場建設や陣地豪構築、「震洋」秘匿壕構築にかりだされた挙句マラリアに苦しんで
死んでいった。「天皇の大御心」(すめらみことのおおみこころ)の元で農地を奪われ、「供出」として軍への物品提供
や食糧の提供、木材や鍋・釜に至るまで供出し続けたという。
食糧事情がいよいよ悪化すると、強制的に島の人々から食糧を奪い取る兵隊も出始め、家畜の接収・牧牛や農耕用の牛
が軍によって無断で「演習」と称して射殺され、兵隊の食糧として奪われたという。
石垣島付近離島では、(竹富町)鳩間島・小浜島に第26震洋隊52隻[ 毛利大尉以下184名内5名戦死 ](S19.11.05配備)
が駐屯していた。小浜島・西表島には「震洋」秘匿壕が現存しているそうで、西表島には病院豪等の海軍独特の複数の
コンクリートまきの豪が現存するとの事。次回是非行って見たいと思う。
higashikaigansinyo_convert_20170101.jpg
▲沖縄本島国頭郡金武町で米軍に鹵獲された第42震洋隊か、第22震洋隊の海軍特攻艇「震洋」
 ※蓋が開けられ、船首部分にに250キロ爆弾が見える。

石垣島南部。市役所や繁華街がある美崎町は石垣市の中心地だ(好きな720が現役で走っている姿を無意識に撮影)
DSCN6597_convert_20170108171910.jpg
ここに730交差点という場所がある。
DSCN7385_convert_20170108220534.jpg
戦前の沖縄県は日本国内の他の地域と同じく自動車は左側通行であったが、沖縄戦終了直後の昭和20年6月24日に沖縄
を占領下に置いたアメリカ軍により右側通行に変更されていた。「730」の名称は昭和47年沖縄返還後の昭和53年7月
30日をもって県内全域で日本本土同様の左側通行に戻したことに由来する。
DSCN7387_convert_20170108220604.jpg
当日は午前6時に経過措置終了を知らせる消防署のサイレンと石垣港に停泊する船の汽笛が鳴らされ、県外からの応援
71名を含む総勢164名の警察官及び民間指導員が終日、本交差点を通過する自動車に左側通行を指導した。
この際に大きな事故も無くスムーズに左側通行への移行が完了したことを記念して「730の石碑」が立てられた。
DSCN6585_convert_20170108221155.jpg
DSCN6587_convert_20170108223715.jpg
▼石垣市の中心地に桃林寺(とうりんじ)と権現堂(ごんげんどう)がある。国の重要文化財に指定されている寺院だ。
DSCN7383_convert_20170109132407.jpg
石垣で初めての仏教寺院として、琉球に侵入した薩摩藩が尚寧王に進言して慶長19年(1614年)創建。
DSCN6636_convert_20170109132604.jpg
▲桃林寺山門の2体の仁王像は元文2年(1737年)に作られた沖縄最古の木造彫刻。
DSCN6621_convert_20170109145203.jpg
▲権現堂の表門と石垣。
DSCN7371_convert_20170109133411.jpg
正月という事も重なって、権現堂(拝殿)でお参りさせて頂いた。
DSCN7372_convert_20170109133542.jpg
▲権現堂神殿。沖縄戦で伝統的な建造物の多くを失った沖縄においては、本格的な近世社寺建築の唯一の遺構であり、
日本最南端に位置する遺構だ。権現堂は昭和56年6月5日国の重要文化財に指定された。
DSCN6632_convert_20170109133856.jpg
▼桃林寺本堂
DSCN6626_convert_20170109134037.jpg
此処のおみくじはよく当たる事で有名だ。お賽銭100円を納めれば引く事が出来る。
DSCN6629_convert_20170109134333.jpg
▲本土の有名寺院の様に、拝観料・お賽銭・おみくじ料といった様に何度もお金をむしりとる様な事は無い。
DSCN7380_convert_20170109134918.jpg
▲此処に来た理由はもう1つある。戦時中に起こった「石垣島事件」で、日本敗戦後BC級戦犯として処刑された石垣島
海軍警備隊司令官 井上乙彦大佐の墓碑を訪れる事だ。
「石垣島事件」とは、(昭和20年4月15日朝)石垣島宮良飛行場(南東部宮良にあった海軍秘匿飛行場)を空襲した米空母
マカースレイトの雷撃機グラマンTBFアヴェンジャー編隊の1機が、海軍石垣島警備隊の対空攻撃で撃墜され、テボ中尉
ロイド1等飛行通信兵曹・タッグル1等飛行機関兵曹の3名がパラシュートで大浜沖合に落下。
落下した3名の飛行士は石垣島海軍警備隊兵士に逮捕されて捕虜となった。海警隊による事情聴取後の当夜、テボ中尉
とタッグル兵曹はバンナ岳麓の本部近くで斬首。ロイド兵曹は刺突演習に供され殺害された。
日本敗戦が決定後、米軍の占領に備え井上乙彦は3名の遺体の掘り出しを命じ、焼却して灰は海中に投棄させた。
そして十字架を建て「丁重に葬った」と偽装して石垣島の米軍占領を乗り切った。しかしGHQへ匿名の密告投書があっ
たとされる「鹿児島消印の封書」から事件が発覚。事件に関わったとされる46人が逮捕された。
BC級戦犯裁判(1947/11/26~3/16)で石垣島海軍警備隊司令官 井上乙彦大佐(神奈川県出身)が絞首刑(享年52歳)
副司令 井上勝太郎大尉(岐阜県出身)も絞首刑(享年27歳)、第23震洋隊(隊長)幕田稔大尉(山形県出身)は司令の命令
により捕虜1名処刑の罪で絞首刑(享年30歳)他、榎本宗憲中尉(絞首刑)/田口泰正少尉(絞首刑)/成迫忠邦兵曹(絞首刑)
/藤中松雄1等兵曹(福岡県出身)享年29歳(絞首刑)など将校3名と兵士29名が無期~懲役5年となった。
日本兵同志の裏切り・密告・責任の擦り合いで井上乙彦大佐は混乱、部下もこれに応じて大混乱し、法廷の混乱は本来、
司令と後数名の処罰で済んだ事件で多数の重刑者を出してしまった。
※一説には横浜軍事法廷で井上乙彦大佐が「部下が勝手にやったこと」と主張したことにより混乱したという話もある。
※(1950/4/7井上乙彦大佐絞首刑)/(1950/4/7井上勝太郎大尉絞首刑)/(1950/4/7幕田稔大尉絞首刑)
  昭和25年(1950)4月7日東京のスガモプリズンで戦犯最後の処刑となった。
▼墓碑裏の碑文
DSCN7378_convert_20170110164147.jpg
※石垣島では陸上戦闘は無かったが、空襲や戦争マラリアで軍人約600人・島民約3800人余りが亡くなっている。
以下、警備隊司令・井上乙彦海軍大佐の歎願書と遺書。と、第23震洋隊(隊長)幕田稔大尉の遺書。

歎願書
マッカアサー元帥閣下
私は四月七日巣鴨監獄にて絞首刑を受ける元石垣島海軍警備隊指令井上乙彦であります。
私独りが絞首刑を執行され、今回執行予定の旧部下の六名及び既に減刑された人達を減刑されん事を三回に亘り事情を
具して嘆願致しましたが、今日の結果となりました事を誠に遺憾に存じ乍ら私は刑死してゆくのであります。
由来、日本では命令者が最高責任者でありまして受令者の行為はそれが命令による場合は極めて責任が軽い事になって
ゐます。戦時中の私達の行動は総て其の様に処理されてゐたのであります。
若し間に合はばこの六名を助命して戴きたいのであります。
閣下よ。
今回の私達の処刑を以て日本戦犯絞首刑の最後の執行とせられんことを伏して私は歎願致します。
これ以上絞首刑を続行するは米国の為にも世界平和の為にも百害あって一利なきことを確信する次第であります。
また神は不公正及び欺瞞ある公判によって刑死者を続出するは好み給はぬと信じます。
尚之を押し進めるならば神の罰を被るは必然と信じます。
願くは刑死しゆく私の歎願書を慈悲深く、広量なる閣下の御心に聞き届け給はん事を。
4月6日   井上 乙彦

遺 書 昭和25年4月5日夜於巣鴨、絞刑前。
今朝文彦が面会に来てくれて誠に嬉うございました。
面会前今週はあぶないと感じましたので文彦にも来月千鶴子の面会は望みない旨申しておきました。
[ ゆくりなく初面会に来し次男永遠の別れと知らず帰りき ]
文彦も一人前の立派な男になった姿を見てすっかり安心しました。
千鶴子の面会の時はいつもこれが最後ではないかと思ってゐました。
既に戦場で幾度か死地に陥ってゐたのが今まで生きて来たのをもうけものだと思って下さい。
21年の大晦日に拘引されて以来父なき家をかよわい手で支へて来たのですがこの五年間の苦しみをいつまでつづけねば
ならぬか判りませぬが誠心の吾が家には何時かは必ず神様のお救ひがあると確信してゐます。
私の魂はそれを祈ってゐます。私の魂は天にも浄土にも行きません。
愛する千鶴子や和彦や文彦や千賀子といつも一緒にゐるつもりです。
今日までは牢獄に繋がれて手も足も出ませんでしたが魂が此の身体から抜け出せば何時でもまた何処へでもすぐ行って
あなた達を助けることが出来ます。助けの入用な時やまた苦しい時はお呼びなさい。何時でも助けになりますから。
私は齢51歳になって人生50を過ぎて、命の惜しい時ではありません。
また生きてゐても最早米食い虫に過ぎぬと思ふ体です。
然し愛する妻子が戦犯の汚名で死刑された者の家族であると言ふ事を考へると可哀想です。
当分は肩身の狭い思ひをし、またある処では白眼視されると思ふとたまらない気持がします。
くよくよしてもきりがありませんから私が息をひきとる4月7日の正午を境にして気持をきりかへて再出発の覚悟をきめ
なをして下さい。この遺書がいつお手にとどくか判りませんが若し着かなくてもあなた達の更生の覚悟は決ってゐて新
生活に邁進なさる事が出来るのを確信して行きます。あとで墓も不用です。
お葬ひや告別式などの儀式殊に饗宴類は私の為には無用です。絞刑の友〇名と準備室に曳かれてきてゐます。
皆しっかりしてゐるのには敬服とも感激とも言ひ様がありません。唯頭が下がるばかりです。
前から責任者である私だけにしてあとは減刑して下さいと幾度か願ったが終にこの結果になって御本人にも御遺族の方
にも誠に相済みません。公判以来弁護に歎願にたくさんの方々にお世話になりましたが御礼の方法もなく死亡通知も出
せるかどうか判らず、止むを得ぬ事だと思ひます。
辞 世
‘笑って行く’と署名してある壁文字を遺書おく棚のわきに見出しぬ
絞台に吾が息たゆるたまゆらを知らずに妻子は待ちつつあらむ
石垣島に逝きしここだの戦友の遺族思ひをり最期の夜ごろを
春雨に肌寒き今日を床のべて今宵限りのいのちを愛しむ
独房に燭をともしてうやうやしく神父は吾に授礼し給ふ


石垣島第23震洋隊(隊長)幕田稔大尉 遺書。
夜9時頃処刑言渡式があり、承認の署名を求められるかと考へていたがなかった。署名は兎に角こりごりである。
全く強制暴力により署名させられ、それが自発的自白になる苦い経験は二度とくりかへしたくない。
死によってすべて御破算になるのではない。
言渡式が始まるのを外の廊下で椅子に腰かけて待ってゐるとき本当に落着いた気持になって考へたら死といふものはな
い様に思はれる。かねがねの不死の確信が絶対間違いでなかった事が絶対の立場に臨んで確証されたと信ずる。
私の肉体は亡びる。生命も消滅するであらう。霊魂という様なものがあったら其れも無に帰するであらう。
然し現在の私は永遠に存続する。此の世界宇宙は残ってゐる。
昨年5月25日夜突然私の脳裏に深き確信をもって浮んで来た、
自己即宇宙―道元の言葉をかりて云えば尽十方世界といふ様なものであらうか-の意義は現在に於ては私が死んでも世
界は残るといふほのかな確信になって残ってゐるのであると考える。
死といふ事が昨年五月以前に考えてゐた様な感覚で私に迫って来ない。実在の死として感じられない。
此の感覚は私の幻覚としてほのかに私によみがへって来た様に最初は考え、言渡式が始まる頃まで消え失せるのではな
からうかなど危惧に似た思ひがしたが言渡式が終っても以前として残ってゐる。私の頭脳にほのぼのとしてゐる。
であるから今の私には死といふ物が殆ど平常の生活に於ける感じと異ならない。
恐らく読む人は誇張と受取るかも知れないがそうでない。
勿論明日の事はわからないが現在の心境は五棟の三階で何時もの様に起居してゐる時と少しも変りはない。
こんな理であるから理性的に考えてみれば署名した事が私の死後どうならうと私の知った事ではないのであるが私は現
在即永遠の私の残生に対して莫迦げた高圧的な圧力に屈したくなかったのである。
私の良心に対し、私の内なる仏に対し厳密に忠実でありたかったわけである。
いくら考えても軍隊組織内に於て命令でやった事が此の現実的な世界に於て死に価するとは考へられない。
原爆で死せる幾十万の人間を生かして私の眼の前に並べてくれたら私は喜んで署名もしよう。そうでない限り受諾でき
ないのである。大体この世界に於て人間の行為に対し罰し得る者は居ない筈である。罰し得るのは自分自身だけである。
自分自身の内なる仏があるのみである。敢て他人を罰するのは人間の増長慢なり。
神仏を知らざる神仏に逆きたる者である。
人間各自が各々自分自身を自分で罰し得る世界は理想であり現実に実現不可能なのかも知れないが少なくとも現在の二
十世紀の人間の余りに人間の仏性を無視し、ないがしろにしてゐる事が此処に於てはっきりと了解出来る。
正直の所私は今回の判決に対して死に価するとは思はない。
私の心をみきわめしとき、人間は必ず一度経験しなければならない死を無視して永遠に自分にだけは死がないといふ様
な考えを持って居った。それはそれでよいのであらうが一度現実の死を深く勇敢に凝視して人間の死は実際に於てはな
いものだとの自覚に到達するのが仏教の教えの一点であり、人生を自覚し永世を得る所以であると考える。
結果は同じであり、平凡であるが自覚の内容、根底に於て異なるものがあるのだと確信する。
私も如何なる経過をとり斯の様な自覚に達するのか哲学的の組織ある説明は出来ないが西田哲学に言はれる絶対無の体
験を得た時此の自覚が生ずるのであらうと思ふ。
永遠なる現在であり、それを透して望み得られるものは眼前に照々乎たる現実の世界である。そして、其処では永遠=
涅槃=地ごく=死=仏そして究極は総て無なのである。あらゆる物を疑ひ否定し尽した時、忽然として体験される「自
己は世界なり」とは絶体無の体験を通過して生ずる自覚であり、生命ある此の具体的事実である。
ニヒリズムは此の否定を観念で唯頭の中で否定を行ひ具体的事実から離れてゐる所に危険性があると考えてゐる。
だから仏教で言はれる無とニヒリズム(と)には、生命を内蔵した具体的事実と初めから生命のない抽象された観念的
遊戯との差異があり、仏教の否定をニヒリズムと考えるのは根本的に違ふのだと自己流に考えてゐる。
身体ごと体当りして体験してゆくのと頭の中の思考だけの事とは、全く違ったものであると考える。
古人曰く「人生は生死一大事因縁をあきらめる道場なり」と。
古人の此の気魄が私に無限の勇気を与へてくれ何となくうれしい。
一昨年九月頃から文字通り唯「仏の実在か不実在か」をあきらめんとして五里霧中の暗黒を彷徨しつづけた。
文字通り寝食を忘れた精神が全く莫迦げた私の三十年の人生にとり一点の光明であったと信ずる。
よくあの時の精力と根気がつづいたものだと吾ながら感心する。
そして昨年五月二十五日が私の人生の永遠に再生した日であった。何の理屈もいらない『吾即宇宙』。
勿論如何にしてそんな結果になったのか、そんな事は夢にも考えてゐなかった私にわからう筈もない。
唯釈尊も此のちっぽけな私も根本に於ては一つであったのだ。否釈尊がその侭私であったと感ずる所から来る自己の不
遜に対する畏怖、気が狂ってしまったのではないかとの自己に対する疑―此の幻覚を払ひ落さんとして頭をふり、部屋
を見廻して異状の有無を確めたりした事だった―次で此の世の中で苦労し悩む人々に対してどうしてこんな理屈も何も
ない簡単な事がわからないのかとの憐憫とも憤懣ともつかない涙がぽろりぽろりと落ちた。
次に頭に浮んだのは「私は正に処刑されんとしてゐるが、なあんだ此の大宇宙を殺さんとしてゐるのも同じ事ではない
か、知らざる者の阿呆さよ」と腹の底から湧き出んとする哄笑を止めんとするのに一苦労した事であった。
此の噴笑の衝動は其の後座禅してゐるときしばしば起り隣の佐藤氏を驚かしてはいけないと止めるのに骨折ったのが昨
日の事の様に私の頭にこびりついて離れない。「今頃此の俺を殺さんとするのは丁度空気を棒でたたく様なものだ。吊
り下げたと思ったらあに計らんや虚空の一角に呵々大笑するを聞かざるや」
思はず脱線して大風呂敷を広げてゐるような恰好になってしまった。
昨日から書き始めた漫談であるが遺書を書かなければならぬので一先ず筆を置く。外は霧雨がけむってゐる。
辞 世
網越しに今日見し母の額なる深き皺々(しはじは)眼はなれず
老母のかけし前歯が悲しけれ最後(つい)の別れと今に思へば
吾が最後の夜とも知らず陸奥(みちのく)に帰りつつあらむ老母思ふ
夜半にめざめ思い浮べる母の歌ついのかたみと書き留めにけり

DSCN6986_convert_20170109175312.jpg
▲石垣島南部冨崎の観音崎に唐人墓がある。ここには中国福建省出身者128人の霊が祀られている。
DSCN6989_convert_20170109175813.jpg
1852年(嘉永5年)2月厦門[ アモイ ]現在の中華人民共和国福建省南部)で集められた400人余りの苦力(クーリー)が、
米国船ロバート・バウン号でカリフォルニアに送られる途中、辮髪(べんぱつ)を切られたり、病人を海中に投棄される
などの暴行に堪えかねてついに蜂起し、船長ら7人を打ち殺した。

※クーリーとは、奴隷制度が廃止された後、ヨーロッパ諸国の多くの植民地やアメリカで労働力が不足した、19世紀~
 20世紀初頭にかけて、イギリスの植民地であったインド亜大陸の貧民層や、アヘン戦争後には、広東・福建両省を中
 心に、汕頭市、厦門、マカオなどから労働力として世界各地に送られた出稼ぎの労働者である。
DSCN6988_convert_20170109175743.jpg
船はその後台湾に向かったが、石垣島沖に座礁してしまい380人が島に上陸。 石垣の人々は仮小屋を建てて彼らを収
容した。 しかし米国と英国の海軍が3回にわたり来島、砲撃を加え、武装兵が上陸して厳しく捜索を行った。
中国人達は山中に逃亡したが、銃撃・逮捕され、自殺者や病没者が続出した。
琉球王朝と蔵元は人道的に対応。島民も密かに食糧や水を運び、中国人側の被害が少なくするよう配慮したという。
後に事件処理に関する国際交渉に取り組んだ結果、翌1853年9月琉球側が船2隻を仕立て生存者172人を福州に送還。
中国ではこの事件が契機となって大規模な苦力貿易反対の運動が起こった。
中国人が埋葬された墓が点在していたが、石垣市はこれらを合祀慰霊する為、台湾政府、在琉華僑の支援も受け、この
場所に唐人墓を昭和46年に完成させた。
DSCN6997_convert_20170109182011.jpg
この墓地の一郭に、上記で紹介した「石垣島事件」で日本軍によって処刑された、テボ中尉・ロイド1等飛行通信兵曹・
タッグル1等飛行機関兵曹3名の米軍飛行士の慰霊碑が建てられている。平成13年に彼らの慰霊と平和祈念の為に建て
られたものだ。唐人墓と同様、どちらも非条理な死を迎えた方々の慰霊のモニュメントだが、欲を言えば隣に「石垣島
事件」でBC級戦犯として処刑された日本軍人の慰霊碑も建てて欲しかった・・・。結局「やられたらやり返す」の戦争
で、戦犯などあるはずがない。勝った者が負けた者を裁く、ただの仕返し裁判だったのだから・・・。
DSCN6994_convert_20170109183345.jpg
▲テボ中尉(享年28歳)・ロイド1等飛行通信兵曹(享年24歳)・タッグル1等飛行機関兵曹(享年20歳)の慰霊碑。
isigakijimajiken.jpg
▲左から順に。
 Robert Tuggle, Jr.(タッグル1等飛行機関兵曹)Vernon L.Tebo(テボ中尉)Warren H.Loyd(ロイド1等飛行通信兵曹)
DSCN6968_convert_20170109194107.jpg
▲唐人墓近くにある琉球冨崎灯台は、昭和28年7月米軍によって建設され、昭和47年5月の沖縄本土復帰とともに海上
保安庁に引き継がれた。何度かの改良が加えられて現在に至っている現役の灯台である。
DSCN6972_convert_20170109194822.jpg
▲ここはフサキビーチとともに夕日の絶景ポイントとしても有名だ。
DSCN6976_convert_20170109195426.jpg
▲言葉にならない程綺麗な景色だった、しばらくの間その絶景を眺めていた。
DSCN6920_convert_20170110142651.jpg
▲逆に朝日が絶景なのは北部の玉取崎展望台だ。玉取崎展望台から北部(平久保半島・野底)を望む。
197001hirakubo_convert_20170110140556.jpg
▲1970年(昭和45年)1月に撮影された写真。ほぼ同じアングルだ。
DSCN6890_convert_20170110143559.jpg
▲最北端は平久保崎灯台。此処も絶景なので、おさえておきたいポイントだ。
DSCN6886_convert_20170110143834.jpg

沖縄と言えば「シーサー」シーサーは伝説の獣の像。建物の門や屋根、村落の高台などに据え付けられている。
家や人、村に災いをもたらす悪霊を追い払う魔除けの意味を持つ獅子だ。八重山諸島ではシーシーと呼ばれる。
DSCN6854_convert_20170110152203.jpg
▲石垣島で15年以上シーサー職人としてシーサーの製作・販売をされている工房がある。
▼「井上シーサー工房」だ。 ご主人が心を込めて作るシーサーは人気が高く、全国から注文が入ってくる。
DSCN6850_convert_20170110164104.jpg
▼工房は自宅兼用で決して広くはないが、常に全国の熱心なファンが狭い展示スペースで真剣に商品を選んでいる。
DSCN6852_convert_20170110153412.jpg
▼北部観光の帰りに是非立ち寄って頂きたい。知る人ぞ知るシーサー工房だ。(シーサー作り体験教室ではありません)
DSCN6855_convert_20170110153829.jpg
井上シーサー工房
沖縄県石垣市桴海337−5
電話:0980−89−2195
HP http://inoue-shisar.com/

2017年1月3日石垣島鍾乳洞で開催された「新春し~し~ゴンゴン」の様子。
DSCN7707_convert_20170111003813.jpg
石垣島の伝統行事を興味深く拝見させて頂いた。皆、半袖なのにも注目。やっぱ南国はいいね~!
DSCN7705_convert_20170111003719.jpg
▼楽しい時間はアッと言う間に終わり、新石垣島空港からまた寒い本土へと帰った。
DSCN7803_convert_20170111004306.jpg
沖縄の言葉はある意味英語より難しい・・読めるけど話せない・・・でも、またいつの日か石垣島に来たいと思った。


にほんブログ村 歴史ブログ 太平洋戦争/大東亜戦争へ
にほんブログ村

戦史 ブログランキングへ
スポンサーサイト
 2017_01_01


広島県福山市の離島「横島」。ここにひっそりと戦争遺跡が残っている。
昭和18年に完成した「陸軍燃料廠 横島貯蔵所」だ。当時は11基の燃料タンクがあり、終戦まで稼働していた。
戦後は米軍が使用する事となり、昭和33年の返還まで「横島油槽所大浜貯油基地」として稼働していた。
日本に返還後の昭和35年からは㈱丸善石油大浜貯油所が再稼働させるがオイルショックによって昭和50年に閉鎖。
以後、LPガス貯蔵施設計画など色々あった様だが、現在はドルフィンビーチとしてシーパーク大浜(ツネイシホールデ
ィングス㈱)の海水浴場となっている。ビーチの奥にはコンクリート製の燃料タンク(油槽防弾壁)が4基現存している。
[ ドルフィンビーチ ]広島県福山市内海町2220大浜 
DSCN5939_convert_20161220200538.jpg
▲沼隈半島から内海大橋(うつみおおはし)を渡ってまずは田島へ上陸。
DSCN5947_convert_20161220200956.jpg
▲田島を過ぎると横島へ入る。迷う様な道ではないので解り易い(小さな睦橋を渡って直ぐ横島だった)
DSCN5951_convert_20161220201737.jpg
▲横島のこの様な海沿いの道をとにかく南へ進んで行く。
DSCN5955_convert_20161220202018.jpg
▲途中いくつかビーチが見える。天気が良かったので思わず撮影。瀬戸内はトラック諸島に似ている。
DSCN5956_convert_20161220202502.jpg
▲油槽防弾壁4基を高い場所から確認する為、横山海岸海水浴場の少し手前で右に折れ、切石山展望台に向かう。
 田島が綺麗に見下ろせた(切石山展望台へ上る途中で撮影)
DSCN5978_convert_20161220202952.jpg
▲展望台駐車場(無料)に車を置いてひたすら歩く。この日は12月とは思えない温かさだった。 
DSCN5977_convert_20161220203252.jpg
▲登り切ると絶景が広がり、横島最南端と瀬戸内海が見渡せる。快晴だったので景色が最高だった。
DSCN5976_convert_20161220203917.jpg
▼断崖絶壁から横島最南端を望む(左側が横山海岸海水浴場)岩場ギリギリまで行くとかなり足がすくむ。
DSCN5966_convert_20161222230815.jpg
すると何やら怪しい軍事施設が・・・!これだ!
DSCN5983_convert_20161220204506.jpg
▲見つけた!「陸軍燃料廠 横島貯蔵所」11基の内、現存する4基の油槽防弾壁!
DSCN5975_convert_20161220204646.jpg
▲展望台の神社で軽く旅の安全を祈って、早速現場へと向かう。
DSCN5985_convert_20161220204901.jpg
▲▼シーズンオフという事もありシーパーク大浜は閑散としていた。
DSCN5986_convert_20161220205043.jpg
▼シーパーク大浜からほんの少し山側へ行くと・・・見えた!
DSCN6016_convert_20161220212011.jpg
間違いなく切石山から見えた旧日本陸軍燃料廠 横島貯蔵所の遺構だ!大きい!が、トラック諸島に現存している旧日本
海軍の燃料タンクよりは小さいかな・・・。
DSCN5990_convert_20161220211741.jpg
▼因みにトラック諸島(夏島)に現存する旧日本海軍の燃料タンク
DSCN9582_convert_20161220215137.jpg
▲▼夏島に現存する燃料タンクには横島の様な防弾壁は無かった。米軍の空襲で破壊されたままの状態だ。
DSCN9571_convert_20161220215751.jpg
▲米軍の爆撃による火災で鋼鉄の燃料タンクが飴の様に溶けて変形している。

陸軍の燃料タンクもこの防弾壁の中にはきっと海軍と同じ様な燃料タンクがあったのだろう。
シーパーク大浜が倉庫として活用しているそうなので「ザ・放置」状態では無い。
DSCN6002_convert_20161220212818.jpg
現存する油槽防弾壁4基周辺は草木が刈られており、非常に歩き易かった(感謝)
DSCN5989_convert_20161220212427.jpg
流石軍事施設。建設から70年以上経っても劣化は少ない。
DSCN5998_convert_20161220213301.jpg

DSCN6001_convert_20161220213533.jpg
これが戦後の建造物だったら何も感じないのだが、戦時中の軍事施設だと思うと見方が変わる・・・。
DSCN6003_convert_20161220213633.jpg

DSCN5999_convert_20161220221137.jpg

DSCN6004_convert_20161220221401.jpg
▲明らかに戦後にブチ開けられた入口があったので中を覗くと・・・。
DSCN6007_convert_20161220221721.jpg
▲案の定ゴミ捨て場となっていた・・・。
DSCN6008_convert_20161220221901.jpg
▲少し白けムードになってしまったので直ぐに出た(異臭もしていた)
DSCN5991_convert_20161220222153.jpg
▲ゴミ捨て場ばかりでは無く、入口がちゃんと設置されて(戦後)綺麗な場所もあった。
DSCN5995_convert_20161220222434.jpg
何も無い空間をしばし眺めていた。
DSCN5992_convert_20161220222554.jpg
さぁ戻ろう。
DSCN5993_convert_20161220222730.jpg
シーパーク大浜は直ぐ目の前だ。
DSCN6013_convert_20161220222841.jpg
このままずっと残しておいて欲しい軍事遺構だ。
yokoshimatank4.jpg
▲戦時中とされる画像。矢印の4基を見学した事になると思う。画像はM茶の瀬戸内アウトドア紀行さんからお借りした
DSCN6010_convert_20161220223047.jpg
▼1970年代後半とされる航空写真には11基のタンクが確認出来る、黄で囲んだ所が記事で紹介した箇所。
o0392054711510414726.jpg
この後は横島を離れて呉市に向かった。
DSCN6058_convert_20170111095749.jpg
▲呉に向かう途中、安浦漁港で防波堤として現役?の「コンクリート船」を見学した。
DSCN6022_convert_20170111100339.jpg
▲太平洋戦争中、鉄不足の日本は鉄筋コンクリートで船体を作った日本海軍所属の貨物船「武智丸」を4隻建造した。
DSCN6025_convert_20170114210955.jpg
▲▼2隻を縦に繋げる感じで防波堤代わりに停泊?させてあるが、第一武智丸は半分以上沈みかかっている。
DSCN6027_convert_20170114211239.jpg
▼第二武智丸に向かう。満潮時だったがよく見学出来た。程度は良好の様だ。
DSCN6029_convert_20170114211409.jpg

DSCN6030_convert_20170114211540.jpg
▼船内に入ってみる。
DSCN6048_convert_20170114211805.jpg
一応形的に船の形をしているので「船内」という感じがするが、武骨なコンクリートの壁は地下壕の様な感じだ。
DSCN6047_convert_20170114211919.jpg
天井が抜けているので閉塞感は無いが、当然明かりはあったとしても、実用当時はとてつもない閉塞感だっただろう。
DSCN6050_convert_20170114212017.jpg
▼艦橋へ出て、入った船内を再び眺める。何とも表現が難しい、竣工時の写真を見てみたい・・・。
DSCN6053_convert_20170114212428.jpg
▼浸水している区画もある、船倉の部分だ。
DSCN6032_convert_20170114213033.jpg
▼船首へ向かう。アンカーチェーンを通すホースパイプが見える。
DSCN6038_convert_20170114213512.jpg

DSCN6045_convert_20170114213310.jpg
▼当然狭くなってとんがっている。腐食防止・船首強化の為、船首は当時から鉄板で覆われている。
DSCN6040_convert_20170114213639.jpg
堤防代わりになっている事がよく解る。船首から見ると何の特徴も無い「戦時標準船」型だ。
DSCN6042_convert_20170114213757.jpg
防波堤がなく、台風の度に漁船が被害を受けて困っていた安浦漁港。兵庫県高砂市で建造された「武智丸」は、
軍需物資輸送の役目を終えた戦後、第二の余生は安浦漁港の防波堤として役割を担っている。
DSCN6037_convert_20170114214740.jpg

その後一路呉市へ。まずは「歴史の見える丘」から戦艦大和の建造されたドックを見学
DSCN6074_convert_20170123233223.jpg

DSCN6071_convert_20170123234509.jpg

DSCN6085_convert_20170123233412.jpg
▲噫(ああ)戦艦大和之塔
DSCN6083_convert_20170123233436.jpg
▼旧呉海軍工廠礎石記念塔
DSCN6075_convert_20170123233334.jpg
▲旧呉海軍工廠の残存した礎石、旧呉鎮守府開庁当時の庁舎建材などを集めて建立したモニュメント
DSCN6115_convert_20170123234903.jpg
▲アレイからすこじまへ向かう途中の下り道から見えた軍艦
DSCN6107_convert_20170124000053.jpg
▲アレイからすこじまは国内で唯一、潜水艦を間近で見ることができる公園。「アレイからすこじま」の名前の由来は
「アレイ」は英語で路地。「からすこじま」呉浦にあった「烏小島」、。烏小島は大正時代に埋立てられている。
DSCN6091_convert_20170124000439.jpg
▲海上自衛隊の潜水艦と護衛艦がイカリを下ろしている。かつて呉が帝国海軍の本拠地だった事を偲ばせる。
DSCN6099_convert_20170124000714.jpg
▲これが見たかった、魚雷揚げ下しクレーン。大戦末期の空襲や戦火をくぐりぬけ、現存する奇跡のクレーン。
DSCN6106_convert_20170124001021.jpg
▲明治時代の英国製で、吊上げ能力は最大15トン。油圧でも電動でも無いアナログでシンプルな構造。
DSCN6096_convert_20170124001135.jpg
▲▼呉海軍工廠の前身である呉海軍造兵廠時代(明治30年~36年)に建てられた。空襲で被害を受け、建設当初よりも
 奥行きが短くなっているとの事。戦後は民間会社の倉庫として利用されて今も現役で使用されている。
 8号(造兵廠弾丸庫雑器)/10号倉庫(魚形水雷庫)が当時の建物で真ん中9号棟は戦後建てられたもの。
DSCN6097_convert_20170124001230.jpg
付近には防空監視所が残っているそうだが今回は時間が無く・・・、その後宿泊先のある江田島に向かった。


にほんブログ村 歴史ブログ 太平洋戦争/大東亜戦争へ
にほんブログ村

戦史 ブログランキングへ
 2016_12_17


[ 小禄(那覇)海軍飛行場/那覇国際空港 ]
那覇国際空港は旧日本海軍小禄(おろく)飛行場だった、米軍の沖縄本島上陸が差し迫った昭和20年3月24日、25日
「小祿彗星隊」が海軍小祿基地から艦上爆撃機「彗星」で出撃している。(沖縄周辺米機動部隊索敵攻撃)
※「索敵攻撃」とは、先の大戦中、制空権を米軍に握られた沖縄では、航空特攻出撃は早朝に発進した索敵機の報告に
 頼らざるを得ず、特攻隊が敵艦船上空に到着した頃には既に報告された位置に敵艦隊がいない事のほうが多かった。
 その為、特攻機を数機ずつに分け、敵のいそうな海面を中心に扇状の飛行コースで飛ばせ、その中で敵艦隊と遭遇し
 た隊だけが突入する「索敵攻撃」という手段を用いた。敵がいなければ帰還するので隊員の中には3度、4度、5度と
 覚悟を決め直して特攻出撃を繰り返す特攻隊員も多かったという。
※太平洋戦争(大東亜戦争)当時、沖縄には以下の飛行場があったとされる。
「沖縄本島」陸軍北飛行場/陸軍中飛行場/陸軍南飛行場/陸軍首里秘密飛行場/陸軍東飛行場
      海軍小禄飛行場/海軍糸満秘密飛行場
「伊江島」陸軍伊江島飛行場
「宮古島」海軍宮古島飛行場/海軍宮古島中飛行場/陸軍宮古島西飛行場
「八重山(石垣島)」海軍石垣島北飛行場/陸軍白保飛行場/海軍石垣島南飛行場(元石垣空港)
「その他」海軍喜界島飛行場/陸軍徳之島北飛行場/陸軍徳之島南飛行場/海軍南大東島飛行場

※ここで紹介する当時の写真は全て米軍が戦時中に撮影したものである。
DSCN5089_convert_20160819133322.jpg
▲▼沖縄県の玄関口、那覇国際空港はかつての旧日本海軍小禄飛行場だ。
DSCN5106_convert_20161003225240.jpg
現在の滑走路の位置は帝国海軍小禄飛行場時代に近いレイアウトとなっているが面影は無い。
DSCN5072_convert_20161003225645.jpg

DSCN5077_convert_20161018000012.jpg
▼昭和19年10月10日(十十空襲)米軍の爆撃を受け炎上する日本海軍小禄飛行場
orokukaigunhikoujyobakugeki_convert_20161003125820.jpg
▼昭和20年6月4日ついに日本海軍小禄飛行場まで進軍してきた米兵。奥に格納庫・滑走路が見える。
nahaorokuhikojyo_convert_20161006132847.jpg
▼破壊された日本海軍機の残骸。米軍占領前に空爆で大破していたのであろう、一式陸上攻撃機か?(6/4撮影)
0604Naha_airfield_convert_20161006163341.jpg
▼昭和20年6月5日米軍が小禄飛行場占領直後。奥に格納庫・滑走路が見える。
GeneralViewNahaAirfield0605_convert_20161007104258.jpg

orokukaigunkakunouko_convert_20160927154536.jpg

orokuhikoujyokakunouko_convert_20160909114801.jpg
▼▲既に廃墟となっていた日本海軍小禄飛行場の格納庫
nahakaigunoroku_convert_20160927155147.jpg
▼破壊された日本海軍小禄飛行場格納庫内の海軍機。尾翼に「オキ」が見える。
orokukaigunhikojyo0_convert_20160908095422.jpg
▼格納庫の中より滑走路を見た写真。ドラム缶で主翼を支えている所を見ると、度重なる空襲で既に米軍が上陸する前
 に破壊されていたのであろう・・・昭和20年3月25日神風特別攻撃隊「小祿彗星隊」出撃後の記録は無い。
orokuhikoujyokakunouko_convert_20160908095929.jpg
▼占領後、格納庫内で地雷や偽装地雷などを探す米軍第6海兵師団工兵爆弾処理B中隊(6/7撮影)
orokukakunokonai_convert_20161007120946.jpg
▼米軍占領間もない小禄飛行場概観。上空には監視用米飛行機が写っている(6/6撮影)
View_of_Naha_airfield0606_convert_20161007110541.jpg

0616Naha_airfield8rentai_convert_20161011123238.jpg
▼▲昭和20年6月16日占領した日本海軍小禄(おろく)飛行場を横切って前線へ向う第2海兵師団第8連隊の海兵隊員
0616oroku8rentai_convert_20161011123914.jpg
▼小禄飛行場の掩体壕。中に日本海軍機の残骸が・・・。
orokuentaigo3_convert_20160929234143.jpg

orokuhikoujyouzangai_convert_20160908100431.jpg
▼▲海軍小禄飛行場の日本海軍機の残骸。
orokukaigunkizangai_convert_20161019103248.jpg

0608orokuhikojyozero_convert_20161007125625.jpg
▼▲小禄飛行場で休憩をとる米海兵隊員。ゼロ戦と思われる残骸が2機写っている(6/8撮影)
kaimetuorokuhikoujyo_convert_20160930171816.jpg
▼この日本海軍機はなんだろう・・・海軍96式陸上攻撃機か?
orokukaigunki_convert_20160908100728.jpg
▼海軍96式陸上攻撃機(kan様ご教授有難うございます)
kaigun96rikko.jpg
▼海軍小禄飛行場に配備?されていたダミー戦闘機。残念ながらおとりの役目は果たせなかった・・・。
orokugisosentouki_convert_20160929235041.jpg

kaigunorokuhikojyo_convert_20160930155846.jpg
▲米軍に占領されてからの小禄飛行場。元は3本の滑走路を有する日本海軍の飛行場だった(昭和20年6月撮影)
orokuhikoujyo0709_convert_20160930105645.jpg
▲米軍が整備し直した小禄飛行場。ルソン島から移動してきた米輸送機と米爆撃機が駐機している(7/9撮影)
※一部基地施設は昭和47年に返還されたが那覇(小禄飛行場)基地が日本に全面返還されたのは昭和57年4月だった
1026nahakuko_convert_20161013112050.jpg
▲終戦後の昭和23年10月26日に撮影された那覇(小禄)飛行場。米軍が滑走路など完全に作り変えている。
09481020nahakuko_convert_20161013094133.jpg
▲▼終戦後昭和23年10月20日上空6000フィートから撮影された那覇(小禄)飛行場(現在の那覇国際空港の原型となる)
19481020NahaOkinawaAlt6000_convert_20161013111044.jpg
▼戦後昭和29年4月10日に撮影された那覇(小禄)飛行場
1954410nahakuko_convert_20161013144836.jpg
▼小禄飛行場南側全景。奥に見えるのは瀬長島、滑走路、格納庫が写っている。
orokuhikojyogaikanminami0716_convert_20161012110606.jpg
▼小禄飛行場南側、倉庫建設を始める第933連隊航空工兵隊(7/20撮影)
 大きな格納庫は米軍が活用する予定なのでまだ残っているが、小さい格納庫は無くなっている。
0720Ryukyu_Rettonahahikojyo_convert_20161012112212.jpg
▼小禄飛行場で撮影された掩体壕。爆撃を受けたのか前半分が崩れ落ちている。
orokuhikojyookinawa_convert_20160908161237.jpg

radarorokuJapanese_convert_20161019103704.jpg
▲小禄半島に設置されていた日本海軍レーダー施設
kaigunraider_convert_20160930155228.jpg
▲▼海軍小禄飛行場の丘に設置されていた日本海軍のレーダー施設
kaigunraiderhaimen_convert_20160930155433.jpg
▼レーダー背面
Rader_Naha_airfield_convert_20161012164007.jpg

orokumizuabibeihei_convert_20160930165231.jpg
▼▲小禄飛行場の砲弾跡で水浴びを楽しむ第6海兵師団第4大隊の兵士。大破した海軍機が見える(6/7撮影)
nahakaigunkiup_convert_20161007114031.jpg
▼海軍小禄飛行場にはまともな航空機は残っていなかった様だ・・・。
orokukaigunhikojyo2_convert_20160908100908.jpg
▼海軍小禄飛行場に放棄されていた日本海軍の軍用トラック
OROKUJapanesetruck_convert_20160929235908.jpg
▼恐らく小禄飛行場近くの弾薬庫で撮影された写真、日本軍の弾薬。(6月撮影)
nihongundanyakuko_convert_20161005143335.jpg
▼小禄飛行場隣の海岸に面した日本軍塹壕。後方に見える小禄飛行場と塹壕自体の構造に注目。
orokuhikojyozango_convert_20161005150225.jpg
▼那覇港の奥武山島にあったバラック小屋。おそらく港湾部隊所属の海軍兵舎だろう(6月撮影)
nahakokaigunheisya_convert_20161005150838.jpg
▼小禄飛行場の発電所を調べる米兵、度重なる空襲で屋根は焼け落ちている(6月撮影)
orokuhikojyohatudensyo_convert_20161005161743.jpg
▼小禄飛行場付近で南部の日本軍陣地を攻撃すべく、設営する105ミリ榴弾砲部隊。左奥に発電所が写っている(6/6)
bahahatudensyo0606.jpg
▼6月、小禄飛行場攻略後、前線へ移動する米兵。後方に海軍機の残骸。
nahaorokuhikojyonite6gatu_convert_20161006134037.jpg
▼小禄飛行場端に設置された第6海兵師団第22連隊B医療中隊の前線病院。移動手術室として使用される。
 (那覇で鹵獲され、米軍に使用される日本の路線バスが写っている6/12撮影)
okinawaorokubus_convert_20161007162410.jpg
▼沖縄の県都那覇の焼け跡に横たわる日本軍機のエンジン(6/17撮影)
0617enjinenaha_convert_20161011125013.jpg
▼6/7小禄飛行場の格納庫前を通過し、前線へ移動する米軍戦車
kakunokomaesensya0607_convert_20161007121457.jpg
▼6/12戦車の点検中、兵士達は休憩し、格納庫近くで待機する第6海兵師団B中隊の大型戦車。
 状態がまだ良好な日本海軍の大型格納庫は近いうちに米空軍が使用する事になる。
Btanknaha0612_convert_20161007161004.jpg
▼小禄飛行場のゼロ戦?の残骸をメインに瀬長島を写した写真(6/12撮影)
0612nahazerosen_convert_20161007151725.jpg
沖縄戦のみならず、日本の戦争を象徴する様な写真だ・・・。
0612SenagaShimazerozangai_convert_20161007151204.jpg
▼現在は平和な那覇国際空港、滑走路は航空自衛隊と共用だ。ここが日本海軍小禄基地だった事をどの位の人が知って
いるだろう。右奥に見える島は瀬長島。米軍の沖縄本島上陸が差し迫った昭和20年3月24日,25日この飛行場から神風
特別攻撃隊「小祿彗星隊」が出撃し、沖縄の海で命を散らした若者がいた事を観光で訪れた際は、まず想って欲しい。
DSCN5095_convert_20160907192600.jpg
▼昭和20年6月大破した零戦と米兵。遠近感は違うが上記写真とだいたい同じ感じ。奥に瀬長島が写る。
orokuzerotosenagajima_convert_20161011104524.jpg
ガダルカナル島の戦い以降、飛行場を作っては米軍に占領され、「米軍の為に飛行場を作っているのではないか?」と
囁く工兵も居たと言う。南洋諸島~沖縄まで、米軍に占領されて利用された日本軍飛行場は実に10ヵ所を超える。


にほんブログ村 歴史ブログ 太平洋戦争/大東亜戦争へ
にほんブログ村

戦史 ブログランキングへ
 2016_10_17


航空自衛隊美保基地HPに掲載されていた「抽選でC-1輸送機に体験搭乗が出来る」との記事を見た。
7月ぐらいだったかハガキを送って申し込んでみた。すると8月初旬に当選の封筒が送られて来た。
軍用機に乗せてもらうのは初めての経験だ。少し遠い場所ではあったが鳥取県境港市にある美保基地に行ってきた。
DSCN5390_convert_20160921191741.jpg
▼予め郵送されてきた駐車券をダッシュボードに置いて、基地内に入り持ち物チェックをして所定の位置に駐車する。
DSCN5400_convert_20160918225447.jpg
▼まず目にしたのは陸上自衛隊の軽装甲機動車。良い感じの色褪感だが迷彩塗装では無い。
DSCN5388_convert_20160921192054.jpg
▼基地内を歩いて滑走路付近に向かう(真新しい格納庫や基地施設が建設最終段階の様に見えた)
DSCN5169_convert_20160918225712.jpg

DSCN5170_convert_20160918225930.jpg
▼格納庫付近で受付を済ませて搭乗の順番を待つ。
DSCN5175_convert_20160918230212.jpg
▼目の前の駐機場には搭乗体験の為にスタンバイされたC-1輸送機が!
DSCN5181_convert_20160918230507.jpg

DSCN5172_convert_20160918230713.jpg
先の順番の方達が既に搭乗を開始している。大きい・・・!
DSCN5186_convert_20160918231013.jpg

DSCN5188_convert_20160918231330.jpg
▼1組30名ぐらいだろうか、搭乗が済んで全てのハッチが閉じられた。
DSCN5191_convert_20160918231740.jpg
▼そして滑走路へと向かう・・・。早く乗りたい!
DSCN5195_convert_20160918231936.jpg

DSCN5196_convert_20160918231952.jpg

DSCN5197_convert_20160918232005.jpg
ここは太平洋戦争当時、海軍美保基地として機能していた。
DSCN5192_convert_20160918232037.jpg
昭和20年5月10日神風特別攻撃隊「第9銀河隊」が沖縄へ特攻出撃の為にここから宮崎基地に移動している。
昭和20年に入っても空襲のなかった美保基地では4/27に移動してきた攻撃406飛行隊が『銀河』で急降下爆撃の訓練
を行っていた。飛行隊長壱岐少佐の「次に示すペアは『銀河』を夕方までに宮崎基地まで空輸せよ」との命令を、隊員
の中にはこれが沖縄特攻作戦の前進の為の宮崎基地への移動とは夢にも思っていなかった者も居た様だ。
昭和20年5月11日04:00宮崎基地より出撃した8機の『銀河』は6機が米「タスクフォース58機動艦隊」に突入した。
[操縦]深井 良中尉(神奈川県出身)/[偵察]俵  一上飛曹(東京都出身)/[電信]北山 博上飛曹(大分県出身)
[操縦]鈴木圓一郎中尉(静岡県出身)/[偵察]三宅文夫上飛曹(徳島県出身)/[電信]田中榮一上飛曹(埼玉県出身)
[操縦]小島弘上飛曹(兵庫県出身)/[偵察]村上 守中尉(大分県出身)/[電信]佐藤 昇1飛曹(新潟県出身)
[操縦]谷岡力上飛曹(福井県出身)/[偵察]山川芳男少尉(東京都出身)/[電信]杉野三次1飛曹(三重県出身)
[操縦]松木 学1飛曹(愛媛県出身)/[偵察]山根三男1飛曹(広島県出身)/[電信]伊藤 勲1飛曹(大分県出身)
[操縦]長谷部六雄飛長(新潟県出身)/[偵察]吉田 雄1飛曹(和歌山県出身)/[電信]信本廣夫2飛曹(広島県出身)
永野金一1飛曹/ 飯島 守中尉/本田 勝1飛曹( 機体不調の為引き返しをはかるも、基地に戻らず「不時着戦死」)
古小路 裕1飛曹/ 藤田峰夫上飛曹/真鍋真之介1飛曹(機体不調の為、出撃取りやめとなる)
神津和男1飛曹/ 豊岡清澄上飛曹/ 穴口 尚上飛曹(出撃後、機体不調で引き返す)
ginga77.jpg
▲海軍双発爆撃機「銀河」
昭和20年5月25日神風特別攻撃隊「第10銀河隊」 宮崎基地より「銀河」12機で出撃
(沖縄周辺艦船攻撃)
[操縦]越野時貞1飛曹(愛知県出身)/[偵察]鈴木喜久男1飛曹(福島県出身)/[電信]藤澤彌須雄1飛曹(滋賀県出身)
[操縦]岩品福三郎1飛曹(静岡県出身)/[偵察]小口博造中尉(長野県出身)/[電信]平野 勇上飛曹(岩手県出身)
段ボール製造で有名な製紙メーカーのレンゴー株式会社東京工場に「気力、術力、精神力」という標語が大きく書いて
ある。海軍の標語らしい。5/25「銀河」で出撃、戦艦ウェストバージニアに突入前に撃墜されるも駆逐艦キャラハンに
救助されて生還した長谷川薫中尉が社長を勤めた会社だ。
長谷川中尉は海中に突入して海を漂っているところを駆逐艦キャラハンに救助された。
この時同乗していた吉田湊飛曹長も救助されたが、直後に出血多量で死亡した。
駆逐艦キャラハンのバーソルフ艦長は特攻攻撃の続く中、危険を冒して艦を停止させ、長谷川中尉と吉田飛曹長を救助
した。吉田湊飛曹長の遺体は丁重に水葬されたと言う。
DSCN5193_convert_20160919131132.jpg
▲当時もこの様に死地に赴く為に飛んで行ったんだろうな・・・と、離陸していくC-1輸送機を眺めながら思った。
DSCN5342_convert_20161018211121.jpg
▲昭和46年新滑走路 第1期工事完成時の空撮
DSCN5354_convert_20160919172809.jpg
▲▼戦時中の営門
DSCN5353_convert_20161018210505.jpg

DSCN5373_convert_20160919173451.jpg
▲美保基地で撮影された予科練14期生の写真。ここにもダミー戦闘機があったんだ・・・沖縄戦だけだと思っていた。
DSCN5228_convert_20160919132201.jpg
▲いよいよ順番が回ってきた!隊員の指示に従って並ぶ。
DSCN5233_convert_20160919132343.jpg
▲駐機場を歩いて搭乗機に向かう。横には格納庫がある、中は戦時中当時のままかも?
DSCN5273_convert_20160919160636.jpg

DSCN5240_convert_20160919132541.jpg
沖縄付近に台風が近づいていた時だったが少し晴れ間も見えてきた!
DSCN5282_convert_20160919132726.jpg
▼搭乗機は既にハッチが開いている。024号機に乗る!ワクワクする!
DSCN5239_convert_20160919132947.jpg

DSCN5241_convert_20160919133124.jpg
機体の大きさの割には「日の丸」が小さい様に感じた。
DSCN5243_convert_20160919133222.jpg

DSCN5276_convert_20161018205721.jpg
乗り込む!
DSCN5244_convert_20160919133400.jpg

DSCN5245_convert_20160919133514.jpg

DSCN5246_convert_20160919151333.jpg

DSCN5248_convert_20160919151521.jpg
シートベルトを締めて離陸準備!
DSCN5268_convert_20160919151749.jpg
ハッチが閉じられる。
DSCN5253_convert_20160919151939.jpg
隊員から飛行コースや注意事項等色々説明を受ける。
DSCN5255_convert_20160919152124.jpg
駐機場から滑走路へ動き出した
DSCN5258_convert_20160919152225.jpg
離陸してから高度が落ち着くと、シートベルトを外して自由に中を見学出来る。小さい窓から外を見る
DSCN5259_convert_20160919152559.jpg
隊員は女性ファンが多い。コクピットも見学出来るが私の前の人で時間切れ!で、見学出来ず・・・次回リベンジ!
DSCN5264_convert_20160919155502.jpg
着陸態勢になるので席に戻ってベルトを締める様指示が出されたので席に戻る。
DSCN5265_convert_20160919155816.jpg
離陸・着陸含めて約25分ぐらいのフライトだったがC-1輸送機の離陸時の加速も体験出来て素晴らしい経験だった。
DSCN5272_convert_20160919160210.jpg
これから主力輸送機がC-2へ移行していくと思うが、今回の様なC-1輸送機の搭乗体験は継続して欲しいと思う。
DSCN5275_convert_20161018210031.jpg

DSCN5285_convert_20160919170258.jpg
▼管制塔に上って撮影
DSCN5300_convert_20160919170441.jpg
▼奥の美保飛行場(米子鬼太郎空港)には駐機しているANAの旅客機が見える。滑走路は軍民共用だ。
DSCN5306_convert_20160919171339.jpg
▼C-2輸送機の為の新設格納庫であろう、真新しい格納庫が見える。
DSCN5307_convert_20160919171707.jpg
航空自衛隊基地は広いな~。
DSCN5309_convert_20160919171841.jpg
▼管制塔を後にする。
DSCN5314_convert_20160919172007.jpg

DSCN5327_convert_20160919172226.jpg

DSCN5399_convert_20160921090834.jpg
▼冬の美保基地は寒いんだろうな・・・隊員の皆様ご苦労様です。
DSCN5318_convert_20160919172409.jpg
▼基地内には退役した航空機が展示してあった。
DSCN5379_convert_20160921090706.jpg

DSCN5380_convert_20160921090721.jpg

DSCN5389_convert_20160921090744.jpg
▼▲一式陸上攻撃機の後継型の様にも見えるがなんという形式だろう・・・輸送機と思うが。
DSCN5396_convert_20160921091056.jpg

DSCN5386_convert_20160921192031.jpg

太平洋戦争当時、海軍美保基地でも「人間機雷伏竜(ふくりゅう)」の実用化に向けたテストが行われた様だ。
基地内資料館に当時の写真が飾られている。
「人間機雷伏竜(ふくりゅう)」とは、潜水具を着用した隊員が竹棒の先に装着した5式撃雷(刺突機雷)を手にして海底
に潜み、日本本土に接近する敵上陸用舟艇の船底を突いて破壊するという無謀な作戦であった。
昭和20年2月には日本の主要水路はB29から投下された磁気機雷などにより封鎖され、潜水員が機雷に爆薬を仕掛け
遠隔操作で爆破処理する方法が計画された。当時、海底で自由に行動できる簡便な潜水器具は無かったが、横須賀海
軍工作学校研究部による不眠不休の研究・開発により、3月中旬には潜水器具実用化の段階にこぎつけた。
海軍では機雷の敷設や処分は潜水具を着けたダイバーが行っていたが、これまでは大きくて重い潜水具に海上からパ
イプを使って送気しなくてはならず、大がかりな装備を改善する必要があった。
横須賀海軍工作学校では軽便な潜水具として圧縮酸素ボンベと清浄缶を装備した物を開発し、これまでの潜水具と置
き換える予定だった。この簡易潜水具を知った海軍軍令部ではこの潜水器具を特攻作戦に使用する構想が生まれ、手
にした竹棒付き機雷で敵上陸用舟艇を破壊する案を考え、これらは後に「伏竜特攻隊」として編成された。
伏竜隊の編成は大戦末期(昭和20年5月頃)であった事や、肝心の潜水具などが不足していたこともあり、戦死者はい
ないとされている。
しかし訓練中この簡易潜水具による事故が多発し、71嵐突撃隊に所属していた海老澤喜佐雄氏の証言では130人以上
が訓練で殉職したのではないかと話している。実際に訓練中に横須賀だけで10名の殉職者を出している。
DSCN5371_convert_20161018203822.jpg
▲タグボートにひかれて訓練海域まで移動する伏竜隊
訓練ではまず潜水ズボンを穿き、鉛の草鞋を履く。潜水上衣を着けると補助員が面ガラスを外した潜水兜を被せ、4ヶ
所をナットで留める。酸素ボンベ2本に清浄罐を鋼バンドで取り付け、前に重りを吊る。酸素供給管、呼気排出管、命
綱が結ばれると、いよいよ最後に面ガラスが取り付けられるのだ。
DSCN5372_convert_20161018204226.jpg
▲▼写真は伏竜隊員の潜水訓練の様子(昭和20年6月頃撮影)
DSCN5358_convert_20161018205104.jpg
「面ガラス一枚が現世と地獄の分かれ目だった」と、実際に訓練を受けた方は語っておられます。
潜水直前、この面ガラスが「キキキーッ」と音をさせて締め付けられる。このガラスが外される時、果たして自分は
生きているのか?訓練の毎回毎回がこの様な恐怖との戦いだったと言う。
※訓練期間中に空襲を受け、訓練生及び教官の内281名が戦死している。
fukuryu.jpg
▲鉛の草鞋を履き、潜水カブトを被って海の底に潜る。練習用でも全装備で約60キロ(体重抜き)にもなったと言う。
伏竜の清浄缶は苛性ソーダを使用して吐き出した炭酸ガスを清浄していたが、ブリキ細工の様な清浄缶が破損すると
海水で反応した猛毒の苛性ソーダを飲み込む事となり、水と反応したカセイソーダは化学反応を起こして沸騰する程
の高温になり、頭に被せた「潜水カブト」の中に逆流。訓練中に死亡した隊員の中には、その沸騰した苛性カソーダ
を飲み込んでしまい胃や食道を焼き、苦しみながら死んだというのだ。
また、呼吸を誤って(※伏竜では鼻から吸って口から吐くように作られていた)吐き出した炭酸ガスで酸欠になったり
残量の読み違えなどによる酸素切れで意識を失い死亡するなど伏竜は危険度の高い兵器であった。
fukuryu1.jpg
▲当時としては画期的な6時間潜水が可能な「清浄缶」を背負って潜水する。しかし、物資不足から清浄缶の作りがお
 粗末で、岩などに少しでもぶつかれば直ぐ水が染みこんできたと言う。
 
更に、海中で5式撃雷を使用すると、使用した本人はもとより半径50mにいる隊員も巻き添えになる事が判明し、兵器
としての有効性も疑問視される有り様であった。
昭和20年7月末、当時の総理大臣 鈴木貫太郎が伏竜の訓練を視察している。訓練を見た鈴木首相は「不適」つまりは
「此れは無理」と反対した。それに対し海軍関係者は「きっと何とか使用出来る様にしますから」と言って了解を得て
訓練を継続し、結局実戦で使用されないまま終戦を迎え、訓練中に多数の死者を出すという結果だけを招いた。
fukuryu2.jpg
▲本土決戦敵上陸直前4~5時間前に海岸から海底に歩いて潜り待機。敵の上陸用舟艇が海岸に殺到したその瞬間、
 海底に隠れた伏竜隊員が「刺突爆雷」を突き上げ上陸用舟艇を破壊、そして自らも爆死するという恐ろしい作戦。

主な編成部隊は「第71嵐突撃隊」/横須賀市久里浜、「川棚突撃隊」/佐世保市川棚、「第81嵐突撃隊」/呉市情島など
で、各隊は500人程の規模だったと言われている(京都府舞鶴からも訓練生1個大隊が横須賀に派遣されている)。
隊員の多くは十代後半の予科練出身者であったが、緒戦で活躍した海軍陸戦隊の古兵も投入された。
伏竜部隊は鎮守府に所属し、横須賀 5個大隊、呉2個大隊、佐世保2個大隊、舞鶴1個大隊が整備される予定であった。
昭和20年5月26日潜水器具は特攻兵器として正式に採用され「伏竜」と命名、3000人分を整備する命令が下された。
昭和20年6月から横須賀対潜学校で先遣部隊要員480名への訓練が始まった。潜水訓練は、神奈川県横須賀鎮守府の
野比海岸、広島県呉鎮守府の情島、長崎県佐世保鎮守府の川棚などで行われ、約3000人が訓練を受けた。
米軍本土上陸は9~10月の想定で、作戦は米軍の上陸作戦正面と考えられていた九十九里海岸などを想定していた。
伏竜部隊が正式に編成されたのは、終戦直前の昭和20年8月5日である。
部隊の展開時期は10月末を目標にしていたが、途中で終戦をむかえた為、伏竜が実戦に投入されることはなかった。
「沖縄戦」で投入された陸軍の肉薄攻撃(梱包爆薬を背負って戦車に突入)にヒントを得て考案されたという「伏竜」は、
海軍軍令部第二部長(戦備担当)黒島亀人少将の発案によるものと言われているが、発案者本人が使用する事はまず無い。
黒島少将は連合艦隊司令長官・山本五十六大将と共に「ハワイ真珠湾攻撃」を立案した参謀で、特攻ボート「震洋」な
ど数多くの特攻兵器を考案している。日本軍が考案した特攻兵器は全て、「自分は行かない/死なない」戦犯とも言える
無謀・無能な上層部によって実行された。
「伏竜」は乗るべき飛行機(特攻機)がなくなり、「余剰人員」と化していた予科練生たちを「有効利用」する為に考え
られたという一面もあったという事も忘れてはならない。
「余ったから人間機雷にしてしまえ」という、戦争指導者の醜悪さが凝縮された様な兵器だったとしか言いようが無い。

海軍軍令部第1部企画班が昭和20年6月12日付で示した「決戦作戦に於ける海軍作戦計画大綱(案)」では下記の通り。
「初動約10日間で約半数を海上で撃沈破し、残敵は地上で掃滅する。すべての戦闘は特攻を基調として遂行する」
最初に本土決戦用に温存されていた虎の子の「特攻機」が出撃。続いて特攻艇「震洋」/人間魚雷「回天」/特殊潜航艇
「蛟龍」/小型潜水艦「海竜」からなる特攻戦隊が岩陰などに構築された基地から殺到。「伏竜」は海中の最後の砦。
であった・・・。降伏文書調印式の時に、伏竜隊で東京湾のミズーリ号を機雷で爆破しようという計画があったそうだ。
実際、隊員は8月22日まで訓練を続けていた。参加希望者は「熱望と書け」と言われ、「熱望」と書いた伏竜特攻隊員
は23日には「すぐ帰郷だ」と言われ故郷に帰って行ったと言う。
DSCN6303_convert_20161228165114.jpg
▲江田島(広島県)の海上自衛隊第1術科学校(旧海軍兵学校)江田島クラブ2Fに展示してある現在の潜水器具。
腹に巻き付けた鉛や潜水カブト。これを見た時、伏竜隊しか頭に思い浮かばなかった・・・。2016年12月18日訪問
DSCN6304_convert_20161228165908.jpg

※神奈川県鎌倉市稲村ガ崎、稲村ガ崎公園の沿岸部には今も伏竜隊の待機豪が残っているとの事。
 (稲村ヶ崎公園)伏竜隊基地跡には是非行ってみたいと思う。
▼2016/10/30とのたま氏の案内で伏竜隊基地跡に連れて行ってもらった。
DSCN5757_convert_20161031203233.jpg
左下の豪が伏竜隊陣地豪、奥の斜面に開いているのは25mm機銃が装備されていたという銃眼。ここは訓練施設では
無く実戦の出撃待機陣地として構築された豪で、米軍接近の誤報による出撃準備が1度あったとの事だ。
DSCN5754_convert_20161031194455.jpg
▲干潮時だったが前夜の雨で足元が異常に滑るので入豪は叶わなかったが、次回は夏に海パンで訪れたいと思う。
DSCN5744_convert_20161031203411.jpg
江の島が綺麗だった。この後江の島周辺を散策し、本土決戦に備えて築かれた陣地豪を案内して頂いた。
DSCN5758_convert_20161031203425.jpg

(話を境港に戻します)
▼航空自衛隊美保基地のある鳥取県境港市は、ゲゲゲの鬼太郎で有名な水木しげるさんの故郷だ。
DSCN5413_convert_20161018211856.jpg
JR境港駅(鬼太郎駅)はゲゲゲの鬼太郎一色だ。
DSCN5405_convert_20161018212236.jpg
▼水木しげるロードと水木しげる記念館
DSCN5439_convert_20161018213615.jpg
水木しげるロードは何処かレトロで雰囲気の良い楽しい商店街だ。
DSCN5475_convert_20161018214244.jpg

DSCN5456_convert_20161019085302.jpg

DSCN5457_convert_20161019085332.jpg
▼水木しげる記念館。水木しげるは徴兵(赤紙)でニューギニア(ラバウル)に陸軍兵士として出征し、片腕を失っている。
DSCN5444_convert_20161018213809.jpg
戦記漫画では「総員玉砕せよ!」が有名だ。水木しげるは1943年4月臨時招集令状により補充兵として激戦地ラバウル
(ニューブリテン島)へ出征した。『総員玉砕せよ!』は水木が「90%は戦地で自分が見聞きした事」であり、「最も
愛着が深い作品」だという。「鬼太郎が見た玉砕 水木しげるの戦争」YouTube

にほんブログ村 歴史ブログ 太平洋戦争/大東亜戦争へ
にほんブログ村

戦史 ブログランキングへ
 2016_09_17


「沖縄戦」で紹介した「陸軍北飛行場」と「陸軍中飛行場」
昭和20年4月1日の米軍上陸後に真っ先に占領された陸軍の飛行場だ。
中飛行場は現在も米軍が拡張・整備した「嘉手納飛行場」として米軍が使用している。
北飛行場は米軍接収後、読谷補助飛行場としてパラシュート降下訓練などに使われ、現在は日本に返還され、読谷村が
今後の活用方法を議論している。
陸軍北飛行場/中飛行場は紹介しているブログ等も少ない為、[沖縄戦]で紹介しきれなかった米軍上陸直後と、その後の
両飛行場の様子を米軍が撮影した写真でご紹介する。

※太平洋戦争当時、沖縄には以下の飛行場があったとされる。
「沖縄本島」陸軍北飛行場/陸軍中飛行場/陸軍南飛行場/陸軍首里秘密飛行場/陸軍東飛行場
      海軍小禄飛行場/海軍糸満秘密飛行場
「伊江島」陸軍伊江島飛行場
「宮古島」海軍宮古島飛行場/海軍宮古島中飛行場/陸軍宮古島西飛行場
「八重山(石垣島)」海軍石垣島北飛行場/陸軍白保飛行場/海軍石垣島南飛行場(元石垣空港)
「その他」海軍喜界島飛行場/陸軍徳之島北飛行場/陸軍徳之島南飛行場/海軍南大東島飛行場

※ここで紹介する当時の写真は全て米軍が昭和20年4月1日以降に撮影したものである。
[ 陸軍北(読谷)飛行場 ]
yontankitahikoujyojyouku.jpg
▼▲上空から
rikugunkitahikojyo_convert_20160915131200.jpg
▼低空で撮影された北飛行場滑走路。飛行場周辺に亀甲墓が沢山ある事が解る。日本軍機も見える。
kitahikoujyoteikusyasin_convert_20160921170609.jpg

kitahikoujyoentaigo1_convert_20160927123041.jpg
▼▲北飛行場周辺の上空写真。掩体壕がどの辺りにあったのか良く解る写真だ。
kitahikoujyoentaigo_convert_20160927122956.jpg
▼北飛行場の端に設置されていた飛行場本部
yontanhonbu_convert_20160915132426.jpg
▼現在の北(読谷)飛行場跡のほぼ同じ位置
DSCN4180_convert_20160915204319.jpg
▼米軍から返還され、今後の活用が議論されている。現在は生活道路替わりになっている。
DSCN4160_convert_20160915204032.jpg
▼空爆で破壊されたレーダー施設
yontankitaradar_convert_20160915160503.jpg
▼飛行場内の半地下防空壕(トーチカ)
yontankitahikojyoujinnti_convert_20160912145217.jpg
▼北飛行場防空壕で日本軍の爆撃に耐える第1航空団の海軍士官。日本軍機による爆撃は毎晩続いた(5月)
YontanAirfieldtikajinntigou_convert_20161004145459.jpg
▼ほとんど毎晩日本軍機が北飛行場周辺に爆弾を落とし、翌朝にはこの位大きい穴が出来ている事もあった(5/20撮影)
HappensatYontan0520_convert_20161004162727.jpg

kitayontanhikouyjotochka_convert_20160926154447.jpg
▼放棄された陸軍98式直協偵察機
yomitankita98hoti.jpg
▼掩体壕の中に残された日本陸軍機の残骸
entaigonaizangaiyontan_convert_20160915132936.jpg
▼4/1北飛行場の地下ガスタンクが炎上する中、第3上陸作戦部隊の兵士が水陸両用装甲戦車の後方を進む。
yontantcikatankenjyo_convert_20160921160700.jpg
▼飛行場放棄にあたり、日本軍は自ら残存機を爆破処分して山中に逃げて行った
yontanrikugunkitazangai_convert_20160915133819.jpg
米軍は一式戦闘機「隼」はscar(オスカー)/三式戦闘機「飛燕」はTony(トニー)/99式双発軽爆撃機はLily(リリー)の愛
称で呼んでいた。
hienyomitanikita0401_convert_20160915161943.jpg
▼残骸をよく見ると、日の丸の後ろに白帯の入った隊長機が多い事が解る。
yomitaikitarikugun_convert_20160915134148.jpg

zangaikita_convert_20160915134349.jpg
▼海軍機の様にも見える。ラバウルでも陸海軍共用していた様に、北飛行場でもそうだったのかもしれない
kitaYontanAirfieldrikugunki_convert_20160913145112.jpg

hayatezangai_convert_20160915135013.jpg
▼白帯付きの隊長機ばかりが残さたと言う事か・・・?沖縄に配属されていた陸軍飛行戦隊はどの部隊だろううか?
nihongunkinoyama1_convert_20160915134747.jpg

nihongunkinoyama_convert_20160915135155.jpg

rikugunkitahikojyozangai_convert_20160915135408.jpg

orokuhikoujyo3_convert_20160908121057.jpg
▲陸軍北・中飛行場のどちらかと思われる。破壊された陸軍100式重爆撃機「呑龍」が写っている。
kitahikoujyou6_convert_20160908121855.jpg

kitahikoujyou8_convert_20160908122033.jpg
▼▲陸軍三式戦闘機「飛燕」か・・・。
kitahikoujyou10_convert_20160908122252.jpg
▼これは何だろう・・・?もしかして海軍93式超重爆撃機か?海軍対潜攻撃機「東海」??
kitahikoujyou9_convert_20160908122619.jpg
▼陸軍99式双発軽爆撃機
kitahikoujyou99souhathu_convert_20160908123104.jpg
▼陸軍99式襲撃機
kitahikoujyouteisatuki_convert_20160908123504.jpg
昭和19年10月10日(十十空襲)の後、滑走路を直ちに修理、約200機の日本軍機が北飛行場に次々と飛来した。
「これで沖縄は大丈夫だ」と工兵や一兵卒の日本兵は安堵していたと言う。
orokukaigunki1_convert_20160908124436.jpg

yontanzangai11_convert_20160915135851.jpg
飛べる状態の航空戦力がどの位あったか解らないが、かなりの数の航空機が残っていた事が解る
yontankitazangaiokinawa_convert_20160915141220.jpg
▼北飛行場で米軍に初めて鹵獲された海軍特攻兵器「桜花」。北飛行場で4機発見された。
bakabakudanyontankita_convert_20160915163557.jpg
北飛行場では4機の「桜花」が鹵獲されたが、中には日本本土の工場から出荷された箱に入ったままの状態で発見され
た機もあり、技術者による解析の為に急いで米国へ送られた(昭和20年4月13日撮影)
bakabakudankita_convert_20160915163758.jpg
▼しげみの中で米軍に発見された1-13号機
bakabakudankadena3_convert_20160927095632.jpg

baka8_convert_20160908131328.jpg

OhkaOkinawa_convert_20160830143321.jpg

suicide_plane_Baka_convert_20161012104017.jpg

oukaup_convert_20160915170005.jpg
▼「桜花」のコクピット
bakabomohka_convert_20160915164836.jpg
▼「桜花」の計器類
cokcpitobakabom_convert_20160915165121.jpg
▼梱包されていた木箱が写っている
ookabakabom1_convert_20160915165316.jpg
▼1-10
oukabaka110_convert_20160926144501.jpg
▼1-13
ohkabakabakudankita_convert_20160926145320.jpg
▼1-18号機を分解して調べる米兵4/3撮影
nakakadenaohkabunkai_convert_20160926151036.jpg
前側のカバーが外され、約1.2t爆弾がむき出しになっている。
bunkaibakabakudan_convert_20160926152555.jpg
▼上空から撮影されたダミー戦闘機(直ぐに見破られていた)
yontandamizero_convert_20160915131854.jpg
▼北飛行場に置かれていたダミー戦闘機の数々
gisouhikoukiyontan_convert_20160915141648.jpg
▼飛行場に擬似飛行機を置くという日本軍のごまかし作戦にあきれて、頭をかく陸軍第24軍団コシュマンスキ中尉
akiretabeihei_convert_20160927150527.jpg

takegisoukiyontan_convert_20160915142556.jpg
▼ダミー戦闘機に横に置かれている自転車も日本軍が使用していた物である
nihongunjitensya_convert_20160915143201.jpg

gisohayateyontan_convert_20160915143713.jpg

yontangisotaikuho_convert_20160915155920.jpg
▼▲北飛行場を望む座喜味城址付近で発見されたダミー対空砲と塹壕(読谷村座喜味城址付近と思われる)
gisokousyaho_convert_20160915171720.jpg
座喜味城址は護佐丸時代を経て523年、護佐丸が中城城に移って以来使用されず、全体が松や雑木に覆われていた。
昭和18年読谷山の陸軍北飛行場建設に伴い、翌年8月「第21野戦高射砲司令部」指揮下の独立高射砲第27大隊第3中隊
(光本中尉中隊長)によって陣地構築が進められた。先ずは、全体を覆う松や雑木の伐採から始め、更に視界を広げる為、
城址周辺の伐採も行われた。その後沖縄県立農林学校の全生徒も動員され、伐採された木の根の掘り起こしが始まった。
生徒は体の汗疹に悩まされながら、主に土と石を運んで砲座の周りに土塁を築き、本丸跡に6基の砲座が設置された。
52koutiyontanzango0720_convert_20161012114452.jpg
▼座喜味城趾は修復され、現在世界遺産に登録されている(画像は終戦後昭和35年頃の座喜味城趾)
196003ZAKIMICASTLE_convert_20161221142502.jpg
▼米軍上陸に関して最初から飛行場放棄の方針だった為、北飛行場はあっさり米軍が占領、米空軍の使用が始まった
yontansenryo1_convert_20160915133502.jpg
▼米軍のブルドーザーで撤去される陸軍三式戦闘機「飛燕」
tekkyohienyomitan_convert_20160915144519.jpg
▼ブルドーザーで牽引されていく「飛燕」。滑走路付近に捕虜となった住民達が移動している
yontankitahientekkyo_convert_20160915144844.jpg
hienyontankita_convert_20160915150446.jpg
▼上陸後初めての水浴びを楽しむ米兵。北飛行場近くの日本軍兵舎横の施設で井戸が設置され湧き水が出ている
yontangorakusisetsu_convert_20160915160717.jpg
▼カムフラージュされた日本軍兵舎(知覧の三角兵舎とよく似ている)
nihongunheisya5_convert_20160927093056.jpg
▼米軍に発見された日本軍施設。迷彩塗装が施され、ネットで偽装されていた。粗末な木造作りだ(4/6撮影)
nihongungyoraisagyouba_convert_20161003170816.jpg

yontanhiensirokuro_convert_20160927132512.jpg
▲▼ドラム缶で支えられ、滑走路脇に放棄されていた陸軍三式戦闘機「飛燕」の残骸。
ki-61_convert_20160905145112.jpg
知覧などの特攻基地から旧式の99式高等練習機や97式戦闘機、二式高等練習機で特攻出撃していった特攻隊員も多く
いたというのに、これだけの飛燕を放棄するとは第六航空軍司令官[ 菅原道大中将 ]は一体何をしていたのか・・・。
YontanAirfieldOkinawaHIEN_convert_20160913144445.jpg
「決しておまえたちだけを死なせない、最後の一機で必ず私はお前達の後を追う」と特攻隊員に語りながら、自決せず
のうのうと戦後38年間を生き、多くを語らぬまま95歳まで生きた菅原道大中将。上層部の無能でどれだけ無駄な死と、
無駄な兵器を使った挙句敗戦したのか・・・。その総括は未だきちんと検証されないまま自衛隊に引き継がれている。
kitahikoujyouokinawa7_convert_20160908122448.jpg
▼陸軍99式双発軽爆撃機の残骸。
souhatukizangaikita_convert_20160921144345.jpg
▼陸軍99式双発軽爆撃機の残骸を調べる米兵。
yontansouhatuki_convert_20160927130332.jpg
▼北飛行場に強行着陸を成功させた1機から飛び出した義烈空挺隊員が破壊した米軍機(5/24撮影)
giretutaihakaibeigunki_convert_20161004134601.jpg
▼当時の掩体壕がひっそりと残り、脇に「義烈空挺隊」慰霊碑が立っている(玉砕地のサトウキビ畑から移設された)
※この周辺は当時「掩体壕」が多く造られたが、ほとんどが取り壊され、現在遺されているのはこの一つだけ。
 2009年読谷村の史跡に指定された。「読谷村掩体壕」沖縄県読谷村座喜味2901
DSCN4179_convert_20160915204700.jpg
▼4/1米軍が北飛行場を占領した直後の北飛行場内「忠魂碑」(昭和10年10月頃、読谷山国民学校内に建立)
YontanAirfieldOkinawa_convert_20160913140218.jpg
※この「忠魂碑」は昭和53年、読谷村運動広場北角、勤労者体育センター横テニスコート脇に移設され、現存する。
 沖縄県中頭郡読谷村座喜味2901
▼掩体壕を倉庫代わりに使用する米軍
yontankitaentaigho_convert_20160920114040.jpg
▼北飛行場高射砲陣地
yontankousyahoujinti_convert_20160920114307.jpg
▼高射砲陣地防空壕入口
yontanboukugoiriguti_convert_20160920122211.jpg
▼北飛行場防空施設?海軍の施設と比べると陸軍施設はお粗末だ・・・。
yontanboukusisetu_convert_20160920114526.jpg
▼北飛行場東側に位置する読谷村にかかる橋。
yontanhigasiyomitansonnohashi_convert_20160920122736.jpg
▼米軍整備班によって修理され、飛行可能な状態に復活した「飛燕」、別の飛行場に飛行して移動させる。
yontanfukkatuhien_convert_20160920133055.jpg
▼移動先の海兵隊航空基地に着陸する、アメリカ軍のマークに塗り替えられた「飛燕」
ussTony.jpg
▼「飛燕」のテスト飛行を終え、手を振るクンツ少佐(7/21撮影)
JapaneseTony_convert_20160930113152.jpg

yamtankitakatazuke_convert_20160921143940.jpg
▲▼米軍にとって不要な残骸はこの様にブルドーザーでかたずけられた。
zangaikatazukeyontan_convert_20160920133442.jpg
▼海兵隊員がシャワーとして使っている日本軍の放棄していった荷車は、日本軍の火消し車だった・・・。
nihonguhikesikuruma_convert_20160920134520.jpg
▼日本軍手動式火消し車を利用して、シャワーに使うドラム缶へ水をくみ上げる第15海兵連隊の砲兵隊員(6/20撮影)
0620hikesiguruma_convert_20161011134102.jpg
▼北飛行場のぬかるんだ地面にキャンプをはる第2海兵航空団。後方はコルセア戦闘機
yontanmukarumikyanpu_convert_20160920151145.jpg
▼北飛行場に駐機中の海兵隊第2航空師団のコルセア戦闘機。
kitatyukikorusea_convert_20160920151656.jpg
▼北飛行場に放棄された日本軍の小型スチームローラーを使って作業する米兵。
Japanmidgetsteamroller_convert_20160920154638.jpg
▼放棄された日本軍の機関車。飛行場に路線が入っていたという事か・・・米軍は何処でも汽車は再利用しないようだ
nihongunkikansya_convert_20160920155311.jpg
▼北飛行場で発見された日本陸軍移動式レーダー車(飛行機の高度測定用)
MobileradarkitaYontan_convert_20160930153906.jpg
※日本の当時のレーダー開発は陸軍・海軍共、その秘密主義とセクショナリズムで研究体制はバラバラだった。
 その為、民間の科学者の技術を結集する事が出来ず、軍人の無理解の中、一部の科学者が細々と研究を進め
 ていたにすぎなかった。完成したレーダーも故障が多発し邪魔物扱いされる事が多かったと言う。

▼4/20北(読谷)飛行場でニミッツ海軍元帥の到着を待つガイガー海兵隊少将(左)とバックナー中将(右)
 バックナー中将は沖縄本島の戦い終盤の6月18日糸満市真栄里で日本軍の砲弾で戦死する事になる。
SimonBuckner.jpg
▼視察の為来沖したニミッツ元帥(前列左より)ニミッツ元帥、スプルーアンス海軍大将(奥に掩体壕が写る)
Nimitzyontan_convert_20161012170829.jpg
▼4/8沖縄上陸日から1週間後、海軍看護兵オーバーストリート中尉が読谷飛行場に到着した時、最初に手に入れた
 記念品が地元のわら帽子であった、彼女は沖縄に着任した2人目の海軍看護兵である。
Overstreet.jpg

ATCandNATSplane_convert_20160929131728.jpg
▲負傷兵を避難させる救護部隊と海軍空輸部隊の飛行機(Co54)。グアムから到着して負傷兵を乗せた後、グアム島、
クワゼリン島、オアフ島経由でアメリカ本土に向かって出発する。
小禄(那覇)/北(読谷)/中(嘉手納)飛行場の何処かと思われる(昭和20年5月6日撮影)


[ 陸軍中(嘉手納)飛行場 ]
▼上空から。米軍の爆撃によって出来た滑走路の穴が、空爆と艦砲射撃の激しさを物語っている。
kadenanakahikojyo.jpg
▼4/28上空から。占領され、米軍による修復と整備が進んでいる。
kadena10.jpg
▼掩体壕
yontankitaentaigo_convert_20160915110811.jpg

nakahikoujyouwarahikouki_convert_20160907162359.jpg
▲▼陸軍中飛行場で撮影されたダミー戦闘機(米軍撮影)製作者は誰だろう?軍の工作隊か?それとも住民達?
nakagisoujapan_convert_20160907162853.jpg
ダミー機は当然、沖縄本島で製作されたのであろう・・・。何処で作っていたのか?
gisousentoukijapan1_convert_20160907170727.jpg
大規模な空襲があったにもかかわらずダミー機の損傷は少ない・・・効果はあったのだろうか・・・。
gosousentouki2_convert_20160907170449.jpg
▼中飛行場の防空壕か倉庫(現在も幾つか現存する様だが米軍嘉手納飛行場内の為、簡単に見学出来ない)
nakahikoujyouboukugo_convert_20160908155849.jpg

okinawaohkhangarskadena_convert_20170111210108.jpg
▲▼現在も米軍嘉手納飛行場敷地内に残る中飛行場時代の遺構(桜花の格納豪と言われている)
okinawaohkanaka1_convert_20170111210155.jpg
中飛行場での桜花鹵獲の写真は見た事が無い。中飛行場にも海軍の「桜花」は配備されていたのだろうか・・・。
▼確かに隼や飛燕を入れるには少し小さい様に感じる。「桜花」の掩体壕とすれば丁度良いサイズだ。
kadenaohkaentaigo_convert_20170111211049.jpg
▼中飛行場で撮影された日本陸軍機の残骸。この戦闘機は何だろう・・・。
nakahikoujyonihongunki_convert_20160921110511.jpg
▼中飛行場を整備(滑走路を平らに)する米軍。4/4撮影
kadenaseibibeigun_convert_20160927105245.jpg
▼整備されていく中飛行場、そして現在も続く米軍嘉手納飛行場となる。
kadenaseibibeigunnaka_convert_20161003142307.jpg
▼上空から撮影された中飛行場のダミー戦闘機群
kadenajyoukugisouki_convert_20160927122127.jpg
▼器用に藁や竹で編まれて作られている、これを製作するのも大変だったであろう・・・。
kadenawarahikouki_convert_20160927145356.jpg

kadenagisosentouki9_convert_20160921150702.jpg
▲▼中飛行場で撮影されたダミー戦闘機
nakamogisentouki_convert_20160921145023.jpg
▼ダミー戦闘機といっしょに並べられていた日本軍機、ダミーでは無い様に見える。この機はなんだろう・・・。
fumeirikugunki_convert_20160927131953.jpg
▼陸軍四式重爆撃機「飛龍」か?
donryunakakadena_convert_20160921151101.jpg
▼陸軍四式戦闘機「疾風」か?
kadenazangai1_convert_20160921151623.jpg

hayabusanaka2.jpg
▲▼陸軍単座戦闘機「隼」
hayabusanakahikoujyo.jpg
▼「隼」を調べる米兵(この「隼」は日本軍飛行場と思い込んで夜間に着陸し、米軍に捕らえられた。4/3撮影)
kensahayabusakadena_convert_20160926160124.jpg

nakahikoujyorikugun_convert_20160921173916.jpg
▲▼日本軍自ら爆破処分したのか空爆で破壊されたのか北・中飛行場で200機以上の航空機の残骸があったと言う
kadenanakarikugun_convert_20160921174303.jpg
▼中飛行場の三式戦闘機「飛燕」
kadenahien0402_convert_20160926122410.jpg

rikugunhienkadena.jpg
▼4/2中飛行場で鹵獲した四式戦闘機「疾風」を TAI(戦術航空爆撃隊)の兵士が修理し、エンジンを始動させた。
 調査の為、ワシントンDCへ届ける準備をしていた時、日本軍機が低空飛行で機銃掃射していった。火が見える
hayatewasintonhe_convert_20160926122835.jpg

hayatesidoukisyuu_convert_20160927102813.jpg
▼ TAI(戦術航空爆撃隊)の兵士がエンジンを始動させた。ワシントンDCへ送る準備が整いつつある。
hayaterokakujyunbi_convert_20160927102902.jpg
▼中飛行場に放棄された日本軍航空機の爆弾(特攻機用か・・・?)
kadenajapbakudan_convert_20160926170015.jpg
▼中飛行場第33米海兵隊航空群燃料集積所付近にて撮影された日本兵の遺体。これが戦争の現実。(7/2撮影)
kadenanihonheiitai.jpg
▼中飛行場にて日本軍の激しい空襲を受け破壊されたコルセア戦闘機(5月撮影)
Corsairfighterplane05nihongunkikougeki_convert_20161004133819.jpg
▼日本軍地上からの攻撃を受け中飛行場付近に墜落したF4Uコルセア
0517CrashedF4U_convert_20161004161001.jpg


▼特攻ボートを牽引する際に使用されていたという話もある日本軍キャタピラー発動機
nihongungendouki_convert_20160928121229.jpg

138795_convert_20161004153838.jpg
▼▲恐らく飛行場で使用されていたであろう日本軍発動機(5月に入ってから撮影された写真)
nihongungendouki1_convert_20160928121801.jpg
▼飛行場で鹵獲されたかは不明だが、沖縄戦で米軍が鹵獲した日本軍乗用車(昭和20年7月撮影)
rokakunihongunjyouyousya_convert_20160930113925.jpg
▼飛行場で鹵獲されたかは不明だが、沖縄戦中、名護で米軍が鹵獲した日本の消防車(フォード製)
japansyoubousyanagosyuhen_convert_20160930153332.jpg
▼飛行場で鹵獲されたかは不明だが、沖縄戦で米軍が鹵獲した日本製(KATO)トラクター(昭和20年6月撮影)
JAPANESEKATOTRACTOR_convert_20160930151302.jpg

▼沖縄本部半島南部の海岸で米軍に発見された陸軍99式双発軽爆撃機II型。尾翼に「牽牛」と書かれている。
okinawaminamikaiganrikugunki_convert_20160930120904.jpg
この機は飛行第90戦隊所属機で、昭和20年4/18、4/28、5/18、5/24、5/28九州宮崎県の陸軍新田原基地より沖縄
爆撃の為に出撃した第3中隊所属機と思われる。
MotobuPeninsularikugunki_convert_20160930125611.jpg
飛行第90戦隊第3中隊所属機“牽牛号”は、ハセガワより1/72プラモデルにもなっている。
ホビーショップの商品説明によると「本機は昭和20年春の沖縄戦に出動し、九州沿岸に不時着した機体です。塗装は上
面:暗緑色、下面:灰緑色。マーキングは垂直尾翼の“牽牛”及び横位置の帯が白色、90を図案化した円形の戦隊マーク
と縦位置の帯が黄色です。デカールはこの他にもう1機種分、マダラ迷彩の飛行第208戦隊のものが入る予定になってい
ます」となっている。この古写真の説明文には「沖縄本部半島南部の海岸で米軍に発見された日本軍機」となっている。
この“牽牛号”の古写真が沖縄で撮影されたものなのか、九州沿岸で撮影されたものなのかははっきりしない。
 しかし、米軍が撮影した写真である事は間違い無い。昭和20年7月に撮影されたものという事が確かなのであれば終
戦前の沖縄本島で撮影された可能性が高い。搭乗員は生存していたのか・・・、非常に気になる写真だ。
ご存じの方がいらっしゃいましたら情報をお寄せ下さい。
minamikaiganbiyoku_convert_20160930123846.jpg
▲尾翼のアップ。「牽牛(けんぎゅう)」がはっきり写っている。
0720cockpit_convert_20161012115717.jpg
▲コックピットのアップ(7/20撮影)
Japplanerikugun1_convert_20160930122511.jpg
▼▲メーター類[上]と後部機銃座席[下]のアップ(昭和20年7月撮影)
Japplanerikugun.jpg
▼陸軍99式双発軽爆撃機II型(キ48)
99SOHATSUki48II.jpg


Japlandingcraft_convert_20160930152928.jpg
▼▲同じく名護の西、本部半島の南側海岸に隠されていた日本軍上陸用舟艇。
MotobuOkinawa_convert_20160930154227.jpg


[ 陸軍伊江島飛行場 ]
iejima19450320_convert_20160930160552.jpg

iejima2_convert_20160930161021.jpg
▼日本軍が米軍に使わせない為に自ら滑走路を痛めていった跡。
airfieldIeShima19450320_convert_20160930161223.jpg

iejimayuumeisyasin.jpg
▲廃墟となった伊江島
koufukuiejimaitisikirikko2.jpg
▲昭和20年8月19日、日本の降伏調印使節の乗った一式陸攻が伊江島へ向かう。
 後方は第6緊急中隊の第5陸軍航空隊ボーイングB-17。(一式陸攻は米軍の命令により塗装が変更されている)
iejimatyakurikuBetty.jpg
▲伊江島飛行場に着陸した海軍一式陸上攻撃機。米軍はBetty(ベティー)の愛称で呼んでいた。
koufukuitisikirikkoiejima_convert_20161012124924.jpg
▲日本の降伏調印使節を乗せて伊江島に着陸した一式陸上攻撃機に興味を示して群がる米兵。
0819iejimarikko_convert_20161012135737.jpg
▲沖縄に派遣された多くの米兵にとって海軍一式陸上攻撃機を見るのは初めてのことであった。
iejimanihongunkoukan_convert_20161019112745.jpg
▲日本の降伏調印使節一行。左から2番目は代表団の指揮官、帝国陸軍参謀次長 河辺鷹四郎陸軍中将
iejimatyukijyobetty_convert_20161012130842.jpg
▲駐機場に入る一式陸攻
0819itisikirikkoiejima.jpg
▲マッカーサー元帥の司令部で降伏条項に関する話し合いをする為、フィリピン(マニラ)に向かう日本側使節団。
 (伊江島飛行場で2機の一式陸上攻撃機からC-54機に乗り換える様子)


沖縄県中城村の建設途中だった日本軍飛行場(陸軍/海軍どちらかは不明)
nakasirowandonarijapan_convert_20160930161703.jpg
▲写真左側(東側)は中城湾
nakashirowantonarikensetutyujapan_convert_20160930161755.jpg
▲こちらの写真は下側(東側)が中城湾。建設途中の飛行場まで全て米軍はお見通しだった・・・。
TSUKENJIMATODAI.jpg
▲こちらの写真は津堅島(ツケンジマ)で砲撃を受けた灯台を調べる米兵(津堅島は沖縄県うるま市に属する島)
194601Nakagusuku_Castle_convert_20161013095817.jpg
▲中城城(ナカグスク城)に設置された米軍司令部(J.R.ホッジ将軍/昭和21年1月撮影)
標高160mの太平洋を見渡す丘に築かれた琉球王国時代の中城城。争いが絶えなかった15世紀頃の築城。
頑丈な琉球石灰岩を利用した城壁が歴史的にも高く評価され、現在は世界遺産として登録されている。
1955927nakagusukujyoyori_convert_20161013160809.jpg
▲昭和30年9月27日に撮影された中城城からの眺め。


フィリピン戦から投入された特攻ボート陸軍「マルレ」と海軍「震洋」。
陸軍マルレ特攻艇は米軍上陸の際に爆破処分して撤退した隊が多く、沖縄戦の写真は少ない。
しかし、海軍特攻艇「震洋」は米軍に無傷で鹵獲された物が多く、多数の写真が残っている。
「沖縄戦」で紹介しきれなかった「震洋」の写真をここで紹介しておく。
▼沖縄本島の金武湾周辺の海軍基地豪で米軍に鹵獲された海軍特攻ボート「震洋」(第42震洋隊/第22震洋隊)
ShinyokeramaOkinawa_convert_20160902100245.jpg
現在の沖縄県石川市(現在は3つの町と合併し「うるま市」)にあった海軍の「震洋」基地。
Ishikawakinbuwansinyo_convert_20160930150231.jpg

kaigunsinyo222_convert_20161003104102.jpg

0501114_convert_20161003103521.jpg
▼▲金武湾まで引きずり出される「震洋」
0501222tokkotei_convert_20161003103807.jpg
▼数少ない金武町の集落を写した写真。校舎も写っている。
kinbuokinawasen_convert_20161012164702.jpg

hontousinyourokaku_convert_20160909103322.jpg
▲▼沖縄本島で米軍に発見された日本軍特攻ボート「震洋」か「マルレ」
sinyourokaku_convert_20160909104924.jpg

okinawaIshikawaIsthmussinyotei_convert_20161003104744.jpg
陸海軍の特攻ボートはフィリピンでの戦いから実戦投入されたと聞く。沖縄戦では活躍の場はほぼ無く、いたずらに発
見した米兵のおもちゃとなって楽しませるだけの存在にしかならなかったと言う。
sinyouhoutou8_convert_20160909105107.jpg
▼屋嘉付近(沖縄県国頭郡金武町屋嘉)の道路脇で発見された特攻艇(5月撮影)(第42震洋隊/第22震洋隊)
sinyotei66.jpg
▼直ちにカムフラージュの木々や葉を取り払い調査する米兵。先端に爆弾が既に装備されている「カ-380」と読める
higashikaigansinyo_convert_20160928114328.jpg
▼船首部爆弾のアップ写真。航空特攻でもさほど戦果があがらない中でべニアボートは・・・特攻しか頭に無いのか。
upsinyou_convert_20160928120112.jpg
▼「震洋」か「マルレ」のエンジン。トラックなどのエンジンを流用していた。
sinyoenjin_convert_20161001161555.jpg
▼陸軍「マルレ」は色々なタイプがあった様だ。
IshikawaIsthmusinyoutei_convert_20161003104357.jpg
▼陸軍「マルレ」のエンジン。ツインエンジンか?
marureengin2_convert_20161003171825.jpg

kaigunsinyho_convert_20160905144013.jpg

zamamirarure_convert_20160926111422.jpg
▲▼4/21座間味島で撮影された陸軍特攻艇「マルレ」。
zamamimarure1.jpg
海軍の特攻艇「震洋」は艇首のハッチ内部に爆弾を搭載するのに対して、陸軍特攻艇「マルレ」は、艇尾に爆雷を2個
搭載する。したがって、海軍「震洋」は完全に自爆体当たり特攻艇であるが、陸軍「マルレ」は敵艦数十メートル以内
に接近して爆雷を投下後、反転退避する事が可能で陸軍幹部の間では特攻兵器では無い。と言う意見も未だにある。
しかし、敵艦に接近している以上、敵制海権からべニアボートで味方基地への帰還は困難である。

沖縄戦での陸海軍特攻艇出撃記録。
昭和20年3月26日頃、慶良間諸島 陸海軍特攻艇約100隻出撃。駆逐艦ハリガンDD-584(USS HALLIGAN)撃沈。
昭和20年3月26日運天港海軍基地より第42震洋隊出撃。戦果無
昭和20年4月4日第22震洋隊出撃(米中型揚陸艇LMS(R)-12/歩兵揚陸艇LCI(G)-82を撃沈)

陸海軍特攻艇配備地区。
陸軍部隊「マルレ」(暁部隊)
第5海上挺進基地隊本部→北谷
「海上挺進基地第1大隊」大隊本部・勤務中隊3 人員約900名。
※沖縄本島地区の海上挺進基地大隊は、昭和20年2月中旬、臨時に歩兵大隊に準じて改編し、地上戦に参加した。
海上挺進基地第2大隊・第3大隊(真壁)・第26大隊(東風平)・第27大隊(大里/佐敷)・第28大隊・第29大隊(北谷/東風平)
第30大隊・海上挺身第26戦隊(真壁名城)・第27戦隊(与那原)・第28戦隊(玉城)・第29戦隊(北谷)
[ 渡嘉敷島・阿波連島 ]
海上挺身第3戦隊・特設水上勤務第104中隊1個小隊
[ 座間味島 ]
海上挺身第1戦隊・特設水上勤務第104中隊
[ 阿嘉島・慶留間島 ]
海上挺身第2戦隊・特設水上勤務第104中隊
[ 宮古島平良 ]
海上挺身第4戦隊(金子少佐以下隊員63名/舟艇47隻)昭和20年1月上陸(出撃記録無)
陸軍海上挺進基地第4大隊(秘匿壕構築や後方支援)
復員するまでの間に、空襲やマラリア、栄養失調などにより約63名(正確な数字は不明)が戦死。


海軍部隊「震洋」/「甲標的」/「蛟龍」
[ 沖縄本島 ]
沖縄方面根拠地隊司令官沖縄方面根拠地隊→小禄村~豊見城村
第27魚雷艇隊(今帰仁村運天港)・第37魚雷調整班(小禄村)
第22震洋隊(金武村・178名中74名戦死)/第42震洋隊(金武村屋嘉)井出少尉・高橋中尉以下48隻188名中85名戦死
第2蛟龍隊(今帰仁村運天港)・第33蛟龍隊

[ 宮古島警備隊 ]※戦死はほとんどが空襲と戦争マラリア
(平良)第41震洋隊55隻S20.01.25配備 八木少尉以下188名(内36名戦死)
(狩俣西海岸八光湾近くに海軍第313設営隊が構築した震洋型特攻艇秘匿壕が現存する)
トラック島空襲以後、南西諸島の防備強化が着手され、昭和19年4月沖縄方面根拠地隊宮古派遣隊が編成。
9月宮古島警備隊となった。同根拠地隊は第32軍の指揮を受け、宮古島警備隊は先島集団(第28師団)の指揮を受け
る事となった。5月沖縄本島の根拠地隊から高雄警備府の所属となり、同根拠地隊は7月に解隊となった。
宮古島の与那覇港に面し、海軍飛行場を含む海岸地区を守備。
空襲や艦砲射撃による宮古島の海軍戦死者は約150名であった。昭和20年8月25日対敵作戦任務が解除され、長期
駐留の為の現地自活態勢へと入った。宮古地区の海軍兵員数は2500名であった。
なお、宮古島警備隊は、石垣島の陸海軍部隊の食糧が12月中旬以降持たない為、陸軍次官と第28師団長に対し11月
中に宮古島、大東島に向かう予定の艦船全部を石垣島に差し向けるよう要請した。その結果石垣島の帰還輸送が優先
された。宮古島警備隊の復員は主に米船で行われ、入院患者は別船で行われた。終戦時の部隊長は村尾重二大佐。

[ 奄美諸島大島防備隊 ]※戦死はほとんどが空襲と戦争マラリア
(奄美大島久慈)第44震洋隊55隻S20.01.25配備 三木少尉以下178名(内13名戦死)
(奄美大島[加計呂麻島]三浦)第17震洋隊53隻S19.10.15配備 林大尉以下185名(内4名戦死)
(奄美大島[加計呂麻島]呑ノ浦)第18震洋隊52隻S19.10.15配備 島尾中尉以下186名
(喜界島早町)第40震洋隊55隻S20.01.25配備 安藤中尉以下192名(内3名戦死)
(喜界島小野津港)第111震洋隊26隻S20.02.25配備 後藤少尉以下190名(内5名戦死)

[ 石垣島警備隊 ]※戦死はほとんどが空襲と戦争マラリア
(川平湾)第19震洋隊50隻S19.10.15配備 大河原中尉以下186名(内4名戦死)
(宮良湾)第23震洋隊52隻S19.10.25配備 幕田稔大尉以下184名(内1名戦死)
(宮良湾)第38震洋隊50隻S20.01.15配備 旅井少尉以下188名(内86名戦死)
(竹富 町鳩間島/小浜島)第26震洋隊52隻S19.11.05配備 毛利大尉以下184名(内5名戦死)
「特攻艇秘匿壕」戦争と証言
トラック島空襲以後、南西諸島の防備強化が着手され、昭和19年4月沖縄方面根拠地隊が編成された。
続いて9月、宮古島・石垣島に警備隊が新設され、大島防備隊と共にその指揮下に入った。
海軍石垣島警備隊はバンナ岳に司令部を置いた。
作戦中、同根拠地隊は第32軍の指揮を受けたが、沖縄本島の部隊が壊滅し、7月に解隊。
以後、作戦に関し独立混成第45旅団長の指揮下に入る事となった。対空戦闘の結果55機を撃墜。戦死者は47名。
終戦時の石垣島陸軍独立混成第45旅団は、宮崎武之少将以下5412名。戦死者100名、戦病死者150名であった。
現地徴収の将兵は昭和20年9月1日召集解除(沖縄帰還者438名)。他は11月~翌年1月にかけて、浦賀・横浜・鹿児島
に上陸し復員を完結した。終戦時の海軍部隊長は井上乙彦大佐。
※石垣島事件(昭和20年4月15日朝)石垣島宮良飛行場(南東部宮良にあった海軍秘匿飛行場)を空襲した米空母マカー
 スレイトの雷撃機グラマンTBFアヴェンジャー編隊の1機が、海軍石垣島警備隊の対空攻撃で撃墜され、テボ中尉・
 ロイド1等飛行通信兵曹・タッグル1等飛行機関兵曹の3名がパラシュートで大浜沖合に落下。
 落下した3名の飛行士は海軍兵士に逮捕され海警隊の捕虜となった。海警隊による事情聴取後の当夜、テボ中尉と、
 タッグル兵曹はバンナ岳麓の本部近くで斬首。ロイド兵曹は刺突演習に供され殺害された。
 戦後、証拠隠滅の為、遺体を焼却し海に流したとされたが、匿名の密告投書により処刑事件が発覚。
 戦犯裁判(1947/11/26~3/16)で石垣島海軍警備隊司令官 井上乙彦大佐(神奈川県出身)が絞首刑(享年52歳)
 副司令 井上勝太郎大尉(岐阜県出身)も絞首刑(享年27歳)
 第23震洋隊(隊長)幕田稔大尉(山形県出身)は司令の命令により捕虜1名処刑の罪で絞首刑(享年30歳)
 他、榎本宗憲中尉(絞首刑)/田口泰正少尉(絞首刑)/成迫忠邦兵曹(絞首刑)/藤中松雄1等兵曹(福岡県出身)享年29歳
 (絞首刑)など将校3名と兵士29名が無期~懲役5年となった。
 日本兵同志の裏切り・密告・責任の擦り合いで井上乙彦大佐は混乱、部下もこれに応じて大混乱。
 法廷の混乱は本来、司令と後数名の処罰で済んだ事件で多数の重刑者を出してしまった。
 (1950/4/7井上乙彦大佐絞首刑)/(1950/4/7井上勝太郎大尉絞首刑)/(1950/4/7幕田稔大尉絞首刑)
tokkotei0506.jpg
▲戦後、812隻の特攻艇が中華民国(台湾)に引き渡された様だが、ベニヤ板の粗雑なつくりのボートは破損しており、
 中華民国側としても使用価値は低く、全て廃棄処分されたと言う。
1031chinabaikyaku_convert_20161012165706.jpg
▲沖縄戦で使用された大量の米軍戦時余剰品は、日本降伏後、中国(中華民国)に売却された(S21.10/31撮影)
19461031tyugokuhei_convert_20161013105128.jpg
▲中国へ売却される米軍の戦時余剰品のトラックを修理をする中国兵(昭和21年10月31日沖縄本島で撮影)


にほんブログ村 歴史ブログ 太平洋戦争/大東亜戦争へ
にほんブログ村

戦史 ブログランキングへ
 2016_09_15

沖縄戦

Category: 沖縄本島  

昭和20年8月15日が終戦(敗戦)日だが、沖縄戦が公式に終結したのは昭和20年9月7日(沖縄戦降伏調印日)である。
今日でも沖縄の人々は8月15日を終戦と考えておらず、9月7日を終戦と考え「沖縄市民平和の日」と定められている。
沖縄守備軍だった第32軍司令官牛島満中将が摩文仁司令部豪で自決し、日本軍の組織的な戦闘が終わった6月23日を
県民の休日と定めているとの事。
 確かに8月15日に戦争は終わっていない。沖縄県だけでなく、満州国や北海道の千島列島・南樺太では旧ソ連との
戦闘が続いていた事実がある以上、「8月15日を終戦と考えない」という意見に違和感は無い。
しかし、6月23日を県民の休日と定めている事に関しては特別だな、と感じた。
6/23は「慰霊の日」という事で、糸満市摩文仁の平和祈念公園で、沖縄全戦没者追悼式が行なわれる為である。
6月23日正午には黙祷が捧げられ、沖縄県平和祈念資料館やひめゆり平和祈念資料館が入場無料になるとの事だ。
DSCN4622_convert_20160911223807.jpg
▲平和祈念公園から太平洋を望む。
DSCN4628_convert_20160911223638.jpg
▼平和の礎
DSCN4626_convert_20160911223659.jpg
▼平和の礎から沖縄県平和祈念資料館を望む。
DSCN4620_convert_20160911223750.jpg

沖縄戦開始の昭和20年4月1日から昭和47年5月15日までの27年間、アメリカの施政権下だった沖縄県。
0530kokusaidouri_convert_20161005134249.jpg
▲「那覇の目抜き通りをあてもなくさまよう、年老いた沖縄住民」と題された、那覇で米軍が撮影した1枚の写真。
 激しい地上戦が行われた沖縄戦中の昭和20年5月30日に米軍が撮影した国際通り(目抜き通り)だ。
sengokokusaidouri_convert_20160830140153.jpeg
▲昭和30年頃の国際通り
197203kokusaidouri_convert_20160915224316.jpg
▲昭和47年3月に撮影された国際通り
nahatuboya19511203_convert_20161013132001.jpg
▲昭和26年12月3日に撮影された那覇市壺屋地区
19511203nahakougai_convert_20161013131311.jpg
▲昭和26年12月3日に撮影された那覇郊外
195508nahashinai1_convert_20161013155410.jpg
▼▲昭和30年8月に撮影された那覇市内
095508nahashinai_convert_20161013155513.jpg

sengonaha2_convert_20160830124941.jpg
▲昭和35年代の那覇市街地
hondofuki.jpg
本土復帰からまだ44年程しか経っていない。単純に右側通行から左側通行へ、など普通の暮らしが変わった(戻った?)
沖縄県民は大変だったであろう・・・。敗戦当時は車などほとんど走っていなかっただろうから、アメリカ統治時代に
道路などが近代化された沖縄県で普通の暮らしをしてきた人はとまどったであろう。
実際に左側通行になったのは昭和53年7月30日からだそうで、標識や信号機などの付け替えの下準備は事前から行って
おき、左側通行への移行作業は7月29日の夜から緊急車両以外の全ての車両の通行を禁止し、一晩で行われたそうだ。
okinawa22_convert_20160823170409.jpg
▲アメリカ統治時代後半の沖縄県(昭和40年代後半と思われる)まだ車は右側通行だ。(胡屋十字路付近とある)
「沖縄」は日本だが、本当の日本になるまでの道のりは暗く長いものだったに違いない。今回少しでも「沖縄」を勉強
する為に沖縄戦を知る戦跡ツアーに参加した。沖縄県は25年前に一度訪れた事があるはずだが全く記憶に無い。
ビーチで泳いだ程度の完全観光旅行だったのでさほど印象に残っていないのかもしれない。
戦史に興味を持ってから、いつか沖縄戦をちゃんと知ろうと思っていた。「日本は水に流す文化」とはいえ、琉球時代
の歴史、第2国民時代の差別問題、沖縄戦、アメリカ統治から本土復帰、教科書問題、基地問題などで沖縄県が話題に
ならない日は無い。TVでは見るけど「何で?」と沖縄県の怒りが理解不能な日本人も多いと思う。
地元出身のお年を召した方達は沖縄戦を実体験されて大変な思いをされているので、戦争を知らない世代が滅多な事を
言うものではないと思っている。
琉球王朝の城(グスク)の中でも最大級の規模を誇る今帰仁城跡(世界遺産)を見学した際、案内して頂いたガイドの方か
らは(かなりご高齢)、城案内の他「薩摩に侵略された時代」の事もお話されていて「鹿児島県民には私はガイドしない」
と言っておられた(驚)。本州に住む私の様な勉強不足の沖縄無知も「沖縄県の怒りが理解不能な日本人」の一人だった。
だからこそちゃんと学ぶ必要がある。偏った見方では無く事実と現状を。そんな思いで丸2日の戦跡ツアーに参加した。

▼現在はウミカジテラスで有名な瀬長島を見ながら那覇国際空港に着陸する。
DSCN3941_convert_20160819132624.jpg
▼那覇国際空港は旧日本海軍小禄(おろく)飛行場だった、米軍の沖縄本島上陸が差し迫った昭和20年3月24日、25日
「小祿彗星隊」が海軍小祿基地から艦上爆撃機「彗星」で出撃している。(沖縄周辺米機動部隊索敵攻撃)
※「索敵攻撃」とは、先の大戦中、制空権を米軍に握られた沖縄では、航空特攻出撃は早朝に発進した索敵機の報告に
 頼らざるを得ず、特攻隊が敵艦船上空に到着した頃には既に報告された位置に敵艦隊がいない事のほうが多かった。
 その為、特攻機を数機ずつに分け、敵のいそうな海面を中心に扇状の飛行コースで飛ばせ、その中で敵艦隊と遭遇し
 た隊だけが突入する「索敵攻撃」という手段を用いた。敵がいなければ帰還するので隊員の中には3度、4度、5度と
 覚悟を決め直して特攻出撃を繰り返す特攻隊員も多かったという。
DSCN5089_convert_20160819133322.jpg
▼昭和19年10月10日米軍の爆撃を受け炎上する海軍小禄飛行場。
 十十空襲前、沖縄に配備されていた日本軍航空兵力は陸海軍合わせて約8000機。沖縄には約20隊の陸海軍特攻隊
 が配備される予定だったと言う。
orokukaigunhikoujyobakugeki_convert_20161003125820.jpg
▼昭和20年6月16日占領した日本海軍小禄(おろく)飛行場を横切って前線へ向う第2海兵師団第8連隊の海兵隊員
0616oroku8rentai_convert_20161011123914.jpg
▼占領後に米軍が撮影した日本海軍小禄飛行場の格納庫
orokuhikoujyokakunouko_convert_20160909114801.jpg
▼破壊された海軍小禄飛行場格納庫内の日本海軍機。尾翼に「オキ」が見える。
orokukaigunhikojyo0_convert_20160908095422.jpg
▼格納庫の中より滑走路を見た写真。ドラム缶で主翼を支えている所を見ると、度重なる空襲で既に米軍が上陸する前
 に破壊されていたのであろう・・・昭和20年3月25日「小祿彗星隊」出撃後の記録は無い。
orokuhikoujyokakunouko_convert_20160908095929.jpg
▼海軍小禄飛行場の掩体壕。中に日本海軍機の残骸が・・・。
orokuentaigo3_convert_20160929234143.jpg
▼海軍小禄飛行場の日本海軍機の残骸。
orokuhikoujyouzangai_convert_20160908100431.jpg
▼占領後の小禄飛行場で休憩する米海兵隊員。ゼロ戦と思われる残骸が2機写っている(昭和20年6月8日撮影)
kaimetuorokuhikoujyo_convert_20160930171816.jpg
▼現在は平和な那覇国際空港、滑走路は航空自衛隊と共用だ。ここが日本海軍小禄基地だった事をどの位の人が知って
 いるだろう。右奥に見える島は瀬長島。
DSCN5095_convert_20160907192600.jpg
▼昭和20年6月大破した零戦と米兵。遠近感は違うが上記写真とだいたい同じ感じ。奥に瀬長島が写る。
orokuzerotosenagajima_convert_20161011104524.jpg

※太平洋戦争時、沖縄本島には読谷、嘉手納、巻港、首里、西原、小禄、糸満に。伊江島、石垣島、宮古島、南大東島
 に日本軍の飛行場があったとされている。

▼小禄飛行場(那覇国際空港ターミナル)から1㌔(徒歩約10分)の崎原(サチバル)の突端岩礁には先原崎灯台があった。
sakibaruthodai_convert_20160908102734.jpg
▼米軍の空爆などで完全に破壊された先原崎灯台(昭和20年6月撮影)
Sakibarulighthouse_convert_20161005160413.jpg
▼この灯台施設の地下にも豪が掘られていた、上陸後に米軍が調査した時の写真が残っている。
nahaSakibarutikajinti_convert_20160908103537.jpg
▲▼ご飯などを炊くかまどと、下の画像は食堂。
nahasakibarutoudaitikasyokudo_convert_20160908103841.jpg
▼豪の中に収納されたサーチライト。陸軍では「照空灯」海軍では「探照灯」と称していた。当時の先原崎灯台施設の
 管理が陸軍・海軍のどちらか解らない。先原崎灯台は明治時29年に建てられた物だが海軍の可能性が高い。
orokuhikoujyosarchraite_convert_20160908104941.jpg
▼サーチライト格納壕の入口。
OROKUPENINSULA_convert_20161003105515.jpg
▼サーチライト格納壕入口の全体像。ライトは使用する度に兵士達が軌間の狭い貨車に載せ、壕から運び出した。
taikusachraitonaha_convert_20161005161117.jpg
▼執務室
Sakibarutoudaitikasitumusitu_convert_20160908105156.jpg
先原崎(さちばるざち)灯台は「国土交通省那覇空港交通管制部」の敷地内にある為、フェンス越しでの見学との事。
当時の先原崎灯台は沖縄戦で破壊され、瓦礫レンガが多少残るだけとの事で今回は見学コースには入れなかった。

kikansyaokinawa_convert_20160915162310.jpg
▲沖縄戦で米軍が撮影した機関車。当時沖縄には沖縄県営軽便鉄道の3路線が引かれていた。
(与那原線)那覇~与那原 (糸満線)那覇~糸満 (嘉手納線)那覇~嘉手納
※2015年1月31日沖縄県営軽便鉄道(与那原線)与那原駅が復元され、与那原町立軽便与那原駅舎展示資料館として一
般公開されているとの事。(次回是非訪れてみたい場所だ)
大正3年12月1日沖縄県営軽便鉄道(与那原線)那覇~与那原近くの間8.1kmが開通、翌年1月20日与那原駅までの9.4
kmが全通開業する。当時の沖縄県は非常に貧しく、沖縄県の債権を日本赤十字社に買ってもらい、ようやく開通した
鐡道だった。その後、本島中部へ向かう「嘉手納線」、南部を走る「糸満線」、そして本島東海岸へ抜ける「与那原線」
の3路線が開業したが、昭和19年の十十空襲で那覇駅が壊滅状態に陥る。なんとか復旧して運行開始するも、度重なる
空襲と、昭和20年4月1日からの沖縄本島地上戦が開始されると人知れず休止となった。
Naharailroadstation_convert_20161005153937.jpg
▲那覇駅で撮影された沖縄県営軽便鉄道の機関車(昭和20年6月撮影)
nahatetudo_convert_20160928140929.jpg
▲廃墟となった那覇駅のターンテーブル上に当時走っていた軽便偏心鋳鋼台車付気動車(キハ11)が写っている。
※「気動車」とは、ガソリンエンジン動力のガソリン列車である。(昭和20年5月撮影)
※写真左端奥には沖縄県庁に隣接した「武徳殿」も写っているのが確認出来る。
nahastationokinawa2_convert_20161215135650.jpg
▲壊滅前の上記写真とほぼ同じ位置の写真(左下にターンテーブル「転車台」が写っている)
※那覇駅は軽便鉄道3路線全ての始発駅で、ターンテーブルが設置されていたのは那覇駅だけだと言う。
nahastationokinawa1_convert_20161215133803.jpg
▲▼壊滅前の沖縄県営鉄道那覇駅(沖縄県営軽便鉄道とも言う)
nahastationokinawa3_convert_20161215134020.jpg
※戦後は那覇バスターミナルとなり、長らく使用されてきたが現在は跡地に高層ビルを建設中との事。
2015年9月高層ビル建設作業中に軽便鉄道時代の那覇駅ターンテーブルが発見されたとの事だ。バスターミナル時代
は地中に埋められていたのだろう。(移築保存されるとの事なので次回是非見学してみたい)
また、戦前の昭和8年までは「沖縄電気軌道」という路面電車も走っていた(那覇港通堂~首里山川)
現在、ネオパークオキナワ(名護自然動植物公園)の園内を、大正3年の軽便鉄道開業時に導入されたドイツ「ヘンシェ
ル社」製B型タンク機関車の実物約4分の3の大きさで再現された物が走っているとの事。次回訪れたいと思う。


現在、慢性的な交通渋滞に悩まされている沖縄の県都那覇。那覇国際空港からはゆいレールというモノレールが那覇
市内を走っており、渋滞解消が期待されている。2019年春には首里まで繋がるとの事。
▼ゆいレール赤嶺駅
DSCN3976_convert_20160819140030.jpg
赤嶺駅から徒歩5分、航空自衛隊那覇基地がある。一帯は小禄海軍基地だったとの事。戦後米軍基地が拡張整備され、
返還後は航空自衛隊がそのまま使用している。
▼航空自衛隊那覇基地
DSCN3973_convert_20160819140943.jpg
▼ゆいレール車窓から航空自衛隊那覇基地を見下ろす事が出来る。
DSCN3968_convert_20160819142158.jpg
▼左奥には瀬長島、航空自衛隊那覇基地の格納庫が見える。
DSCN3970_convert_20160819142334.jpg
▼航空自衛隊那覇基地内に旧日本海軍の砲台が1基現存している(沖縄戦では米巡洋艦を1隻撃破したと言う)
nahakiti_convert_20160819141315.jpg
※この砲台は昭和18年6月~10月、帝国海軍小禄飛行場が対潜水艦用基地として整備拡大されるに伴い、海軍の軍艦
 から取り外し、小禄飛行場那覇基地に施工整備された15センチ水上砲台6基のうちの1基。
▼米兵と一緒に写る沖縄戦当時の写真(昭和20年6月撮影)
orokukaiguntaiho_convert_20161006105244.jpg
▼丘の上で軽機関銃を発射する米兵士。後方のコンクリート建造物が現存する日本海軍の砲台(6/6撮影)
orokukaigunhoudai0606_convert_20161007112418.jpg
沖縄戦当時、大田実中将率いる小禄地区旧海軍部隊は、昭和20年5月中旬「勝田大隊」「丸山大隊」「山口大隊」迫撃
砲隊などが陸軍部隊指揮下に入り、総計2500名、軽兵器の約3分の1、迫撃砲の大部分が海軍小禄地区から抽出され、
兵員は約8300名となっていた。小禄海軍部隊は米軍上陸時に小禄半島で奮戦する。
米軍沖縄侵攻が迫ってくる中で、大田実中将が沖縄への突然の海軍部隊司令官任命には訳があった。
前任の司令官は航海出身で陸上の事がさっぱり分からず、状況が段々切迫して来る中で戦備が進まない。そこで白羽の
矢が立ったのが、海軍で陸戦の第一人者と言われた大田中将だった。
大田中将は上海事変の際、陸戦隊長として勇戦し、全滅の危機に瀕していた在留邦人を救出した勇将として知られてい
た。昭和20年1月20日大田中将は水上機で司令部に着任。3月末の米軍侵攻開始の約2ヶ月前の沖縄着任だった。
着任草々大田中将は島内各地の陣地を車で視察して回った。視察で車の運転を務めた堀川徳栄1等機関兵曹(沖縄県出身
で、後に沖縄トヨペット社長)は、大田中将が車中で参謀方と作戦会議をしていたと語っている。
陸軍第32軍の首里から摩文仁への撤退に際して、海軍司令部は作戦会議に呼ばれず、直前の5月24日頃に初めて知らさ
れたとされる。沖縄戦の時期になっても日本陸軍と日本海軍の歯車はかみ合わないままだった・・・。
いったんは完全撤退と受け止め、重火器を破壊して南部への撤退を始めるが、後に「第32軍司令部の撤退を支援せよ」
との命令を勘違いしたことが解り、5月28日には再び小禄海軍司令部壕へ引き返した。
6月2日に改めて「摩文仁へ撤退せよ」との命令が出されるが、大田実中将は従わなかった。
大田実中将以下海軍将兵は小禄飛行場を南東から見下ろす小禄海軍司令部壕付近に孤立する状況となった。
6月4日午前5時、アメリカ軍は小禄飛行場の北部に上陸し司令部壕のある那覇市南西部を包囲した。
大田司令官は6日夕刻「辞世の句」と共に訣別の電報を打って自らの覚悟を伝え、同日夜「沖縄県民斯ク戦ヘリ」の電
報を打って後事を託している。包囲が次第に狭められていく中、司令部壕内に重火器はほとんど残っておらず、歩兵に
よる突撃で応戦するのが精一杯の状況となった。
11日午前7時、司令部壕に集中攻撃が加えられた。同日夜には司令部壕からの最後の報告として、海軍根拠地隊が玉砕
したとの電報が発せられている。
昭和20年6月13日午前1時、大田司令官は自決を遂げ小禄地区における組織的な戦闘は終結した。
kaigunhoudaioroku1_convert_20160920143722.jpg
▲▼小禄地区に設置されていた砲座やトーチカ。
nihongunhouzaokinawa_convert_20160915114655.jpg
▼小禄地区の日本軍8インチ榴弾砲。大きさを比較する為に米兵が横に並べたカービン銃と。
orokuhanto8inch_Howitzer_convert_20161005163449.jpg

oroku5inchgun_convert_20161006110356.jpg

orokuhantouhoza_convert_20160908162019.jpg
▲▼小禄地区に設置されていた砲座やトーチカ。
0605nihongun5inchho_convert_20161007102832.jpg
▲▼昭和20年6月5日撮影
oroku5inchgun1_convert_20161006110224.jpg

orokuhantokansijyo_convert_20160908162134.jpg
▼昭和20年7月31日に撮影された那覇港周辺
0731nahako_convert_20161012122648.jpg


▼現在はリゾート地になりつつある瀬長島のウミカジテラス。ここは戦時中は砲台がいくつも設置され、一般人は立ち
 入る事は出来なかった島だ。沖縄戦で跡形も無く撃破され、現在は沖縄戦の遺構は全く無かった。
DSCN4001_convert_20160819141937.jpg
▼昭和20年4月2日上空からの瀬長島写真。現在の様に道路で本島と繋がっていない。
Ryukyusenagajima_convert_20161003164106.jpg
▼現在の瀬長島(機内より撮影)
DSCN3943_convert_20161009003919.jpg
▼昭和20年6月12日空爆を受ける瀬長島を、占領した小禄飛行場より撮影した写真。
kubakusenagajima_convert_20161007152433.jpg
▼昭和20年6月16日海岸沿いを収容所へ向かって歩く住民達。見えているのは瀬長島。
0616senagajima_convert_20161012111146.jpg
▼瀬長島の日本軍120ミリ砲3基を写した写真(昭和20年6月撮影)
senagajimataiho3ki0614_convert_20161011105541.jpg
▼沖縄本島の西海岸から見える瀬長島(昭和20年6月撮影)
nishikaiganokinawa_convert_20161006130722.jpg
▼①瀬長島に設置されていた4基の日本軍120ミリ砲の内の1つ(昭和20年6月に撮影)
 さしたる抵抗もなく瀬長島を攻略した第6偵察隊中隊が発見した。これらの4基の砲は小禄飛行場と那覇港を防御する
 重要な対空網であったが、上陸前に行われた米軍による度重なる空爆や艦砲射撃で使用不能の状態になっている。
senagajima120mm_convert_20161005162727.jpg
▼上記古写真とだいたい同じ場所から撮影(ウミカジテラスより)これ以上右手に行けなかった・・・。
DSCN3987_convert_20161008233420.jpg
▼②瀬長島に設置されていた4基の日本軍120ミリ砲の内の1つ(昭和20年6月に撮影)
 奥には沖縄本島が写っている。
senagajimataikuho1_convert_20161005170016.jpg
▼恐らく現在の琉球温泉(写真左側)がある位置と思われる。
DSCN4031_convert_20161009010459.jpg
▼③瀬長島に設置されていた4基の日本軍120ミリ砲の内の1つ(昭和20年6月14日撮影)
 奥には沖縄本島が写っている。
0614senagajimanihonguntaiho_convert_20161007170247.jpg
▼④瀬長島に設置されていた4基の日本軍120ミリ砲の内の1つ(昭和20年6月に撮影)
senagajimataiho2_convert_20161011105941.jpg
▼昭和20年6月に上空から撮影された瀬長島。
senagajimaup_convert_20161006131236.jpg
▼激戦当時の6月に米軍が撮影した瀬長島の写真。破壊されたトーチカ内の日本軍火砲を見ている。
senagajimahouza_convert_20160908112013.jpg
▼制圧した瀬長島で全ての壕を調べる為に丘腹を偵察する第6海兵師団第2大隊の偵察隊(6/14撮影)
0614senagajimatyousa_convert_20161011113834.jpg
▼瀬長島高台にある琉球温泉瀬長島ホテルから那覇国際空港と航空自衛隊那覇基地を望む。
 那覇国際空港の滑走路は軍民共同使用されている様で、自衛隊機が何度も離陸、着陸していた。
DSCN4034_convert_20160819143804.jpg
▼瀬長島の海岸に放棄されていた日本海軍機の残骸(昭和20年6月14日撮影)96式陸上攻撃機?
 海軍小禄飛行場に不時着しようと試みて失敗したのか・・・小禄飛行場は直ぐ目の前の場所だ。
senagajimakaigannihongunki0614_convert_20161007165201.jpg
▼上記写真と同じ場所と思われる現在の瀬長島(頂上は琉球温泉瀬長島ホテル)※正反対の場所かもしれない。
DSCN4015_convert_20161008230125.jpg
▼瀬長島からは那覇国際空港に着陸する飛行機がほぼ5分おきに間近に見る事が出来る。
DSCN4021_convert_20160819143428.jpg
▼昭和20年6月に撮影された瀬長島南東部の切り立った断崖(現在の駐車場辺りから撮影したと思われる)
senagajimanantobu_convert_20161006131919.jpg
▼現在はウミカジテラスに変貌し、当時の地形の面影は無いに等しい。
DSCN3994_convert_20161008231333.jpg
▼琉球温泉瀬長島ホテル内からの眺め。慶良間諸島が見える。
DSCN3982_convert_20161009004930.jpg


昭和19年3月沖縄に航空作戦遂行の拠点を確保する為、日本陸軍第32軍が新設された。
この頃は、要塞部隊や飛行場設営部隊などの工兵隊が主力だった様だ。

昭和19年6月27日陸軍徴傭船「富山丸」は独混第44旅団(南九州出身者で構成)、独立混成第45旅団一部将兵(四国出
身者で構成)、重火器やトラックその下の甲板にはガソリンを搭載したドラム缶1500本等を積み込み鹿児島湾を出港。
富山丸を含めた12隻の船舶は6/28貨客船「履門丸」「開城丸」は名瀬港に寄港。
「富山丸」他の船舶は17:00古仁屋に入港した。6/29船団は名瀬と古仁屋からそれぞれ出港し那覇に向かう。
その頃、米潜水艦スタージョンが徳之島東付近で浮上哨戒を行っており、日本軍の船団を発見。17:25スタージョン
は艦首発射管から「富山丸」に向けて魚雷を4本発射。内3本が「富山丸」の左舷船首と二番船倉および四番船倉と機関
室の中間部に命中。衝撃でガソリンが船内及び海上で発火して炎上。「富山丸」は船体を2つに折って徳之島南東12キ
ロの地点で轟沈した。轟沈と海上に流出して引火したガソリンの為、将兵4600名が脱出する余裕はほとんどなかった。
この沈没で、両旅団将兵や船員約3800名が戦死。1隻の沈没の犠牲者数としてはタイタニック号や、翌年の戦艦大和の
沈没よりも多く、当時としては第一級の惨事であったが、多くの船舶の沈没の実態と同様、大本営により秘匿された。
沈没によって旅団の生き残りは約700名、内活動できる者約500名となり、貴重なガソリン・トラックなども失われた。

昭和19年7月サイパン島が陥落すると、長勇参謀長の要望により大本営は精鋭とされる第9師団(武部隊13800名)を沖
縄に派遣。第32軍戦闘序列に編入され、精鋭師団として防衛の中核を期待されていた。
第32軍は八原博通大佐(高級参謀)立案の元、第9師団を中心に沖縄防衛計画を固め、日本本土へ進軍する米軍を水際
で撃滅する「決戦軍」と位置付け米軍撃滅の自信を深めていた。
昭和19年7月19日「サイパンの次は沖縄だ」と判断した軍の要請で、政府は奄美大島や徳之島、沖縄県の年寄り・子供
・女性を島外へ疎開させる指示を出し、県は「沖縄県学童集団疎開準備要項」を発令、学校単位で疎開事務を進める。

昭和19年8月19日609船団の「対馬丸」が第62師団本郷義夫中将以下2409名や馬匹40頭を搭載し、那覇港に到着。
同船団の陸軍輸送船和浦丸/暁空丸 なども8/19那覇港に到着、第62師団「石部隊」8315名他が直ちに中城湾(東)と
北谷海岸(西)を結ぶラインの南側の防衛線等の陣地構築を開始する。

昭和19年8月21日陸軍部隊と入れ替わりで「対馬丸」で疎開する子供達は「ヤマト(本土)へ行けば汽車にも乗れる、
雪も桜も見る事ができる」と修学旅行気分ではしゃいでいたと言う。
8/21夕方、「対馬丸」は疎開学童、引率教員、一般疎開者、船員、砲兵隊員1788名を乗せ、同じ様に疎開者を乗せ
た和浦丸・暁空(ぎょうくう)丸と護衛艦の宇治(うじ)・蓮(はす)を含む計5隻の船団を組んで長崎を目指して出航した。
昭和19年8月22日22:12頃、鹿児島県・悪石島の北西10kmの地点を航行中、米潜水艦ボーフィン号の魚雷攻撃を
受け「対馬丸」は22:23沈没。犠牲者数1,476名を出した。「対馬丸記念館」沖縄県那覇市若狭1-25-37
※旭ヶ丘公園にあるもう一つの慰霊碑が「海鳴りの像」対馬丸以外の戦時遭難船25隻の犠牲者が祀ってある「対馬丸
 記念館」近くなので、記念館や「小桜の塔」を訪ねる際は併せて立ち寄りたい。「海鳴りの像」の作者は宮良瑛子さ
 んで、首里在住の画家との事だ。(「小桜の塔」は対馬丸の犠牲者を祀った慰霊碑の事)
※当時、日本政府が沖縄県民疎開の為に出した船はのべ187隻、約16万人の沖縄県民が県外に疎開している。
サイパン島日本軍敗北後の昭和19年7月7日の緊急閣議で、沖縄県民の内女性と子供、高齢者を対象に8万人を本土へ、
2万人を台湾へ疎開させることが決定された。輸送は全額を国庫負担して行われ、海軍艦艇を含む各種船舶が投入され
た。台湾への疎開者に対しては、台湾総督府より、住居の提供や1人あたり1日に50銭の公的支援が実施された。
昭和19年2月の沖縄県人口は約49万人(沖縄出身軍人軍属含まず)、2012年(平成24年)の人口は約142万人!
tushimamaru_20160823093614.jpg
▲学童疎開船に使用された「対馬丸」(日本郵船株式会社)戦時中「対馬丸沈没事件」を語ることは許されなかった。
沖縄戦が開始された後も、石垣島からの台湾疎開は継続されたが、疎開船が空襲を受け約70人が死亡した尖閣諸島戦
時遭難事件のような事例も発生している。実際に疎開したのは約1万人(本島3000人宮古5000人石垣2500人)とある。
「無縁故疎開せる沖縄島民の送還に関し嘆願の件」(昭和20年12月)の文書では、沖縄から直接疎開した者が12447人、
移住先の南洋群島(サイパン・テニアン・ロタ・パラオなど)から疎開した者が1597人で、合計14044人となっている。

※昭和20年3月15日最後の疎開船「開城丸」に沖縄第32軍首脳の1人、長 勇参謀長の満州時代からの愛人と、第32軍
司令部軍医部に勤務し、長参謀長の特務員として活躍した大迫亘軍医(鹿児島県出身)の奥様が乗船している。
その際の航路は、米潜水艦の攻撃を避ける為、上海を経由して九州の三池港に接岸させた。
疎開船に乗船した愛人と奥さんは船長室を使用したと言う(呆)

昭和19年10月10日那覇を中心に沖縄全土の主要施設を米軍機約1300機が空爆(十十空襲)那覇の街は壊滅。
09441010kusyunahakou_convert_20161003135320.jpg
▲空襲を受け炎上する那覇港施設や日本の輸送船。
kaimetsunahakookinawa_convert_20161011164515.jpg
▲損壊した日本軍上陸用舟艇(那覇河口域にて昭和20年6月24日撮影)
nahakusyu.jpg
▲空襲を受け炎上する那覇市
okinawaNaha2.jpg
▼▲壊滅した那覇市街地
okinawaNaha1.jpg

1010kusyu1_convert_20160819151813.jpg
▲壊滅した那覇市街地(画像上部が那覇港)
0609nahako_convert_20161011111530.jpg
▲昭和20年6月9日に米軍が撮影した那覇港
1010okinawa_convert_20160819154806.gif
▲焦土と化した那覇市街上空を飛行する米軍OY-1観測連絡機(昭和20年5月撮影)

昭和19年11月大本営は、連合国軍が沖縄では無く台湾へ上陸する可能性が高いと判断。
11月4日第32軍の一兵団をフィリピンへ転用の為、第10方面軍第32軍が台北で会議を開いたが、台北会議は要領の
得ないまま散会となった。しかし11月17日第9師団に台湾へ転出命令が下され、12月末に台湾に移動させてしまう。
連合国軍は台湾を通り越して直接沖縄本島に上陸した為、第9師団は戦うことなく台湾で終戦を迎えた。後に大本営
作戦課長であった服部卓四郎元大佐が第9師団抽出を「魔がさしたとしか思えない。一世一代の不覚であった。」と、
述懐している。この為第32軍の戦力は落ち、アメリカ軍と正面から戦う事を諦め、本土決戦までの時間稼ぎを前提と
した持久戦に徹する事になる。当時、本土では「琉球決戦」と呼ばれた沖縄戦は最初から「決戦」では無かった。
UlithiUSship19450315_convert_20160913110308.jpg
▲沖縄侵攻に向け出撃準備の整ったウルシー環礁の史上最大規模の米機動部隊。
 (泊地近くの海域にて昭和20年3月15日米軍撮影)
昭和20年3月23日沖縄本島は、延べ360機の米艦載機により繰り返し激しい空襲を受ける。本格的な米軍沖縄侵攻の
始まりである。24日米艦隊が沖縄本島南東部沖合に姿を現し、島尻南部に700発を超える艦砲射撃を加え、720機の
米軍機が空爆を開始した。日本軍守備隊は本島南の港川方面の上陸戦に備えた。
USSNORTHCAROLINA19450324.jpg
▲砲撃を開始する米戦艦ノースカロライナ(昭和20年3月24日米軍撮影)
昭和20年3月24日「小祿彗星隊」が06:00海軍小祿(おろく)基地より「彗星」で出撃(沖縄周辺索敵攻撃)
[操縦]前橋 典美2飛曹(鹿児島県出身)/[偵察]米森 義治上飛曹(鹿児島県出身)
3/25午前01:30頃、徳之島に不時着。徳之島の独立混成第64旅団は小祿彗星隊から敵機動部隊北進中の情報を得る。 
昭和20年3月25日「小祿彗星隊」が05:00海軍小祿(おろく)基地より「彗星」で出撃(沖縄周辺索敵攻撃)
[操縦]石渕 利也少尉(三重県出身)/[偵察]石川 貫二中尉(長崎県出身)
昭和20年3月25日アメリカ軍が島尻南東部と慶良間諸島を砲撃。那覇~糸満の海域の制海権を奪取。

海軍「小祿彗星隊」が少数で特攻同様の命懸けの沖縄周辺索敵攻撃で米大艦隊を確認しているにもかかわらず、
後に九州や台湾の航空基地より約2000機もの特攻機が沖縄の海に向けて小出しに出撃して散っていった。
太平洋戦争中、各戦地で日本軍の「決戦」や「総攻撃」という言葉をよく聞くが、百歩譲って「特攻作戦」を仕方なし
とした場合、航空特攻々攻撃は、米軍が終結したこの時、又は昭和20年4月1日の沖縄本島上陸日ではなかったのか?
4/1特攻出撃しているのは九州(鹿屋)(知覧)/石垣島/台湾(新竹)/徳之島などから陸海軍合わせて約30機足らず。
これでは本土決戦の時間稼ぎの為に「沖縄を捨て石にした」と言われても仕方ないだろう・・・。
日本軍のとった沖縄戦での特攻作戦「天一号作戦」には非常に疑問が残る。

現在は近くに古宇利大橋で有名な国頭郡今帰仁村の運天港には、海軍第27魚雷艇隊・特攻ボート震洋隊・
第2蛟龍隊(小型特攻潜水艇)が配備されていた。
▼古宇利大橋。橋の先に見えるのは今帰仁村 古宇利島。人口330人程度の小さな島で車で1周したが15分程度だった。
DSCN5055_convert_20160903002541.jpg
昭和20年3月25日小禄の大田実中将は慶良間列島に集結した敵艦船を攻撃する為、白石海軍大尉指揮する運天港の
魚雷艇隊「甲標的」・第2蛟龍隊[指揮官]大下真男少尉・第3艇隊「震洋」特攻艇に出撃を命じる。
UntenKomidgetsubmarinebase_convert_20161005151922.jpg
▲運天港にあった小型潜水艦基地。8隻の小型潜水艦が寄港できるスペースがあった(昭和20年6月撮影)
kouhyotekikiti_convert_20160928163829.jpg
▲甲標的などの潜水艇の格納豪
kogatasensuikango_convert_20161019102634.jpg
▲潜水艇出撃の為、V字形になっている日本海軍壕の入り口付近
甲標的6隻、第1小隊蛟龍2隻は25日深夜に出撃。第1小隊は1時間間隔で古宇利水道を出撃、基地に戻る事は無かった。
kairyuokinawahonto0_convert_20160907204623.jpg
▼▲沖縄本島で米軍に引き揚げられる日本海軍特殊潜航艇「甲標的」
kairyuokinawahonto_convert_20160907204726.jpg
▼引き揚げられた「甲標的」からは魚雷が2本共発射されていた。沖縄戦では「蛟龍」が初めて実戦投入された。
kairyuokinawahonto1.jpg
甲標的丙型1隻は、慶伊瀬島北方で駆逐艦ハリガンを撃沈、26日夕刻に無事帰投した。
昭和20年3月26日出撃準備中の蛟龍1隻が、空襲により沈没。夕刻、第2小隊は甲標的2隻での出撃となった。
米艦船は嘉手納沖合いに居た。明けた27日甲標的2隻は残波岬西方で米艦船を発見。襲撃は成功するも、執拗な反撃に
被弾、翌28日、両艇は辛くも帰投した。
昭和20年3月27日第27魚雷艇隊の10隻が22:30出撃。敵艦船群に魚雷16本を発射。米巡洋艦2隻撃沈、駆逐艦1隻撃
破の戦果を上げ全艇無事帰投。大田中将は功績を讃える電報を打った。
昭和20年3月29日「蛟龍隊」海上挺身第29戦隊第1中隊[指揮官]中川康敏少尉以下17隻が出撃。
本部半島西方の敵を襲撃し、中型船1隻轟沈、不詳船2隻撃破の戦果をあげる。
一方、第42震洋隊は2度出撃するも敵とは出会えず隊長の豊広中尉はジリジリしていた所、敵艦発見の報を受け、29日
夜、独断で第3艇隊12隻を出撃させたが、またしても敵に出会えず、朝の帰投が遅れ格納壕に震洋艇を収容する時間が
無かった為、海岸線の木陰に擬装しておいた所、3/30米軍機の空襲に遭い、爆雷が爆発。12隻全てを失ってしまう。
▼米軍に鹵獲されたベニヤ板で製作された日本海軍特攻ボート「震洋」
tokkotei222_convert_20160928113603.jpg
豊広海軍中尉は自分の失策を大田司令官に電文で報告した。大田司令官は以下の返電を打っている。
「死を急ぐのみが特攻隊の道に非(あら)ず。万事、慎重に事を決すべし」と。
昭和20年3月30日約200機以上の大空襲を受け、第27魚雷艇隊は全滅。海軍運天港基地は、ほぼその機能を喪失した。
米軍の大空襲後、焦土と化した運天港海軍基地に残されたのは第2蛟龍隊「蛟龍」2隻のみであった。
4月6日第27魚雷艇隊司令官 白石信治大尉は、上級部隊に「当隊は今より陸上戦闘移行、国頭支隊長の指揮下に入る」
と打電して国頭半島中央部の八重岳に移動、支隊長宇土大佐の指揮下に入り、陸軍部隊と共に戦闘行動に従事した。
組織的戦闘の終了の後は本部の山中に籠もり、主として遊撃活動を実施していたが、やがて終戦を知る事となる。
▼白石大尉以下183名は終戦後も降伏を拒み続けたが、地元市長などの勧めに応じ、昭和20年9月3日投降した。
0903koufukukaigun_convert_20161012160115.jpg
▲9/3降伏式が行われる指定された場所へ移動する前に海兵隊員の監視の下、古我地郊外で軍刀やライフル銃、拳銃
 銃剣、弾薬などの武器を放棄する日本海軍の兵士達。
0903motobuhanto_convert_20161012151638.jpg
▼昭和20年9月3日本部半島で日本兵183人降伏の儀式において白石信治海軍大尉から軍刀を受け取るウィッコフ海兵
 隊大尉(ペリリュー諸島及び沖縄における戦闘の退役軍人)
 「アメリカ合衆国政府の名において、日本国の降伏を受理する」とウィッコフ大尉は部下の前で白石大尉に告げた。
 刀はウイッコフ大尉から海兵隊第7部隊指揮官スニーディカー大佐へ手渡された。
 その後海兵隊第1師団指揮官ペック少将へ献呈される事になっている。
shiraishitaii0903_convert_20161012153156.jpg
▼降伏の儀式が終わり、捕虜収容所へ向かうトラックに部下達を乗せる様に命令する白石信治海軍大尉。
motobusaigo0903_convert_20161012154158.jpg
※運天港は天然の良港で、現在は伊平屋島や宇古利島へのフェリーターミナルとなっている場所に海軍施設があった。

※遠く離れた硫黄島では昭和20年3月26日硫黄島守備隊の指揮官、栗林忠道中将が約400名の生き残りの兵士に最後
 の攻撃を仕掛ける命令を下す。最後の攻撃はアメリカ陸軍航空軍の野営地に対する夜襲であった。
 夜襲を仕掛けた野営地は整備要員など戦闘に関しては素人が多かった為、パニック状態になり、170名を超える死傷
 者を出した夜襲で、栗林中将や海軍指揮官市丸利之少将は戦死。2月19日から始まった「硫黄島の戦い」が終わった。
 これにより国内2番目となる米軍との地上戦が沖縄で繰り広げられる事になっていく。

昭和20年3月26日アメリカ軍が慶良間諸島(座間味島、阿嘉島、慶留間島)に上陸を開始。
keramajyouriku.jpg
昭和19年9月海の特攻隊「陸軍海上挺進戦隊」が座間味島、阿嘉島、慶留間島、渡嘉敷島・阿波連島に配備された。
配置は、座間味島には海上挺進第三戦隊、阿嘉島・慶留間島には海上挺進第1戦隊、第2戦隊などであった。
沖縄本島に上陸してくる米軍の背後から奇襲攻撃をかける狙いだったが、日本軍の予想に反して米軍の攻略部隊は、
昭和20年3月23日数百の艦艇で慶良間諸島に砲爆撃を行い、3月26日座間味島、阿嘉島、慶留間島へ上陸。
3月27日には渡嘉敷島にも上陸、占領し、沖縄本島上陸の補給基地とした。
慶良間諸島に配備されていた陸海軍合わせて200隻近い特攻艇も半数近くが出撃する事無く、爆破処分、又は米軍に
鹵獲され、戦果が不明のまま半数が戦死したか、捕虜となった。
sijyojyunbimarure_convert_20161003113209.jpg
▲慶良間諸島で米軍が鹵獲した陸軍「マルレ」の爆薬除去後、試乗準備をする米軍将校。
108-16-1_convert_20160930200533.jpg
▲慶良間諸島で米軍将校が試乗する陸軍海上挺進戦隊「マルレ」
sinyourokakutesut_convert_20160909113750.jpg
▲▼米軍に鹵獲され将校によって性能テストが終了した陸軍海上挺進戦隊「マルレ」
sinyourokakubeigun_convert_20160909113843.jpg
慶良間諸島・沖縄本島のあちこちの湾で[特攻艇]は大量に米軍に鹵獲されている。水際撃滅作戦を放棄した日本軍には
陸戦兵器しか必要無かったかもしれない。航空機が無い中でとにかく特攻兵器を何か間に合わせで作ったという感じだ
tokkoteisinyoh_convert_20160930201521.jpg
ベニヤ板で製作された特攻ボートに爆雷を積み、沖縄本島に上陸する米軍を背後から奇襲するという作戦だった。
特攻艇の秘匿壕を掘る作業には住民も駆り出された。「軍事機密」を共有する状況になった住民達を、日本軍は厳しく
監視。「生きて虜囚の辱めを受けず」という「戦陣訓」の論理を住民にも強いて「捕虜になったら男性は八つ裂きにさ
れ、女性は強姦される」などと鬼畜米英の恐怖を植え付けた。
結果、慶良間諸島では約600人の住民が「集団自決」し、非業の最期を遂げた。
keramajiketsu_convert_20160824114317.jpg
▲3/26米軍が上陸を開始した慶良間列島において集団自決した住民。
昭和20年3月26日結局、米軍は沖縄本島に先駆けて慶良間諸島を攻略。翌27日には渡嘉敷島に上陸した。
一方の日本軍は、ほとんどのマルレ特攻艇を自ら破壊、陸上戦に転じていった。
bakuhasyobunmarure_convert_20160921161932.jpg
▲爆破処分され放棄された陸軍「マルレ」か海軍「震洋」
zamamitou1_convert_20160909125205.jpg
▲座間味島に上陸する米軍。
zamaminihongunnibune_convert_20160926112815.jpg
▲4/21座間味島で撮影された日本軍上陸用舟艇
keramajyumin_convert_20160822103845.jpg
▲昭和20年3月27日避難先から部落に戻り保護された(慶良間諸島)座間味島の住民。
zamamikodomo_convert_20161014114009.jpg
▲座間味島で保護された子供達(集団自決の際、親が喉をかき切った傷だと言う・・・)
keramahoryonihonhei.jpg

zamamitojapanhoryo_convert_20161014113552.jpg
▼▲慶良間諸島で捕虜となった日本兵(上)と、座間味島で捕虜となった日本兵(下)(3/28米軍撮影)
Zamamijapanhoryo_convert_20160913131814.jpg
▼座間味島で捕虜となった日本兵。
zamaminihonnheihoryo02_convert_20160926113431.jpg
▼7/13座間味島で撮影された御嶽(うたき)
0713zamamiutaki_convert_20161013134142.jpg

AmamiOshimaIsland19450326.jpg
▲昭和20年3月26日米軍の空襲を受ける奄美大島(古仁屋町)の日本軍施設。水上機用古仁屋基地の火災。

昭和20年3月26日陸軍特別攻撃隊「誠第17飛行隊」 04:00 石垣島陸軍白保(しらほ)飛行場より99式襲撃機で出撃。
※白保飛行場は、陸軍航空本部が昭和18年末頃着工昭和19年5月下旬第32軍に工事が引き継がれ8月滑走路が完成
白保飛行場の建設や補修に従事したのが昭和19年地元住民から召集された、506特設警備工兵隊(別名・郷土防衛隊)。
その愛称は、「みのかさ部隊」だ。何故「みのかさ」なのか?
 物資不足の折で軍服は配給されず、着衣はすべて私服だったからだ。当時を知る宮良祐八さん(87)は「雨が降ると、
[ みのかさ姿 ]だった。頭には2~3ミリの薄い鉄板を切り取った鉄かぶとを被っていた」と振り返る。
靴のない者はわらじを履き、野良仕事の為に田畑に出かける格好そのままだったと言う。
米軍機は日本の特攻機の出撃を妨げ様と、白保飛行場に連日の爆撃を浴びせた。「みのかさ部隊」は特攻機の離着陸を
可能にする為、敵機が去るのを待ち、モッコで土を運び、スコップで弾痕の穴を埋めた。作業中に米軍機が来襲し機銃
掃射を浴びせることもしばしばで、犠牲者が続出した。
部隊の一員だった故石垣正二さんは回想録で「血のにじむような思いで補修したら、翌日はまた(敵機が)来襲して破
壊していくという具合で、連日の出動に兵は精根も尽き果てていた」と語る。
それでも作業は沖縄戦終結まで続き「みのかさ部隊」は「八重山諸島の戦闘では最も功績が多い」と言われたという。
isyadotaiimakoto17hikoutai.jpg
▲誠第17飛行隊隊員。上列右から3人目が伊舎堂用久大尉(沖縄県石垣市登野城出身)
 昭和20年3月26日04:00石垣島陸軍白保飛行場より99式襲撃機で出撃、突入戦死。
伊舎堂 用久大尉(沖縄県石垣島出身24歳)/川瀬 嘉紀大尉(三重県出身24歳)
黒田 釋少尉(愛媛県出身21歳)/安原 正文大尉(高知県出身24歳)/久保 源次郎大尉(千葉県出身23歳)
有馬 達郎少尉(鹿児島県出身17歳)/林 至寛少尉(東京都出身17歳)/芝崎 茂大尉(埼玉県出身24歳)
(独立飛行第23中隊)三式戦闘機「飛燕」で出撃(直掩/特攻)
阿部 久作大尉(北海道出身29歳)/須賀 義榮少尉(千葉県出身23歳)/長野 光宏少尉(東京都出身21歳)
金井 勇少尉(富山県出身21歳)/岩本光守少尉朝鮮名不詳(朝鮮出身20歳)/廣瀬秀夫少尉(香川県出身19歳)
安西 為夫大尉(米軍機と空中戦の末被弾、沖永良部島に不時着)
(飛行第17戦隊)
平井 俊光少佐(岡山県出身21歳)/児子 国高大尉(岡山県出身21歳)/西尾 卓三大尉(東京都出身25歳)
国谷 弘潤大尉(富山県出身21歳)/勝又 敬大尉(愛知県出身24歳)/照崎 善久少尉(大阪府出身21歳)
西川 福治少尉(兵庫県出身21歳)
(飛行第105戦隊)
長谷川 斎大尉(愛知県出身23歳)/山元 正巳少尉(鹿児島県出身19歳)/永田 一雄少尉(鹿児島県出身20歳)
石田  勝少尉(岐阜県出身20歳)/小川 多透少尉(福岡県出身20歳)/丸林 仙治少尉(岡山県出身19歳)
内藤 善次少佐(東京都出身22歳)
(飛行第19戦隊)
根本 敏雄大尉(千葉県出身22歳)/倉澤 和孝大尉(長野県出身22歳)/栗田 常雄少尉(静岡県出身22歳)
合計31名が、石垣島陸軍白保飛行場より特攻出撃し、慶良間洋上にて突入戦死している。「沖縄翼友会」HP
現在、石垣島の「石垣新港埠頭緑地公園」内に平成25年8月15日に地元有志と全国各地の人々の寄付によって建立され
た「伊舎堂用久中佐と隊員の顕彰碑」という石碑があるとの事。
伊舎堂大尉(戦死後中佐)は出撃を前に、家族が面談に来ても「郷里遠く離れて石垣島にやってきて家族にも会えない部
下達がいるのに自分だけが会うわけにはいかない」と、最後まで家族と面会せず、部下と共に特攻散華された。
石碑には以下の碑文が刻まれている。
『大東亜戦争終結六十八年を経たわが国は、戦後の荒廃を乗り越え、平和で豊かな生活を送ることが出来ています。現
代のわが国の平和と繁栄は、国家存亡の危機に殉じた英霊と戦争の犠牲となった多くの方々の礎によってもたらされた
ことを心に留め、その史実を後世に伝えていかねばなりません』
と。石垣島に行く事があれば必ず訪れようと思う。

※海軍石垣島南飛行場(平得飛行場)からは神風特別攻撃隊が出撃している。
昭和20年4月1日神風特別攻撃隊「第1大義隊」 石垣島基地より零戦で出撃
清水 武中尉(山口県出身)/酒井 正俊中尉(岐阜県出身)/松岡 清治2飛曹(埼玉県出身)/大田 静輝2飛曹(広島県出身)
昭和20年4月2日神風特別攻撃隊「第2大義隊」 石垣島基地より零戦で出撃
伊藤 喜代治中尉(東京都出身)
昭和20年4月4日神風特別攻撃隊「第4大義隊」 石垣島基地より零戦で出撃
矢田 義治上飛曹(愛知県出身)
昭和20年4月5日神風特別攻撃隊「第5大義隊」 石垣島基地より零戦で出撃
小林 友一上飛曹(山梨県出身)/辻村 健一郎1飛曹(山口県出身)
昭和20年4月13日神風特別攻撃隊「第9大義隊」 石垣島基地より零戦で出撃
満田 茂中尉(兵庫県出身)/山崎 隆2飛曹(京都府出身)
昭和20年4月14日神風特別攻撃隊「第10大義隊」 石垣島基地より零戦で出撃
粕谷 仁司中尉(兵庫県出身)/三浦 義信2飛曹(北海道出身)
昭和20年4月17日神風特別攻撃隊「第12大義隊」 石垣島基地より零戦で出撃
斎藤 信雄飛曹長(茨城県出身)/文谷 良明1飛曹(大阪府出身)
昭和20年4月28日神風特別攻撃隊「第15大義隊」 石垣島基地より零戦で出撃
和田 文蔵2飛曹(長崎県出身)
昭和20年5月4日神風特別攻撃隊「第17大義隊」 石垣地基地より零戦で出撃
細川 孜中尉(長野県出身)/橋爪 和美2飛曹/佐野 一斉2飛曹(山梨県出身)
▼石垣島地図
ishigakijima.jpg
▲黄印(新石垣空港)、緑印(陸軍白保飛行場)、紫印(海軍平得飛行場/旧石垣空港)、ピンク印(海軍平喜名飛行場)
石垣島に初めて飛行場が完成したのは昭和8年に完成した平喜名飛行場(海軍石垣島北飛行場)である。
現在跡地の大部分が国際農林水産業研究センター熱帯・島嶼研究拠点となっており一般人立入禁止となっている。
敷地内に通信施設が残存し、北側の宮良川沿い崖には日本軍が掘ったという壕が現存しているとの事だ。
昭和19年2月海軍飛行場として建設されたのが石垣島南(平得)飛行場。戦後平得飛行場を引き続き整備したのが、
2013年3月6日に役目を終えた旧石垣空港だった(現在は新石垣空港に機能を移転)
石垣島南東部に位置する石垣市宮良には宮良飛行場(秘匿飛行場)も存在していたそうだ。

(沖縄本島に話を戻します)
「天一号作戦」(沖縄方面航空作戦)に基づく日本軍機の沖縄出現が無いのに失望し、いたたまれなくなった神少佐
は、32軍直轄特攻隊(佐藤少佐の独立飛行第46中隊[ 第32軍直属偵察飛行隊 ]を基幹とし、南方転途中、故障など
の為、中飛行場に不時着した飛行機を加えた臨時編成部隊約15機たらず)「赤心隊」を編成。
昭和20年3月26日夕方、陸軍特別攻撃隊「赤心隊」 陸軍中飛行場より陸軍99式軍偵察機7機で出撃。
鶴見国志郎少尉/上宮賢了少尉/谷川広士軍曹/三竹 忍伍長/青木健二軍曹/美坂洋男伍長/吉野芳積伍長
※「赤心隊」は沖縄32軍直轄の直協部隊

首里城山上では牛島軍司令官も見守った。奇跡的に全機敵艦隊の目前で離陸を完了した7機は、機首をかえ、単縦陣
をもって首里上空を高く、大きく旋回し、翼を左右に振って軍司令官に決別を告げ、米艦隊に突入を開始する。
1機が被弾して海中に墜落、他の6機は次々に突入していった。

昭和20年3月27日陸軍特別攻撃隊「赤心隊」 陸軍中飛行場より陸軍99式軍偵察機2機で出撃。 
昭和20年3月27日陸軍特別攻撃隊(誠第32飛行隊)「武剋隊」が05:30陸軍中飛行場より99式襲撃機9機で出撃。
bukokutaiokinawa.jpg
▲誠第32飛行隊「武剋隊」隊員
hiromoriokinawa.jpg
▲別れの杯を交わす誠第32飛行隊「武剋隊」隊長 広森達郎中尉(三重県出身)
250㌔爆弾を抱えた陸軍99式襲撃機は3機づつの編隊を組んで飛行、慶良間列島北東へ飛んで行った。
広森達郎中尉/清宗孝己少尉/林 一満少尉/今西 修軍曹/今野勝郎軍曹/出戸栄吉軍曹/伊福 孝軍曹
大平定雄伍長/島田貫三軍曹
USSLSMRokinawa.jpg
▲3/27慶良間列島を哨戒中の米中型揚陸艦が特攻機の突入を受ける。
USSLSMR188Kerama0327_convert_20160913130539.jpg
▲▼特攻機の突入をうけた米中型揚陸艦LSM(R)-188
USSLSMR188kerama_convert_20160913130920.jpg
▲特攻機の突入部分。満載だったロケット弾が艦内で爆発しなかったのが米軍にとっては幸いだった。
USSNEVADAtokkohigai_convert_20160913164606.jpg
▲3/27米戦艦ネバダ(USS Nevada)に誠第32飛行隊「武剋隊」か「赤心隊」の特攻機が突入。
 乗組員11人が死亡、主砲塔に被害を受けた。ネバダは日米開戦の真珠湾攻撃で海軍機に小破された艦だ。
USSNEVADAJapsuicideattack_convert_20160914160922.jpg

nebadatokkoheisigai_convert_20160913171024.jpg
▲ネバダに特攻した搭乗員の遺体を調べる米兵。甲板に遺骸が飛び散り胴体だけが残っている・・・。
nebadatokkohinomaru_convert_20160913171557.jpg
▲特攻隊員の所持品から出てきた「日の丸」の寄せ書きか・・・?血だらけの様に見える・・・言葉がない。
USSNEVADAbeihei_convert_20160914164154.jpg
▲特攻機の突入で戦死したネバダ乗組員。
昭和20年3月28日陸軍特別攻撃隊「赤心隊」 陸軍中飛行場より陸軍99式軍偵察機5機で出撃。

USSESSEXkikanTBM_convert_20160913133458.jpg
▲3/28沖縄本島日本軍の対空砲火により損傷し空母エセックスに帰還するTBM機(第83飛行群所属)

昭和20年3月29日陸軍特別攻撃隊(誠第41飛行隊「扶揺隊」)が陸軍北飛行場より97式戦闘機9機で出撃。
makoto41hikoutaiokinawa.png
▲沖縄への特攻出撃が決まり、旧満州(新京)で写真におさまる誠第41飛行隊「扶揺隊」隊員
高祖 一少尉/小川真一曹長/堀口政則軍曹/大河正明伍長[本名、朴東勲(朝鮮出身)]
(離陸時、米艦隊艦砲射撃と空襲を受け5機が離陸不能となり、辛うじて4機が離陸に成功、目の前の米艦隊に突入)
以下は出撃時に搭乗機を失い沖縄本島を歩き続け、与論島→徳之島→佐世保に帰還し、新田原→知覧そして熊本県の
陸軍菊池飛行場→宮崎県都城東飛行場で終戦を迎えた金田伍長の体験記である。

寺山大尉/塩谷伍長/上村軍曹/菊田軍曹/金田伍長の5名は搭乗機を失い、第32軍航空参謀より「寺山大尉以下4名は
速やかに内地へ帰還の上、再度出撃せよ」との命令を受け、5名全員、飛行服に飛行長靴、拳銃一丁の装備で北飛行場
を出発、徒歩で金武の海軍基地(洞窟陣地)に向かう。海軍指揮官に内地帰還の為の舟艇の手配を頼むも「中城湾洋上に
は敵巡洋艦他の艦艇が遊弋(ゆうよく)中で基地が発見される恐れがある」と断られる。
「名護」又は「運天港」海軍基地の舟艇を利用して帰還する為に4/1金武を出発。宜野座村を経て名護岳に向う。
名護で「国頭支隊」宇土大佐率いる一個連隊と八重岳に向かう事となり、疲労困憊した身体に鞭打って歩く。
宇土部隊で対空監視及び敵状監視の任務に就く。国頭支隊には学徒動員された三高女学生約10名が勤務していた。
4/30頃、国頭支隊は八重岳を放棄して多野岳に転進。三高女生を山中に避難していた住民や家族を頼りに帰宅させる
宇土部隊副官は国頭支隊を小人数部隊に分散、自活戦闘に入る。5/12頃寺山大尉以下5名の空中勤務者(特攻隊員)は
別行動をとる事になる。
5/19頃、一ツ岳に到着。北大尉指揮する中野学校特務班が秘匿された隠れ家を拠点にして5~6名で情報蒐集活動を
行っている場所で特務班と行動を共にして情報活動を支援。その時、塩谷伍長が偵察に出るも戻らず(戦死か捕虜)
ヤンバル地区中央突破(山岳密林地帯)を野宿を重ねながら歩き続ける。服は破け、靴は底が抜けて縛りつけながらの
行軍で栄養失調症状が出ながら奥部落民の避難していた山中の隠れ家に辿り着く。
よれよれの、しかも飛行服という見馴れない服装に、一時は米兵と見間違えられるハプニングもあった。
5/29頃、辺土岬が見える奥部落で漁民にくり舟で与論島への渡航を頼みこみ、くり舟二艘で与論島へ渡航。
6/1夜、敵に発見されない様に細心の注意を払って沖に出る。早朝、与論島の浜辺に着く。周辺は静かで不気味で浜辺
の岩陰に身を潜めたが偵察の結果、まだ米軍に占領はされておらず、守備隊が居るとの事で安堵する。守備隊の駐屯地
まで歩き、守備隊指揮官の陸軍少尉に、内地帰還の中途である旨を告げ、与論島で約10日間を過ごす。
6/11船舶部隊差し向けの「ダイハツ」により与論島20:00出発。6/12沖之永良部島に到着。
daihatujyourikuyousyutei_convert_20160930134937.jpg
▲沖縄戦で米軍に鹵獲された「ダイハツ(大型発動艇)」 写真の大発は海軍の大発艇の様だ。
6/15夜、沖永良部島を「ダイハツ」で出発。朝方、徳之島に上陸し、奄美群島陸軍司令部で沖縄戦況報告をし、内地
帰還を図って戴く様お願いして連日空襲に見まわれる徳之島で約1週間留まる。
6/17沖縄を脱出して大本営に向かう途中来島していた第32軍航空参謀神直道中佐の乗る99式襲撃機に寺山大尉は同乗
操縦し、徳之島を飛び立ち九州に向かった。
6/23「ダイハツ」で徳之島を夜間出港。朝方に奄美大島名瀬港に着き上陸。名瀬海軍基地の宿舎で待機。
そこには既に20名程の空中勤務者(特攻隊員)が内地帰還を待っており、毎日囲碁をしながら海軍水上機の便を待つだけ
であった。名瀬海軍基地へは佐世保より週1~2回定期連絡の水上機が来ていたので、その帰路に1~2名乗せて内地へ
帰投していた。
7/4残った「扶揺隊」の3名が搭乗する事となり水上機は離水、佐世保に向かって飛び立ち、佐世保海軍基地に着水。
遂に内地に辿り着く。いよいよ沖縄北飛行場での挫折を挽回し、再度の出撃を早期に果たすべく覚悟を新たにする。
福岡市筑紫高女校に司令部を置く陸軍第6航空軍で10日間程待機するも当時軍には余裕の飛行機はなく、作戦的にも大
変な時期であった。飛行機の受領は菊田軍曹は新田原へ直行受領待機、上村軍曹は福岡菰田の飛行場から、金田伍長は
知覧で受領して新田原で待機となりその後出撃の機会は無く、終戦を迎える事となる。
生きて終戦を迎えてくれたからこそこの話が紹介出来る。強運の持ち主の特攻隊員ではあるが、私は本当にお疲れ様で
した と言いたい。そして本当に生きていてくれて良かったと思う。

(話を沖縄戦に戻します)
昭和20年3月31日夜、米艦隊は島尻東部沖合に終結、沖縄本島上陸の準備へ・・・ところがこれは 陽動作戦であった
昭和20年4月1日4:00史上最大級1300隻もの米大艦隊が一斉に北谷・嘉手納・読谷海岸に殺到。
USSIdahookinawa0401.jpg
▲昭和20年4月1日砲撃を行う米戦艦アイダホ(USS Idaho)
※昭和20年4月1日神風特別攻撃隊「第1大義隊」が石垣島基地より零戦で出撃。
清水武中尉(山口県出身)/酒井正俊中尉(岐阜県出身)/松岡清治2飛曹(埼玉県出身)/大田静輝2飛曹(広島県出身)
kyuusyututokkohei.jpg
▲4/1米空母機動部隊の戦闘機に撃墜され、米駆逐艦により救出される日本軍パイロット。
0401kamikazekyujyo_convert_20161014135355.jpg
▲救出された日本軍パイロットが武器を持っていないか体をさぐる副艦長。
 海に投げ出された日本軍パイロットは9人確認されたが、他の日本兵は駆逐艦が近づくと、泳いで逃げたと言う。
 米空母機動部隊の戦闘機に撃墜されている事や、海上で9名もの投げ出された日本軍パイロットが確認されている事
 から、4/1鹿屋を出撃した第2回神雷桜花特別攻撃隊(一式陸上攻撃機3機+桜花3機)の搭乗員の可能性が高い。

昭和20年4月1日5:30米艦隊の容赦無い10万発にも及ぶ艦砲射撃が始まった・・・。
hontokanpousyageki_convert_20160819160314.jpg
沿岸部の構造物を全て吹き飛ばした後、8:00~9:00頃までに16000名、夕刻までに60000名の米軍上陸部隊が北谷
から読谷にかけて上陸。南方諸島で日本軍と戦ってきた海兵隊員は恐怖で誰もが神経質になっていたと言う。
Okinawashores.jpg
▲上陸用舟艇から沖縄本島を目指して上陸する米海兵隊。
しかし日本軍守備隊からの砲撃らしい砲撃は無く、上陸作戦は演習さながらの平穏な上陸ぶりであった様だ。
その頃、日本軍守備隊は首里司令部を防衛する為の各防衛線の陣地豪に潜み、米軍を迎え撃つ態勢を整えていた。
DSCN4089_convert_20160819180049.jpg
▲米軍が上陸した読谷村渡具知ビーチ(泊城公園内)
OkinawaRyukyujyouriku0401_convert_20161003162234.jpg
▲米軍上陸当時のほぼ同じ場所(昭和20年4月1日米軍撮影)
DSCN4107_convert_20160912193449.jpg

YellowBeachyontan2_convert_20160912142857.jpg
▲米軍上陸当時の同じ場所(米軍撮影)
okinawasakusen_convert_20160822142256.jpg

beigunjyourikuhi_convert_20160819180910.jpg
▼▲泊城公園の小高い場所に米軍上陸の碑がある。
DSCN4096_convert_20160819182208.jpg

okinawahontojyouriku_convert_20160819190749.jpg

DSCN4095_convert_20160819182500.jpg
▼上空から米軍上陸地点の比謝河口付近を撮影した物(写真中央右手辺りが現在の泊城公園)
OkinawaRyukyuIsland_convert_20160927094221.jpg

DSCN4097_convert_20160819181702.jpg

jyourikuyontan_convert_20160926105205.jpg

Bishigawarikuagemain_convert_20160912144228.jpg
▲比謝河口付近で資材を揚陸する米軍(昭和20年4月撮影)
DSCN4098_convert_20160819181722.jpg
▲米軍上陸の碑から比謝川河口付近を見下ろす。
 上記古写真とほぼ同じアングルだ。現在はかなり河口付近が広げられている
yomitanjyouriku.jpg
▲読谷村渡具知、比謝河口付近で資材を揚陸する米軍(昭和20年4月撮影)
DSCN4121_convert_20160820170308.jpg
▲上下古写真とほぼ同じ位置を撮影。
Yellowbeach3hikagawa_convert_20160926103230.jpg

Bishigawatouchka_convert_20160907144953.jpg
▲4/1上陸後に米軍が撮影した比謝河口付近ビーチの日本軍トーチカの銃眼側。
Bishagawagoh9_convert_20160909160437.jpg
▲4/1上陸後に米軍が撮影した比謝河口付近ビーチの日本軍トーチカの入口側。
0720Green_Beach_2_convert_20161012121049.jpg
▲対艦砲・重機関銃射撃用副砲門の銃眼が供えられたトーチカ(7/20撮影)
YellowBeachTwo1_convert_20160909160139.jpg

YellowBeachtochka_convert_20160909124738.jpg

DSCN4103_convert_20160820165931.jpg

DSCN4102_convert_20160912193416.jpg
▼上記の現在の写真とは少々アングルが違うが米軍上陸当時の写真。現在の泊城公園内
ierobeechyntan_convert_20160912143655.jpg
▼上陸後直ちに40㎜高射砲機銃を設置、空からの日本軍の反撃に備える米軍。海には無数の米艦船が見える。
40mirihouheigun_convert_20161003140209.jpg
▼泊城公園直ぐ(位置的には「米軍上陸の碑」の下)比謝河口付近にマルレ(陸軍特攻ボート)の秘匿壕が残されている。
 ここは陸軍海上挺身隊第29戦隊第1中隊の特攻艇「マルレ」17隻が配備されていたと言われている。
DSCN4119_convert_20160820170539.jpg
この場所は私有地なので所有者に許可を得て見学させて頂く必要がある。
DSCN4116_convert_20160820170738.jpg
▼米軍上陸後に撮影された比謝川近くのマルレ海上特攻艇秘匿壕(上記写真の右奥と思われる)
BishiGawamaruregho_convert_20160907150131.jpg
地元住民も切削作業に従事し、いよいよ米軍が迫ってくると、特攻基地を知る住民は一ヶ所に集められ、軍秘密保持の
為に自決を強要されたケースも多かったと言う。
DSCN4111_convert_20160820171104.jpg
▼米軍上陸後に撮影された比謝川近くのマルレ海上特攻艇秘匿壕(上記写真と同じ秘匿壕)
BishiGawamarurekakunogo_convert_20160907152902.jpg
「特攻艇秘匿壕跡」はここ以外にも複数遺されているとの事。陸軍特攻艇(四式肉薄攻撃艇/通称マルレ)は装甲のない
ベニヤ製の船体にトラック用のエンジンを搭載したモーターボートで、250kg爆雷を搭載していた。
夜間に数十隻で体当たり攻撃を行う戦術。正式な戦果は確認されていないが、ガイドさんの話では米軍輸送艇を1隻撃
破したとの話が残っているそうだ。
hiegawakaryumaruregho_convert_20161007123649.jpg
▲見学させて頂いた敷地を、当時、反対側の丘から撮影した写真。
DSCN4110_convert_20160820171201.jpg
飛行場が特攻機の基地となった様に海岸は特攻艇の基地となった。マルレは長さ5.6m、重さ1トン。マルレ海上特攻艇
は沖縄の各地に配備され、読谷、北谷は第29戦隊が山本大尉を長として置かれた。
昭和19年末から陸軍特攻隊海上艇進隊がやってきたが、輸送船団は途中の海上で空襲を受け、現地に到着したのは
第1中隊の特攻艇わずか20隻にすぎなかった。
maruregoh_convert_20160907134327.jpg
▲米軍上陸後に撮影された比謝川近くのマルレ海上特攻艇秘匿壕(下記写真と同じ場所)
DSCN4114_convert_20160820171302.jpg
1つの格納豪の長さは約25メートル程。秘匿壕は基本5mの「マルレ」を3~5隻格納出来る様に掘られた。
bishigawamarure_convert_20160927110202.jpg
▼▲米軍上陸後に撮影された比謝川近くのマルレ海上特攻艇秘匿壕(特攻艇は無いが台と運搬レールが写っている)
maruregonaibu_convert_20160907135258.jpg
▼豪の中から外を撮影した写真。
maruregonakakarasoto_convert_20160927110801.jpg
昭和20年3月29日特攻艇17隻が慶良間に集結した米艦隊めざして出撃したが、米軍側記録で戦果は確認されていない
昭和20年4月4日米軍上陸用舟艇LCI(G)-82を撃沈/LSM-12を沖縄沖で撃沈。
米軍LSM-12は戦車 3~5台あるいは水陸両用上陸用舟艇 LVT 6台又は水陸両用トラック DUKW9台を搭載した輸送艇
であった。ガイドさんがおっしゃっていたのはこの事かもしれない。
marurerikuguntokkotei.jpg
▲陸軍四式肉薄攻撃艇(通称マルレ) ※海軍は「震洋」で船先端に爆弾を積み、陸軍マルレとは設計が異なる。
BishGawaYellowBeach3_convert_20160927112854.jpg
▲比謝川沿いの丘を写した写真。日本軍の荷船が写っているのが解るだろうか。
bisigawazoinifune_convert_20160927113644.jpg
▲別の角度から。カムフラージュの網がかけられ解りにくくなっている。
nibunekamufurajyu_convert_20160927114452.jpg
日本軍は爆破処分擦する間もなく慌てて逃げていったと言う。
kamufurajyunifune_convert_20160927114118.jpg
▲カムフラージュの網や木々をどける。「ホ254」と見える、日本軍の荷船だ。
BishagawaRiverjapanboat_convert_20160927114808.jpg
▲爆破処分されずに放棄された日本軍の荷船。粗末な木造船だ。
JapboatBishagawaRiver_convert_20160927120453.jpg
▲積み荷にドラム缶が残されている。マルレ特攻ボート用のガソリンか・・・?

昭和20年4月1日米軍は上陸したその日僅か30分でチビチリガマの洞窟を発見、投降を呼びかけた。
しかし、「鬼畜米英」の教育を信じていたチビチリガマ内の住民達は投降しなかった。
jyourikutyokugojyumin_convert_20160921171418.jpg
▼▲米軍上陸初日4/1に投降してきた住民達も多かったのも事実。不安げな表情が伝わってくる。
0401jyuumintoukou_convert_20160921172125.jpg
昭和20年4月2日鬼畜米英と教えられた住民は、アメリカ兵の残虐な仕打ちを恐れ、「民間人は殺さない」という米兵
の言葉を信じられない12~3名の住民が、「日本男児じゃないか!武鎗を持て!」と壕の中から竹槍持って出て行き、
米軍に反撃。米軍は応戦、銃撃で男2名が負傷。これを見た避難民は動揺し、鎌や包丁、看護婦が持っていた毒薬など
で、家族が殺し合い自決するという惨劇が繰り広げられた。布団に火が点けられ、煙で窒息死した人が1番多かったと
言う。住民避難者約140人中、83人が非業の最期を遂げた。
毎年4月2日は遺族だけで慰霊祭が行われている。読谷村では9か所で集団自決が起き、139人が自ら命を断った。
DSCN4134_convert_20160821183736.jpg
▲県道6号線から少し入った場所にチビチリガマへの入口階段が設置されている(読谷村波平1136-2)
DSCN4130_convert_20160821183758.jpg
▲階段を下り終えると大きなチビチリガマの入口と慰霊碑がある。
DSCN4123_convert_20160821183841.jpg
▲ガマの中は亡くなった方の墓として、これ以上の立ち入りは現在禁止されている。
DSCN4125_convert_20160821183901.jpg
▲亡くなった方のお名前が記された石碑。亡くなった方の6割が18歳以下の子供。中には4ヶ月の赤ん坊もいた。

▼チビチリガマから1㌔も離れていない場所にシムクガマの洞窟がある。サトウキビ畑から入って行く。
DSCN4155_convert_20160821192203.jpg
▼細い1本道を森の中へ入って行くと、放置され、野生化したサトウキビが左右に迫る。
DSCN4148_convert_20160821192405.jpg
収穫されたサトウキビは国が買い上げるシステムらしいが、重労働の為、若い人は敬遠し、こうやってサトウキビ畑が
野生化していく場所も多いと言う。
DSCN4146_convert_20160821192933.jpg
▲サトウキビ畑を抜けると、いよいよ山道に入ってくる。
DSCN4143_convert_20160821192950.jpg

DSCN4142_convert_20160821193006.jpg
▼波平又川原(マタガーバル)のシムクガマが見えた、大きい。
DSCN4139_convert_20160821193244.jpg
このガマには住民約1000人が避難した。住民の中にはチビチリガマに逃げようかシムクガマに行こうか迷った人も居
たと言う。まさに運命の分かれ道。昭和20年4月1日シムクガマでもチビチリガマ同様、米軍が投降を呼びかけた。
壕の中はパニックになったが、避難していた住民の中に、ハワイで出稼ぎ経験のある2人の老人、比嘉平治氏(72歳)と
比嘉平三氏(63歳)が「アメリカ人は民間人を殺すはずが無い、米軍は国際法に従って行動しているから大丈夫助かる」
と訴え人々を説き伏せる事に成功。そして英語も話せた2人が米兵と会話し、1人の犠牲者も無く全員が保護された。
チビチリガマとシムクガマの対照的な結末は、外国を知らない無知さと、当時の日本の教育とが複雑に混じり合って起
きた結末だった。現在の日本でも十分考えられる事だ、「外国から日本を見る」という事の重要性を思い知らされた。
しかし、米軍に保護された住民が収容所や米軍の占領地域で暴行や強盗行為が無かった訳では無い。
沖縄戦の最中、戦局が追い詰められた状態になると、アメリカの軍隊そのものが集団で村の女性たちを襲ったと言う。
中には夫の目の前で犯された女性もいたともいわれている。米軍兵士により強姦された女性数は推定10000人・・・。
現在も続く沖縄県民に対する沖縄駐留米兵が起こす様々な事件は、沖縄戦からずっと続いている・・・。
DSCN4141_convert_20160821195257.jpg
▼米軍上陸初日4/1の読谷村
jyourikubiyomitanson_convert_20160921154343.jpg
▼4/1北谷町謝苅付近を進撃する米軍
beigunsuirikuryouyo_convert_20160909132011.jpg

※昭和20年4月2日神風特別攻撃隊「第2大義隊」 石垣島基地より零戦で出撃。
伊藤 喜代治中尉(東京都出身)

▼昭和20年4月1日読谷村の海岸に上陸する米軍。
 米軍の猛攻撃で護岸は破壊され、日本軍は丘陵地帯へ逃げ、米軍は大した被害も死傷者も出さずに浜に上陸した。
yomitakinbu.jpg

0401jyourikubeihei.jpg

okinawadday.jpg

OkinawaAp45_convert_20160822145531.jpg

1yontansingun0401_convert_20161221153101.jpg
▼▲4/1読谷村大湾を進軍する第1海兵師団第5連隊
yontansingun0401_convert_20161221152858.jpg

Okinawa1945_convert_20160823095144.jpg
日本側の死者・行方不明者約19万人(県外出身将兵約66000人/沖縄県外出身正規兵約28000人/沖縄住民約95000人)
アメリカ軍側の死者・行方不明者14000人、イギリス軍の死者82人を出した壮絶な沖縄地上戦が始まった・・・。
okinawasen16_convert_20160902110912.jpg
▼進撃する米軍M4戦車
okinawasen8_convert_20160830111544.jpg
▼出征時に兵隊を送り出す「のぼり」を手に取る米兵。「知名 定序」君と書かれている・・・沖縄県出身者の兵か。
beiheisenrihin0401_convert_20160921145451.jpg
▼空き家となった読谷村渡具知の日本軍兵舎を調べる米兵。
nihongunheisya_convert_20160926171211.jpg
▼読谷村儀間の学校を調べる米軍
yontangima_convert_20161221154224.jpg
▼米軍上陸後、最初の捕虜となり尋問を受ける日本兵。潜んでいた豪が右奥に写っている(4/5撮影)
0402jinmonhoryo_convert_20161014161257.jpg
▼カムフラージュされた日本軍兵舎(知覧の三角兵舎とよく似ている)
nihongunheisya5_convert_20160927093056.jpg
▼米軍に発見された日本軍施設。迷彩塗装が施され、ネットで偽装されていた。粗末な木造作りだ(4/6撮影)
nihongungyoraisagyouba_convert_20161003170816.jpg
▼沖縄戦当時の座喜味城跡
ZAKIMICASTLE_convert_20161221110556.jpg
座喜味城跡は座喜味集落の丘にあった。1420年(尚思紹王代15)頃、護佐丸が山田城の石を運んで築城したと伝えらる。
南側に座喜味集落や陸軍北飛行場跡を見下ろす事が出来、沖縄本島中部西海岸から那覇まで望見出来た。
昭和18年北飛行場建設に伴い昭和19年8月陸軍第21野戦高射砲司令部指揮下「独立高射砲第27大隊第3中隊」(光本中
尉中隊長)によって陣地構築が進められた。当時同部隊は仲宗根宅(現曽根)等を接収して宿舎に当てられた。
城跡本丸に土塁に囲まれた6基の砲座が設置された。十十空襲時の応戦では低空で襲ってくるアメリカ軍機に対し、下
向きに発射する事が出来ず、高射砲の効果を発揮する事が出来なかったと言う。
※独立高射砲第27大隊574名は、[ 那覇市小禄垣花台地/大滝大隊長]、第1中隊[ 那覇市小禄48・2高地/中村中隊長 ]、
第2中隊[ 氏天久台地49・5高地/内田中隊長 ]、そして第3中隊が[ 中頭郡読谷村座喜味城址に。照空隊を天久・先原崎、
聴測隊を那覇市波之上/光本中隊長 ]にそれぞれ配備された。沖縄戦で大隊将兵574名中464名が戦死している。
現在、島尻郡八重瀬町安里に『独立高射砲第二十七大隊英霊の碑』が1基の現存する高射砲と共にある。

USMCokinawayontankadena.jpg
▲米軍進行図(赤印は陸軍北飛行場/青印は陸軍中飛行場)
DSCN4160_convert_20160823211547.jpg
▲陸軍北飛行場滑走路跡(米軍に占領され、読谷補助飛行場となり舗装がやり直されているが当時と同じ位置だ)
約660人の住民の土地を軍が接収、昭和18年から始まった建設工事には住民も動員し完成。1500m級の滑走路を3本
備え、県内最大の飛行場だった日本陸軍の北飛行場跡だ。
昭和19年秋から運用が始まったが、昭和20年4月1日米軍本島上陸3時間後の11:30に真っ先に占領されてしまう。
kitahikoujyou99_convert_20160914163554.jpg
▲陸軍北飛行場当時の航空写真(米軍の爆撃で滑走路が荒れている)
昭和20年4月1日米軍約6万人が上陸、即日進撃し、10キロ先の北飛行場と中飛行場を占拠。 日本軍は沖縄守備兵力
10万人では太刀打ち出来ないと判断。沖縄島内で持久戦に持ち込もうと残存機を爆破処分、飛行場を放棄した。
DSCN4181_convert_20160823194456.jpg
▲平成18年12月全面返還され、今後の読谷村の活用が期待されている北飛行場(読谷補助飛行場)跡。
yontanhonbu_convert_20160915132426.jpg
▲米軍占領当時の陸軍北飛行場(上記写真とだいたい同じ場所)
nakahikoujyougisousentouki_convert_20160907164429.jpg
▲▼陸軍北飛行場を占領した米軍の目に飛び込んで来たのは木枠に藁や竹で作られたダミー日本軍機だった・・・。
DSCN4164_convert_20160826203149.jpg
▲▼敵に上空から戦闘機が駐機している様に騙す為に、藁などで巧妙に作られた。
nakahikoujyougisou99_convert_20160907164901.jpg
これを見た米兵はどの様に感じていただろう・・・。資源の乏しい日本を哀れに思ったであろうか・・・。
yomitangisosentoki_convert_20160909155622.jpg
それとも、巧妙な作りに感激したであろうか・・・。これを製作するのも大変だったと思うが・・・。
nakahikoujyowara_convert_20160907165253.jpg
▼ダミー戦闘機を調べる米兵。
slide_435094_5689658_compressed.jpg
ダミー機にしても日本人らしい細かい作りだ・・・。竹と木の枠だけでよくこの様な実物大を大量に作ったものだ。
gisokoukukiokinawanaka_convert_20160909152507.jpg
▼▲日本軍の努力を茶化す海兵隊員。実際、ダミー戦闘機は誰もだませていない。
bulldozergisosentokiyontan_convert_20160915112103.jpg
▼飛行場に置かれていたのかは不明だが、ダミー戦車を調べる米兵を写した写真。沖縄戦で4月に撮影された。
gisousensya_convert_20160920153418.jpg
▼北飛行場では4機の「桜花」が米軍に鹵獲された、米兵が「桜花」の実物を見るのはこれが初めてだった。
kitahikoujyoubaka_convert_20160908124948.jpg
コクピットより前側は約1.2t爆弾を搭載、ジェット・エンジンを搭載、アルミの胴体、木製の翼、爆撃機の腹下に桜花
を固定。敵艦船上空まで運ぶ。切り離された「桜花」は操縦士もろともジェットエンジンの加速と共に敵艦に特攻。
この日本海軍が開発した自殺兵器を米軍は「バカ爆弾」と呼んだ。
kitabaka5_convert_20160908133448.jpg
▲▼北飛行場で米軍に鹵獲された海軍特攻機「桜花」。陸軍機はことごとく破壊して飛行場を放棄していった様だが、
海軍の兵器はそのまま放棄して行ったという事か・・・そもそも「桜花」を運ぶ母機は陸軍機を使う予定だったのか?
Yontanairstripkita_convert_20160915094831.jpg
▲▼日本軍自ら爆破処分した日本軍機(北飛行場)
kitahikoujyookinawa_convert_20160826143708.jpg

Japbulldozerokinawa_convert_20160909101536.jpg
▲日本軍が放棄していったブルドーザを修理して使用しようとする米工兵隊員。物量豊かな米軍でもこの様に敵軍の
 物を分析し、使える物は修理して使い、相手を徹底的に分析する部分は日本が見習わなければならない部分だろう。
japdizeltorakuter_convert_20160909164100.jpg
▲放棄された日本軍ディーゼルトラクター
陸軍飛行場建設に動員された人達の話で「人力だけだった」「牛でローラーを引いていた」という話を聞くが、この写
真でも解る様に、飛行場建設には日本軍も重機を導入していた事が解る。でないと人力だけでは広大な飛行場を建設す
るのは無理だろう・・・。(導入された重機の数は米軍の比ではないだろうが・・・)
yomitan7_convert_20160824142143.jpg
▲米軍に占領された陸軍北飛行場
okinawabattle6.jpg
▲米軍の艦砲射撃で壊滅した嘉手納村(昭和20年4月19日米軍撮影)左端に沖縄県営軽便鉄道の貨車が写っている。
nakasirookinawa_convert_20160907171304.jpg
▲高射砲で撃墜した日本軍機の翼を撃墜数スコアボードとして使用した。米軍が中城湾で撮影した物
SmallJapbridge_convert_20160926143138.jpg
▲4/2に米軍が撮影した1枚。[崎本部橋]昭和5年8?月架と書いてある。今も残っているだろうか・・・。
 ※おそらく現在の沖縄県国頭郡本部町崎本部(くにがみぐんもとぶちょうさきもとぶ)付近と思われる。
kadenanakaairfield_convert_20160914162306.jpg
▲昭和20年3月27日朝に実施された爆撃の際に、TBM(米軍偵察機)が撮影した中飛行場(下)と北飛行場(上)。
 2基地が同時に写っている写真は非常に珍しく、中飛行場滑走路は爆撃で既に穴だらけになっている。
nakakadena_convert_20160907170010.jpg
▲陸軍中飛行場(現 米軍嘉手納飛行場)
japansentoukiokinawa_convert_20160907154542.jpg
▲陸軍中飛行場に放棄された陸軍一式戦闘機「隼」胴体の「日の丸」が無い事に注目。
 陸海軍共に、特攻作戦後期には、この様に機体全てを黒く塗られた機もあったと聞いた事がある。国を識別する国旗
 すら描かない程に追い詰められ、何とか特攻を成功させようとしていた日本軍の意図が読み取れる。
nakahikojyouhayate1_convert_20160907160035.jpg
▲陸軍中飛行場に放棄された陸軍四式戦闘機「疾風」米兵がコクピットを調べている。
nakahikoujyouhayate1_convert_20160907155540.jpg
▲陸軍中飛行場に放棄された陸軍四式戦闘機「疾風」を本国へ持ち帰る為に修理し、エンジンに火を入れる
 TAI(戦術航空爆撃隊)の兵士。「疾風」をワシントンDCへ送る準備が整いつつある。
nakahikoujyoubeiguntuka_convert_20160907163547.jpg
▲▼占領された中飛行場を通り抜ける米軍戦車。
kanahikoujyoutuuka2_convert_20160908155132.jpg

DSCN4185_convert_20160825210255.jpg
▲▼「道の駅かでな」から現在の米軍嘉手納飛行場(旧陸軍中飛行場)を見渡す事が出来る。
DSCN4191_convert_20160825210832.jpg
▼「道の駅かでな」の横には「独立行政法人駐留軍等労働者労務管理機構 沖縄支部」がある。ここは日本政府の出先
機関で、米軍基地で働く日本人人材派遣センターの様な場所。米軍基地内の芝生はとても綺麗に手入れされており、真
面目で勤勉な日本人の性格がよく表れている。当然給料はアメリカ政府。では無く我々の税金が使われている。
アメリカ軍内でも沖縄勤務は大人気。それもそのはず電気・水道・ガス・家賃など生活必要経費は全て日本もち~。
資源の無い敗戦国の国防はお金がかかるのだ。米軍関係者所有の自家用車などの自動車税はなんと正規金額の七分の一
でしかも任意~。任意で税金払う人っているんですか(笑)米兵は言います「沖縄勤務は貯金が出来るから助かってるよ」
DSCN4197_convert_20160825211133.jpg

(話を沖縄戦に戻します)
※昭和20年4月4日神風特別攻撃隊「第4大義隊」 石垣島基地より零戦で出撃
矢田 義治上飛曹(愛知県出身)
※昭和20年4月5日神風特別攻撃隊「第5大義隊」 石垣島基地より零戦で出撃
小林 友一上飛曹(山梨県出身)/辻村 健一郎1飛曹(山口県出身)

昭和20年4月7日14時23分沖縄に向けて海上特攻出撃した「戦艦大和」が米軍機の激しい攻撃を受け沈没。
沖縄特攻作戦での「戦艦大和」沖縄派遣に第32軍首脳は、「有難いことだが、辞退(出撃中止)申し上げろ」と大本営に
返電を指示。大本営が沖縄作戦の切り札として派遣した「戦艦大和」が特攻しても情勢は変わらない。と第32軍首脳は
判断し、大和派遣の中止を要望したが、既に大和が出撃した後で、手遅れだったと言う。
yamatosaigo_convert_20160909130543.jpg
この日、日本海軍連合艦隊は事実上壊滅した。
yamatosaigo1_convert_20160909130638.jpg
4/13日本軍機の偵察結果で、奪われた北・中飛行場に既に150機の米軍機が配備されているのが確認された。
この間、陸・海軍共に多くの艦船攻撃機や特攻機を出撃させたが、特攻機の命中率は極めて低かった。
これは敵レーダーに捕捉され、北・中飛行場に配備された米軍機に邀撃されているのが原因と推察された。
そこで台頭したのが両飛行場制圧の為に陸軍「義烈空挺隊」の投入であった。
[義烈空挺隊]とは沖縄戦期間中の昭和20年5月24日北・中飛行場の強行着陸と破壊を目標とした[義号作戦]に用いら
空挺部隊である。昭和19年サイパン陥落後、米軍はサイパンにB29の基地を設けて東京を空襲した。
この米軍基地に対し、強行着陸して飛行機を破壊し、搭乗員等を殺傷する目的で昭和19年12月上旬第1挺進団(パラシ
ュート部隊)第4中隊の選抜要員+陸軍中野学校諜報要員+第3独立飛行隊から編成された部隊の名称である。
義烈空挺隊に関しては[陸軍特別攻撃隊参照]
しかしサイパン突入作戦は中止、次いで硫黄島作戦も中止となった。そして5/24沖縄攻撃作戦(義号作戦)において、
大本営が作戦に消極的な中、北(読谷)飛行場・中(嘉手納)飛行場への強行着陸(特攻)に投入された。
DSCN4175_convert_20160823220719.jpg
▲陸軍北飛行場跡(読谷補助飛行場跡)には掩体豪が残され、義烈空挺隊玉砕の碑が立てられている。
yomitangiretsu546_convert_20160824130004.jpg
▲昭和20年5月24日18:00「義烈空挺隊」を乗せた陸軍97式重爆撃機12機が熊本県健軍飛行場から出撃。
エンジントラブルや航路ミスで4機が帰還。8機112名が沖縄に向かうも7機は米軍の対空砲火で撃墜されてしまう。
たった1機(9番機)が北飛行場滑走路を北東から南西に滑走して胴体着陸に成功。少なくとも8名の隊員が飛び出した。
DSCN4169_convert_20160826201245.jpg
▲北飛行場滑走路跡より「義烈空挺隊」を乗せた陸軍97式重爆撃機が飛んで来た方角を見る。
yomitangiretsu4_convert_20160824135410.jpg
▲北飛行場に強行着陸に成功した唯一の1機[9番機 尾翼番号(6)546]
yomitangiretsu6_convert_20160824132151.jpg
▲▼飛び出した義烈空挺隊員に爆破された米軍輸送機や戦闘機。
yomitan24MayOkinawa_convert_20160824132600.jpg

Giretsuokinawa_convert_20160824112016.jpg
▲▼強行着陸に成功した唯一の1機(546)から飛び出した義烈空挺隊員は決死で米軍機を次々に爆破し、散華。
(6546)9番機搭乗員 [第3小隊長]渡部大尉/[操縦担当]久野中尉、荒谷少尉/[航法,通信担当]酒井少尉、簑島曹長
[第3小隊第1分隊長]山城准尉/池島曹長/井上曹長/山本曹長/佐藤軍曹/岡本伍長/加藤伍長/田中伍長/村瀬伍長
USAOkinawayomitan.jpg
▲北飛行場に無残な姿で散らばる義烈空挺隊員を眺める米兵達。
陸軍沖縄第32軍[高級参謀]八原博通大佐が、北飛行場に突入した「義烈空挺隊」に関して以下の話を残している。
[ 沖縄第32軍八原高級参謀の記録より ]
特攻部隊が、連夜敵艦船に突入しても、実のところ、地上戦闘には別に具体的な効果はない。戦術的に考えて、軍の
戦闘に直接的に貢献したとはいえぬ。五月二十四日夜の義烈空挺隊の北、中飛行場への突入も、冷静に観察すれば、
軍の防御戦闘には、痛くもかゆくもない事件である。むしろ奥山大尉以下百二十名の勇士は(北・中)両飛行場ではなく、
小禄飛行場に降下して、直接軍の戦闘に参加してもらった方が、数倍嬉しかったのである。
だが二十四日夜、我々は首里山上から遙か北、中飛行場の方向にあたって、火の手の揚がるのを目撃した。
わが空挺隊が敵飛行場に降下し、命のある限り獅子奮迅の働きをしているさまを想像して感動を久しくした。
連夜に亘る特攻隊の突入、「ドロドロ」の轟音、そして空挺隊の降下は軍司令部将兵はもちろん正面二十キロの戦夜で
死闘中の兵士一人一人に、戦うのは我々のみではないとの感懐を深く心に抱かしめたのである」 と・・・。

ここで、沖縄を守備した陸軍第32軍の司令官、主な参謀を紹介する。
沖縄本島地区における最終的な日本側の陸上兵力は116400人で陸軍が84600人海軍が10000人弱の他、「防衛隊」
と俗称される現地編成の補助兵力20000人強である。現地入営したばかりの初年兵や防衛召集された兵が35000人を
占め、当時の第32軍の評価で真の陸戦兵力といえるのは約4万人に過ぎなかった。
旧制中学校の生徒から成る「鉄血勤皇隊」・女子生徒を衛生要員としたひめゆり学徒隊・白梅学徒隊なども組織された
この日本側のトップ3が、[第32軍司令官]牛島満中将/[参謀長]長 勇中将/[高級参謀]八原博通大佐 である。
牛島満中将は優しい性格だった様で、作戦等はほとんど長 勇中将と八原博通大佐が立案、牛島中将は「2人がよく考え
た上での作戦だろう」と、黙って判を押して決済していたと言う。
牛島中将は、住民を戦禍に巻き込まない方法はないかと苦慮し、沖縄着任後直ぐ島田叡県知事と協議している。
当初は、輸送船を使っての住民疎開を考えたが、「対馬丸」が撃沈されたため計画は頓挫した。
牛島中将は対馬丸撃沈の報を聞くと瞑目、合掌したが、手が震えていたと言う。
また60歳以上の老人、国民学校以下の児童並びにこれを世話する女性を北部に疎開させるよう指示を出した。
牛島としては、本島北部に住民を避難させて、軍民一体の「玉砕」を防ごうとしたが、「やんばる」と呼ばれる山岳地
帯に食糧の備蓄は無く、「やんばる」に逃れた住民の死因の大半は栄養失調や餓死、そしてマラリアであった。
八原博通大佐も「サイパンの二の舞は厳に慎むべき」と牛島中将の北部疎開計画を支持していた。
牛島中将自らも県民と共に、首里司令部洞窟壕作りを手伝った。牛島中将は暇がある度に作業現場を視察し、中学生や
住民にまじって壕掘りの手伝いをした。
県民の献身に感動した牛島中将は軍経理部に出来うる限りの給与を与えるよう指示したと言う。
沖縄戦開戦当初から死を覚悟した牛島中将は司令部壕の外に執務用の机を置き、艦砲射撃の放火に身をさらして、早く
死にたがっていたと言う。軍首脳も沖縄戦の「敗戦」を当初から強く意識していた様だ。結果は沖縄県民の4人に1人が
亡くなるという、軍民合わせて18万8136人という途方もない犠牲者(半数は民間人)を出した地上戦に突入していく。
usijimasireikan_convert_20160824170122.jpgyaharataisa_convert_20160824170407.jpgtyouisamu_convert_20160824171415.jpg
▲牛島満中将(鹿児島県出身)享年57歳  ▲八原博通大佐(鳥取県出身)享年78歳  ▲長 勇中将(福岡県出身)享年50歳
okinawaboueiline.jpg
▲沖縄地上戦は大きく5つ、「嘉数の戦い」「前田の戦い」「シュガーローフの戦い」「首里攻防戦」「摩文仁の丘」
「摩文仁の丘」は戦闘と言うより沖縄戦終結の地、又は追い詰められた日本軍民自決の地と呼ぶ方が適切かもしれない
※この地図には「摩文仁の丘」は載っていないが、地図上CHANのずっと左側(南側)の最南端である。

※以下掲載する米軍が撮影した当時の沖縄戦古写真は戦闘現場と必ずしも一致しないのでイメージとして見て頂きたい
昭和20年4月5日嘉数戦の序章ともいえる戦いが、北隣の85高地にてアメリカ軍歩兵383連隊(指揮官メイ大佐)と
日本軍独立歩兵第13大隊(指揮官原宗辰大佐)の間で始まった。
同時に我如古(がねこ)・西原高地でも戦闘が始まり、この西原高地は、西側に隣接する嘉数高地と同じ並びにあり、嘉
数高地との相互支援によって米軍の攻撃をことごとく退け、昭和20年4月6日~23日の約2週間を戦い抜いた。
記録に残る激戦と言われる「嘉数の戦い」は、この西原高地の戦闘によって成り立ったと言っても過言ではない。
Okinawa19450403_convert_20160825135255.jpg
▲85高地にて日本軍と戦闘中のアメリカ軍歩兵383連隊。
※85高地は現在、普天間飛行場敷地内になっており見る事は出来ない。
守備する第13大隊は善戦するも相当の損害を出し嘉数ラインまで後退。嘉数ライン北側には比屋良川が流れており、
この渓谷の渡川には水面までの高低がありすぎるため、ここで米軍を食い留めていた。
この戦いが皮切りとなり、ついに嘉数高地で日米両軍の主力が衝突する事となる。
Menof_77th_Division_convert_20161006222435.jpg
昭和20年4月8日(7日)~16日間「嘉数の戦い」が始まる。
[沖縄本島第1防衛ライン]嘉数高地~南上原高地(師団長藤岡武雄中将以下陸軍第62師団の内12700人が守備) ]
4/7 85高地の戦いにおいて大きな被害を受けた日本軍の独立歩兵第13大隊が後退し、嘉数の主力と合流する。
この日、アメリカ軍歩兵383連隊の指揮官メイ大佐は、指揮下の部隊に「9日までには嘉数を占領せよ」と命令する。
okinawasen1_convert_20160825123109.jpg
上陸時ほとんど抵抗を受けなかった米軍は嘉数方面の防衛ラインで、手痛い目に合う事となる。
嘉数高地は陸軍第62師団独立歩兵第13大隊(主に京都出身者の部隊)1233名が守備していた。
昭和20年4月8日宇地泊~嘉数~我如古~南上原~和宇慶の陣地は、全線で米軍の攻撃を受け激戦が展開された。
昭和20年4月9日日本軍は西原高地陣地より進軍する米軍を攻撃、我如古(がねこ)正面で米軍の進撃を阻止していた。
okinawakakazu11_convert_20160826110720.jpg
▲昭和20年4月21日西原高地へ進軍する米第382連隊第3大隊
アメリカ軍は行動を開始。アメリカ軍歩兵383連隊第1大隊(キング大佐)第3大隊(スティア中佐)は午前6時、嘉数
陣地北側に奇襲攻撃をかけ、この間に嘉数の主陣地深部まで他の主力が前進、日本軍と熾烈な白兵戦が始まった。
日本軍独立歩兵第13大隊は士官以下ほとんどが戦死し戦力が低下。しかし米軍3個中隊も一旦退却する。
slide_435094_5689734_compressed.jpg
▼日本軍の対空砲に座る2人の海兵隊員。この対空砲の照準器は海兵隊員が竹を分解して作った物(4/9撮影)
0409nihonguntaikuhou_convert_20161004095631.jpg
昭和20年4月10日
Okinawa77_convert_20160825134616.jpg
アメリカ軍は、前日に引き続き攻撃に出た。(この時、大砲・艦砲・航空機の熾烈な援護射撃があったとされる)
日本軍は第13大隊と応援部隊として派遣された陸軍第272大隊(683名)が米海兵隊を迎え撃った。
前日の様な熾烈な白兵戦が再び展開され、北西陣地の一部が米軍に奪取(9時半頃)される。
▼激戦当時の嘉数西高地(現在の嘉数高台公園)を北側(アメリカ軍進行側)より。
Kakazukitagawakara.jpg
▼激戦当時の嘉数高地鞍部(宜野湾市嘉数)
kakazutani.jpg

USAOkinawakakazunisi.jpg
昭和20年4月10日~13日
両軍とも序盤戦において戦力を使い果たしていたが、補給の無い日本軍は砲弾の使い過ぎが後に響いた。
▼海兵隊陣地に夜間侵入を試みて射殺された日本兵(4/11撮影)
0411yakansinnyuunihonhei.jpg
▼火炎放射で日本兵をいぶし出す。出てくる所に狙いをさだめる海兵隊員(4/13撮影)
0413iburidasi_convert_20161004105921.jpg

※昭和20年4月13日神風特別攻撃隊「第9大義隊」 石垣島基地より零戦で出撃
満田  茂中尉(兵庫県出身)/山崎  隆2飛曹(京都府出身)
※昭和20年4月14日神風特別攻撃隊「第10大義隊」 石垣島基地より零戦で出撃
粕谷 仁司中尉(兵庫県出身)/三浦 義信2飛曹(北海道出身)
※昭和20年4月17日神風特別攻撃隊「第12大義隊」 石垣島基地より零戦で出撃
斎藤 信雄飛曹長(茨城県出身)/文谷 良明1飛曹(大阪府出身)
0416iejimasinkou_convert_20161004115834.jpg
▲昭和20年4月16日米軍伊江島に侵攻開始。

0517okinawasen.jpg
「嘉数の戦い」は序盤戦から中盤戦へと移ってゆく。 高台を有効に利用した陣地に籠もった日本軍3個大隊は、アメリ
カ軍3個連隊の攻撃を撃退し、陣地を保持した。物量面では戦力に歴然とした差があったが、互角以上に戦って守り切っ
たといえる。しかし、日本軍第13大隊は消耗し尽くし、兵員は5分の1以下に減少していた。
okinawasen15_convert_20160830112453.jpg
▼米兵の哨戒中に射殺された日本兵。
syasyatsunihonhei_convert_20160920152631.jpg
▼砲兵隊指揮所に侵入を試みて射殺された日本兵(4/19撮影)
syasatsunihonhei_convert_20160927151347.jpg
▼日本兵が潜んでいた民家は徹底的に焼かれた。手前に射殺された日本兵が写っている。
nihonheiminka_convert_20160920165441.jpg
▼焼かれていく住民達の家。(5/11伊江島で撮影)
iejimasenka_convert_20161004154516.jpg
▼破壊された日本陸軍94式軽装甲車を調べる米兵(名護市で撮影された写真)
nagojapantank_convert_20160908145847.jpg

昭和20年4月14日~24日
▼日本軍の空爆で炎上する米第3水陸両用車輛輸送中隊所属の燃料トラック(4/16撮影)
NIHONGUNKUBAKU_convert_20161004111634.jpg
沖縄に飛来する日本軍機は特攻機ばかりでは無かった。通常攻撃を行う部隊もあり、海軍[芙蓉部隊]は「彗星」や
「零戦」で夜間攻撃を行い、海軍[瑞雲水上爆撃隊]は水上偵察機「瑞雲」で米軍占領地域の沖縄本島爆撃を行った。
陸軍でも九州鹿児島の万世飛行場より、飛行第55戦隊/飛行第66戦隊が特攻機の護衛任務のかたわら、沖縄に展開
する米軍への機銃掃射や爆撃を行っている。九州宮崎の陸軍新田原基地からは、飛行第90戦隊が99式双発軽爆撃機
で、昭和20年4/18、4/28、5/18、5/24、5/28、沖縄本島への爆撃に出撃している。
▼日本軍機の機銃掃射により燃えた米軍の燃料トラック(4/16撮影)
0415gasolinetruck_convert_20161004112902.jpg
4/19補給で満たされた米軍は陸海空あげて総攻撃開始。この日は嘉数戦の中で最も激しい戦いである、嘉数の対戦車
戦が行われ、消耗した第13大隊に代わって第23大隊(1233名)が中心となって米兵を迎え撃ち、米軍戦車30輌の内22
輌を撃破し、米軍を撃退する。
0420nihonjintibakuha_convert_20160907230358.jpg
▲4/20米軍が撮影した1枚。爆破される日本軍の陣地豪、日本軍から奪ったトリニトロトルエン爆弾が使われた。
goufukitobasaretanihonhei_convert_20160914170336.jpg
▲壕から吹き飛ばされた2人の日本兵の死体を調べるダーナビー上等兵、日本兵の1人は腰から下しか無い。
Attackkinnotai.jpg
▲▼4/20日本軍の肉弾攻撃により破壊された米軍M4シャーマン戦車(M4 Sherman tanks)
tankusa.jpg
米軍死傷者は700人を超えた。4/20の戦闘では日本軍の猛攻撃は凄まじく、米軍の損害は日本軍を上回ったと言う。
19日の総攻撃以来、米軍は1日に1㌔程しか進撃出来なかった。しかし日本軍の中には日本軍史上初の14~16歳の学徒
による少年兵部隊「鉄血勤皇隊」も戦闘に参加しており、爆弾を背負った少年兵が米軍戦車の下に潜り込み、自らの命
と引き換えに撃破した米戦車も少なくないと言う。
4/20西原高地は早朝から米軍の攻撃を受けた。これに対し日本軍は迫撃砲、機関銃、臼砲で攻撃。米軍に多大の損害を与
えたが、米軍は西原高地頂上北側に進出、西原陣地の日本軍と至近距離で相対した。
我如古南東側高地陣地は4/19半部を米軍に占領された為、4/20早朝奪回攻撃を行ったが失敗、米軍に占領された。
Okinawakinnoutai_convert_20160825162427.jpg
▼戦車に潜り込むのを失敗したのか、爆弾の入った木箱を背負ったまま死んでいる日本軍少年兵(鉄血勤皇隊)
日本軍の奮闘は解るが、この様な少年を動員してまで続ける戦争に何の意味があるのか解らない・・・涙が止まらない
kinnotai_convert_20160825163917.jpg
▼当時の新聞記事
sinbuntouji.jpg
▼米軍が捕獲した日本軍梱包爆弾。木箱に爆薬を詰め、荒縄で縛った手製の兵器。簡単な構造の起爆装置が付いている
 少年兵はこれを背負って米軍戦車の下に潜り込み、自爆攻撃を命令された。
 nikudan.jpg
 米軍戦車を撃破するには当時の日本軍速射砲(戦車を撃つ砲)では米軍戦車の鋼板が厚くて効果がないので、木箱に火薬
 を何段も何列も入れ、それを釘付けにし、藁縄で背中に背負って行き、それを戦車の下に放り込んで撃破するという苦
 し紛れの戦法を採った。それが上記写真の「急造爆雷」だ。中飛行場近くの海岸で試作品紹介する事ことになり、会議
 が終わった後、兵器係の将校がテーブルの上にその箱を置いて風呂敷包みを広げていた最中に暴発。持っていた本人は
 長靴を履いていた足が残っただけだったと言う。他兵隊2人が即死。そこに居た各隊長は全部なぎ倒されて負傷し、野
 戦病院に担ぎ込まれるという実戦使用前の事故も起こっている。

▼少年兵の自爆攻撃を受けたのだろうか・・糸満市南部で大破した米M4シャーマン戦車(昭和20年6月16日米軍撮影)
m4tonza.jpg
▼少年兵による梱包爆薬を投げ込まれるのを防ぐ為に戦車サイドに装甲板を施す溶接兵。米軍は対策が早い。
soukoubansensya_convert_20160928142555.jpg
※沖縄戦では「鉄血勤皇隊」以外にも「護郷隊」などの少年兵部隊が組織され、沖縄本島北部で戦闘に参加している。
 他にも「女子青年団」は危険な最前線の陣地豪で戦う日本兵におにぎりを運ぶなど、懸命に日本兵を助けた。
japansyounenhei_convert_20160825165734.jpg
▲アメリカ兵から取り調べを受ける日本軍少年兵(鉄血勤皇隊)6/17米軍撮影
tyousengunputekketukinnotai_convert_20160912140521.jpg
▲左の2人は鉄血勤皇隊の少年兵。その隣の成人男性は朝鮮人軍夫。
syounenheisyokuryousetto_convert_20160908143840.jpg
▲食糧を盗みに来た所を捕虜となった日本軍少年兵。
syonenhei14sai_convert_20161014130652.jpg
▲米兵を見上げる日本軍少年兵。
tettaihakainihongun_convert_20160926105821.jpg
▲4/20(撮影場所不明)日本軍は撤退時には必ず橋などは爆破して去り、アメリカ軍に使わせない様にして行った。

激しい戦闘に明け暮れた毎日で日本軍第23大隊も戦力が低下。第13大隊は兵員僅か。第272大隊は半分となり、4/23
戦力が初期の3分の1まで低下した第62師団はわずかな部隊を残して嘉数、西原、棚原、157高地の守備隊を前田、仲間
へと後退させた。4/24アメリカ軍は嘉数に対し準備砲撃を開始、後にブラッドフォード特攻隊が嘉数陣地へ突入したが、
既に日本軍守備隊主力は撤退した後であった。この時残っていた日本軍残存部隊は激しく抵抗、アメリカ軍は2時間の激
闘の末、午前中までに嘉数陣地を完全に占領し、16日間にわたる嘉数の戦いが終わった。
※西原村では軍に招集された人も含め、村民(人口約10000人)の47%(5106人)が戦闘の犠牲となった。
 現在西原町翁長には「西原の塔」が建立され、村民が収集した遺骨が合祀されている。
※西原町小波津集落には日本軍の壕も残されている。
okinawasen12_convert_20160826170237.jpg
▲沖縄戦で米軍が撮影した1枚。少なくとも4人、上半身の無い日本兵の遺体が確認出来る。
okinawasen13_convert_20160830112815.jpg
▼空き家となった民家に通信機器を設置する米兵。米軍も利用できる物は何でも利用した。
okinawaminka194504_convert_20160921105056.jpg

DSCN4224_convert_20160825214010.jpg
▲▼宜野湾市、嘉数高台公園には今も日本軍地下豪、トーチカが残り、「京都の塔」の他多数慰霊碑がある。
DSCN4226_convert_20160825214156.jpg
▼地下豪は立ち入り禁止となっているがカメラを入れて入口付近を撮影
DSCN4229_convert_20160825214222.jpg
▼嘉数高台には激しい戦闘を物語る弾痕だらけのトーチカが残っている。地下豪と繋がっていたそうだ。
DSCN4261_convert_20160825214700.jpg
▼トーチカ入口。写真右側下付近から地下壕と繋がっていた様だ。豪の部分今は崩れて塞がってしまっている。
DSCN4259_convert_20160825214631.jpg

DSCN4262_convert_20160825232615.jpg
▼嘉数高台展望台から誰でも1度は聞いた事のある米軍普天間飛行場が綺麗に見えた。
DSCN4235_convert_20160825233305.jpg
▼建設途中の普天間飛行場(昭和20年6月撮影)
06FutemaAirfieldkouji_convert_20161005142301.jpg
▼嘉数の戦いで倒れた(歩兵第13大隊)京都府出身の将兵約2500名の冥福を祈って建てられた「京都の塔」
DSCN4263_convert_20160825214948.jpg
▼「京都の塔」と同一敷地内にある「嘉数の塔」。嘉数の戦いで主に京都出身者の部隊、歩兵第13大隊を助けたのが、
嘉数の住人であった。当時、嘉数の人口は695名で、沖縄戦で343名が亡くなられている。
「嘉数の戦没者」を慰霊する為、昭和50年6月沖縄京都の塔奉賛会の手によって建立された。管理が地元嘉数自治会と
いう事もあり、慰霊の献花と千羽鶴が絶えない。
DSCN4264_convert_20160825215044.jpg
▼青丘之塔 (せいきゅうのとう)沖縄戦で亡くなった朝鮮民族386柱を祭った慰霊碑。
DSCN4265_convert_20160825215019.jpg

昭和20年4月16日米軍伊江島に上陸作戦作戦を開始、4月21日占領。
sanrihinjapanbeiheiokinawa_convert_20160907233300.jpg
▲戦利品の日本軍ライフル銃や日の丸の旗を持って写真に収まる、ニュージャージー州出身の海兵隊員一等兵5名。
 (まだ戦闘が続く中での4月に撮影された写真)
▼上記と同じ場所で撮影された写真、フロリダ州出身海兵隊員マッキトリック二等軍曹他4名。
04sennrihin_beiheigunso_convert_20160907234033.jpg
米軍の余裕が感じられる写真だ。少年兵まで投入した日本軍には従軍カメラマンすらいなかったであろう。
※米軍の従軍記者アーニー・パイル(Ernie Pyle)は4/18伊江島で戦死している。
seinenkokokutai_convert_20160926161123.jpg
▲日の丸と「沖縄県青年興国隊」の旗を持って105ミリ榴弾砲に腰掛ける7人の海兵隊員。4/3撮影
senryoiejimajyumin0425_convert_20160831104638.jpg
▲米軍占領後の伊江島の住民達。米軍の写真撮影の為、ポーズを取る先生と子供達。昭和20年4月25日米軍撮影。
tojyoningyo_convert_20160908143531.jpg
▲伊江島で撮影された写真。日本兵の人形を木につるして遊ぶ第318戦闘機群作戦部隊の兵士。
 (※首にかけられた[SON OF TOJO]のプレートに注目)
DSCN4875_convert_20160915224954.jpg
▲沖縄美ら海水族館(ちゅらうみ)より伊江島を望む。今回伊江島へは行けなかったが次回行きたいと思う。
iejimabakugeki_convert_20160921122839.jpg
▲昭和20年4月14日伊江島上陸前に航空機による急降下爆撃を行う米爆撃機(戦艦テキサス[BB-35]から撮影)
AkamaruMisakiBay_convert_20160929134027.jpg
▲沖縄本島北部の国頭村(赤丸岬の入り江)昭和20年5月6日撮影
futenmasyuhen04_convert_20160915105827.jpg
▲普天間周辺の町中を通り前線へと進軍中の米第27師団。上陸後、北へ進撃した部隊(4月上旬撮影)

tyuukonhiokinawa.jpg
▲「忠魂碑」で休憩する米兵。北へ進撃した部隊(4/12撮影)
japangoujyuyousyorui_convert_20160915105030.jpg
▲本部半島の国頭支隊司令部豪で、残していった重要書類が無いか調べる米第6海兵師団の情報収集班。
沖縄県国頭郡本部町大嘉陽には今も沖縄本島北部の守備に当たった独立混成第44旅団第2歩兵隊(球7071部隊)
国頭支隊(通称・宇土部隊)本部壕、野戦病院跡が残っている。
八重岳、真部山の国頭支隊は4/11頃から米軍の空爆と艦砲射撃を受け、4/13~4/16にかけて西海岸の渡久地方面と東
側の伊豆味から進撃する米海兵隊の猛攻に合い、真部山で激しい攻防戦となる。4/17米軍は八重岳北東頂上を占領。
4/18敗走する宇土部隊を追撃して掃討戦は4月中続いた。
隊長 宇土武彦大佐は4/16米軍の伊江島上陸を機に八重岳、真部山の陣地を放棄。遊撃戦に移ることを命じ、第2遊撃隊
(護郷隊)のいる多野岳に後退。その際、八重岳野戦病院には多くの負傷兵が遺棄され、一帯は悲惨を極めたと言われる。
八重岳野戦病院で看護に当たった県立第三高等女学校「なごらん学徒隊」10名は4/16夜、名護市の多野岳へ撤退する際
には、歩ける患者だけを連れて行き、歩けない患者約300人には、枕元に手榴弾と乾パンを配ったと証言してる。
沖縄県立第三高等女学校は沖縄戦が終結した際にそのまま自然閉校となり、その後「名護高等学校」に統合されている。
この本部半島地域における戦闘で、軍や町役場の命で山中に避難した住民は却って戦火に巻きこまれ、軍人軍属を含む
町民1753人の尊い生命が失われた。
haikyonagoshi_convert_20160920155927.jpg
▼▲廃墟と化した名護市、大通りと手前はバス発着所。
nagosisyougyoutiku_convert_20160920160813.jpg
▼米軍は飛行場からトラックでアメリカ本土からの郵便物を運び、占領後も郵便局として利用した(名護郵便局)
nagoyubinkyoku_convert_20160921105207.jpg
▼名護市の産婦人科医院を写したもの。比較的被害が少ない。(6月撮影)
nagosanfujinka_convert_20161006113707.jpg
▼名護の神社を撮影したもの
nagojinjya_convert_20161005122904.jpg
▼名護市で撮影された消防署(昭和20年6月撮影)
nagosisyoubosyo_convert_20161006112451.jpg
▼廃墟の名護市。手前は防空壕と放棄された自転車(6月撮影)
haikyotoboukugonago_convert_20161006114204.jpg

※昭和20年4月28日神風特別攻撃隊「第15大義隊」 石垣島基地よりゼロ戦で出撃
和田 文蔵二飛曹(長崎県出身)

[沖縄本島第2防衛ライン]伊祖~前田高地~小那覇
USAOkinawamaeda.jpg
▲前田高地より撮影された戦闘直後の浦添国民学校や前田集落(米軍撮影)
okinawa33_convert_20160830111026.jpg
前田高地は、日本軍第二線主陣地帯の核心にあたる地区で、首里地区防衛に関して特に重要な地位を占めていた。
しかし日本軍には前田高地を守備する新鋭の部隊はなく、嘉数高地や西原高地そして南上原地区で激しい戦闘を繰り返
した第62師団が後退して前田高地の守備に就いた。 だが米軍の前田集落への進行が予想以上に早く、慌てた沖縄第32
軍は新戦力である第24師団歩兵第32連隊を前田奪還のために急遽投入した。
昭和20年4月25日仲間、前田の高地に対し米軍は猛砲撃を加え、航空機によるナパーム攻撃を行った。
okinawasen20_convert_20160826164759.jpg
昭和20年4月26日米軍が前田高地為朝岩付近に辿り着くと、日本軍の猛攻撃が始まり、米軍は多数の犠牲者を出す。
嘉数高地同様、米軍が丘を登山中はわざと攻撃せず、頂上付近に達するや否や待ち伏せていた日本軍は機関銃掃射を浴
びせた。南側斜面には日本軍の陣地豪が多数ある。戦車隊を投入した米軍は、中街道側から回り込みながら砲弾や火炎
放射を猛烈に浴びせ、陣地豪を1つ1つ制圧していった。
okinawa89_convert_20160825155034.jpg
前田高地をめぐり、その後連日手榴弾の投げ合い・機銃掃射・斬り込み突撃等の血生臭い争奪戦が続いた。
DeadJapanese_convert_20161003111222.jpg
▲激しい戦いで戦死した日本兵。
※那覇市真地の高台に識名霊園がある。霊園東側に繁多川の住民が「シッポウジヌガマ」と呼ぶ自然豪がある。
(ガマの中に四方地の神が祀られているところからこう呼ばれている)
シッポウジヌガマは戦時中、島田叡知事や荒井退造県警部長とともに県庁職員、警察部職員が避難した防空壕で、県庁
壕(県庁警察部壕)とも呼ばれた。昭和20年4月27日、市町村長会議を行う為、各自治体の首長に招集がかかる。
砲弾が降り注ぐ中、県内17市町村長が集合し、壕内で会議が開かれた。これが沖縄県政最後の市町村長会議となった。

昭和20年4月27日夜、陸軍第24師団第32連隊 第2大隊(志村大隊)800名が前田高地支援の為、首里を出発。
[ ※第2大隊(志村大隊)は北海道出身者が多く、今回は行けなかったが前田高地平和之碑は志村大隊の慰霊碑である ]
昭和20年4月28日朝、第2大隊が南側斜面の陣地豪に到着。第272大隊100名の残留兵に大歓迎されるも出来る攻撃は
手榴弾を投げ合うか夜間の斬り込みしか無く、米軍戦車と歩兵の圧倒的な火力の前には無力な攻撃方法であった。
okinawabatlle.jpg
更にこの戦闘を厳しくしたのは、前田高地はそもそも司令部や後方兵站部隊の配置された地区であったことから、戦闘
を前提とした防御陣地としての機能を全く有していなかった事であった。守備に就いた各部隊は、それまでの戦闘で大
きな損害を受けた上に、戦闘機能を有しない陣地で、強大な機動力を誇る米軍との戦いを強いられる事となった。
前田高地は、前田集落の北側に広がる高地で、その北斜面は戦車の機動不可能な絶壁であり、歩兵部隊でさえ縄ばしご
を掛けて登坂せねばならない最大の地形障害であった。断崖の東部には石柱の様な「為朝岩」(米軍名ニードルロック)
がそびえ立ち、米兵を苦しめた。
▼丘の斜面に無数に築かれた日本軍陣地豪
USAokinawa2.jpg
▼日本軍陣地豪に手榴弾を投げ込み、1つ1つ豪を制圧していく米軍兵士達
Okin-cave-45_convert_20160825170420.jpg
昭和20年4月29日第32連隊 第2大隊は米軍と近接戦闘を交えながらも、その頂上付近及び南斜面を確保していた。
前田集落南側地区においては、第32連隊満尾大隊が昨夜攻撃に失敗し、米軍と近く対峙していた。
宜野湾街道東側に、戦車を伴う米軍が南下して来たが、第62師団輜重隊、高射砲部隊などが善戦して撃退した。
歩兵第32連隊第3大隊第9中隊は、29日明け方に経塚東側に進出して攻撃を準備していた。
29日夜に仲間南端の米軍を攻撃したが攻撃は失敗。中隊長は重傷、死傷者約100名を出した。
※昭和20年4月30日15:30ドイツ総統アドルフ・ヒトラーが自殺。
okinawasen14_convert_20160830111942.jpg
この時既に前田高地は米軍に制圧されつつあり、米軍戦車部隊は138高地頂上部に接近。南側の日本軍47ミリ対戦車砲
と対峙した。ついに米軍は沖縄上陸後約1ヶ月を経て沖縄第32軍司令部のある「首里」と直線距離3㎞の地点に到達し、
「首里」に向かって直射火器が狙いをつけたのである。
昭和20年5月1日前田高地においては依然その「為朝岩」頂上争奪(ニードルロック付近)の激戦が展開され、日本軍は多
くの損害を生じながらも健闘して陣地を保持していた。頂上付近では、米軍の集中砲火を受ける間は壕内に待機し、米
軍歩兵が頂上付近に現れると、壕から出て反撃するという状況が繰り返された。
gakenoborubeihei_convert_20160909132420.jpg
▲4月30日夜から米軍は断崖に4つの15m梯子と5つのカーゴネットを架け終えた。
5月1日A中隊は断崖の東端で梯子を登り始めた。しかし日本兵に狙撃され、全員が戦死するか負傷するかで攻撃は行き
詰まっていた。その西側ではB中隊がカーゴネットを使用して登頂し、夕方までに2個中隊が稜線上を確保する。
しかし彼らも夜間の日本軍の逆襲を受けてこの稜線から追い落とされる結果となった。
一方日本軍前田洞窟の志村大隊は前田東方高地の奪回を企図したが、出撃の都度多数の死傷を生じ成功しなかった。
前田集落南側の米軍は南方に向かって攻撃して来たが、奮戦して阻止していた。
5月2日は雨の中で戦闘が続けられ、米軍機の攻撃はほとんどなかった。前田高地では引き続き頂上争奪の死闘が繰り返
されるも、勇戦して頂上付近を確保していた。
5月3日第62師団の戦力は四分の一以下に減少していた。首里の第32軍司令部から「5月4日に勝敗を賭して前田高地の
守備軍陣地を起点に総反撃に打って出ろ」との命令が入る。
(その時、首里司令部内では「3日と4日の天気予報は雨。敵戦車は泥にはまって動けず、航空機は飛べないだろう、5日
の端午の節句には戦勝祝賀会をやるぞ」と戦勝前祝いの祝宴が行われた。
okinawasename_convert_20160912145709.jpg
▲豪雨で滑走路が冠水し動けなくなった米軍偵察機。沖縄戦中の雨季は米軍にとっても辛いものとなった。
※[高級参謀]八原博通大佐のみが「圧倒的に強力な敵に対して劣っている我が軍が攻撃を仕掛けるのは無謀極まりない、
敗北は目に見えている!」と強烈に反対したが・・・この決定を不服とした八原大佐は、その時の心境を「米軍は日本
軍を、兵は優秀・下級幹部は良好・中級将校は凡庸・高級指揮官は愚劣と評しているが、上は大本営より下は第一線
軍の重要な地位を占める人々まで、多くの幕僚や指揮官が、用兵作戦の本質的知識と能力に欠けているのではないか?
と疑う」と記録している・・・。

※昭和20年5月4日神風特別攻撃隊「第17大義隊」 宮古基地基地よりゼロ戦で出撃。田中 勇上飛曹(山口県出身)
※昭和20年5月4日神風特別攻撃隊「第17大義隊」 石垣地基地よりゼロ戦で出撃
 細川 孜中尉(長野県出身)/橋爪和美2飛曹/佐野一斉2飛曹(山梨県出身)

5月4日04:50日本軍総攻撃開始。地下陣地に潜ませていた400門の砲撃の凄まじさに日本兵は「勝っている」と錯覚
した程だった。砲兵隊の砲術技能は日本軍全体においても最高のレベルにあったと言う。なので、一斉砲撃開始時期の
判断さえ誤る事がなければ、大戦果を収めるのは間違いない。と、信じられていた。
首里陣地正面の攻撃を担当したのは米第96師団だった。米軍は即座に火器を総動員して反撃を開始。
強力な火器をもって激しい攻撃を加えはしたものの、堅固なトーチカ深くに陣を構えて徹底抗戦を試みる日本軍精鋭部
隊を通常の戦法で攻略するのは困難だと悟った米軍司令部は、トーチカや地下洞穴内の日本軍守備兵を外に駆り出すに
は土を深く掘り起こす様な容赦のない砲爆撃を加えるしかない、と考えた。
彼らはそれを「耕し戦法」と名づけていたと言う。ホッジ少将の命令一下、米軍は、陸、海、空の全軍をあげて一大総
攻勢に転じ、通常の砲弾や爆弾の他、当時新兵器であったナパーム弾やロケット砲などを日本軍陣地に浴びせかけた。
koruseaokinawa_convert_20160907210641.jpg
▲8発の5インチロケット弾を発射するF4Uコルセア戦闘機(沖縄本島にて米軍撮影)
rokettodanokinawa1_convert_20160912130111.jpg

okinawabakugekiato_convert_20160831165737.jpg
▲凄まじい猛爆を物語る1枚の写真。どこに居ても生きていられない程砲弾が降り注いだ事がよく解る写真だ。
その空前絶後の猛爆によって与那原から首里にかけての一帯は一面焼け野原になり、全ての住居建物は跡形もなく崩壊
して11:00過ぎにはほぼ全前線で日本軍を撃退した。
nihongunkaho.jpg
▲沖縄本島陣地壕内の日本軍89式15センチ砲(沖縄戦で玉砕した独立重砲兵第100大隊の物)
※射程は18㎞。首里に設置された89式15センチ砲は米軍に占領された嘉手納(中)飛行場までを狙えたと言う。
USkaho_convert_20160826155249.jpg
▲米軍の火砲(沖縄戦での撮影)
imageokinawa1_convert_20160830113933.jpg
▲日本軍のトーチカを37ミリ砲で猛攻撃する米兵(5/9撮影)
AMarine155mm_convert_20160929161903.jpg
▼▲沖縄戦で初めて投入された米軍155㎜榴弾砲。
beigunkahoh1_convert_20160907232439.jpg
▼海岸線施設の日本軍(イギリス製)12cm砲。砲座はコンクリート製(5/16撮影)
A12CMBritishgun_convert_20160929154856.jpg
「全ての望みは断たれ、敗北は時間の問題だ」と首里司令部は覚悟した。既に攻勢は挫折していたにもかかわらず、
首里司令部の撤退不可の命令により、第2大隊は戦闘を継続。5日間不眠不休で戦った挙句戦死していった。
昭和20年5月5日前田高地南斜面の陣地豪から残存日本兵が順次飛び出し、敵陣へ斬り込み突撃を敢行。最後の反撃
だった。16:00牛島司令官は総攻撃中止を決定、各方面に打電した。5/6米軍は前田高地戦闘終結を宣言。
05horyosettoku.jpg
▲壕の入口でかがみこみ、外へ出てくるよう地元の女性を説得している捕虜。
 中の女性は2人の日本兵と共に豪に隠れていた。米軍用犬が潜伏場所を発見した(5月撮影)
 日本兵は2人共投降を拒んで射殺された。3個の手榴弾で武装していた2人の女性は、クランクショー大尉
 (軍用犬小隊指揮官)が差し出した水筒に手を伸ばしたところを壕から引っぱり出された。
05jyoseikyujyo_convert_20161014164903.jpg
▲一人の女性が豪から引っぱり出された瞬間。
toukojyoseiokinawa.jpg
▲豪の外で食糧をもらう女性。泥まみれで引っぱり出されたが生きていてくれて本当に良かった・・・。
Okinawanihonhei6_convert_20161122122321.jpg
▲射殺された日本兵を米兵が見ている(5月撮影)

VMTB232MAG330506_convert_20160929135307.jpg
▲南部日本軍拠点へ爆撃に向かうVMTB(第232雷撃中隊)所属のMAG(第33海兵航空群)のTBM機(5/6撮影)
TankWestCoastOkinawa_convert_20160929132538.jpg
▲進軍していく米軍(昭和20年5月6日撮影)この頃からカラー写真・映像を使用したと思われる。
昭和20年5月7日米軍は前田高地を離れ、首里に向けて兵を進めた。
beigunsinko33_convert_20161014105819.jpg
※昭和20年5月8日ドイツが連合国軍に対して無条件降伏。
makishihiru_convert_20161014111224.jpg
▲▼那覇の牧志高地を制圧した米軍(破壊された亀甲墓や日本軍陣地豪が数多く見える)
makishihiru2_convert_20161014111502.jpg
▼那覇市牧志の日本軍陣地豪からこれから激戦地となるシュガーローフ・ヒルを眺める米兵。
makishikaraSugarLoafwomiru_convert_20161014110438.jpg

okinawakoji6gatu_convert_20160831170439.jpg
▲亀甲墓の中で保護された幼子。戦いを見て何を感じていただろう・・・言葉が見つからない。
kikkobakatuusinjyo_convert_20160921104600.jpg
▲激戦当時の亀甲墓(米兵が通信場所として利用している)
DSCN4219_convert_20160915223700.jpg
▲現在も沖縄各所に残る亀甲墓(普天間付近で撮影)
※亀甲墓の形は子宮を表現し、死して次なる生まれ変わりを祈願した形である。

見学は浦添城跡に連れて行ってもらった。園内にある「浦添ようどれ」は沖縄県浦添市にある琉球王国の陵墓。
浦添城は、首里城以前の王宮であった。
▼琉球王国時代は城の事を「グスク」と呼んでいた。今も浦添グスク跡と呼ぶ人は多い。
DSCN4296_convert_20160828182238.jpg
浦添市の前田高地一郭にある浦添城址。敷地内は多くの壕がある。今回見学出来なかったが周辺住民の避難場所となっ
たクチグヮーガマがある。昭和20年4月25日前田高地に陣取る日本軍を攻撃する為、米軍の猛烈な砲撃が始まった。
壕の入り口付近に日本兵が潜んでいた為、住民が避難した豪も攻撃され、艦砲射撃の砲弾の破片などで多くの死者を
出した場所だ。豪の天井には肉片などが飛び散り、想像を絶する光景だったと言う。米軍の馬乗り攻撃を受けた際、
壕内に住民約100名、軍人約50名程がいたが、米軍の馬乗り攻撃で落盤が起き、多くは生き埋めになったと言う。
30名程は脱出したそうだが今でも壕の中に多くの遺骨が残っているとの事。次回必ず慰霊しに来たい場所だ。

※馬乗り攻撃とは丘の上から地下壕の位置を予測してボーリングを行い、その穴からガソリン等の可燃物を注入して
火を着ける攻撃で、燃焼により壕内が酸欠状態となり、窒息死させる攻撃法である。爆薬も使う場合もあったと言う。
▼浦添城址入口。沖縄戦で石垣もろとも原型もないほど破壊尽くされたが現在は見事に復元されている。
DSCN4292_convert_20160826212738.jpg
▼城跡入口付近に今は半分以上埋もれかかった日本軍の陣地豪が確認できた。
DSCN4288_convert_20160826213507.jpg

DSCN4289_convert_20160826213451.jpg
▼浦添城跡付近の戦闘で戦死した仲間を運ぶ米第96歩兵師団の兵士(4/22撮影)
0422urazoejyobehei_convert_20161004122209.jpg
▼浦添城跡の小高い丘よりアメリカ軍が侵攻して来た北側を望む。
 左奥に見える海上は約1400隻のアメリカ軍の軍艦で真っ黒に見え、艦砲射撃はこの高台にも飛んで来たと言う。
DSCN4272_convert_20160826211559.jpg
▼艦砲射撃 砲弾の破片は分厚い鉄のブーメランと言っても良い。破片が直撃すれば人間などひとたまりもない。
okinawa-ww2_convert_20160829170703.jpg
▼南側を眺めると首里城が小さく確認できた。
DSCN4276_convert_20160826211922.jpg
▼敷地内の壕の1つ、ディークガマ。戦時中は住民の避難壕として使われた。
DSCN4278_convert_20160826224624.jpg
▼ディークガマは浦添で亡くなった5000人もの遺骨が納められていた。現在は平和祈念公園に合祀されている。
DSCN4282_convert_20160826224655.jpg

0426hihongunyousetujyo.jpg
▲米軍が行軍中に発見したカムフラージュされた日本軍施設(作業所兼溶接所)4/26撮影
DDT_convert_20161213130810.jpg
▲日本兵の死体にDDTを撒くマクラーン上等兵(5/8撮影)
0508Japtruck_convert_20161004151814.jpg
▲5/8ドイツが降伏し、欧州戦線勝利の日に日本軍のトラックを使って戦線へと移動する海兵隊員。

[沖縄本島第3防衛ライン ※首里攻防戦 ]シュガーローフ・ヒル~石嶺~コニカル・ヒル(西原村運玉森)
わずか標高52mの丘陵を、日本軍は安里52高地と呼び、米軍はその形状からシュガーローフ(Sugar loaf アメリカ南
部地方の菓子パン)と名付けた。日本軍はこの丘陵を首里司令部の西側防衛陣地とし、蜂の巣の様にトンネルを張り巡
らし、側面からの対戦車砲、背面から迫撃砲などで米軍を迎え撃った。
▼北側から見たシュガーローフ・ヒル
USMCsugarloaf.jpg
▼シュガーローフ・ヒルに配置された日本軍1式機動47粍砲。側背面を暴露して擱座しているのは米M4中戦車とLVT
47Type1SugarLoafHill_convert_20160829122157.png
昭和20年5月11日海軍神風特別攻撃隊「神雷桜花特別攻撃隊」「第10建武隊」「第9銀河隊」「第7七生隊」「第5筑
波隊」「第6神剣隊」「第6昭和隊」「第7昭和隊」「第3正気隊」など150機が沖縄海域の米艦船団めがけて決死の特
攻々撃を敢行。ほとんどの特攻機は米艦船に到達する前に撃墜されたが「第7昭和隊」小川清少尉と安則盛三中尉が米
機動艦隊旗艦バンカーヒルに突入。大きな損壊を与えた。
▼安則盛三中尉機と小川清少尉機が30秒の間に突入し炎上する空母バンカー・ヒル(USS Bunker Hill)
USSBunkerHillhitkamikazeokinawa.jpg
やむなく僚艦のエンタープライズに司令官旗が移されると、昭和20年5月14日
「第6筑波隊」富安俊助中尉がエンタープライズに突入、大破させた。司令官旗は結局、別の航空母艦に移された。
▼富安俊助中尉機の突入を受け、エレベーターが爆発で吹き飛び、大破炎上する米空母エンタープライズ
Enterprisehitbykamikazeokinawa.jpg
米軍の特攻機対策が強化された沖縄戦では、沖縄方面特攻作戦で九州・台湾から出撃した3461機中、体当たりで散っ
た機数は海軍983機、陸軍932機の計1915機。その内132機が命中、122機が至近弾となり、至近命中を含めた命中
率は実に13.2%であった・・・。米軍艦船の損害は34隻が沈没、368隻が損傷し、死者・行方不明者合わせて9000人
以上に上り、沖縄戦終了までにアメリカ海軍史上最高の損害を記録した。

米軍のバックナー司令官は「進撃のスピードが遅い」と、各所からの批判に晒されていた。
グアムから沖縄に来た海軍ニミッツ提督は「海軍はこの戦いをなるべく早く終えて戦線離脱したい」と圧力をかけた。
この為、バックナー司令官は沖縄北部戦線を予定よりも早く完了した第3水陸両用軍団の第1海兵師団と第6海兵師団を
南部戦線に投入し、西側から防衛線を突破する計画を立て、5/11を期して5個師団による総攻撃をかけた。
昭和20年5月12日米軍はシュガーローフに日本軍陣地がある事は分かっていたが、あっさりと丘を登り占領・・・。
しかし、直ぐに日本軍猛反撃を受け日没までに半数以上の兵士が死傷、G中隊は事実上壊滅して撤退する。
作戦変更を余儀なくされる。
米軍は、嘉数の戦い・前田高地での苦戦に懲りていたにも拘わらず「単なるゴミ・ニキビ程度の丘」と称し、またもや
少数部隊で中央突破を試みて墓穴を掘った。
USAOkinawa1.jpg
▲写真は浦添市「大名高地の戦闘」5/13~14日頃米軍撮影
beigunkogekiokinawa_convert_20160829140608.jpg
▲昭和20年5月11日米軍撮影
SugarLoafOkinawa.jpg
その結果、この地が「太平洋の戦場で最も厳しい戦いの1つ」として語り継がれる様になった日米の激戦地となった。
米軍が「どの場所における戦闘よりも苦戦し、太平洋戦争でどの戦場よりも1平方フィート当りの戦死者が多かった」
と言われる犠牲者を出す事となった。
サッカー場数面程の土地が、世界史上で最も大量の血を吸い込んだ愚かで悲惨な地となった。
TheSugarLoafHill_convert_20161006140115.jpg
▲戦闘終了後(昭和20年6月)に撮影されたシュガーローフ・ヒル(Sugar Loaf Hill)
ここを守備していた日本軍は、既に消耗していた第62師団を後方の首里防衛線の最西翼の安里地区に送り、
知念半島で第2の米軍の上陸作戦に備えていた独立混成第44旅団を北上させて配置した。これまで後方に控えていた
ほぼ消耗の無い、武器・弾薬にも恵まれたフレッシュな部隊、陸軍第44旅団第15連隊であった。
昭和20年5月13日作戦を立て直した米軍は朝から艦砲射撃に合わせ、E中隊とF中隊の2個中隊が丘を攻撃。
更に戦闘爆撃機からロケット弾・450㎏爆弾の投下などで海兵隊を援護。しかし首里陣地からの日本軍の極めて正確な
砲撃で、前日のG中隊と全く同じ状況に陥った。
丘にたどり着いた両中隊は、激しい日本軍の十字砲火を浴びて、後退を余儀なくされた。
okinawa21_convert_20160829140951.jpg
昭和20年5月14日シュガーローフの攻撃を担当していた第22海兵連隊第2大隊は、前日までに消耗していた配下のE中
隊、F中隊、G中隊の全兵力を使ってシュガーローフの攻撃を敢行した。
ScenefromSugarLoafhill_convert_20161006141544.jpg
▲シュガーローフ・ヒルの斜面で身動きが取れない米兵。奥の煙は日本軍による砲撃。
iejimakaenhousyaki_convert_20161006111019.jpg
▲火炎放射器で日本軍陣地を一掃する米軍。まともにあびればひとたまりもない・・・。
47mmantijapan_convert_20160929144411.jpg
▲シャーマン型火炎放射戦車によって破壊された日本軍47ミリ対戦車砲。黒焦げになった日本兵の胴体半分が大砲
 の横に転がっている。砲弾が貫通している防盾にも注目(5/12撮影)
日没までにF中隊は丘に張り付いたが、激しい日本軍の攻撃の中、大隊本部と連絡が取れなくなってしまった。
大隊幕僚のコートニー少佐は日没後、大隊の残存兵力を結集し丘の救援に向かったが、激しい日本軍の迫撃砲攻撃で
兵力は見る間に減少していった。大隊本部は、深夜になって炊事兵や通信兵、憲兵を掻き集め、丘に送り込んだものの
夜半には丘を維持できなくなり、更に午前3時頃には新たな増援としてK中隊を送り込んだ。
しかし日本軍は攻撃の手を緩めず、頂上部では稜線を挟んで、激しい手榴弾の投げ合いが続いた。
昭和20年5月15日夜明けと共に、第29海兵連隊のD中隊が、シュガーローフの救援に向かい、丘を維持していた部隊
と交代した。しかし視界が利くようになった日本軍は、周囲の丘からシュガーローフに十字砲火を浴びせて、海兵隊を
シュガーローフの周辺部からも一掃した。
この朝、大隊本部を日本軍の迫撃砲弾が直撃し、大隊長・通信兵・戦車中隊長が戦死、配下の中隊長も負傷した。
3日間の戦闘で米海兵隊は400人の死傷者を出した。
okinawa81_convert_20160829150444.jpg
日本軍は、この場所を突破されると首里司令部の裏側に回りこまれて、包囲される恐れが出てきた為、
予備兵力と残った砲兵力を惜しげもなくつぎ込む体制を整えていた。
okinawa22_convert_20160829150704.jpg
一帯は首里高地の日本軍砲兵隊から見通しが効いた為、米軍は常に激しい砲撃に晒された。
日本軍は、シュガーローフ、ホースシュー、ハーフムーンとアメリカ軍が呼んだ3つの丘からなる連携した巧みな防御陣
地を構築し、アメリカ海兵隊を撃退し続け、シュガーローフの丘は戦闘が行われた1週間で11回も持ち主を変えた。
アメリカ軍は、遮蔽物のない中を突撃しこれらの丘に攻撃を加えるしか方法はなく、被害が増大していった。
okinawahill.jpg
昭和20年5月16日ようやく米軍は、2つの丘からなる日本軍の防御網の全体像を把握し始めており、シュガーローフ、ハ
ーフムーンを同時に攻撃しなければ、残った丘から十字砲火を浴びて、撃退されてしまうことに気が付き始めていた。
nihongunhoudaibakuha_convert_20160929145655.jpg
▲海岸線で見つかったコンクリート砲座にあるイギリス製12cm砲。施設が石灰岩の上にあり、電灯・弾薬貯蔵庫・通信
 回線が備え付けられていた。(砲身が短く破損しているのは日本軍が撤退時に爆破していった為)5/15撮影
米軍は戦闘機のロケット弾・ナパーム弾を浴びせ、海からの艦砲射撃。夜は照明弾で殺戮を照らし続けていた。
この日は1個連隊もの兵力を動員しての総攻撃を実施した。しかし、首里高地からの砲撃も含めた、激しい日本軍の攻撃
の前に、支援の戦車隊は次々と撃破され、またしても歩兵部隊は十字砲火を浴びて、撃退されてしまった。
さらに撤退途中の部隊にも容赦なく銃弾が浴びせられ、死傷者は増大していった。結局この日も丘を掌握できずに、第6
海兵師団にとって、最悪の1日となった。
sugarloaf2_convert_20160829163013.jpg
昭和20年5月17日米軍は東側からハーフムーンを攻撃すると同時に西側からシュガーローフ頂上を目指した。
第22海兵連隊及び、第29海兵連隊の部隊により、再び連隊規模の攻撃を実施。3回頂上制圧を試み、2度白兵戦で追い
返され、3回目にしてやっと頂上を確保したが、弾薬を使い果たした米海兵隊はまたしても日本軍の激しい攻撃により、
160名の死傷者を出してシュガーローフ頂上を放棄せざるをえなかった。しかし日没までにハーフムーンの一部を掌握
し、翌日の攻撃路を確保する事が出来た。
M-Okinawasugerlofehill.jpg
日本軍も絶え間ない艦砲射撃や空爆、あるいは夜間の斬り込み攻撃により、かなり消耗しており、陸軍正規兵の姿は少
なくなり、小禄地区からの海軍支援部隊や、沖縄の義勇兵が辛うじて戦線を維持している状況になった。
昭和20年5月18日兵員・武器弾薬の補給の無い日本軍の砲火力が目立って小さくなってきた。
▼ハーフムーンにも亀甲墓が多くあり、日本軍は陣地豪として利用していた。
kikkobakaneraubeihei_convert_20160927170658.jpg
▼日本兵と間違われて射殺されたのか自決したのか亀甲墓入口で死んでいる女性(那覇で撮影)言葉が出ない・・・
kikkobakaminkanjinsitai.jpg
▼大破した日本軍戦車が亀甲墓入口に立っている。猛烈な爆発か爆風が襲ったのか、日本兵の遺体も横にある(5/19)
sensyatonihonhei_convert_20160930142107.jpg
▼沖縄式の墓、もしくは御嶽(うたき)に潜む日本兵を引きずりだそうとする米兵(5月撮影)
gusukunihonhei.jpg
米第29海兵連隊は、前日の攻撃でハーフムーン北側の進入路を確保しており、有利な位置から攻撃を開始した。
nahahafemoon_convert_20160831112956.jpg
既に日本軍対戦車網も消耗していた為、この日初めてシュガーローフの南側まで戦車隊を前進させる事に成功し、一気
にシュガーローフを占拠、反対側の斜面を戦車隊が掃討し、遂にシュガーローフが米軍側に手に落ち、午前、ついに日
本軍は力尽きた。米第6海兵師団の最後の予備部隊の第4海兵連隊が、投入され、一帯を掌握した。
okinawasen18_convert_20160830113103.jpg
ここでの戦闘は、圧倒的な火力・戦力の米軍に対して日本軍が互角に戦ったと言われている。
接近戦になると米軍は砲兵隊や艦砲射撃の支援を受ける事が出来ず苦戦を強いられた。頂上付近の戦闘は、1日に日米
両軍の支配が4回も入れ替わる程凄まじかった。至近距離での銃撃戦・手榴弾の投げ合い・繰り返される斬り込み突撃
の死闘。肉体的・精神的緊張の極限状態の戦いは日米軍双方に多大な死傷者を出した。
▼重傷の海兵隊員を担架運搬者が運び、衛生兵が輸血を施す。
kaiheitaiyuketu_convert_20160921101737.jpg
米軍死傷者2662人と1289人の精神病者、太平洋戦争の全ての過程を通しても、沖縄戦程この種の「精神異常患者」を
多く出した戦闘は他に無かったと言われている。
▼疲れ果てた米兵を写した1枚
tukarebeihei_convert_20160912104353.jpg

JAPSDOSURRENDER_convert_20161004135619.jpg
▲ぬかるみの中、3人の日本兵は傷が重い仲間をタンカに乗せて運んでいる(首里城近く日本軍陣地で5月撮影)
「日本兵も投降する」と題されたこの写真。負傷した仲間を引きずって豪から出てきた3人の日本兵は、必死の身振り、
手振りで投降を伝えた。武器を持って日本兵の後についている海兵隊員は日本兵の気が変わらない様警戒している。
0523Looking_up_Sugar_Loaf_Hill_convert_20161005105023.jpg
▲戦闘終了間もない昭和20年5月23日撮影のシュガーローフ・ヒル(Sugar Loaf Hill)
19500330Sugarloaf_Hill_convert_20161013113459.jpg
▲昭和25年3月30日に撮影されたシュガーローフ・ヒル。放置された上陸用舟艇と甘藷畑に肥料をまく農夫。
DSCN4309_convert_20160830194156.jpg
▲現在のシュガーローフ・ヒル。再開発などで辺りの丘は全て削り取られ、激戦の丘を何とか残せないかという事で、
那覇市が頂上に「安里配水池」(給水施設)を平成9年に建設。かろうじてその敷地が残った。
この辺りは道路工事や商業施設建設工事などで当時戦死した日本兵の遺骨が今も出てくると言う。
DSCN4306_convert_20160830195023.jpg
▲登った帰りに撮影したので写真が下りで解りずらいが、右手が現存するシュガーローフ・ヒル部分。
Another_scene_from_Sugar_Loaf_Hill_convert_20161006143923.jpg
▲斜面は反対だがこの様な激しい戦闘だった。
DSCN4301_convert_20160830195246.jpg
▲小展望台より登ってきた道と安里配水池を見る。安里配水池の半周路を歩く事が出来る。写真の「東横イン」左手辺
りがハーフムーン・ヒルだった。開発などで2009年頃に姿を消した。「ハーフムーン」とはアメリカ軍が戦時中に付
けた名で、地元では大道森(だいどうむい)と呼ばれていた。
0518SugarLoafHill_convert_20161004161559.jpg
▲激戦当時のハーフムーン・ヒル(5/18撮影)
 (同じアングルと思って上の写真を撮ったが、近い雰囲気だろう)現在はゆいレールや道路・商業ビルなどに変わって
 しまっているが、激戦当時はこの様な森の丘であった。那覇新都心から直進出来る道路を建設する為、ハーフムーン
 ・ヒル全体で工事は行われ、森は重機で削り取られていった。
 ハーフムーンの戦いでの日本兵の奮戦上は記で紹介した通りだが、一回の戦闘が終了すると斜面には無数の日本兵の
 屍が重なり合っていた。後方に運ぶ事も出来ず、翌朝のアメリカ軍の砲撃によって遺体はバラバラになり、人間の形
 では残らなかった様だ。この斜面から出てきた大半の遺骨は識別できない程に小さな物が多く、身元を特定する事は
 無理だったと言う。その小さな遺骨を最後まで手作業で探し続けたボランティアの方がいらっしゃる。
 沖縄戦遺骨収集ボランティア、那覇市の「NPO法人ガマフヤー」代表 具志堅 隆松さんだ。
 シュガーローフ・ヒル周辺やハーフムーン・ヒル開発工事は市役所の意向に反し何度も中断。具志堅さん達は休日を
 利用し、手弁当1つで遺骨や遺品を収集。遺族にお返ししたい一心の作業は成果を上げ、マスコミが世論を動かし、
 遺骨収集の一定の期間、わずか数ヶ月であったが工事が停止する事になった。
 時間との勝負の中、具志堅さんの選んだ最後の手段としてホームレスの手を借りて作業を行い、沖縄県庁・厚生大臣
 への陳情など勢力的に行動し、市や県を認めさせることに成功した。土の中からの叫びが聞こえますか?YouTube
tokyoshinbun_convert_20161023170751.jpg

hafemoon4.jpg

DSCN4304_convert_20160830195751.jpg
▲ここがかつて日米激戦地だった事を伝える案内碑
DSCN4305_convert_20160830195937.jpg
▲戦いに散った日本兵のご遺族が訪ねて来たのであろう、松の木に慰霊碑が立てかけてあった。
DSCN4300_convert_20160830200243.jpg
▲▼シュガーローフ・ヒルより北方の眺め。
DSCN4297_convert_20160830200157.jpg
沖縄県内に残る旧日本軍の陣地壕を中心にボランティアで遺骨や遺留品を収集していた国吉勇さんが、体力の低下を
理由に2016年3月活動から引退された。
国吉さんは約60年間活動しており、拾い上げた遺骨は約3800柱、遺留品は10万点以上に上る。
身元が判明した遺骨や遺留品を遺族へ返す活動もしており、県内で遺骨収集する中心人物の一人だった。
 国吉勇さんは沖縄戦の最中、母親をマラリアで失い。兄が乗った本土への疎開船は近隣の海域で米軍の潜水艦に沈
められている。もう一人の兄は「鉄血勤皇隊」として米軍と戦い、部隊のたった独りの生き残りとしてハワイに抑留
された経験をお持ちだという。少年期に終戦を迎え、当時、家計の助けになれば、とクズ鉄を拾いに行き、遊び道具
などを探しているうちに自然と遺骨も拾うようになったという。当時の遊び場といっても不発弾が転がる死屍累々の
戦場跡だったそうで、小学生の頃探検ごっこで入った城岳のガマでつまずき、足元を見るとミイラがあった。
それらの経験が忘れられず高校生の時に同級生5~6人で遺骨収集を始めたという。
国吉勇さんは大変な作業を60年も続け、沖縄戦遺骨収集に人生をささげた方である。心から労をねぎらいたいと思う。
那覇市のご自宅の「戦争資料館」には戦地から収集した遺留品が大切に保管され、遺族の元に帰る日を待っている。
登山家の野口健さんが訪問されている。「ヒマラヤに捧ぐ」野口健公式HP
国吉勇さんのこれまでの遺骨収集の様子を紹介しているブログは→「世界遺産・白神山地で暮らす」
SugarLoafHill_looking_northwest_AsaKawa_convert_20161005154934.jpg
▲米軍が制圧した当時のシュガーローフ・ヒル頂上から北側の眺め。5/10第6海兵師団が最初の攻撃を始めた安謝川河
 口付近が北西方向に見える。写真から、師団の戦闘地域においてなぜこの丘の地形が重要であったかが分かる。

(当時の沖縄戦に話を戻します)
OKINAWAYONAHATYOHEISYA_convert_20160831110443.jpg
▲米軍の爆撃で壊滅的な被害を受けた与那原町にあった日本軍兵舎。
Japtrucks_convert_20160928103740.jpg
▲昭和20年5月に安波茶村で撮影された写真。浦添小学校と破損した2台の日本軍トラックが写っている。
 安波茶村は現在の浦添市のほぼ中央に位置する場所と思われる。
urazoemuraYMCA0520_convert_20161004163507.jpg
▲海兵隊と陸軍看護兵が見ているのは沖縄青年団の旗。「浦添村青年団」と書かれている(5/20撮影)

▼制圧した丘から那覇市街地を見下ろす米軍兵士(6/6撮影)昭和19年の10/10空襲で既に街は壊滅している。
0606haikyonagamenaha_convert_20161007111443.jpg
▼沖縄戦で初導入された155㎜砲はシュガーローフ付近から日本軍を追い南部へブルドーザーで牽引される。
0523Marine_Corps_155mm_convert_20161005105338.jpg
昭和20年5月22日米軍は那覇市街地に侵入、首里司令部に迫りつつあった。日本陸軍第32軍の組織的戦闘力はほぼ
尽き、敗戦は時間の問題となった。
当時沖縄は5月10日までには梅雨に入ったと見られ、5月20日を過ぎると激しい豪雨の日が続いた。
okinawaminka_convert_20160829121154.jpg
▲那覇に進撃してく米軍戦車
okinawasingun_convert_20160830121843.jpg
▲那覇市泊港付近。
slide_435094_5689772_compressed.jpg
▼▲那覇市街地を進撃していく米軍
slide_435094_5689762_compressed.jpg
▼波上宮(那覇神社)ここには第32軍司令官 牛島中将以下多くの将兵が戦勝祈願に赴いている。
Nahajinjya1945_convert_20160902113710.png
▼5/29第6師団第22連隊の偵察兵が日本軍狙撃兵が潜む神社に慎重に近づいていく。
nahajinjyasyuhensento0529_convert_20161005115006.jpg
▼沖縄戦以前の昭和6年に撮影された波上宮入口付近(上記写真と比べて見てほしい)
1931nahajinjya_convert_20160901153921.jpg

nahashrine1_convert_20160901153301.jpg
▼▲破壊された波上宮(那覇神社)ここには第32軍司令官 牛島中将以下多くの将兵が戦勝祈願に赴いている。
NahaShrine_convert_20160902113419.jpg
▼那覇占領後に波上宮を見る米兵達。
nahaShrinekenbutu_convert_20160908153952.jpg

19570521nahahajyogu_convert_20161013162118.jpg
▼▲戦後の昭和32年5月21日に撮影された波上宮
19570521hajyogu_convert_20161013164512.jpg
▼那覇市を進撃していくM4シャーマン戦車と第6海兵隊員。
M4ShermanNahaOkinawa_convert_20160830150921.jpg
▼壊滅した那覇港。沈みかけた日本の貨物船が見える。
nahakojapankamotsusen_convert_20160928135120.jpg
▼終戦後の昭和32年5月21日に撮影された那覇港
19570521nahokou_convert_20161013163550.jpg
▼那覇市の教会。周りが根こそぎ打ち倒されている中で、米軍は特にこの建物は攻撃させなかったと言う(5月撮影)
nahakyoukaikougekisezu_convert_20160928134439.jpg
▼別の角度から。辺りの建物より断然被害が少ない事が良く解る。
ChurchNahacity_convert_20161004142120.jpg
▼廃墟となった那覇市の別の教会(5月撮影)
nahahaikyokyokai_convert_20160928130934.jpg
▼上記の教会を昭和29年4月13日に撮影したカラー写真。
19540413World_War_II_Naha_convert_20161013150359.jpg
▼那覇市の武徳殿(5月撮影)
nahabutokuden_convert_20160928131022.jpg
▼武徳殿周辺(5/30撮影)
0530naha_convert_20161005132529.jpg
▼廃墟となった那覇無線通信所(6/5撮影)
nahamusentusinjyo_convert_20161007105704.jpg

0529Nahabuilding_convert_20161005125934.jpg
▲▼廃墟の那覇市と鳥居を写した写真(5/29撮影)
0529Naha_large_shrine_convert_20161005125147.jpg
▼銃痕の残る廃墟となった那覇最大のデパート(丸山号)
nahadepahtmaruyamago_convert_20161013105623.jpg
▼那覇市久米にあった那覇地方裁判所の正門で構える米兵達。(5/28~29日頃米軍撮影)
okinawanaha1_convert_20160830141400.jpg
▼那覇市上之屋の泊国民学校か上之山国民学校?をメインに撮影された4枚の写真。
nahapinpointo_convert_20160928132339.jpg

nahaheisya_convert_20160928132611.jpg
撮影日は、白黒写真でも廃墟となった那覇は快晴だった事が写真から伝わってくる。(5月撮影)
nahauenoyamakokumingakko_convert_20160928132522.jpg
▼5/29廃墟と化した那覇を通り進軍する第22海兵連隊
22haikyosingunnaha0529_convert_20161005130749.jpg

okinawakaigunsikangakko_convert_20160930193131.jpg
▼半壊した石灯籠と神社。ここから北東の方角に廃墟と化した街が広がる神社(那覇にて5月撮影)
houkaijinjyanaha_convert_20161004143230.jpg
▼艦砲射撃と地上戦でとことん破壊されたコンクリート製の建物
kanposyagekihoukai_convert_20160928132225.jpg
▼廃墟と化した那覇刑務所を調べる海兵隊所属の戦場カメラマン2名(6/5撮影)
nahakeimusyo0605_convert_20161007104829.jpg
▼那覇港の奥武山公園の入り口(6月撮影)現在は奥武山公園・奥武山総合運動場
okubuyamakoueniriguti_convert_20161006111921.jpg
▼奥武山公園(6月上空より撮影)現在奥武山公園内に沖縄戦当時の沖縄県知事 嶋田叡(あきら)氏の顕彰碑がある。
OkubuYama_Island_convert_20161006125511.jpg
▼頭を抱え途方に暮れるた老いた住民を尻目に進撃していく第3海兵団第22部隊の米海兵隊員。
nahahasirinukerubeihei_convert_20160912151513.jpg
▼日本兵の死体が横たわる小さな集落を足下に用心しながら歩く海兵隊員。
nihonheiitaihokomeni_convert_20160920171630.jpg
▼日本軍が弾薬庫として使用していた亀甲墓を調べる米兵、日本軍の弾薬が入った木箱が写っている(5/29撮影)
0529kikkobakadanyakuko_convert_20161005120632.jpg
▼捕虜となり、幸運にも命を捨てる事無く生き延びた沖縄住民の人達。
OKINAWAjyuumin_convert_20160830130907.jpg
色々な住民達の写真を見るが、本当に見事に女性・子供・老人の姿しか見ない・・住民根こそぎ動員は恐ろしい・・。
jyuuminhogo_convert_20160920162715.jpg
▼この様に戦闘中に捕虜となって助かった女性も、後に収容所で米兵から強姦をうけた例も少なくない。
hahatoakatyanhoryo_convert_20160920161748.jpg
▼艦砲射撃と砲兵隊の砲撃で破壊された沖縄県立第一中学校校舎
syurikenritudaiitityuugaku_convert_20160907220140.jpg

shuriimage_convert_20160831131514.jpg
▲▼米軍は首里城第32軍司令部付近まで迫ってきた、破壊された昭和10年建築の首里教会が写っている。
syurikyoukai9_convert_20160912110631.jpg
▼現在の那覇市安泊辺りだと思われる。
ww2okinawanaha_convert_20160830151527.jpg
▼首里の廃墟となった日本軍兵舎を調べる米兵。
Shuriusmc_convert_20160930143457.jpg
▼日本軍の仕掛けた地雷を踏み、大破した米軍戦車。
taihajiraibeigun.jpg
第32軍司令官牛島満中将以下幕僚達は、「最後まで首里に残って戦うか」「南部へ退却するか」を検討した。
「南部へ退却して決戦」論が大勢を占めたので、結局南部に撤退して戦力を立て直し、持久戦続行を決定した。
この時、長 勇中将は「首里で最後まで戦う」と訴えたが、八原博通大佐の「南部へ退却して決戦」の意見を牛島中将は
採用した。この決定が南部へ避難していた10万人を超える住民を戦闘に巻き込む事となり、惨烈な損害を出す事になる
この時、海軍司令部は作戦会議に呼ばれず、直前の5月24日頃に初めて知らされたとされる。
梅雨に入った沖縄は5/21からは豪雨が続き5/26には88㎜の雨が降り、6/1まで毎日平均30㎜の豪雨が続いた。
この間戦線は膠着状態となっていた。
※5/10第32軍航空参謀の神直道少佐(同月中佐に昇進)が大本営へ沖縄作戦戦況報告の為、首里司令部豪を脱出。
その後は九州の第六空軍参謀として終戦を迎えた(平成10年死去)
GushikenKokue_convert_20160920163623.jpg
▲身長約120センチという沖縄で一番小柄な具志堅コクエさん(24歳)と並ぶボイド3等軍曹
CDGjapanUSSVincennes26May_convert_20160912134152.jpg
▲▼昭和20年5月26日米軽巡洋艦ヴィンセンスからの砲撃で破壊された日本軍の高角砲
USSVincennes26May1945_convert_20160912134404.jpg

japankyanonho.jpg

0712OkinawaCaptJapan_convert_20160930111002.jpg
昭和20年5月27日首里司令部を放棄、降りしきる雨の中約4万人の日本軍は沖縄南部の摩文仁を目指して撤退を開始。
摩文仁の新陣地まで約15㌔である。(海軍陸戦隊が第32軍司令部の撤退を支援している)
5月28日には牛島満中将以下幕僚達が摩文仁司令部に到着している(首里には撤退を知らされず捨石の日本軍将兵が
取り残されて最後の斬り込みを敢行し玉砕していた。)
首里司令部豪の放棄は参謀長や司令官の2人の間で極秘に決定した事であった。
この時海軍司令部は一旦完全撤退と受け止め、小禄地区の重火器を破壊して南部への撤退を始めるが、後に「第32軍
司令部の撤退を支援せよ」との命令を勘違いしたことが解り、5月28日には再び小禄海軍司令部壕へ引き返した。
syuriheisya_convert_20160928151103.jpg
▼▲説明書では首里日本軍兵舎となっているが、恐らく首里城内にあった官立「沖縄師範学校」と思われる。
syurihonbuheisya_convert_20160928152125.jpg
▼首里城へは沖縄県立芸術大学側から入園した。かつて「沖縄師範学校」があった場所である。
DSCN4311_convert_20161023164759.jpg
▼道路沿いの沖縄県立芸術大学敷地内に、弾痕跡の残る沖縄師範学校の門柱が残されている。
DSCN4315_convert_20161023164732.jpg
▼戦火で焼失する前の首里城正殿(空手演武)昭和13年撮影。
syurijyo_convert_20160830152004.jpg
▼焼失前の首里城正殿入口付近(正殿入口が左側に少し写っている)
shuricastleokinawa1_convert_20160831131802.jpg
▼現在は見事に復元されている。
DSCN4396_convert_20160831211941.jpg
首里城の地下には陸軍第32軍総司令部豪が掘られた。城山の南北直線距離400mを貫通させ、総延長1kmを越える豪
で、壕内部の幅は最大で3m、天井高さは2m内部は丸太で補強され、1t爆弾にも耐える事が出来た。
首里城は、5月25日から3日間に渡りアメリカ軍艦ミシシッピなどから砲撃を受け27日に焼失、日米両軍の激しい戦闘
で、首里城やその城下の町並み、琉球王国の宝物・文書を含む多くの文化財が破壊された。
5月27日の日本軍南部撤退の際には、歩行不能の重傷兵約5000名が首里城の地下陣地で自決した。
宝物庫は奇跡的に戦災を免れたが、中の財宝は全て米軍に略奪された。戦後しばらくして一部が返還された。
また、所在が明らかになり返還に向け交渉中の物もある。
▼当時の首里上空写真
chrijyouku.jpg
▼首里城内に進撃していく米兵達。
okinawashuribeigun.jpg
▼廃墟の首里城にたたずむ米兵(5/29撮影)
CastleShuriOkinawa0529_convert_20161005131718.jpg
▼通訳から質問を受ける2人の日本兵捕虜(5/29撮影)
0529nihonheihoryo_convert_20161005113937.jpg

syurijapantank_convert_20160908154411.jpg
▼▲首里城付近で破壊された日本軍の軽装甲車。
japankeisensya_convert_20160908131910.jpg
▼首里城の城壁に立つ第1海兵師団の兵士(5/29撮影)
0529ShuriCastle_convert_20161005122125.jpg
▼激しい戦闘で破壊し尽くされた首里城。写真右側に継世門が写っている。
Shuricastlekaimetu_convert_20160831132840.jpg
▼沖縄戦以前の継世門。門の櫓や城壁の石垣が沖縄戦でことごとく破壊されたことがよく解る。
keiseimonokinawa_convert_20160901232547.jpg

Shuricastle1_convert_20160831133314.jpg
▼正殿入口付近から龍潭池を見渡した写真(昭和20年6月8日米軍撮影)
syurijyo88_convert_20161005145214.jpg
▼首里城内城門からの眺め。鉄塔が2塔写っている(6/8撮影)
06syurijyounaikara_convert_20161005144051.jpg
▼6/8に撮影された円鑑池・龍潭付近。
Around_Shuri_Castle0608_convert_20161007122329.jpg
▼見事に復元された現在の弁財天堂と龍潭池。
DSCN4317_convert_20160901231436.jpg
▼首里城内の小さな森だった場所で休憩する海兵隊員。左は首里城中庭であった場所。
 右奥には破壊された日本軍司令部の車輛(ジープ?)が写っている。
syurijyonakaniwa_convert_20161019141215.jpg

0530sireibu_convert_20161005133252.jpg
▼▲玉御殿城壁のふもとに設置された米海兵隊の司令部で休む第1海兵師団(5/30撮影)
syuriCASTLEWALLS_convert_20160912153600.jpg
▼沖縄戦後復興した首里城「玉御殿」
ryukyusyurioh_convert_20160901104201.jpg
▼平成4年11月見事に復元されたが信仰の対象であった御嶽(うたき)には自由に立ち入る事が出来なくなったと言う。
DSCN4387_convert_20160831212732.jpg
昭和20年5月31日首里城は艦砲射撃などで無残に破壊され、瓦礫の山と化し500年余の歴史を誇る雄姿も、もはや見る
影も無かった。首里攻防戦線を制圧した米軍兵士は用心深く首里城内に入った。
しかしそこに主要装備は無く、散乱する日本兵の腐敗した死臭が充満していた・・・。司令部豪内に牛島中将/長中将/
八原大佐の姿は無く、自力で南部へ撤退出来なかった自決した日本兵約5000人の死体があるだけだった。
▼首里城内のハンタン山に現存する司令部豪入口(崩落部分が多く、中に入る事は禁止されている)
DSCN4339_convert_20160831204839.jpg
▼入口からカメラを入れて撮影。直ぐ左へ直角に曲って奥に続いている様だ。第32軍司令部壕調査YouTube
DSCN4324_convert_20160831205238.jpg
▼米軍が撮影した当時の司令部豪内部
syurisireibugou77_convert_20160908152547.jpg
▼「司令官室」壕内は天井や壁のあちこちから水が浸み出し、滴下することが多い為、天井は波板トタンで水避け対策
 が施され、牛島満中将が使っていたであろう机も写っている。(米軍撮影)
shuriushijima_convert_20160831162236.jpg
▼「司令官室」の真上は丁度、守礼門辺りである(復元間もない頃の守礼門。昭和38年6月撮影)
ryukyudaigakusyureimon_convert_20161019150448.jpg
首里城公園の地下には今も約1000mの巨大な人口壕が眠っている。牛島中将他約1000人の軍人軍属達が南部撤退まで
の2ヶ月間居た戦闘指令所である。当初は安里(那覇市内中心部)にあったが、10/10空襲後の昭和20年1月に、首里城の
地下司令部壕に移動した。壕掘り作業は軍の設営部隊や沖縄師範男子学徒があてがわれた。
壕内には将兵の他、指揮官や参謀の世話係の女性達も雑居していたという。
首里司令部壕撤退を決める直前、大本営へ沖縄作戦戦況報告の為に5/10(19:00頃)首里司令部豪から本土へ脱出した、
第32軍航空参謀神直道少佐が、首里司令部壕内の女性達について以下の事を戦後に証言している。
「司令部壕内に20人~30人の「辻遊郭」の女性達が炊事要員として軍に仕していた」事。
「良家の子女10人余が牛島・長などの将校の身の回りの世話をしていた」事。
「女子師範学校学徒も何人か居た」事「司令部内に慰安所は無かった」事「朝鮮人女性や本土の芸者はいなかった」事。
「飯炊き要員として駆りだされていた辻遊郭の女性は遊郭の女性だという事で兵隊の中にその様な行為に及ぶ者があり、
壕内の風紀が乱れそうになったから壕内から出てもらった」事、などである。

第32軍司令部壕は3ヶ所に造られた。現在の米軍嘉手納飛行場(元・陸軍中飛行場)弾薬庫の山側に1つ造られ、南風原町
津嘉山にも掘られた。最終的には地盤の固い首里城地下壕が軍司令壕に選ばれた。
嘉手納弾薬庫内の壕は米軍が使用しているとの噂もあるが、はっきりしない。津嘉山壕(つかざん)は第32軍司令部豪に
使用される予定で南風原町津嘉山の小高い丘に総延長約2キロに及ぶ巨大な人口地下壕建設されたが、攻撃にもろい事
が判明、前線に物資を補給する後方陣地として使用された。津嘉山壕には経理部が置かれ、約3000人の日本兵が配属さ
れた。庶務課では南風原陸軍病院豪から移ってきたひめゆり学徒16名も勤務していた。
戦後入り口が埋まり、正確な位置が解らなくなっていたが、平成16年道路建設に伴う発掘調査で初めて確認された。
▼消失前の守礼門。
syureimontouji.jpg
▼現在の守礼門。
DSCN4352_convert_20160831211359.jpg
▼道を挟んで反対側には通信豪と豪入口がある。司令部豪入口は6つあったそうだが今は2つしか残っていないとの事。
DSCN4328_convert_20160831205619.jpg
▼▲第32軍合同無線通信所豪跡
DSCN4330_convert_20160831205651.jpg
▼米軍が撮影した通信豪内部とされる写真。
japantushingo_convert_20160908132629.jpg
▼こちらは沖縄戦で簡易施設内での米軍通信の様子。
beiguntushinhause_convert_20160908133146.jpg

DSCN4336_convert_20160831205552.jpg
▼5月30日~31日首里に残された残存兵力で夜間斬り込みを敢行。ことごとく戦死した日本兵を眺める米兵達。
ww2okinawa11_convert_20160831134406.jpg
▼首里城に放棄された日本軍火砲。
usashuri-Okinawajapan.jpg
▼首里周辺の大きな豪で発見された日本軍トラック
honbunihonguntorack_convert_20160928122401.jpg
5月26日以降10日間は毎日毎日平均30㎜の豪雨が続いた。南部撤退作戦が成功したのはひとえに悪天候のお陰だった。
syurighou_convert_20160831130738.jpg
▲▼豪雨でぬかるんだ地面にスタックする車両を引き出す米軍。
doronumaokinawa_convert_20160908113036.jpg

syuribeigun_convert_20160831113855.jpg
▲首里城内への入口の1つである木曳門で眠る米兵。ここまで進軍してきた米軍も当然、相当疲れていただろう。
DSCN4359_convert_20160831210303.jpg
▲現在の木曳門で撮影。首里城は平成元年11月~平成4年11月で復元工事が完了した。
DSCN4358_convert_20160831214804.jpg
▲戦闘があった場所だと言う事を忘れる程見事に復元されている。教えてもらわなければ古写真の場所とは解らない
見事に復元された首里城の城壁だが、やはりオリジナルとは程遠い仕上がりだと言う。沖縄の石工技術は飛び抜けて
高い水準にあったとされているが、戦後石建造物は減り続け、新規石建造物は作られず、また既存の石建造物を補修
する機会も無く、石工技術を活用する機会が激減している中で首里城復元工事は行われた。
伝統的石工の技術はグラインダー等の高効率化された機械化作業による作業に置き換えられ、何となく無機質な近代
建築城跡に見えた。首里城を訪れる前に立ち寄った浦添城跡の城壁も復元との事だが、後者の方が味があった。
syurikyusokubeihei.jpg
▲首里城内で休息をとる米兵達。
Okinawashuribell.jpg
▲首里城の鐘を見つめる米軍指揮官。
DSCN4385_convert_20160831212956.jpg
▲首里城内東西にアザナ(物見台)がある。西アザナは一般公開されていて牛島中将も戦況を眺めていた場所だ。
DSCN4388_convert_20160831213552.jpg
▲西アザナからは、米軍上陸地点~第1・2・3防衛線まで綺麗に見渡す事が出来た。
DSCN4376_convert_20160831213750.jpg
▲首里城公園を見学した時間が夕方前だった為、少々時間が経つと西側の夕暮れの景色が絶景だった。
 海の向こう側に見えるのは慶良間諸島である。那覇空港を飛び立った旅客機も見え、平和な景色に感謝した。
0529castleShuri1_convert_20161005123528.jpg
▲5/29首里城に居る第1海兵師団に物資を投下するTBF機を写した写真(西アザナか東アザナと思われる)
syurijyokaraminaminofukei_convert_20161019142112.jpg
▲首里城を制圧した米軍が城内から南側を撮影したもの
NAHARadiotower.jpg
▲那覇市の南東にある無線塔。那覇~首里攻防戦の際、日本軍はこの塔を偵察所として使用した。
この塔は特殊な構造の為、砲撃でも壊れなかった。米軍は砲弾を空中爆発させてそこにいた日本兵を追い出した。

▼豊見城下方にあった日本軍陣地壕。この壕を防御陣地として使用していた日本兵の死体が複数写っている。
Tomigusuki_castlenihongungo_convert_20161014123214.jpg
豊見城村は那覇の南に隣接する村。豊見城は600年以上前の「琉球戦国時代」に攻め滅ぼされた南山王系列[見城按司]
の城であった。現在は琉球当時の遺構はほとんど無く、石垣の一部や古井戸などが残るだけで、世界遺産に指定された
琉球グスク群からは外されている。沖縄戦当時、現在の豊見城城跡公園には旧陸軍第24師団第2野戦病院壕があった。
この野戦病院壕に配属され従軍した軍医や積徳高等女学校学徒看護隊などの生存者により合祀碑が建立された。
積徳高等女学校は、仏教系の私立学校で、旧那覇市の真ん中にあった。戦時色が強まる中の昭和20年3月13日、4年生
56人に対し、軍の命令で合宿看護訓練が行われた。しかし、戦況の進展で訓練は10日間で中断、米軍上陸の1週間前に
戦場へと送りだされる。昭和20年3月23日、配属されたのは、豊見城城址にあった陸軍第24師団第2野戦病院壕。
隊長は小池勇助軍医少佐(長野県出身)。小池軍医少佐は学徒看護隊56人に従軍か除隊かの調書を取る。
結果31名が除隊。25名が従軍看護婦「ふじ学徒隊」として勤務する事となる。
南部撤退の昭和20年5月26日まで使用された第2野戦病院壕は、最後まで勝利を信じて戦い傷つき倒れた多くの英霊を
供養し、そして永遠の平和を祈念する為、昭和58年7月陸軍野戦病院壕が復元された。
ふじ学徒隊は南部撤退後6月27日の学徒隊解散命令で小池隊長の指示を受け糸洲の壕を出て米軍の捕虜となった。
しかし、最初に脱出した学徒3人の内1人が日本軍と米軍の交戦に巻き込まれ戦死している。
糸洲壕では米軍のガス弾攻撃に苦しめられ、「家族に会う」と言って壕を出た学徒がその途中で戦死。
そして戦後、戦争の心の傷から、自ら死を選んだ学徒を含めた3人が犠牲となった。
病院長小池勇助少佐は6/27学徒へ「長い間軍に協力してくれてご苦労だった、決して死んではいけない。必ず生きて家
族の元に帰りなさい。そして凄惨な戦争の最後を、銃後の国民に語り伝えてくれ」と最後の訓示をし、看護隊一人一人
と別れの握手をした。看護隊全員が壕を出たのを確認した後、青酸カリで自決した。
koikegunityusa.jpg
▲小池勇助軍医少佐(長野県出身)昭和20年6月27日糸洲壕にて自決。
今回は豊見城城跡公園を訪れる事が出来なかったが、次回必ず訪れたいと思っている。
▼豊見城アーチ道の脇に立つ第22海兵連隊司令官ロバーツ大佐と第22海兵連隊第3大隊司令官シスラー中佐。
tomigusuku_convert_20160912164803.jpg

※沖縄戦に従事した女子学徒隊
 「沖縄陸軍病院」
 沖縄師範学校女子部 (ひめゆり学徒隊157名)昭和20年3月23日~戦死81名
 県立第一高等女学校(ひめゆり学徒隊 65名)昭和20年3月23日~戦死42名
 
 「陸軍24師団山第1野戦病院」(新城[アラグスク]分院ヌヌマチガマ・カラビガマ他)
 県立第二高等女学校 (白梅学徒隊 56名)昭和20年3月24日~戦死22名
 
 「陸軍24師団山第2野戦病院」※陸軍24師団は通称「山部隊」と呼ばれていた。
 私立積徳高等女学校(積徳学徒隊[ふじ学徒隊] 25名)昭和20年3月23日~戦死2名戦後1名
 
 「八重岳陸軍野戦病院」「沖縄陸軍病院名護分院」
 県立第三高等女学校 (なごらん学徒隊 10名)昭和20年3月24日~戦死1名
 ※本部半島では南部の様なガマはほとんど無く、「八重岳陸軍野戦病院」は人の手で作石垣を作り、小屋を建ててい
 たと、なごらん学徒隊生存者の方が証言している。小屋は5、6棟あった様で内1つはオペ室、残りは病棟との事。
 
 「陸軍62師団野戦病院」(南風原町ナゲーラ豪他)※陸軍62師団は通称「石5325部隊」と呼ばれていた。
 県立首里高等女学校 (瑞泉[ずいせん]学徒隊 61名)昭和20年3月25日~戦死33名
 私立沖縄昭和女学校 (悌梧[ていご]学徒隊 17名)昭和20年3月23日~戦死9名
 
 「陸軍28師団第1/第4野戦病院」
 (宮古島)県立宮古高等女学校(宮古高女学徒隊 48名)昭和20年1月~戦死1名
 
 「陸軍28師団第3野戦病院」於茂登岳、独立混成第45旅団司令部東方の野戦病院・船浮陸軍病院(西表島)他
 (石垣島)県立八重山高等女学校(八重山高女学徒隊 60名)昭和20年4月5日~5月8日戦死1名
 (石垣島)県立八重山農学校女子(八重農学徒隊 16名)昭和20年4月5日~5月8日

首里城から南へ約5㌔。那覇市南風原町の黄金森に南風原陸軍病院豪が残されている。
沖縄陸軍病院(球18803部隊)は、昭和19年5月熊本で第32軍の陸軍病院として編成された。6月から那覇市内で活動
を始めるも同年10月10日十十空襲により施設が消失、南風原国民学校校舎に移転する。それ以来第32軍野戦築城部
隊指導の元、字喜屋武(黄金森)と字兼城(現在の南風原町役場北側の丘)に約30の横穴壕が作られた。
米軍の艦砲射撃が始まった昭和20年3月下旬、地上施設での治療を諦め陸軍病院は各壕へと移る。
広池文吉病院長以下、軍医・看護婦・衛生兵ら約350人に加え、昭和20年3月24日には沖縄師範学校女子部・県立第
一高等女学校の生徒(ひめゆり学徒)222人が教師18人に引率され、看護補助要員として動員された。
昭和20年4月1日の米軍上陸後、外傷患者の激増に対応するため、外科を第1外科、内科を第2外科、伝染病科を第3外
科へと改める。5月下旬、第32軍司令部は首里司令部を放棄し、更に南部の摩文仁への撤退を決定。
陸軍病院に撤去命令が出される。その際、重症患者に青酸カリが配られ、自決の強制が行われた。
南風原町は平成2年、戦争の悲惨さを伝える証として、第一外科壕群・第二外科壕群を町の文化財に指定。平成19年6
月一般公開された。第二次世界大戦の戦争遺跡を文化財に指定したのは日本全国で初めての事だった。
DSCN4465_convert_20160906211329.jpg
▲「飯上げの道」沖縄陸軍病院では、黄金森のふもとにある炊事場で調理を行っていた。炊き上がった飯や汁をタルに
 つめ、2人1組で担いで丘の上まで駆け上がるのだが、このルートは米軍の標的とされて激しい銃撃・砲撃を受けた。
▼後で行った南風原文化センターに人形を使ったジオラマが展示してあった。
DSCN4433_convert_20160906214843.jpg
▼途中、現在は崩れてしまっている豪口。遺骨収集も出来ていないと言う。
DSCN4467_convert_20160906215652.jpg
▼内閣総理大臣 佐藤榮作 書とかいてある・・・。
DSCN4469_convert_20160906221540.jpg
▼小高い丘の頂上付近には当時、御嶽(うたき)があった。今もあるが作り直された物との事(写真は5/15米軍撮影)
utaki0515.jpg
※御嶽(うたき)とは、当時の短い寿命から長寿や転生を祈願した場所。安産祈願で建立されたものや、ユタの修行場と
して使われる(現在も?)場所とされる。「ユタ」とは、沖縄県と鹿児島県奄美群島の民間霊媒師(シャーマン)であり、
御嶽(うたき)や城(グスク)の聖地や拝所(ハイショ)で霊的問題のアドバイス、解決を生業とする女性の方達である。
祈願行事の司祭は祝女(ノロ)と呼ばれる女性が取り仕切る。
DSCN4495_convert_20160906212221.jpg
▲▼ひめゆり学徒が何度も往復した「飯上げの道」アップダウンのある急な坂道で、かなり豪まで距離があった。
DSCN4493_convert_20160906212559.jpg
ここで命を失った「ひめゆり学徒」もいる。危険をくぐり抜け食料を運んで命を繋いだ道は現在も残されている。
▼「飯上げの道」を終えると一般公開されている陸軍病院20号豪がある。
※沖縄で唯一海に面する場所が無い南風原町が艦砲射撃が届かない村として病院豪建設の場所として選ばれた。
DSCN4492_convert_20160906214444.jpg
受付の休憩所では希望者に「当時の病院豪内の匂い」を体験させてもらえる(小さなビンの中に復元された当時の匂い
の元が入っている)当時は血・薬・死臭・汗・尿・汚物など様々な匂いが凝縮された耐え難い匂いの豪内だったと言う。
復元された匂いをかがせてもらったがアンモニアか消毒液のキツイ匂いという感想だった・・・。(この体験必要か?)
DSCN4477_convert_20160906214633.jpg
▲ガイドさんに中を案内してもらう。
DSCN4479_convert_20160908222041.jpg
▼▲入って直ぐに、当時使われていた医療品のビンやツルハシが展示してあった(ツルハシのみの手掘りだ)
DSCN4478_convert_20160908222011.jpg
▼ガイドさんの案内を聞きながら懐中電灯1つで奥へ進んで行く(8名1組が交代で掘り続け約2か月で完成させた)
DSCN4481_convert_20160908222924.jpg
▼脇には当時の支柱が朽ち果てようとしていた。米軍の火炎放射器で焼かれて焦げたと見られている。
DSCN4482_convert_20160908223622.jpg
20号豪の遺骨収集は終わっているとの事。厚生労働省の遺骨収集では、収集作業員の安全を第一に考え、地上から穴
を開け、空が見える状態での収集作業となる為、作業が終わった後放置された豪は崩落して残らなかったと言う。
この20号豪はそういった方法がとられなかった為、そのまま現存していたとの事。
DSCN4483_convert_20160908224352.jpg
▼▲ガイドさんと間隔をあけるとこの通り、カメラのフラッシュのみの暗黒の世界。
DSCN4486_convert_20160908225048.jpg

DSCN4435_convert_20160908225830.jpg
▲後で行った南風原文化センターのジオラマ。当時の病院豪内部はこんな感じだった。
DSCN4484_convert_20160908225400.jpg
▲▼19号豪へ繋がっていた通路(崩落している為行く事は出来ない)反対側は21号豪への道(同じく行く事は出来ない)
DSCN4485_convert_20160908225504.jpg

DSCN4487_convert_20160908224537.jpg
▲写真に写っているアルミ台の辺りの天井部分に入院していた兵士が書いた文字が残っているとの事。
DSCN4491_convert_20160908224932.jpg
▼20号豪から歩いて1分、24号豪入口(貫通していない未完成の豪)があるが崩落部分が多い為公開されていない。
DSCN4476_convert_20160908231009.jpg
24号豪は当時、しずくがしたり、中はぬかるんでいた。「ひめゆり学徒隊」70~80人の待機所となってからも豪の奥
では切削作業が続き、落盤の危険がった。酸素が減ってロウソクの火が消えそうになると、上着やフロシキ・毛布など
をふって空気を入れ替えていた。昭和20年4月末には患者の病室として使用された。

USSRELIEFAH1okinawa_convert_20160913152319.jpg
▲これは米軍の病院船レリーフ(USS RELIEF)。沖縄海上に常に待機、万全の治療体制を整えていた。
アメリカは何でも対応が早くて合理的だ。日本は現在でも大震災や自然災害への対応はいつも後手にまわっている。
熊本地震の際、車中泊を続ける被災者を見たアメリカ人は「何故直ぐにキャンピングカーを用意してあげないんだ?」
「アメリカだったら直ちにトレーラーハウスを用意するだろう」と言っていたのが印象的だった。

DSCN4423_convert_20160906204205.jpg
▲沖縄県島尻郡南風原(はえばる)町立南風原文化センター(300円)
DSCN4425_convert_20160909201607.jpg
▲入口には強烈な印象が残るタイルで描かれた沖縄戦が・・・。
DSCN4436_convert_20160909202333.jpg
▲館内には上記で紹介した病院豪のジオラマがある。
DSCN4432_convert_20160909202350.jpg
▲手術台の様子
DSCN4440_convert_20160909202432.jpg
▲豪内の明かり。
DSCN4437_convert_20160909202416.jpg
▲当時の医療用品
DSCN4441_convert_20160909203034.jpg
▼日本陸軍第32軍の配置が解り易く書かれている。
DSCN4444_convert_20160909203246.jpg
▼奉安殿の実物レプリカ(ほうあんでん)は戦前、天皇と皇后の写真(御真影)と教育勅語を納めていた建物だ。
DSCN4445_convert_20160909203619.jpg
沖縄県には登野城国民学校・美里国民学校・旧謝花国民学校の3基が現存しているとの事だ。本州にもまだ残っている
物もあるが、台湾(台南)にも現存しているとの事。形も色々な形があったと言う。
※旧美里尋常高等小学校の奉安殿は半壊状態ながら「戦争遺跡」として文化財に登録されている。
昭和20年12月15日GHQの神道指令の為、奉安殿は廃止され、奉安殿の多くは、戦後に解体・または地中に埋められた
DSCN4449_convert_20160909211006.jpg
▲・・・・痛ましい事だが、事実として起ってしまった以上、知っておかなければならない。
DSCN4456_convert_20160909212009.jpg

DSCN4459_convert_20160911112001.jpg

DSCN4460_convert_20160911111813.jpg
▲北谷町キャンプフォスター海兵隊基地内の工事中に見つかり、掘り出されたM4中型戦車の回転部分。
jiraitaihajyamansensya.jpg
▲日本軍が仕掛けた地雷を踏み大破したM-4シャーマン戦車(昭和20年5月撮影)
DSCN4461_convert_20160911111921.jpg
深い場所に埋まっていた為、戦後の鉄不足時の金属回収時にも発見されず、スクラップを免れて近年掘りおこされた
DSCN4462_convert_20160911111945.jpg

DSCN4458_convert_20160911112144.jpg
資料館の特徴は、撮影OK・砲弾の破片や兵器の残骸・爆弾等、各展示物に触れる事が出来る事だ。
これが本来の戦争資料館のあるべき姿だと思う。
体験者は語る「米粒大の破片の傷口は1ミリ位。しかし身体から出る破片は肉・骨をえぐって・・傷口は3cm位の穴が
開いた。身を隠したはずのサトウキビ畑や茂みの中は死体だらけだった・・・」と。
DSCN4453_convert_20160911112213.jpg


南風原陸軍病院豪から更に南東へ約10㌔。沖縄県南城市玉城糸数に糸数アブチラガマがある(見学は要予約)
DSCN4526_convert_20160911111117.jpg
▼受付を済ませ、専門のガイドさんといっしょにガマの入口に向かう(250円+懐中電灯レンタル代)
DSCN45211_convert_20160911115641.jpg
▲おおざっぱであるが、青印が首里城・赤印が南風原陸軍病院豪・白印が現在居る糸数アブチラガマ。
糸数アブチラガマは自然洞窟(ガマ)で、沖縄戦時、元々は糸数集落の避難指定壕だったが日本軍の陣地壕や倉庫とし
て使用され、戦場が南下するにつれて南風原陸軍病院の分室となった。
軍医、看護婦、「ひめゆり学徒隊」が配属され、全長270mのガマ内は600人以上の負傷兵で埋め尽くされた。
昭和20年5月25日南部搬退命令により病院が搬退した後は、糸数の住民と生き残り負傷兵、日本兵の雑居状態だった。
昭和20年6月2日アメリカ軍の進撃に伴いガマは放棄される。日本軍から放棄された糸数アブチラガマには負傷兵百数
十人とガマの一郭に残っていた住民が取り残された。米軍はガソリンの入ったドラム缶をいくつもガマの中へ放り込み、
爆破して中を焼き尽くそうとする。ガマの中にはその爆風で天井に突き刺さったブリキのトタン屋根の破片が今でも突
き刺さったままになっており、ガマ内で起きた爆風の凄まじさを今に伝えている。
昭和20年8月22日の米軍の投降勧告に従って住民と負傷兵がガマを出た(負傷兵で無事ガマを出る事が出来たのは7人)
DSCN4513_convert_20160911145557.jpg
▼ヘルメットを借りて中へと入っていく。オリジナルの入口は崩壊してしまっている為、この入口を見学用に開口した。
 小さな入口でかがまないと入れない。修学旅行生もここから入るとガイドさんがおっしゃっていた。
DSCN4504_convert_20160911145839.jpg
中は本当に広かった。撮影禁止の為画像は無いが、かまどや井戸、爆風除けの石垣、自然豪とはいえ、豪内は明らかに
人の手で築かれた物が沢山確認出来る。遺品の数々など入って体験しないと解らない事が満載だった。
特に重症患者が運ばれた墓部屋は異様に広く。ガイドさんの指示に従って懐中電灯を消し、黙祷を捧げた。
DSCN4505_convert_20160911150739.jpg
▲ガマを出て出口を撮影。オリジナルの出口は入口より広い。出口付近には監視の日本兵が立っていたと言う。
DSCN4511_convert_20160911151149.jpg
▲▼出口付近にもガマはいくつもある、全て中はアブチラガマに繋がっている。負傷兵の墓場だ・・・。
DSCN4509_convert_20160911151100.jpg
▼アブチラガマかどうかは不明だが、豪から米軍に救出される負傷した日本兵(6/24撮影)
fusyoheijapan0624_convert_20161011162617.jpg

DSCN4510_convert_20160911151132.jpg
▼アブチラガマ受付から豪入口までの間に独立重砲兵第100大隊が使用した日本陸軍89式15センチ砲と海軍93式酸素
 魚が展示されている。時間もおしていたのか、ガイド無くスルーされたが写真に収めて帰った。
DSCN4522_convert_20160911152509.jpg
以下は案内石版の文章
「八九式十五糎加農砲」昭和四年旧日本軍によって制式化された大砲で開脚式装輪砲架を持ち、遠距離でも命中精度に
優れていた。砲身車と砲架車をそれぞれ牽引車で牽引して移動し、陣地で組み立てて使用したが、準備に1時間程かかっ
たそうである。大里村内には昭和20年3月に旧日本陸軍独立重砲兵第百大隊が布陣した際に、2門が配置された。
しかし沖縄戦においては米軍とのあまりにも大きな物量の差により、その効果は乏しく、一発撃つと何十、何百という
反撃をうけたといわれている。(平成15年12月大里村教育委員会)
砲としては靖国神社遊就館にも展示されている。(平成28年3月移設 南城市)
DSCN4524_convert_20160911154512.jpg
▲このカノン砲は南城市大里の平川壕に2門が配置されていた。米軍の攻撃で平川壕は破壊され、2門のカノン砲は土砂
に埋れてたが、1門は日本軍の手で掘り出され、南部の与座や真壁へ転戦して使用された。靖国神社遊就館に展示されて
いるのはそのカノン砲である。掘り出せなかった1門が、戦後の平川壕遺骨収集作業で発見されここに展示されている。
DSCN4518_convert_20160911154454.jpg
米軍から猛烈な攻撃を受ける中、土砂に埋れた大砲を苦労して掘り出したのは日本陸軍兵や鉄血勤皇隊だった。
砲身や台車を合わせ10トン以上あるカノン砲を掘り出し、解体に2時間を要し、自動車で牽引し、組み立てに5時間をか
けて与座に設置されたカノン砲で1発を発射、すると再度米軍に袋叩きにされ、今度は真壁に移動。
そこで台車が地面に埋まり前進不能となったとの事だ。その後米軍に鹵獲され、沖縄の米軍博物館、陸上自衛隊那覇駐
屯地を経て1993年靖國神社(遊就館)に奉納されて展示されている。
DSCN1914.jpg
▲遊就館入口付近に展示されている沖縄戦で使用された日本軍89式15センチ砲。

▼日本海軍93式酸素魚雷(旧佐敷町の南城市老人福祉センターに保管してあった物)
DSCN4517_convert_20160911154645.jpg
※日本海軍93式酸素魚雷は当時、各国が実用化を目指していた中、日本海軍だけが開発に成功した高性能魚雷。
以下は案内石版の文章
「旧日本海軍93式発射魚雷」 全長7.55メートル 重量約2000キログラム 発見場所佐敷字津波古1400-1 
発見日時1955年5月12日魚雷は同所で8発発見され、いずれも弾頭部・信管が装備されてなく無事撤去された。
1発は旧佐敷町が管理し2発は県が保管する事となった。(1991年6月8日設置 旧佐敷町) (平成28年3月移設 南城市)


itomankagakukojyo0608_convert_20161007130445.jpg
▲糸満市与座集落で撮影された工場の廃墟。手前には大きな砲弾跡の水たまり(6/8撮影)
 日本軍化学工場と判断され、戦車部隊の砲撃と空爆で徹底的に破壊された。
Two_Japan_soldiers0609_convert_20161007132526.jpg
▲豪の反対側へ出ようと掘っていたところを捕らえられた2人の日本兵。2人共泥まみれ。(6/9撮影)
 少年兵は正座し銃を突きつける海兵隊員を前に呆然自失となっている。鉄血勤皇隊か・・・(涙が出る)
0609105mirihoidou_convert_20161007133614.jpg
▲第15海兵連隊の砲兵達が自力で105ミリ榴弾砲を別の位置へと移動する。この大型砲は海兵隊員の腕力でこそ動かす
 事が出来る。彼等は手こずっている様に見えるが、徐々に、確実に、次なる定置の方へ懸命に動かしている。
 移動し易いやすい様に砲身にまたがってバランスをとっている兵士に注目(6/9撮影)
singekibeiguncarur_convert_20161014105129.jpg
▲日本軍を追って進軍する米軍のカラー写真。

[ 南部戦線 最後の戦い](那覇市)小禄地区海軍部隊の最後・摩文仁の丘~終焉へ。
mabuni.jpg
南部へ撤退した日本軍は防衛線を、具志頭村玻名城から八重瀬岳・与座岳・高嶺村の国吉・真栄里の東西に敷いた。
具志頭村は戦場となり、住民を巻き込んだ熾烈で残酷な地上戦が6月後半まで続いた。村の人口6315人の4割以上が
犠牲となった。首里から摩文仁へ撤退した日本軍はもはや単なる「敗戦部隊」として、最後の決定的瞬間を待つだけの
存在に過ぎなかった。南部戦線における日本軍将兵と、そこに避難していた約10万人の一般住民は、最後は本島南端
の喜屋武と摩文仁一帯の狭い地域に追い詰められ、身動き叶わぬ事態に陥っていた。全滅は時間の問題だった・・・。
具志頭村民の多くが地元に残り、4割以上が亡くなった背景には、村民が県外や北部などに逃げる事が出来なかった史
実があった。集団疎開の出発日、激しい空襲が始まり中止となった。以後、集団疎開は叶わなかった。
日本軍に避難先として指定された場所が既に米軍に占領されていたり、壕がいっぱいだったりで、住民は右往左往する
しかない現実があった・・・。
昭和20年6月1日日本軍は知念村・玉城村の村長へ立ち退きを命令。しかし、両村に行く途中の港川方面は、米海兵隊
が配備され、桃原には6月に米軍が日本本土へ向けた偵察航空機用に建設した「本部飛行場」(別名 桃原飛行場)もあっ
た。その為、住民達は米戦線を突破出来きず、立ち退きは叶わなかった。
▼日本軍は南部撤退の際、地雷を埋設した。傷病者搬送用ジープと駆逐戦車は両方とも地雷に触れて大破した。
jirainihongun.jpg
▼海軍司令部豪付近で日本軍の対戦車地雷に触れて大破した海兵隊の6×6トラック。
kaigunsirebugofukinjirai_convert_20161006151033.jpg
日本陸海軍はあらゆる平坦地や小禄半島の全ての道、豊見城地域にも大量の地雷を仕掛け、米軍を迎え入れた。
昭和20年6月4日午前5時、アメリカ軍は小禄飛行場の北部に上陸し、海軍司令部壕のある那覇市南西部を包囲した。
※海軍小禄飛行場は、現在の那覇国際空港である。
DSCN4820_convert_20160903203628.jpg
昭和20年6月5日那覇小禄の海軍司令官 大田実中将より以下の電文が摩文仁司令部に打電される。
「軍主力の喜屋武半島への退却作戦も、長堂以西国場川南岸高地地帯に拠る(よる)わが海軍の奮闘により、既に成功
したものと認める。予は、課せられた主任務を完遂した今日、思い残すことなく、残存部隊を率いて小禄地区を死守し、
武人の最期をまっとうせんとする考えである。
ここに懇篤(こんとく)なる指導恩顧を受けた軍司令官閣下に、厚く御礼を申し上げるとともに、ご武運の長久を祈る」
司令官牛島中将はこの電文を見て愕然となり「武運尽きて玉砕するときは陸軍も海軍も一緒である」と打電し、何とか
撤退させようと「最期を同じくされんこと切望に堪えず。摩文仁へ撤退せよ」と命令するも、大田中将は従わなかった。

昭和20年6月5日夜 海軍司令官の大田実中将は海軍次官宛に「沖縄県民斯ク戦ヘリ」の電報を打っている。
minoruohta.jpg
▲沖縄海軍司令官 大田実中将(千葉県出身)享年55歳
昭和20年6月11日7:00小禄の海軍司令部壕に集中攻撃が加えられる。大田中将は可能な限りの部下を地下壕から脱出
させ、後方攪乱や遊撃戦を命じた。最後の自決に巻き込まない様にとの配慮である。
※これらの海軍将兵が陸軍からの脱走兵と誤解されない様、海軍根拠地隊玉砕の電報と共に陸軍に通知している。
昭和20年6月12日午後、小禄海軍司令部壕上の丘も占領され、海軍部隊最後の時は迫った。
「自力で行動できる者は最後まで生き延びて戦ってくれ」との指示が出された。
tukikokaigunsirebugou_convert_20160909153444.jpg
▲海軍司令部豪の通気口を覗き込む米兵、海軍司令部豪はそれまでの米軍の攻撃ではびくともしなかった。
kaigunsireibugoiriguti_convert_20160909144828.jpg
▲海軍司令部豪入口に白リン弾が投げ込まれた瞬間(米軍撮影)
海軍次官宛、大田司令官の最後の電文。
(発)沖根13:35 ※沖根とは沖縄根拠地隊司令官の事
一、朝来、敵戦車および歩兵、当司令部壕外に蝟集いしゅうし、煙弾を打ち込みあり
二、我方、およそ刀をもって戦いうる者は、いずれも敵に当たり、然らざる者は自決しあり
三、74高地2か月余りの奮闘も、本日をもって終止符を打つものと認む
(発)沖根16:19
これにて通信連絡を絶つ。
昭和20年6月13日午前1時「総員、脱出せよ!壕は爆破される」との大声での命令が伝えられた。
大田中将以下、幕僚達6名が拳銃で自決する銃声が響いた。小禄海軍司令部壕内で爆雷の爆発音が響き、爆風が押し寄
せ、電気が消えて真っ暗になる。大田実中将は自決を遂げ那覇市小禄地区における海軍の組織的な戦闘は終結した。
DSCN4838_convert_20160904163730.jpg
▲小禄海軍司令部壕のある丘の上には慰霊碑がある。昭和28年3月、太平洋戦争で生き残った元海軍部隊隊員が司令部
壕跡を訪れた時、入口は崩壊し坑内には泥水が溜まっている有様であった。
壕内からは大田司令官をはじめとして800名以上の遺骨が収集された。
昭和33年には更に1500名以上の遺骨が収集され、沖縄海友会によって海軍慰霊之塔が建立された。
DSCN4836_convert_20160904164047.jpg
※ゆいレール小禄駅近くの住宅地に田原(たばる)公園がある、その隣の小さな丘はカテーラムイ(森)と呼ばれている。
 田原公園、カテーラ森一帯は米軍からの返還地。返還後、マンション建設の計画があった様だが計画は中止となり、
 公園が整備され、カテーラ森は残った。今回は行けなかったが、その地下にも旧海軍壕が残っているとの事だ。
▼現在は海軍豪公園として駐車場完備、市民の憩いの場となっている。車を止め、400円を支払い入館する。
DSCN4848_convert_20160904164453.jpg
▼海軍司令部壕入口(入口付近は昭和45年3月1日、壕内長さ300mの区域が復元され、一般に公開された)
DSCN4740_convert_20160904164707.jpg
▼ある程度下り、振り返って入口を撮影。
DSCN4744_convert_20160904165810.jpg
▼50m以上下っていくと、そこからは当時のままの豪だ。海軍らしい綺麗なコンクリートまきの豪内だ。
DSCN4746_convert_20160904170343.jpg

DSCN4762_convert_20160904170828.jpg

DSCN4747_convert_20160904171914.jpg
▼作戦室
DSCN4750_convert_20160904171841.jpg

DSCN4768_convert_20160904171808.jpg

DSCN4769_convert_20160904171142.jpg
▼幕僚室(司令官室・作戦室に近い幕僚室は幕僚が手榴弾で自決した時の破片の跡が当時のままくっきり残っていた)
DSCN4760_convert_20160904171028.jpg

DSCN4812_convert_20160904180620.jpg
▼司令官室
DSCN4815_convert_20160904175755.jpg
▼壁面には「大君の御はたのもとに死してこそ人と生まれし甲斐ぞありけり」の大田司令官の愛唱歌が鮮やかに残る。
DSCN4766_convert_20160904180237.jpg
以下
昭和20年6月5日夜 大田実中将が海軍次官宛に送った「沖縄県民斯ク戦ヘリ」の電報(原文)文中の□部分は不明
左ノ電□□次官ニ御通報方取計ヲ得度
沖縄県民ノ実情ニ関シテハ県知事ヨリ報告セラルベキモ県ニハ既ニ通信力ナク三二軍司令部又通信ノ余力ナシト認メ
ラルルニ付本職県知事ノ依頼ヲ受ケタルニ非ザレドモ現状ヲ看過スルニ忍ビズ之ニ代ツテ緊急御通知申上グ
沖縄島ニ敵攻略ヲ開始以来陸海軍方面防衛戦闘ニ専念シ県民ニ関シテハ殆ド顧ミルニ暇ナカリキ
然レドモ本職ノ知レル範囲ニ於テハ県民ハ青壮年ノ全部ヲ防衛召集ニ捧ゲ残ル老幼婦女子ノミガ相次グ砲爆撃ニ家屋
ト家財ノ全部ヲ焼却セラレ僅ニ身ヲ以テ軍ノ作戦ニ差支ナキ場所ノ小防空壕ニ避難尚砲爆撃ノガレ□中風雨ニ曝サレツ
ツ乏シキ生活ニ甘ンジアリタリ
而モ若キ婦人ハ卒先軍ニ身ヲ捧ゲ看護婦烹炊婦ハ元ヨリ砲弾運ビ挺身切込隊スラ申出ルモノアリ
所詮敵来リナバ老人子供ハ殺サルベク婦女子ハ後方ニ運ビ去ラレテ毒牙ニ供セラルベシトテ親子生別レ娘ヲ軍衛門ニ
捨ツル親アリ
看護婦ニ至リテハ軍移動ニ際シ衛生兵既ニ出発シ身寄無キ重傷者ヲ助ケテ敢テ真面目ニシテ一時ノ感情ニ馳セラレタ
ルモノトハ思ハレズ
更ニ軍ニ於テ作戦ノ大転換アルヤ夜ノ中ニ遥ニ遠隔地方ノ住居地区ヲ指定セラレ輸送力皆無ノ者黙々トシテ雨中ヲ移動
スルアリ是ヲ要スルニ陸海軍部隊沖縄ニ進駐以来終止一貫勤労奉仕物資節約ヲ強要セラレツツ(一部ハ兎角ノ悪評ナキ
ニシモアラザルモ)只々日本人トシテノ御奉公ノ護ヲ胸ニ抱キツツ遂ニ□□□□与ヘ□コトナクシテ本戦闘ノ末期ト沖縄島
ハ実情形□一木一草焦土ト化セン
糧食六月一杯ヲ支フルノミナリト謂フ
沖縄県民斯ク戦ヘリ
県民ニ対シ後世特別ノ御高配ヲ賜ランコトヲ

(現代語訳)
沖縄県民の実情に関して、権限上は県知事が報告すべき事項であるが、県はすでに通信手段を失っており、第32軍司
令部もまたその様な余裕は無いと思われる。県知事から海軍司令部宛に依頼があったわけではないが、現状をこのまま
見過ごす事はとてもできないので、知事に代わって緊急にお知らせ申し上げる。
沖縄本島に敵が攻撃を開始して以降、陸海軍は防衛戦に専念し、県民のことに関してはほとんど顧みることが出来なか
った。にも関わらず、私が知る限り、県民は青年・壮年が全員残らず防衛召集に進んで応募した。
残された老人・子供・女は頼る者がなくなった為、自分達だけで、しかも相次ぐ敵の砲爆撃に家屋と財産を全て焼かれ
てしまって、ただ着の身着のままで、軍の作戦の邪魔にならない様な場所の狭い防空壕に避難し、辛うじて砲爆撃を避
けつつも風雨に曝されながら窮乏した生活に甘んじ続けている。
しかも若い女性は率先して軍に身を捧げ、看護婦や炊事婦はもちろん、砲弾運び、挺身斬り込み隊にすら申し出る者ま
でいる。どうせ敵が来たら、老人子供は殺されるだろうし、女は敵の領土に連れ去られて毒牙にかけられるのだろうか
らと、生きながらに離別を決意し、娘を軍営の門のところに捨てる親もある。
看護婦に至っては、軍の移動の際に衛生兵が置き去りにした頼れる者のない重傷者の看護を続けている。
その様子は非常に真面目で、とても一時の感情に駆られただけとは思えない。
更に、軍の作戦が大きく変わると、その夜の内に遥かに遠く離れた地域へ移転する事を命じられ、輸送手段を持たない
人達は文句も言わず雨の中を歩いて移動している。
つまるところ、陸海軍の部隊が沖縄に進駐して以来、終始一貫して勤労奉仕や物資節約を強要されたにもかかわらず、
(一部に悪評が無いわけではないが、)ただひたすら日本人としてのご奉公の念を胸に抱きつつ、遂に‥・(判読不能)
与えることがないまま、沖縄島はこの戦闘の結末と運命を共にして草木の一本も残らない程の焦土と化そうとしている。
食糧はもう6月一杯しかもたない状況であるという。沖縄県民はこのように戦い抜いた。
県民に対し、後程、特別のご配慮を頂きたくお願いする。
DSCN4765_convert_20160904180308.jpg

DSCN4773_convert_20160904171359.jpg

DSCN4772_convert_20160904173000.jpg

DSCN4770_convert_20160904173034.jpg

DSCN4751_convert_20160904173049.jpg
▼資料館には豪内から出た遺品。やかんや水筒、薬ビンなどが展示してある。
DSCN4710_convert_20160904181254.jpg
▼下士官室
DSCN4802_convert_20160911224149.jpg
▼発電室
DSCN4786_convert_20160911224737.jpg
▼医療室
DSCN4782_convert_20160911225122.jpg
▼ツルハシの跡が生々しく残る豪の側壁
DSCN4798_convert_20160911225306.jpg
▼資料館には豪内から出たツルハシが展示してある。
DSCN4793_convert_20160911225442.jpg
※海軍司令部豪は陸軍の豪と同じく軍極秘の豪だが、海軍は住民を一切動員せず、海軍部隊だけで完成させている
kaigunsireibugonooka_convert_20161006124718.jpg
▲昭和20年6月に撮影された海軍司令部豪のある小禄半島東部豊見城地域の高地。
06kaigunsireibugoato_convert_20161006125944.jpg
▲昭和20年6月に撮影された海軍司令部豪のある小禄半島東部豊見城地域の高地のアップ。
99-09-4_convert_20161006215913.jpg
▲海軍司令部豪の高地を白旗を持ってかけ上ってくる日本海軍陸戦隊兵士。少年兵も見える(6/15撮影)
nigerukaigunhei_convert_20160912122635.jpg
▲小禄地区の海岸を逃げる海軍部隊の少年兵(隣に射殺された海軍兵が倒れている)
syonenheityousa_convert_20160912122915.jpg
▲そして捕虜となった。
kaiguntokojapan_convert_20160912123300.jpg
▲それを見ていたのか海軍部隊の兵隊が続々と投降してきた。
kaigunheitoukookinawa_convert_20160912123517.jpg
▲「やっと終わった・・・」という安堵感が見て取れる。上官次第で生死が決まる。教育次第で国民の生死が決まる。
この写真は沖縄戦が完全に終結した時期では無い。摩文仁では降伏しない牛島中将率いる陸軍部隊が民間人を巻き込ん
で米軍の激しい掃討作戦を受けていた頃である。たらればは言っても仕方ない、死んだ人は帰って来ない・・・。
しかし、もし沖縄守備軍の陸海軍最高責任者が大田実中将だったらせめて民間人は・・・。と、考えずにはいられない。

昭和20年6月7日米軍は八重瀬岳地区に猛烈な砲爆撃を加えると共に、日本軍独立混成第44旅団の正面に猛攻。
逃げ惑う避難民と日本兵で混乱状態となる。水を汲みに行く泉は、米軍艦砲射撃の集中する場所で飲料水も無かった。
昭和20年6月8日米軍は、糸満・兼城・与座・世名城・富盛・具志頭の日本軍防衛ライン手前に侵攻、攻撃準備を整える
昭和20年6月9日米軍は、糸満の報得川を渡り日本軍前進基地を攻撃するも、待ち伏せに会い撃退される。
昭和20年6月10日米軍が糸満・照屋・与座を攻撃。八重瀬岳~具志頭の日本軍防衛ラインに進出。
▼米海兵隊の司令部が設置された糸満市の白銀堂(はくぎんどう)(6/13撮影)
0613itomanjinjya_convert_20161007163219.jpg
▼現在の白銀堂。古くからウミンチュ(漁師)の町として知られる糸満市で航海の安全と豊漁を祈願する拝所である。
hakugindo_convert_20161209104237.jpg
※現在も糸満ハーレーや糸満大綱引など、旧暦行事の祭祀が執り行われている[ 沖縄県糸満市糸満23 ]

昭和20年6月12日~14日 12日未明から南部一帯に立ちこめた深い霧を利用するかの様に米軍(3個中隊)が八重瀬岳の
日本軍洞窟陣地に猛攻を開始。(八重瀬岳山頂付近は飲料水が全く無かった)
独立混成第44旅団正面は米軍戦車16両を伴う猛攻を受け、戦力は大隊長以下約80名となっていた。
特に具志頭・玻名城・安里付近は10日早朝から戦車を伴う強力な米軍の攻撃を受けていた。
米軍は具志頭陣地を制し、安里北側台地にも米軍が進出し安里正面は危険な状況となった。
昭和20年6月11日具志頭陣地に立て籠もる武器弾薬の底をついた日本軍独立混成第15連隊第1大隊が、夜間斬り込みを
敢行し玉砕。米軍は摩文仁を落とさんとすべく沖縄の南部における西部側から、国吉を通って進撃を開始した。しかし、
国吉台地で日本軍陣地(歩兵第32連隊)から機関銃や小銃などが火を噴き、激しい抵抗にあい、米軍は釘づけにされた。
okinawano1phot_convert_20161212192108.jpg
▲6/12頃、八重瀬町富盛にある勢埋城の「石彫大獅子」で八重瀬岳を偵察する米第381連隊第1大隊
 ※沖縄県内最大最古のシーサー「富盛の石彫大獅子」(ともりのいしぼりおおじし)は現在も残っている。
 沖縄県島尻郡八重瀬町富盛21
tank-infantry-attack.jpg
西部戦線「国吉台地の戦闘」は膠着状態であったが、日本軍兵力(歩兵第32連隊約250名)の消耗も激しく、米軍の戦線
突破も時間の問題となる。
0616gisousensya_convert_20160930132559.jpg
▲日本軍のダミー戦車を眺める米兵。手前に日本兵の遺体が・・・沖縄戦の最中に作ったのだろうか・・・言葉無。

※糸満市阿波根に「潮平権現壕」(シータラーガマ)がある。ここは潮平集落の住民約560人が避難していた。
 昭和20年6月14日米軍の呼びかけに応じた住民達は約3か月ぶりに次々に壕から投降。奇跡的に全員無事だった。
 潮平集落の住民は、壕から生還した旧暦5月5日に集まり、壕に感謝の気持ちを伝えているとの事。
 現在豪の見学は潮平区の許可が必要との事。

06111941Studebaker.jpg
▲昭和20年6月11日岩の裂け目に隠す様に止められていた1941年型スチューデベイカー・コマンダーを米兵が発見。
 「日本陸軍認可証」が入っていたこの車は右ハンドル。陸軍将校用の車だ、牛島司令官他将校が南部撤退の際に使用
 した車だと思われる。豪雨の中、徒歩での撤退は日本兵にとって大変だったであろう。将校は車移動か・・・(呆)
1941Studebaker19450611okinawa_convert_20161007144200.jpg
▼(参考)スチュードベーカー・コマンダー[ Studebaker Commander1927~1964 ]アメリカ製
1941Studebaker Commander
▼こちらは同じく放棄されていた日本軍のジープ。カットリップ大尉(左)が車載工具を見ている(6/12撮影)
0612Japan_JEEP_convert_20161007154944.jpg
▼破壊された日本軍戦車3両と、首里の郊外を進む海兵隊の部隊(6/11撮影)
0611ThreeJap army tank
▼破壊された日本軍戦車を念入りに調べる米兵(6/11撮影)
0611japantank.jpg
昭和20年6月15日八重瀬岳方面の米軍は逐次増大し、戦車21両が破壊されながらも東部戦線を突破。
0621iharamuraModel96_150mm_Howitzer_convert_20161011154000.jpg
▼▲伊原村で撮影された日本軍96式150ミリ野戦砲(6/21撮影)
0621Model1936_150mm_Howitzer_convert_20161011154422.jpg
昭和20年6月17日日本軍の抵抗らしい抵抗は止んだが、米軍は13日~17日までの間に1150名もの死傷者を出した。
同日、バックナー米軍司令官からの降伏勧告が届く(11日発信だが届いたのは17日)
以下、バックナー中将が戦死の1週間前に日本軍牛島中将宛に打電した「降伏勧告文書」(日本語訳)

第32軍司令官 牛島満中将閣下へ
牛島将軍、貴下に敬意をこめて、この一書を呈します。
貴下は歩兵戦術の大家にして、我々の尊敬を集めるに充分な、立派な戦をされました。
私も貴下と同じ歩兵出身で、貴下が孤立無援の、此の島で果された役割と成果に、満腔の理解を持ち、かつ賞讃を惜しま
ぬもので有ります。 然しながら、すでにこの島の飛行場は、自由に我々が使用する所となりました。
この上貴下が、戦闘を継続して前途ある青年達を、絶望的な死に追いやる事は、甚だ意義のない無益な事と私は信じます。
私は人格高潔な指揮官である貴下に対し、速かに戦をやめ部下の生命を、救助せられる事を勧告します。
明12日、マブニ海岸沖の軍艦上に我が方の軍使を待期させます。貴軍に於かれても、軍使5名を選び、白旗を持って同地
海岸に差し出される様、切に望みます。米軍上陸軍司令官 サイモン、バックナー中将より
昭和20年6月11日降伏勧告文

※牛島中将は降伏勧告を黙殺した。
CavejapanOkinawa.jpg

okinawathochka.jpg
日本軍は沖縄に一体どのくらの数の陣地豪を掘ったのだろう・・・第32軍防衛築城隊や要塞建築勤務中隊、第2野戦
築城隊など、資料を見る限りで確認出来るが、撤退決定後の陣地構築も含め、土方仕事の比では無かったであろう。
okinawatochka.jpg
▼米軍が撮影した日本軍のロケット砲陣地豪
orokurocketterancyur_convert_20160908163703.jpg
資材不足だったのか丸太などの木で組まれた場所が多い。
jijitigoujapanokinawa5_convert_20160908165538.jpg
硬い珊瑚岩を掘ったり、大変だったであろう・・・「硫黄島」で掘られた陣地豪規模ではなかろうか。
「ガマ」と呼ばれる自然豪も多いが、病院豪も含め、数で言えば太平洋戦争の戦地では最高数ではなかろうか・・・
nahakikkobaka_convert_20160912154630.jpg
ほとんどの豪が、それぞれの戦地となった丘の中腹の地下で繋がっていたと言う。
SUGARLOAFjinchi_convert_20160908165816.jpg
※日本軍陣地豪の画像は全て沖縄戦で米軍が撮影した物、場所の特定は困難だが本島に築かれた豪と亀甲墓だ。
jinntijapanokinawa_convert_20160908170842.jpg
▼(69高地)日本兵の潜む洞窟陣地に爆薬を投込む爆破班(6/12撮影)
0612bakuyaku_convert_20161007160128.jpg
▼この豪は伊江島で撮影された写真。補給物資・武器・弾薬などの倉庫替りとしても利用された。
soukogou_convert_20160921142843.jpg

nihonguntochikaokinawa_convert_20160915104043.jpg

yonyanjinntigo_convert_20160915104234.jpg
▼指揮所とされる豪。入口前で最後まで指揮所を守った日本兵が戦死している。
nihongunjinntigoheisi_convert_20161006220604.jpg
巧妙に築かれた日本軍陣地豪は戦車でないと危険過ぎて近づくことは困難であったと言う。
米資料には「航空機や火焔戦車で休まず攻撃を加え、戦意を喪失するまで17日になっても進撃は無理であった」とある。
しかし、国吉・与座・八重瀬・具志頭の日本軍防衛ラインを殲滅。一気に喜屋武と摩文仁一帯になだれ込んだ。
結果、国吉陣地は米側の手に落ち、最後の防衛線の与座・八重瀬岳陣地も陥落し日本軍は事実上沖縄戦に敗北した。
国吉戦線含め17日までに各戦線の防衛隊は八重瀬岳方面の独立混成第44旅団は6月14日までにほぼ全滅。
6月15日頃には、摩文仁第32軍司令部への侵攻を防ぐ為に第62師団は全力反撃したが、残存戦力の大半を失った。
喜屋武地区の第24師団も、6月17日には師団としての組織的抵抗が不能の状態となった。各戦線が崩壊した日本軍はそ
れらを埋める兵力・武器弾薬は無きに等しく、日本軍は潰走を重ねるのみとなる。
▼日本兵捕虜を監視する海兵隊の歩哨(6/13撮影)
0613nihonheihoryo_convert_20161011113041.jpg

昭和20年6月18日米軍司令官バックナーが糸満市真栄里(高嶺)にて日本軍の迫撃砲を受け戦死。
バックナー中将は沖縄に侵攻した米上陸軍の最高司令官で優秀な人物だった。4/1沖縄に上陸して以降、地上戦の指揮を
執った。日本軍が南部に追い詰められ、勝負の見えた6/18南部の真栄里地区を前線視察中に日本軍の15センチ榴弾もし
くは小銃の狙撃により戦死した。(日本では松田定雄氏による、小野一等兵による狙撃説が有名)
太平洋戦争で戦って戦死した米軍指揮官の中では最高位の戦死者となり、山本五十六大将の戦死に匹敵するような衝撃
だったと思われる事件となった。
094601Bucknerkilled_convert_20161013095033.jpg
▲昭和21年1月に撮影されたバックナー将軍が戦死した場所を示す石碑。
日本側証言によると小銃による狙撃説が有力で、実際この付近で第96師団副師団長イーズリー准将や第6師団383歩兵
連隊のメイ連隊長(大佐)も日本兵の狙撃で戦死している。この頃になると米軍にも気の緩みがあったのかも知れない。
しかし、同じ場所で数日の間に米軍高官が3名も狙撃されて戦死した事は、他の太平洋の戦場ではありえない事だった。
米軍司令官バックナー中将戦死後、『動くものは何でも撃ち殺せとの米軍の命令』の結果、戦場はいっそう悲劇的な実
相になっていく事になる・・・。
SimonBolivarBuckner_convert_20160905160021.jpg
▲第10軍総司令官サイモン・ボリバー・バックナー中将(Simon Bolivar Buckner)ヘルメット黒点の人物。
 隣は第6海兵師団司令官シェパード少将。(5/14撮影)
okinawasen17_convert_20160906155123.jpg
▲司令官を失った米兵達の中で日本軍に対する憎悪と怒りが噴出した事も事実である。
 沖縄戦の戦場で木に吊るされた日本兵の首。
▼「山形の塔」からほど近い場所にバックナー中将が戦死した場所がある
DSCN4699_convert_20160911223903.jpg

DSCN4701_convert_20160911223928.jpg

DSCN4695_convert_20160911224039.jpg

LAST_PHOTOGRAPH_OF_GEN_BUCKNER_convert_20161006152329.jpg
▼▲戦死数分前のバックナー中将(右端)第10陸軍司令官バックナー中将最後の写真。
 中将は攻撃のさなか第6海兵師団の前線監視所で視察中に日本軍の銃撃に倒れた。現在の写真(下)右奥の石に足をか
 けて視察していたと言われている。
DSCN4692_convert_20160911224007.jpg
▼昭和27年4月28日に撮影されたバックナー中将慰霊碑
19520428Buckner.jpg

0602nihonheijyusyo.jpg
▲6/20サトウキビ畑の中に隠れていた日本兵が発見された。足を負傷していた日本兵は動けず観念した様に見える。
▼米兵がこの日本兵を見た時衝撃を受けた。日本兵は左腕を失っており、その傷跡はきれいに縫合されていた。
kataudenihonhei_convert_20161213113849.jpg
▲先の戦いで腕を負傷し、野戦病院で切断され、傷口は処理してあったのであろう・・・。
「日本軍はこういう兵士までも戦わすのか」と米兵は言葉を失ったと言う。
MINKANJIN_convert_20160902103414.jpg
▼▲投降する日本軍兵士。服装に注目 この様に沖縄住民の服を着て民間人に偽装して戦う日本兵もいた(6/21撮影)
当然その逆もあり得る訳で、民間人に紛れて逃げていた日本兵も居るだろう。極限状態では国民を守る事が兵士の仕事
である事など考えていられなくなるのであろう。ガマで日本兵に脅されたり自決を強要された住民の証言も理解出来る。
JapanesesoldiersOkinawa.jpg
▼発煙手榴弾とライフル攻撃でサトウキビ畑に潜む日本兵を掃討する海兵隊員(6/13撮影)
0613soutosakusen_convert_20161011112625.jpg
▼捕虜となった、同じ豪に潜んでいた日本兵と住民(6/16撮影)
0616nihomheitominkanjin_convert_20161011121739.jpg
昭和20年6月17日島田叡沖縄県知事が、摩文仁の司令部豪に牛島司令官を陣中訪問したが、軍の命運もこれまでと察し
6月18日随行して来ている荒井警察部長他4名の役職員を道連れするに忍びず、自由行動を命令して軍医部所在の壕よ
り去った。 しかし、荒井退造警察部長は残留し、島田知事と共に7月初め頃に自決、共に殉職したとされるが、島田叡
知事と荒井退造警察部長の遺骨は見つかっていない。
島田叡沖縄県知事は明治34年12月25日生(兵庫県神戸出身)享年42歳、立派な知事であった。
shimadaikka_convert_20160902124309.jpg
▲愛知県警察部長時代の島田一家。
※昭和18年7月~昭和19年1月は、慰安所設置等で日本軍と意見が対立する事も多かった泉 守紀沖縄県知事だった。
※長野作戦参謀、薬丸情報参謀、木村後方参謀、三宅通信参謀はそれぞれ遊撃戦指導、大本営報告のため司令部を出
 て北部への脱出を計ったが成功せず、全員戦死している。

昭和20年6月18日沖縄県民と日本軍将兵は、米軍に追われ南下を続ける。
この日「ひめゆり学徒隊」に突然解散命令が出され、翌日の6月19日をはじめとする約1週間の間に多数の犠牲を出した
(死亡者の内、80%がこの間に集中している)最終的には教師18名・学徒222人の内、教師13名・学徒123人が戦死。
その内の10人(教師の平良松四郎と9名の生徒)は荒崎海岸 伊原の壕内で集団自決している。
また、隣の洞窟でも米軍の銃乱射で3名が死亡、3名が重傷を負った。
himeyurigakutotai_convert_20160905132615.jpg
▲昭和19年春に撮影された野田校長を囲む様に写真に収まる沖縄県女子師範学校の生徒達。
himeyuritai_convert_20160905133748.jpg
▲写真に収まる沖縄県立第一高等女学校(乙姫)か沖縄県女子師範学校(白百合)の女学生。
※沖縄県立第一高等学校・沖縄師範学校は当時各町、村から1名合格するかどうかの難関校だったという。
jyosigakutotai_convert_20160906150923.jpg
▲6月12日包帯など衛生材料や手投げ弾の入ったカバンを持って走り抜けようとした学徒看護婦が米軍に射殺された。
日本兵・軍医と共に日本軍の居る国吉に移動中だった彼女は、静止を命じられたが逃げ、全員ヘンゲヘアー1等兵に射
殺された。彼女はライフルも所持していた「ひめゆり学徒看護隊」に解散命令が出されたのは、この約1週間後だった
沖縄戦で動員された女子学徒隊は10校およそ500人、本島南部でほとんどの学徒隊が半数近くの戦死者を出した。
teatesyojyookinawa0613.jpg
▲捕虜となり衛生兵の手当を受ける少女(6/13撮影)
DSCN4643_convert_20160914215420.jpg
▲「ひめゆり平和祈念資料館」にも立ち寄った(沖縄県糸満市)
「ひめゆり平和祈念資料館」は平成元年6月23日、7年の準備期間を経て開設された。ひめゆり同窓会による自主運営
で、公的資金を一切受けないという点で、日本では稀有な戦争資料館である。
現在は1日2000~4000人が訪れ、多い日では6000人もの来館者があると言う。建設当初は沖縄県は反対の姿勢を示
していたという事だ。資料館の建設には同窓会の土地を担保にして、銀行から1億5千万もの借金をした。
利子だけで年間6百万円だった。多くの来館者や全国からの寄付などもあり、完済出来たと言う。
DSCN4637_convert_20160914215904.jpg
▲伊原第三外科壕の横にひっそりと昭和21年4月7日に建てられた「ひめゆりの塔」がある。
 「ひめゆりの塔」は戦死した生徒の親達によって壕が発見され、遺骨が集められて建てられた慰霊碑の事。
DSCN4639_convert_20160914220546.jpg
▲伊原第三外科壕。通称「ひめゆりの洞窟」は6/19米軍にガス弾を投下され、ここに避難していた約100名の内80名
 程が命を落とした。ひめゆり学徒もここで50名中42名が亡くなっている。
 ※伊原第三外科壕のある糸満市真壁や米須地区は有川 圭一中将率いる第64旅団が奮戦していたが、64旅団将兵は
 玉砕し6/21未明、有川主一中将や高級副官竹下勇大尉以下一部の将兵が自決した豪も残されているとの事で、次回
 慰霊に訪れたいと思っている。
DSCN4646_convert_20160914221609.jpg
▲▼訪れる人は少ないらしいが、近くに伊原第一外科壕が残っている(昭和20年5月27日頃ひめゆり学徒が入っている)
 「碑文」
 ここは陸軍病院第一外科及び糸数分室所属の軍医看護婦、沖縄師範学校女子部、沖縄県立第一高等女学校職員生徒の
 いた壕である。米軍迫まる1945年6月18日夜、軍より学徒隊は解散を命ぜられて、弾雨の中をさまよい照屋口夫教授
 以下、多くはついに消息をたった。軍医看護婦患者も同じく死線を行く生死のわかれの地点である。
 ここで負傷戦没した生徒(古波蔵満子/荻堂ウタ子/牧志鶴子/石川清子/浜元春子/知念芳/神田幸子/比嘉ヨシ/照屋貞子)
 藤野憲夫沖縄県立第一中学校長もここで最後を遂げられた。
 謹んで記して御冥福を祈り平和を祈願する。
しらじらと明けそむる野を砲弾の雨に散りゆく姿目に見ゆ血にそまる巌のしづくは地底にしみて命の泉と湧きて出でなむ
 1974年 6月 ひめゆり同窓会
DSCN4661_convert_20160914222113.jpg
日本軍部隊がある摩文仁村に移動中、海上からの艦砲射撃を受けて負傷した、沖縄県立第一中学校(現県立首里高校)
校長の藤野憲夫校長を付き添いの生徒が伊原第一外科壕に担ぎ込んだ。
藤野校長は昭和20年3月下旬、一中生と教職員で組織した「沖縄一中鉄血勤皇隊」の一員として沖縄戦に加わっていた
傷病兵であふれ返る壕の中で、衛生兵と当時17歳だった「ひめゆり平和祈念資料館」館長島袋淑子さんは、薄暗い洞穴
で激痛に苦しむ藤野校長を必死で介抱した。島袋さんら女学生でつくる「ひめゆり学徒隊」が手当てに追われていた。
医薬品は不足し十分な治療は出来ない。「痛い」とうめく校長に求められ、島袋さんが包帯を緩めると傷口が開き鮮血
が噴き出す、また締め直す。何度か繰り返していると校長は痛みで意識が混濁し、うわ言をつぶやき始めた。
「必ず勝つんだよ、大丈夫だよ。」そばで看病する島袋さんを自分の生徒と勘違いしている様だった。
声を出す気力も無くなったのか、次第に静かになり翌日未明に息を引き取った。享年55歳、
故郷から遠く離れた地での最期だった。島袋さんは息絶えた校長をねぎらうように、鼻と口をガーゼで拭いた。
目は開いたままだった「最期まで生徒を気に掛けていた。麻酔で時間をかけて治療が出来たら助けられたかもしれない」
藤野校長の遺体は一中生と教員が壕の入り口近くにある爆弾で開いた穴に埋めた。
砲弾が雨のように降り注ぐ中、遺体を運び急いで土をかぶせた。
元勤皇隊員の石川栄喜さんは「怒りや悲しみといった感情は無かった。明日自分は生きているのか、死んでいるのか。
それだけを考えていた。」と極限状況を振り返る。生徒らは皇室を重んじていた校長の頭を東に向けて埋葬した。
校長に出来るせめてもの手向けだった。
fujinokotyo.jpg
▲藤野憲夫校長(土方村 現・静岡県掛川市出身)享年55歳
沖縄県立第一中学校の職員は軍属扱いになった。藤野校長は佐官待遇、野崎教頭は尉官待遇になり、
黄色い星が一列に並んだ軍属の階級章を渡されていたと言う。
DSCN4651_convert_20160914221923.jpg
▼▲6/17至近弾が着弾、この豪は米軍の火炎放射を受け、中に居た女学生2人が亡くなっている。
DSCN4649_convert_20160914222019.jpg

0616nihonhei_convert_20160930131623.jpg
▲洞窟から引きずり出された日本兵(6/16撮影)米兵に取り囲まれている。ご苦労様でした。
Japprisoners1.jpg
▼▲身体検査され、捕虜となった2人の日本兵。呆然としている・・・。ご苦労様でした。
Japprisoners_convert_20161006221337.jpg
▼塹壕から救出される住民達(6/20撮影)
0620mizojyumin_convert_20161011135342.jpg


USAOkinawamabuni1.jpg
▲摩文仁司令部豪のある辺りの丘から撮影したものと思われる。摩文仁は本島の南端、もう直ぐそこは海である。
DSCN4584_convert_20160905212506.jpg
▲現在のほぼ同じ位置を摩文仁の丘から撮影。
昭和20年6月20日第32軍司令部豪付近の残存兵力で最後の総攻撃を仕掛けるもほとんど全滅。
昭和20年6月21日米軍、摩文仁を占領。午後遅く、司令部豪の中で牛島中将と長中将の自決について話し合われた。
6月21日晩には最後の晩餐会(別離の宴)が開かれ、とっておきのウイスキーが開けられ、残っていたパイン缶も全て開
けられた。通りかかる将兵や少年兵(鉄血勤皇隊の中学生)に牛島中将は、パインをフォークにさして差し出す。
少年兵(鉄血勤皇隊)それを押し戴こうとすると、「口を開けなさい」と言って一人ずつ口に入れてあげたと言う。
「司令官達は洞窟内で自決すると珊瑚岩が固く、埋める事が出来ない。それに敵に直ぐ発見される危険と腐った死体が
残ると不様だ。高地頂上で自決して頂き、死体はそのまま海に投じて水葬とした方が良い。」との結論を出し6月22日
夜半を期して、司令部豪内の将兵で摩文仁高地頂上を奪還し、6月23日未明に頂上で自決する事が決まった。
6月22日米軍は司令部豪の通気口から手榴弾を投げ込み、削岩機で穴を掘って爆弾を仕掛け馬乗り攻撃を始める。
米兵が投げ込んだ手榴弾の爆発で牛島中将は足や腕を負傷した様だ。最後の時は迫っていた。
摩文仁高地頂上奪還の為、秋永中尉らは頂上に達するも、直ちに数名の部下衛兵と共に手榴弾を交えてことごとく殪れ、
第3陣を承って駆け上がった池田少尉以下十数名は山頂に達するに先立ち死傷。壕底に転落し、更に手持ちの手榴弾が
爆発して損害が広がり、摩文仁高地頂上奪還は米軍の頑強な反撃で失敗する。
6月22日未明、牛島中将と長中将はやむなく司令部豪出口付近にて青酸カリで自決。
6月23日早朝には米兵によって運び出されたとされる。
6月25日頃、捕虜となり米軍から死体を確認を命じられた沖縄憲兵隊副官 萩之内清中尉が司令部壕下方3~40mの場所
で並べる様にくぼ地に石を積んで埋めてあった長中将と牛島中将の遺体を確認し以下の様に語っている。
遺体の1つは首が無かった。略章をつけた軍服に白い手袋。牛島司令官だった。軍司令官の首は吉野中尉が何処かに埋
めたとされている。
もう一方の遺体は敷布2枚を繋ぎ合わせた袋の中に入っていた。ズボンは軍服だが上着はなく白い肌着を着ているだけ
だった。その肌着には墨で「忠即■命 ■忠報国 長勇」と書かれており、長中将だと断定された。

その3日後には摩文仁高地頂上に埋葬された様だ。写真では牛島中将の首はついている様に見えるが真相は謎である。
Mitsuru UshijimaWtyo
▲自決後とされる写真。手前が長中将、奥が牛島中将。頭をつき合わせた状態で横になって死んでいる(米軍撮影)
長中将は酒豪であったので自決間際も飯盒の蓋一杯の酒を飲んだと言う。そして介錯は坂口勝副官であった。手前の長
中将の耳の辺りに白い布の様な物がかけてあり、坂口勝副官が介錯した事が写真を見るとよく分かる。牛島中将は負傷
して衰弱しており、痛み止めのモルヒネや麻薬で既に意識が朦朧とした状態での自決だった様だ。6/22には既に死亡し
ていたという話もある。実際に米軍が立てた木碑の日付は2人共、「昭和20年6月22日」と書かれている。
[第32軍司令官 牛島満中將 訣別の辞]
大命を奉じ擧軍醜敵撃滅の一念に徹し勇戰敢鬪茲に三箇月、全軍鬼神の奮戰力鬪にも拘はらず敵の攻勢を粉碎する能
はず、事態正に危急に瀕せり麾下部隊本島進駐以来現地同胞の献身的恊力の下に鋭意作戰準備に邁進し來り敵を邀ふ
るに方つては航空部隊と相呼應し皇土沖縄防衛の完壁を期したるも満不敏不徳の致すところ事志と違ひ遂に負荷の重任
を継續する能はざるに至れり上 陛下に對し奉り下國民に對し眞に申訳なし、事茲に到れる以上残存手兵を提げ最後の一
戰を展開し阿修羅となりてなほ敵兵を撃殺せん存念なるも唯々重任を果し得ざりしを思ひ長恨千歳に盡るなし最後の決
鬪に當り既に散下せる麾下将兵の英靈と共に 皇室の彌榮を祈念し奉り皇國の必勝を確信しつゝ或は護國の鬼と化して
敵の本土來冦を破摧し、或は神風となりて天翔り必勝戰に馳せ参ずべき所存なり
茲に従來の御指導、御懇情並に作戰恊力に任ぜられたる各上司並に各部隊に對し深甚なる謝意を表す、遙かに微衷を披
瀝し以て訣別の辞とす

 秋を待たで枯ゆく島の靑草は皇國の春に甦らなむ
 矢彈盡き天地染めて散るとても魂がへり魂がへりつゝ皇國護らむ

(現代語訳)
(前略)
最後の決闘にあたり、すでに散華せる数万の英霊とともに、皇室の弥栄と皇国必勝とを衷心より祈念しつつ、全員
あるいは護国の鬼と化して、敵のわが本土来寇を破壊し、あるいは神風となりて天翔り、必勝戦に馳せ参ずる所存なり。
戦雲碧々たる洋上なお小官統括下の離島各隊あり。何卒よろしく御指導賜りたく、切にお願い申上ぐ。
ここに平素の御懇情、御指導並びに絶大なる作戦協力に任じられし各上司、各兵団に対して深甚なる謝意を表し、遥か
に微衷を披瀝し以て訣別の辞とする。

 秋待たで枯れ行く島の青草は 皇国の春に甦らなむ
 矢弾尽き天地染めて散るとても 魂還り魂還りつつ皇国護らん

そして、配下将兵に「鉄血勤皇隊を率いてゲリラ戦に出よ」「各部隊は各地における生存者中の上級者これを指揮し、
最後まで敢闘し、悠久の大儀に生くべし」と、死を賭して戦うよう命令した。
摩文仁司令部壕には6/8夜、辻の若藤楼、偕行社の女性達数十名が来ていた。その内の3名の女性をご紹介する。
若藤楼の「初子」さんは次級副官坂口勝中尉の愛人で母親と一緒に司令部豪に来ていた。もう一方「菊子(富子?)」
さんは高級副官 葛野隆一大尉の愛人であった。6/22司令部豪内で両脚を赤い腰紐でしっかり結び、3人枕を並べて
合掌し自決の道を選んだ。葛野、坂口両副官は側に寄り添い「明日23日朝自決するから三途の川で待っていてくれ」
と言うと3人は合掌して眼をつむった。そして長参謀長の特務員 大迫亘軍医が五瓦の注射器にモルヒネ・パントポン
を混じ、空気を入れて3人の静脈に急激に注射した。顔に白いガーゼをかけてやると、3人共1分足らずして昏睡状態
陥入った。そして耳に拳銃を当て引き金を引いたと言う。
(※辻の若藤楼とは辻遊郭(玉倶楽部)の事で高級幹部が出入りしていた民営の遊郭)
6/23葛野、坂口両副官は牛島/長中将の遺体を葬ってある洞窟に最後の礼拝をし、服装を整え、拳銃で各自壮烈なる
自決を遂げた。6/22司令部司壕の中では女子軍属(若藤楼/偕行社の女性と思われる)が「敵の捕虜になるよりは死ん
だ方がいい」と嘉数軍医中尉に頼んで青酸カリを注射してもらい、5人の女性が5分間苦しみもがいて死んでいった。
その後直ぐ嘉数軍医中尉は壕から出ていって後の消息は解っていない。
大迫亘軍医(東京歯科大学出身)は特務活動の一つとして沖縄戦の半年前、坂口副官の命令で沖縄県に「偕行社」を設立
「偕行社」(かいこうしゃ)は、大日本帝国陸軍の将校・将校生徒・軍属高等官の親睦組織で、戦時中の活動はあまり知
られていない。幹部の親睦会と言えば宴会が付き物。大迫亘軍医は階行社の雇員、即ちコック・仲居・芸者等を集める
仕事もしていた。戦後復員し「薩摩のボッケモン」を出版。昭和30年鹿児島市で歯科医院を開業している。
DSCN4550_convert_20160905200953.jpg
▲私が登った摩文仁の丘への入口。少々キツイ階段ではあるが摩文仁の丘まで登る事が出来る。
DSCN4553_convert_20160905202634.jpg
▲階段上り途中で北側を望む。
DSCN4554_convert_20160905202826.jpg
喜屋武岬の先端、各県の慰霊塔が点在する近く「平和創造の森公園」内に「マヤーガマ」が現存しているとの事。
陸軍第62師団(石部隊)の兵士60名程が、避難している住民を追い出し立てこもったガマだと言う。
時間の関係で見学は叶わなかったが、内部は当時の住民の物と思われる日用品に混じり、日本軍の物と思われる
遺留品が多数現存し、ガマの中心が住民から軍へととって替えられた事がよく分かるとの事だ。
DSCN4601_convert_20160905204022.jpg
▲▼「義烈空挺隊」の慰霊碑もあった。
DSCN4596_convert_20160905204239.jpg
他沢山の慰霊碑が並び、それぞれの敷地は各県や府の所有地となっており、沖縄戦で戦死した各県・府の出身者の霊
を祭っている。これだけ広い敷地に各都道府県が所有する慰霊碑が並ぶ光景は今だかつて見た事が無かった・・・。
DSCN4588_convert_20160905204831.jpg
▼摩文仁司令部豪に向かって更に登っていく。
DSCN4557_convert_20160905205158.jpg
▼摩文仁の丘終点地点には、牛島中将の座って自決する後姿を模した石碑が建っている(実際は青酸カリで自決)
DSCN4559_convert_20160905205359.jpg
▼自決した牛島中将と長中将が米兵によって埋葬された場所には慰霊碑がある。石碑には摩文仁司令部で戦死した方
 のお名前が刻まれている(最後まで司令部に居ながら捕虜となった八原博通大佐の名は当然無い)
DSCN4580_convert_20160905210012.jpg
▼当時の同じ場所。(牛島中将と長勇中将の墓の前に立つ日本兵捕虜。昭和20年6月28日米軍撮影)
ushijimatyoumaisou_convert_20160906153451.jpg
▼自決した第32軍司令官牛島中将と長参謀長の墓標の側に立つ沖縄訪問中の3人の新聞記者(8/9撮影)
シカゴ・デイリー・ニュース紙のナイト氏、ミネアポリス・スター紙のコウルズ氏、ニューヨーク・タイムズ紙のアドラー氏
0809Three_newspaper_publishers_convert_20161012141420.jpg
▼慰霊碑の横に少し下っていく道がある。首脳陣2人が自決を遂げた第32軍最後の司令部豪跡へ行く道だ。
DSCN4587_convert_20160905210552.jpg
▼更に下った場所に司令部豪の入口が見えた。しかし、当時よくこの様な自然豪を見つけたものだ・・・。
DSCN4569_convert_20160905210856.jpg
▼司令部豪入口、これ以上は入る事が禁止されている。
DSCN4568_convert_20160905211240.jpg

DSCN4566_convert_20160905211200.jpg
司令部壕から更に下に行くと「沖縄師範健児之塔」「風部隊の碑」「独立臼砲第1連隊戦没英霊之碑」「南冥の塔」
「死の井戸チンガー」などのガマも含めた戦跡があるのだが、今回は時間の関係で行く事が出来なかった。
次回必ず再訪して慰霊したいと思う。

▼牛島中将の居た司令部壕(背景に入口が写る)を視察した後、高官達と雑談するスティルウェル大将(6/27撮影)
19450627mabunisireibu_convert_20161013170009.jpg
昭和20年6月23日米軍が戦闘終結を告げてもなお抵抗を続ける日本兵の掃討戦を開始。
USMCendsmabuni.jpg

okinawamabuninihonhei_convert_20161221121916.jpg
▲摩文仁付近の掃討戦で壕から出てきた日本兵
USMCendmabuni3.jpg
掃討戦は米軍が沖縄作戦終了を宣言する7月2日まで続いた。
USAOkinawamabuni3.jpg

okinawa80_convert_20160905150456.jpg
司令官らは住民の保護について米軍と交渉する事もせず、砲煙弾雨の中に住民を放置したまま自決した為、摩文仁~
喜屋武の海岸一帯は、数万の一般住民が右往左往し、逃げ惑っていた。
zuisengakutotai - コピー
▲6/23「瑞泉(ずいせん)学徒隊」が捕虜となる。県立首里高等女学校61名で編成され、第2防衛ラインの南風原、浦添
などの激戦地の野戦病院に勤務していた。内33名が死亡、ほとんどが島尻(首里撤退後の本島南部)で命を落とした。
海上からは狙い撃つ米軍艦船の機銃掃射と陸上を攻めてくる米兵の機銃や火炎放射に追われ、自決も至る所で起こり、
その様相は、さながらこの世の最後の様だったと言う。戦後、学徒の遺骨を見つけられたのは1人だけとの事だ。
※瑞泉学徒隊は浦添市「安波茶壕」「仲間壕」、南風原町新川「ナゲーラ壕」、那覇市「識名壕」、糸満市「武富壕」
 を転々とし、最後は住民を追い出す形で日本軍が入ったという「米須壕」で6/19に解散命令を受ける。
USAOkinawamabuni2.jpg
▲▼海上と陸上から日本兵捕虜を使って投降を促す米軍。
tokohkankoku_convert_20160912111046.jpg

0601tokoyobikakenihonhei_convert_20161003110346.jpg

fujigakutotai.jpg
▲5月27日豊見城野第2戦病院壕から糸洲壕へ撤退して来た「ふじ学徒隊」にも、6月26日解散命令が出される。
隊長だった小池勇助軍医少佐が学徒へ最後の訓示「必ず生き残れ、親元へ帰れ」と言い残し、青酸カリで自決。
ふじ学徒隊は2~3名ずつ組を作って壕を脱出し、ほとんどが米軍の捕虜となった。
fujigakutotai1_convert_20160906165657.jpg
▲積徳高等女学校の生徒25名で編成された「ふじ学徒隊」は3/23陸軍第24師団豊見城野第2戦病院壕に配属された
kaiheitaitonihonheitouko_convert_20160912155816.jpg
▲▼米軍の南部掃討作戦で投降した日本兵(ご苦労様でした)
nihonheityousa_convert_20160912160356.jpg

okinawanihonhei_convert_20160912161402.jpg
▼▲対照的に射殺されたり、火炎放射で顔の原型無い状態で戦死している日本兵。
nihonheiitai_convert_20160921141712.jpg

nihonheiitaiokinawa_convert_20160912161738.jpg

okinawaEndsjyumin_convert_20160905113051.jpg
▲放置された住民の恐怖と苦労は計り知れないものだったであろう。現在も軍は信用出来ないという感情は十分理解出
 来る。司令官達の無責任な自決が、その後の沖縄県民にどれほどの苦痛を与えたであろうか。これが悠久の大義か?
okinaswakodomo.jpg

syounensitaiokinawa.jpg

battleofokinawaends.jpg
▼応急処置後の治療を受けるために、外科治療用テントの入り口で待つ日本兵捕虜。まだ幼い様に見える。
nihonheihoryoriryomati_convert_20160928162258.jpg

littleJapanesegirl_convert_20160930152331.jpg

slide_435094_5689670_compressed.jpg
▲▼投降した日本兵(ご苦労様でした)
slide_435094_5689668_compressed.jpg
▼25人の日本兵捕虜を連れて南海岸を進む第7偵察部隊のゲイ上等兵
theendsokinawa.jpg

▼糸満市伊敷の「轟の壕」から救出される住民達。この自然壕は全長約100メートル。沖縄戦当時、約1000人の住民
が避難していたと言われている。「轟の壕」では、先に捕虜になった人の呼びかけに応じて投降し、最終的に約500人
の住民が生き延びたとされる。写真では「轟の壕」頂上付近の米海兵隊員は地元民と一緒に出てくる可能性のある日本
兵を注意深く見張っている(6/25撮影)
todorokinogo_convert_20161213133046.jpg
一方でアメリカ軍の攻撃が続く中、日本兵に追いやられた多くの住民が餓死するなどして犠牲になったと言う。
食糧難の避難民は、夜になると壕外の畑へイモやサトウキビを取りに出掛けたが、多くが艦砲射撃の犠牲になった。
 ある時、日本陸軍衛生隊の1団14、5人がなだれ込んだ。入って来るなり軍医准尉は「戦場に役人や警察官など要ら
ない。この壕は野戦病院として使うから立ち退け」と言い放った。当時沖縄県警察部輸送課長をしていた隈崎俊武が、
「我々は軍司令部より『与座岳以南で県民指導に当たれ』との指示を受けここに居る。軍司令部の司令書があればいつ
でも壕を出る」と反撃すると、翌朝にはこの衛生隊一団は姿を消していたという話が残っている。
日本兵(敗残兵)は避難民からの食糧略奪、飢えで泣き出す赤ちゃんを殺害したりと、その銃口を避難民にも向けた。
(沖縄県平和祈念資料館でそのジオラマを見る事が出来るので次回見学に行こうと思う)
「轟の壕」にいた当時の縄県知事島田叡沖は、摩文仁の牛島中将に日本軍の暴虐を訴えようと壕を出て摩文仁に向かっ
たという話も残っている。
 当時県職員だった山里和枝さんは海軍壕に看護要員として派遣され、後に「轟の壕」で嶋田知事と再会している。
嶋田知事は山里さんに「絶対軍と行動を共にするんじゃないぞ。最後は手を上げて出るんだぞ」と告げ豪を出たと言う。
 住民達が命からがら逃げ込んだガマの中には、敗残兵と避難民が雑居していて、絶えずにらみ合っていた。
戦闘はますます悪化、直撃弾がガマを見舞うようになり、「轟の壕」が猛攻撃を受けた。轟音と共に岩天井が落盤し、
壕内は大混乱となる。馬乗り攻撃されたガマに最後の時が迫っていた。米兵はしきりに投降を呼びかけるが、「敵の捕
虜になる者はスパイとみなして処刑する」という命令で、日本兵たちは住民に銃口を向けて脱出を許さない。
地下川は涸れ、食料も底をついて飢餓地獄の様相を呈していた。赤ちゃんや幼児が泣き叫ぶ。「子どもを泣かすな!敵
は音波探知機で探っているのだ!泣く者は始末するぞ!」と住民を脅した。
 ある住民が米軍と折衝するためにガマを出た。そして、交渉が成立し、喜び勇んで戻ってきた時、その背後には米兵
の姿があった。敵を誘導してきたと勘違いした日本兵はその住民を撃ち殺し、米軍の一斉攻撃が始まった。火炎放射の
猛火がガマを襲い、迫撃砲が容赦なくぶち込まれた。避難民の間で自決と思われる手榴弾の炸裂音が次々と響く。
断末魔の呻き声が壕内に充満し、阿鼻叫喚の地獄絵図と化していた・・・。
okinawahoryojyumin_convert_20160831170907.jpg
▲「轟の壕」から次々に救出される住民達。ここは別名「沖縄県庁終焉の地」。6/17島田叡沖縄県知事が、ここから
 摩文仁の司令部豪に牛島司令官を陣中訪問しに行った後、荒井退造警察部長と共に自決、共に殉職している。
※「轟の壕」を題材にした「GAMA 月桃の花」という映画があるが一般向けのVHS化やDVD化はされていない。
 映画の上映は完全予約出張制で、学校や教育関連の集まり等、大勢の人々が集まる所でのみ上映されている。

さて、自決した首脳は牛島中将と長中将の2名だ。作戦指導の中核の一人、八原博通大佐はどうしたのであろう?
実は八原博通大佐は自決せず、沖縄住民の服を着て住民に紛れて北方に脱出を計った。
しかし7月26日頃ついに捕虜となった。尋問の際、沖縄語が解らない八原を不審に思った米軍は、沖縄住民に尋問を担
当させる。その時、八原は沖縄住民に「大本営に援軍を求めるので通信させろ」と言ったと言う。
直ぐに住民が米兵に伝え、結局、住民に偽装した八原博通大佐の身元は米軍の知る所となった。
八原は昭和21年に復員。第32軍の残務整理部長となって千葉に赴任したりしていたと言う。
八原博通は戦後『沖縄決戦 高級参謀の手記』を出している。1度読みたいと思っている。
沖縄守備軍司令官は牛島満中将、参謀総長は長勇中将だったが、実質的に戦略を主導したのは高級参謀八原博通大佐だ
った。長勇中将とは反りが合わなかった様なので、自決をどう見ていたのか、南部撤退をどうふり返ったのか非常に気
になるところだ。
yaharataisafukuingo.png
昭和56年5月7日永眠

JohnATillotson.jpg
▲誰の物か・・拾ったとされる日本軍の軍服を着て満足気なティロットソン(John A. Tillotson)軍曹(6/19撮影)
dai3daitaibeihei_convert_20161006144407.jpg
▲勝利を確信して写真に収まる米軍第3大隊の兵士達。
昭和20年7月2日米軍が沖縄作戦の終了を宣言した。
1946-view-surrender-site.jpg
▼昭和20年7月3日戦利品を見せ合うボーウェン上等兵とデービットソン上等兵(第96師団第383歩兵部隊K中隊所属)
okinawasenrihin_convert_20160907221003.jpg

国吉台地(現 糸満市真栄里地区)は山形県出身者で編成された歩兵第32連隊が守備していた。
第32軍司令部消滅後は、国吉台の洞窟で過ごす。昭和20年8月15日終戦~8月22日アメリカ軍軍使と接触。
8月22日米軍情報将校が軍使として北郷連隊長に面会を申し入れてきた事で日本の敗戦を知る事となる。
連隊長は投降するのが嫌で、「天皇陛下の命により米軍の方に行け」と命令を出したとの事だ。
8月23日生存将兵約50名が敬礼する中で軍旗奉焼(現在の「山形の塔」)。この場所は、「白梅学徒看護隊」が解散後、
46名の生徒達が数名ずつに分かれて南部へと逃げた際、国吉に後退した第24師団第1野戦病院壕に迎えられて勤務を
続けていた病院壕にほど近い場所である。その女子学徒達も6月21日~22日の米軍の猛攻によって犠牲となった。
沖縄県立第二高等女学校4年生56名の生徒の内22名が戦死している。
DSCN4663_convert_20160902203750.jpg
「白梅学徒看護隊」は昭和20年3月6日沖縄県立第二高等女学校から東風平国民学校に集められた56名の女学生。
(入隊辞退で後に46名)。彼女達は東風平国民学校で入隊、第24師団3486看護教育隊と名付けられ、3/24までの約
1か月弱の看護研修を受けて八重瀬岳第1野戦病院壕に着任する事となる。
DSCN4666_convert_20160902203915.jpg
▼「白梅の塔」の敷地内には、白梅学徒隊16名が勤務を続けた第24師団第1野戦病院壕が今も残っている。
DSCN4668_convert_20160902204024.jpg
▲▼糸満市国吉のウテル原「国吉ウテル原の壕」(第24師団第1野戦病院壕)
DSCN4669_convert_20160902204314.jpg

▼八重瀬岳にある八重瀬公園には白梅学徒隊が勤務を続け、昭和20年6月4日解散命令が出された「第24師団第1野戦
 病院手術場壕」が現在も残っている。
DSCN4547_convert_20160911192022.jpg
※「白梅学徒隊」の白梅は、沖縄県立第二高等女学校の校章だった。
DSCN4531_convert_20160911192231.jpg
八重瀬岳第1野戦病院壕跡
DSCN4533_convert_20160911192327.jpg
▼手術豪前には中にすら入る事が出来ない沢山の負傷兵がうめき声を出しながら横たわっていたと言う。
DSCN4541_convert_20160911192445.jpg
「白梅学徒隊」の生存者の方達が証言なさっています。白梅学徒隊員沖縄戦を語るYouTube
DSCN4539_convert_20160911192706.jpg

DSCN4545_convert_20160911192807.jpg

(話を歩兵第32連隊に戻します)
軍旗を奉焼した地には山形県産の石材が使用された「山形の塔」が建てられ、沖縄県をはじめ海外諸地域において戦没
した山形県出身者4万余柱の諸霊を祀っている。敷地は山形県が所有し合祀者数は40834柱で納骨はされていない。
現在も山形県の委託によって公益財団法人沖縄県平和祈念財団が管理し、慰霊祭が毎年行われている。
DSCN4684_convert_20160902194815.jpg
▲「山形の塔」入口、入って直ぐ右手に柵がある。この下が歩兵第32連隊の陣地豪である(侵入禁止)
DSCN4678_convert_20160902195329.jpg
▲この陣地豪からも多くの遺骨が発見された。
DSCN4677_convert_20160902195033.jpg
昭和19年7月8日歩兵第32連隊主力に出動命令が下り沖縄へ派遣される(連隊一部は宮古島に向かった)
連隊主力は沖縄北部、渡見地地区に上陸、以後、嘉手納前面の洞窟陣地の構築を行なう。
第24師団が沖縄防衛第32軍に編入された為、32連隊には現地召集の新兵1800名が配属された。
昭和19年11月末、南部島尻の糸満地区に移動し、洞窟陣地の構築を始める。
DSCN4681_convert_20160902195507.jpg
米軍は6月21日に沖縄戦の終結を告げたが、当初、現地召集した軍人・民間人を併せ5000名の32連隊は、200名程に
なりながらもゲリラ戦を展開。終戦も知らず、国吉台丘陵の洞窟陣地で徹底抗戦していた。
DSCN4674_convert_20160902195523.jpg
歩兵第32連隊の大隊長だった伊東孝一さんの回想記録が「世界遺産・白神山地で暮らす」ブログで紹介されている。
是非ご覧頂きたい。

他、日本軍の組織的な抵抗が終わった6/22以降では、「久米島守備隊住民虐殺事件」がある。
この事件に関してはウイキペディア「久米島守備隊住民虐殺事件」を参考にして頂きたい。
『久米島女教師』の著者で、久米島住民虐殺事件の生存者でもある上江洲トシさんが本の中で当時を語っておられる。
上江洲トシさんは満州事変の年から久米島で40年間教員をされ、戦時中の教育「皇民化教育」をご自身が「信念」をも
って行ったという。戦前から上江洲トシさんはより良い教員になろうと、何の疑問も抱く事無く、教科書通り、指示通
りに教え続けてこられたそうだ。結果は、悲惨な沖縄戦であり、教え子の凄惨な死だった。
自らの教育の結果だと自らを責め、自らを「戦犯教員」だとおっしゃってこられたという。戦後は沖縄の子供達と教育
の為に常に平和運動の先頭に立たれた方だ。女性初の沖縄県議会議員として2期8年を務め「生活と権利を守る沖縄県婦
人協議会」会長として平和活動などに精力的に取り組まれた。2010年8月7日お亡くなりになった(享年97歳)

▼沖縄南端へ日本軍を追いやる第6海兵師団が、糸満付近の入り江で発見した日本軍の上陸用舟艇(6月撮影)
itomansijyourikusyutei_convert_20160930163148.jpg
▼上空からの糸満市名城。エージナ島が写っている(6月撮影)
nagusuku06_convert_20161006115642.jpg
▼「打ちひしがれたこの日本兵捕虜は、有刺鉄線の囲いの中でがっくりと座っている。
 彼を含む306人の捕虜は、沖縄戦終結までの最後の24時間で第6海兵師団に捕らえられた。
 日本陸軍、海軍、沖縄防衛隊の兵士らがこの囲いに拘束されていた」 (6月小禄にて米軍撮影)
 と、米軍が撮影した写真の説明に書いてあった・・・。本当にご苦労様でした。
306endhoryookinawa.jpg
▼ 第6海兵師団の憲兵の監視のもと、検査のために1列に並ばされる投降した3人の日本兵捕虜。
 左右の2人はぼろぼろの軍服を身につけ、1人は沖縄住民の着物を着ている。(6月小禄にて米軍撮影)
endhoryonihonheiokinawa_convert_20160907223827.jpg
▼(6/21撮影)
0621nihonkaigunhei_convert_20161011143254.jpg
※小禄で撮影されているという事は、大田中将が逃がした海軍陸戦隊の兵士かもしれない・・・。
orokuhoryosyuuyoujyo300_convert_20160908162937.jpg

orokuhoryo06okinawa_convert_20160907225025.jpg
▲同じ小禄での日本兵捕虜の写真。「カメラを向けると顔を伏せる3人の日本兵捕虜」と説明書があった・・・。
死ねなかった自分に引け目を感じているのであろう・・・何とも言えない写真だ。でも「ご苦労様でした」と言いたい。
nihongunsyouko08_convert_20161012134049.jpg
▲昭和20年8月、投降したばかりの日本陸軍少佐(左)と少尉を尋問する第1海兵師団の将校。
 彼らは自らをマサイヨシカキ少佐、イシドサダミ少尉と名乗った(恐らく偽名だろう・・・)
 この2人は天皇の玉音放送をラジオで聞き、しぶしぶ投降してきた。
 陸軍第32軍の司令官と参謀長が自決を遂げた現場にも立ち会ったと言う。
 投降した2人の将校は53日間、日中は壕に潜み、夜間に移動し、生芋と草で食い繋いでいたと語ったと言う。

沖縄戦当時の鈴木首相は戦後の回顧談の中で「沖縄の日本軍が敵を一度海中に突き落としてくれたら、これを契機とし
て具体的平和政策を開始しようと考えていたが、期待に反して沖縄守備軍はそうしてくれなかった」と述べた。
後にそれを知った八原博通大佐は「いやしくも一国の首相が、沖縄戦にこんな期待を寄せていたとすれば、沖縄の実情
をご存知なかったものと言わねばならぬ。沖縄戦においては、現地の首脳は戦闘開始数ヶ月前から希望を失っていた。
決戦は本土でやると公言し、沖縄守備軍は本土の前進部隊だと断じておきながら、現地軍に決戦を強いて本気で戦勝を
期待するのは本末転倒も甚だしい」と、反論している。
八原博通大佐は、大本営と現地守備軍との間には正反対に近い意志の乖離(かいり)があったことを指摘、その裏事情
を明らかにしている。彼によると、沖縄戦の始まる前年あたり以降、上は参謀総長から、下は参謀本部部員に至るまで、
1人として沖縄に直接視察に来たり、将兵を激励しに来たりした者はいなかったと言う。
それどころか、沖縄方面の作戦について現地の作戦主任である八原大佐自身とさえ親しく膝を交えて談合した大本営関
係者は1人もいなかったらしい。しかもその本当の理由は、10/10空襲で那覇市の遊郭が全滅して享楽に耽る事が出来
なくなった事、南西諸島の海域に米軍の飛行機や潜水艦が多数出没し始め、身の危険を感じたからであったと言う。
八原大佐は更に、大本営の幕僚たちのこの無責任な態度は、米国の場合とはあまりにも対照的だったと述べている。
米国などでは、大統領や首相が自ら前線に出かけて将兵と語り合い、国政方針と戦争現場の実態との調整をは図るのが
常だったが、当時の日本政府や大本営首脳にはそんな配慮などまるで欠けていたと言う。
結局、大本営は、自らが導いた沖縄作戦に見切りをつけて増援部隊を送ることを辞め、沖縄本島守備軍、南西諸島海軍
部隊、更には動員された多数の沖縄住民総力をあげての戦いをみすみす見殺しにしたという結末になった。
昭和20年5月5日の司令官牛島満中将が総攻撃中止を命令して以降、「最後まで首里に残って戦うか」
「南部へ退却するか」を検討した際、長 勇中将の「首里で最後まで戦う」の意見を退け「南部へ退却して決戦」の意見
を通した八原博通大佐は、結局、摩文仁の司令部豪で自決せず、戦後の時代をのうのうと生き、生涯を全うしている。
この決定が南部へ避難していた10万人を超える住民を戦闘に巻き込み、更に悲惨な沖縄戦終結の結末を招く事になった
実質的な作戦の指揮官が八原博通大佐だった事を思うと、どこかに責任逃れの匂いがしないでもない。
ま、敗戦後自決しなかった司令官や高級参謀は皆、責任逃れを主張した腐った連中が多かったのも事実だが・・・。
okinawachirudoren_convert_20160909171307.jpg
▲沖縄戦終結後に撮影された1枚。米軍機を修理する米兵を眺める沖縄の子供。生きていてくれて本当に良かった。
 サイパン・テニアンなどでも、この様な戦い終結後の子供達の写真を見た事があるが、本当に子供は純粋で強い。
 子供の教育がいかに大事かを思い知らされる1枚である。
0804syuurakuokinawa_convert_20161012140559.jpg
▲昭和20年8月4日に撮影された沖縄本島集落の様子(場所不明)

沖縄の原則とは「ぬちどぅ宝」。ぬちどぅ宝とは「命は尊い」という意味だそうで、武器や暴力を嫌う昔からの沖縄人
の表現だと言う。(あえて沖縄人という表現を使わせてもらった)
沖縄県内に多く残る城(グスク)は琉球時代にも激しい内戦があった証。その時代に既に悟っていたのだろうか。
1500年、オケヤアカハチの乱で八重山(石垣島など)を琉球王府支配下とし、琉球王国は最盛期には奄美群島と沖縄諸島
及び先島諸島までを統治した。1609年九州の薩摩藩が琉球に侵入(いわゆる「琉球征伐」)以後は、薩摩藩による実質的
な支配下に入った。ただし対外的には独立した王国として存在し、中国大陸、日本の文化の影響を受けつつ、交易で流入
する南方文化の影響も受けた独自の文化を築き上げた。というのが沖縄の簡単な歴史だ。
日本人の心と言えば、「和をもって貴しと為す(わをもってとうとしとなす)」。平和の構築は武器ではない・・・。
人々がお互いに仲良く、調和していく事が最も大事なことであるという聖徳太子が制定した十七条憲法に出てくる言葉。
琉球王国・日本国共にそれぞれの原則を現代においても片時も忘れる事無く、永遠に仲良く発展していきたいものだ。
日本全国の出生率ランキング TOP10の内、2位~4位までを占める沖縄県、若年出産率は全国1位だ。
少子化問題がよく取りざたされる日本。沖縄戦そして沖縄県から学ぶ事は多いのではないだろうか・・・。
同時に離婚率も全国1位という事も付け加えておき、若年出産・若年結婚・若年離婚を通じて、離婚者の多くが子連れで
貧困世帯に陥っている現実も考えなければならない課題の一つだ。何処の県も良い事ばかりでは無い・・・。
0621teatematusyojyogushichan_convert_20161011140541.jpg
▲傷の手当を待つ少女(具志頭村にて6/21撮影)※具志頭村は現在の八重瀬町
shirohatanosyoujyo_convert_20160912111559.jpg
▲昭和20年6月25日米軍の従軍カメラマンが撮影した比嘉富子さん。レンズを向いて笑って手を振っている。
 「泣きっ面を見せるな。最後は笑って死ね」という父の言葉を思い出して笑ったという・・・。 
 この時富子さんは、カメラのレンズを銃口と思ったからだそうだ。

比嘉富子さん(昭和13年生まれ)は6歳で戦場をさ迷い、救出されたときは7歳。39歳で写真の存在を知り、長い沈黙を
破り写真の主である事を名乗り出たのは49歳の時。
昭和20年6月沖縄戦の最中、父の安否を尋ねて首里から南部の真壁に姉兄と逃避行、9歳の兄は流れ弾に当たり即死。
米須海岸の砂に兄を埋め、姉とはぐれて1人さまよい歩く。
ふと入ったガマの中で、両手両足を失ったおじいさんと、盲目のおばあさんに会い、一緒に数日を過ごす。
6月23日牛島司令官の自決、沖縄戦は終決を迎え、投降を呼びかける米軍のビラ、スピーカーの声・・・。
おじいさんは富子さんに一人で投降するように語りかける。
「富子、この世で一番大切なのは、人の命なんだよ。」・・・「富子、これを、持って、お逃げ。」・・・
「それを持って行けば、絶対に安全だ。それが世界中の約束だから・・・。」
白い旗はガマの中で一緒に数日を過ごした両手両足を失ったおじいさん、盲目のおばあさんが褌で作ってくれた物。
昭和20年6月25日富子さんは、ガマから白旗を持って米軍に投降、命を繋いだ。

昭和58年米軍が沖縄戦を記録したフィルムを、沖縄県民が1人1フィート分のお金を出し合い、アメリカから買い取って
永遠に記録に残そうという運動が起こり、翌年その一部がテレビで紹介され、白旗を持った少女の姿を富子さんのご主
人が見つける。しかし、既に昭和52年、富子さんはコザ市(現沖縄市)の洋書店で英文の戦争写真集の中から「白旗の少
女(自分自身)を見つけていたが、誰にも話すことなく自分一人の胸にしまっていた。誰にも話す事無く自分の中に封印
しておく事で、ずいぶん悩んだという。
昭和62年「おまえ自身の沖縄戦を、ありのままに話しなさい。後世に記録として伝えなさい。それは、お前にしかでき
ない事だからね」と、ご主人の後押しでようやく自分の経験を告白し、新聞に紹介された。
コザの書店で自分を見つけてから10年後、米軍フィルムが公開されてから4年後だった。
TV東京開局45周年記念ドラマスペシャル「白旗の少女」YouTube
naharoubasitai_convert_20160928110524.jpg
▲昭和20年5月に那覇で撮影された写真、老婆の死体が写っている先には米兵が座って休憩している。
沖縄戦は、戦争が起こったら住民はどのように扱われ、軍はどんな態度をとるか、軍が優先され、人命が軽んじられる
という、あってはならない論理が当たり前のように展開される事を証明している。そして、軍隊教育と軍国主義教育・
思想が人の精神構造を異常にし、何ら教養も道徳観もない人間にさせてしまう。沖縄戦を決して忘れてはならない。
hondataii0903.jpg
▲昭和20年9月3日ハーバー大尉に降伏の印である軍刀を差し出す陸軍球部隊の本田主計大尉。
 サイパン島の戦いで最後まで戦い続けて投降した「サイパン島投降式典」における大場栄陸軍大尉の様だ。
0907Stillwell2_convert_20161012161951.jpg
▲昭和20年9月7日「降伏文書署名式」
0907koufuku_convert_20160908112606.jpg
▲昭和20年9月7日嘉手納基地(元陸軍中飛行場)において、南西諸島の全日本軍を代表して宮古島から第28師団(豊部隊)
師団長 納見敏郎(のうみとしろう)中将他、奄美大島から高田利貞陸軍少将・加藤唯男海軍少将らが参列し、米軍に対し
て琉球列島の全日本軍は無条件降伏を受け入れる旨を記した降伏文書に署名した。
これに対し、米軍を代表してスティルウェル大将が日本軍の降伏を受諾・署名し、沖縄戦は公式に終結した。
0907Stillwell.jpg
▲スティルウェル大将が降伏文書に調印し、無事終了した。
※宮古島(第28師団)納見敏郎中将は武装解除、復員業務の見通しをつけた後、昭和20年12月13日任地で自決した。
 宮古守備軍(陸海軍合わせて約30000人)の武装解除・降伏調印は昭和20年9月26日であった。
 (宮古島(第28師団)は旧満州から宮古島に移って来た部隊)
SuicideCliffOkinawaIsland_convert_20160907215111.jpg
▲昭和25年11月米陸軍通信隊が撮影した沖縄本島南端の崖「慶座絶壁」(ぎーざばんた)。沖縄のスーサイド・クリフ
 (Suicide Cliff)と呼ばれた崖は、サイパン・テニアン同様数千の人が身を投げ、自決した。
19511203itoman_convert_20161013133222.jpg
▲昭和26年12月3日に撮影された糸満の漁村。後方の丘は沖縄戦で日本軍が最後の抗戦を行った場所
195011MIYAKO_ISLAND_convert_20161013122040.jpg
▲昭和25年11月宮古島(平良港)に来たブラムリー民政官他。
195011OSHIMA_ISLAND_convert_20161013121216.jpg
▲昭和25年11月奄美群島政府発足(奄美大島で撮影)
tinenmuraireihi1954_convert_20161013140935.jpg
▲知念村(現在は南城市)に建てられたスーサイドクリフで犠牲になった民間人と日本兵の慰霊碑(昭和29年撮影)
Group_picturejapan_convert_20161014121923.jpg
▲最後に昭和20年2月米軍の上陸を前に撮影された日本軍第32軍の集合写真をご紹介して終わりとする。
 (1)大田実海軍中将(2)牛島満第32軍司令官(3)長勇第32軍参謀長(4)金山均歩兵第89連隊長
 (5)北郷格郎歩兵第32連隊長(6)八原博通高級参謀
以下、沖縄本島守備隊主要幹部
第32軍司令官/牛島 満中将(6/22自決)陸軍参謀長/長 勇中将(6/22自決) 高級参謀/八原 博通大佐(捕虜→復員)
ここで少し長 勇中将と牛島 満中将のお孫さん「牛島貞満さん」について触れておく。
長 勇中将は、(日中戦争)南京戦で上海派遣軍参謀兼中支那方面軍参謀で、情報課長であった。
日本軍に包囲された南京城の一方から、揚子江沿いに女、子供を混じえた市民の大群が怒涛のように逃げていく。
その中には多数の中国兵が紛れ込んでいた。中国兵をそのまま逃がせば後に戦力に影響する。そこで前線で機関銃を
据えて待機している日本軍兵に「あれを撃て」と命令した。中国兵が紛れているとはいえ、逃げているのは一般市民
であるので、さすがに日本兵は躊躇して撃たなかった。それに激怒した長 勇中将長は「人を殺すのはこうするんじゃ」
と軍刀でそこに居た日本兵を袈裟斬り(けさぎり)にした。驚いた他の日本兵隊が一斉に機関銃を発射し、大量虐殺に
なたっという話が残っている。

牛島 満中将のお孫さんの牛島貞満さんは現在東京都在住の小学校教諭だそうだ。牛島満司令官の孫として、沖縄戦の実
相を探り、後世に語り継ぐ責務を自身に課しているとの事で、毎年のように沖縄を訪ね、祖父の足跡をたどられている。
「沖縄で米軍関連の事件/事故が起きると、本土マスコミの多くは『沖縄の人達が怒っている』と書く。
基地被害や戦争と隣り合わせの現実を、自分達の問題と感じる意識が決定的に欠落している」と訴える。
牛島貞満さんは現役小学校の教師として2004年~10回にわたり、豊見城市立長嶺小学校にて「牛島満と沖縄戦」のテ
ーマで平和学習の特別授業を行っている。

歩兵第89連隊長/金山 均大佐(新垣の洞窟で自決)
第24師団長/雨宮 巽中将(6/30自決)第24師団参謀長/木谷 美雄大佐(6/30自決)
第62師団長/藤岡 武雄中将(6/22自決) 第63旅団長/中島 徳太郎中将(6/22自決)
第64旅団長/有川 圭一中将(6/22自決) 第64旅団参謀長/上野 貞臣大佐(6/22自決)
第64旅団高級副官/竹下 勇大尉(6/22自決)
独立混成第44旅団長/ 鈴木 繁二少将(6/18戦死) 第5砲兵司令官/和田 孝助中将(6/18戦死)
※沖縄本島北部の守備に当たった独立混成第44旅団第2歩兵隊(球7071部隊)国頭支隊(通称・宇土部隊)
 宇土武彦大佐以下500人(砲兵隊、遊撃隊(護郷隊)、鉄血勤皇隊、防衛隊等)は、日本軍組織的戦闘が終わった6/23以
 降も北部山中で秘密戦を展開、住民スパイ視虐殺や食糧強奪問題がある。
 昭和20年10月2日、国頭支隊残余の宇土武彦大佐ら99名が米軍に投降したが、本島北部の渡野喜屋(大宜味村おおぎ
 みそん塩屋)で起きた「渡野喜屋事件」は今も日本兵による沖縄住民スパイ視虐殺の象徴として語り継がれている。
 (独立混成第44旅団第1歩兵隊は柴田常松大佐で伊江島守を守備、独立混成第44旅団の大半は昭和19年6月29日鹿児
 島から「富山丸で沖縄へ向かう途中の徳之島南東12キロの地点で撃沈され戦死している)

歩兵第32連隊長/北郷 格郎大佐(摩文仁司令部崩壊後も終戦まで勇猛果敢に抵抗、8/28軍旗奉焼、8/29武装解除)
北郷 格郎大佐は「天皇陛下の命により、米軍の方へ行く」と言い、最後まで「降伏」の言葉を吐かなかったと言う。

第32軍航空参謀/神 直道少佐(5/10 19:00大本営へ沖縄作戦戦況報告の為、首里司令部豪を脱出)
沖縄を脱出した神 直道少佐は最初、飛行機で脱出を試みるがうまくいかず、一旦首里に戻る。次は刳船(サバニ)での
脱出に変更、5/30 20:00名城海岸(糸満市)を出発。6/7与論島到着→徳之島からは3/28北飛行場より特攻出撃直前
に空襲で搭乗機を破壊され、本土帰還中だった誠第41飛行隊「扶揺隊」隊員 寺山大尉の操縦する99式襲撃機に同乗し
て九州へたどり着き、第六空軍参謀として終戦を迎えた。
戦後の手記『沖縄かくて壊滅す』の中で八原大佐の持久作戦を批判した為、沖縄戦は消極的過ぎたと非難される事にな
る。帝国軍人にとって八原大佐の生還は断じて許しがたいものであり、ひいては八原大佐の作戦思想そのものが自己生
存主義と解釈されたのは当然の事であった。
それに対し八原大佐は、実質的に捕虜になったとは思っていないと語ったが、多くを反論することはなかった。
戦後の陸士同期会でも沖縄戦については語らず、同期生も八原の心中を察してその話題には触れなかった。
しかし従来の沖縄戦の記録があまりに表面的で一方的であり実態とはかけ離れている、として昭和47年に『沖縄決戦』
を出版。作戦主任参謀の立場からの第32軍作戦思想-持久作戦の正当性を主張した。
神 直道 元少佐(平成10年死去)

(沖縄方面根拠地隊)
司令官/大田 實海軍少将(6/13自決) 先任参謀/前川 親一郎海軍大佐(6/13自決) 山田 弘国海軍少佐(6/13自決)
南西諸島航空隊司令/棚町 整海軍大佐(6/13自決) 第951航空隊 派遣隊司令/羽田 次郎海軍大佐(6/13自決)

独立混成第45旅団長/宮崎武之少将(石垣島)
第28師団長/納見敏郎中将(宮古島)昭和20年12月13日宮古島にて自決
独立混成第60旅団長/安藤忠一郎少将(宮古島)
独立混成第59旅団長/多賀哲四郎少将(宮古島)
[ 戦力比較 ]
日本軍→陸上兵力86400名/戦車27両(中戦車14両 軽戦車13両)
米軍 →陸上兵力183000名(正面兵力) 海上停泊後方部隊/予備人員合わせて548000名/戦車390両
1フィートドキュメント沖縄戦YouTube [ 沖縄平和学習アーカイブ ]
『國雖大好戦必亡 天下雖安忘戦必危』
この言葉は古代中国の兵法書『司馬法』にある言葉で、「国がたとえ強大でも、戦争を好めば必ず滅びる。国がたとえ
安定(平和でも)していても、戦争の危険性を忘れれば、その安全は必ず脅かされる」という意味だ。
対米戦に最後まで反対しながら、太平洋戦争(大東亜戦争)の発端となった真珠湾攻撃を指揮する立場になってしまった
山本五十六が、海軍省の自分の部屋に『國雖大好戦必亡 天下雖安忘戦必危』を掲げていたそうである。
「大国といえども戦いを好めば必ず滅びる。平和といえども戦を忘れたら危うい。」
今、日本はこの言葉を改めてよく考えなければならない。

にほんブログ村 歴史ブログ 太平洋戦争/大東亜戦争へ
にほんブログ村

戦史 ブログランキングへ
 2016_08_15


ずっと行きたかった場所、愛媛県西条市にある楢本神社。
DSCN3869_convert_20160813163657.jpg

DSCN3849_convert_20160813165736.jpg
ここには神風特別攻撃隊「敷島隊」隊長 関行男大尉の墓碑があります。
DSCN3866_convert_20160813163857.jpg
「敷島隊」が突入した当時の新聞は朝刊1面で「身を捨てて国を救わんとする皇軍の精粋である」と報じた。
関大尉は命令を受けた際「ぜひ、私にやらせてください」と承諾したとされるが、 報道班員だった小野田政特派員は、
出撃を控えた関大尉とのやり取りを回想録「神風特攻隊出撃の日」の中でこう記す。
関は腹立たしげにこういった。『日本もおしまいだよ。ぼくのような優秀なパイロットを殺すなんて』
『ぼくは最愛のKAのために行くんだ。 命令とあらば止むをえない。ぼくは彼女を護るために死ぬんだ。
最愛の者のために死ぬ。どうだすばらしいだろう!』と。
関大尉は戦時中当時(昭和19年)新婚5カ月。KAは海軍用語で妻を指しその言葉からは苦渋に満ちた決断が伝わる。
特攻隊員が愛する者を守り、国の行く末を案じる気持ちが行動の芯であったのはまぎれもない事実だが、
美辞麗句で片付ける前に、生への執着を断ち切るまでの想像を絶する努力と決断があったことは想像に難くない。
ところが、軍神とあがめられた特攻隊員に対する賛美は敗戦とともに影を潜め、遺族を取り巻く環境も一変した。

関大尉の母サカエさんも敗戦後「軍神の母」からいつしか「戦争協力者の母」という批判を浴びせられる。
関大尉の奥様は再婚。母サカエさんの関家は訪れる人もなく、日々の生活にも事欠く様になり、衣類を闇米に代え、
草餅を作って売り歩いた。晩年は西条市の小学校に住み込みで働き、昭和28年11月還暦を前に亡くなり関家は断絶。
意識が混濁する床で、「行男の墓を建ててください」 とつぶやいて息を引きとったという。
昭和56年、ようやく神風特攻隊「敷島隊」関行男大尉(死後中佐)の慰霊碑を建立。
DSCN3863_convert_20160813165149.jpg
戦後日本の世相は、国の為に散華した軍神に対して冷たいもので、永らく墓すら作らせなかったのである。
昭和54年「大東亜戦争・特攻記念館」が出来、しばらくは開館していた様だが、今回の訪問時、近くに住む友人に、
何とか見学出来ないものか?と頼み、管轄の市役所に問い合わせてもらったが、返答は「訪れる人が無く、長らく閉館
しているので、開けるのは難しい」との事で見学する事は叶わなかった。
DSCN3853_convert_20160813165332.jpg
何と冷たい国だろう・・・楢本神社の宮司さんのご尊父は、かつて海軍兵学校で教官をされていたとの事で、五軍神の
遺品の収集や、慰霊祭で海上自衛隊の協賛をなさっているそうだ。折角に遅ればせながらも墓碑と特攻記念館が出来た
のに訪れる人がいないから閉館とは・・・・。国の為に命を捧げた英霊に感謝する気持ちを日本人は忘れてしまったの
だろうか・・・。日本は必ず良い方向にはいかない。そして日本人はいつまでたっても外圧が無ければ何も変わらない。
左翼も右翼も無い。最前線で戦ってくれた英霊は只々日本の為に戦ってくれた、悪い事など何もしていない。
日本の為に戦ってくれた英霊に対して感謝する気持ちは絶対忘れてはいけない。
DSCN3851_convert_20160813165853.jpg
▼関大尉の墓碑を囲う様に置かれた250㌔爆弾型の石碑には「敷島隊」隊員の名が記されている。
DSCN3855_convert_20160813170545.jpg


にほんブログ村 歴史ブログ 太平洋戦争/大東亜戦争へ
にほんブログ村

戦史 ブログランキングへ
 2016_08_12


明治時代、対露戦国土防衛として。そして舞鶴軍港を守る沿岸砲台として建設された舞鶴要塞の一角、
金岬砲台跡/槙山砲台跡に行ってきました。

「槙山砲台」着工1898年(明治31年11月)→竣工1901年(明治33年10月)昭和20年終戦まで稼働。
道の駅 舞鶴港とれとれセンターの交差点を北へ。舞鶴湾沿いに車で約20分。槙山公園の看板を目印に山側へ細い
道を登って行くと槙山砲台跡にたどり着きます。車で行ける比較的楽な場所ですが、道が細い為、対向車に注意が必
要です。(今回1台だけ対向車に出会いました)
DSCN3664_convert_20160722225008.jpg
▼道中はこの様な時代を感じる小橋がいくつもあります。砲台建設当時に整備された軍道と思われます
DSCN3665_convert_20160722225031.jpg
どのくらい登ったでしょうか、距離はあまり無い様に思いますが道が細いと遠く感じます。無事頂上付近に
到着すると、NHK中継アンテナと槙山砲台跡が見えます。駐車スペースがあるのでここに駐車しました。
DSCN3683_convert_20160722235340.jpg
この砲台は28センチ榴弾砲が6門、15センチ臼砲が4門設置されていたそうだ。砲座跡は草木が多く、侵入しても良い
写真が撮れそうにもなかったので近づかず、掩蔽部を見学してまわりました。
DSCN3669_convert_20160722231307.jpg
▲▼1つ目の掩蔽部右手階段を上って奥に行くと舞鶴湾入口の素晴らしい景色が広がります。
DSCN3675_convert_20160722231531.jpg
▲パラグライダー滑空地点より撮影、パラグライダーは経験あるのでここでも飛んでみたい!
不謹慎にも「桜花」発射レールを思い出していました。ここが太平洋側だったら間違いなく設置されていたでしょう。
当日は曇っていましたので良い絵になりませんでしたが、雨の予報を覆しての曇りだったので感謝です。
DSCN3674_convert_20160722232405.jpg
▼明治時代に築かれた掩蔽部は何処も同じ様な作りですが、その場所によって地形に合わせた建設で感動します
DSCN3682_convert_20160722233234.jpg

DSCN3697_convert_20160722233722.jpg

DSCN3694_convert_20160722233030.jpg

DSCN3690_convert_20160722234025.jpg

DSCN3691_convert_20160722234142.jpg

DSCN3689_convert_20160722234328.jpg
▼▲3連掩蔽部はいいですね~。
DSCN3687_convert_20160722234646.jpg
▼3連掩蔽部が見学最終場所で、その脇道から奥へ少し行けます。ここも景色が良いです。
DSCN3684_convert_20160722234759.jpg

「槙山砲台跡」見学後、次は「金岬砲台跡」に向かいます。
▼元来た道を下っていくと、キツいヘアピンカーブがあります。ここで車を止めて歩きます。
カーブミラーが設置されていて駐車スペースがあるのはここだけなので解り易いと思います。
DSCN3703_convert_20160723205835.jpgDSCN3706_convert_20160723205908.jpg
▼大き目の木が倒れている場所から入って行きます。
DSCN3705_convert_20160723210217.jpg
途中極端に狭くなっている場所や、倒木を乗り越えたりして少々厳しい行軍ではありますがなんとかなります。
DSCN3709_convert_20160723210606.jpg
▲以前にトレッキングに来られた方がご親切にロープを設置してくれてます、有り難いです。
DSCN3710_convert_20160723210855.jpg
▲20分程歩いたでしょうか、当時の営門が姿をあらわします、暑さで疲れましたが感激です。
DSCN3715_convert_20160723211208.jpg
▲井戸か?兵舎の基礎か?色々遺構を見た先には掩蔽部が出迎えてくれます。
DSCN3717_convert_20160723211514.jpg
▲金岬砲台の砲座跡は比較的見易いです。落書きなども無く非常に状態は良い100年以上前の遺構!
DSCN3722_convert_20160723211757.jpg
▲ここは5連掩蔽部があった・・・。素晴らしい!中は全て繋がってます(当然空っぽですが)
DSCN3725_convert_20160723212251.jpg
▲5連掩蔽部の前には何やら建物跡の遺構。
DSCN3726_convert_20160723212449.jpg
▲更に登っていくと・・・、またあった!2連掩蔽部
DSCN3728_convert_20160723212737.jpg
ここまで資材を運んでくるのは軍道が整備されていたとはいえ大変だっただろう・・・。
DSCN3730_convert_20160723213022.jpg
▲▼2連掩蔽部の上には見張り場所?
DSCN3733_convert_20160723213224.jpg
▲本当に綺麗に作られている。100年以上前の遺構とは思えない程
DSCN3736_convert_20160723215851.jpg
▲枯れ葉で埋もれかけの砲座跡。「槙山砲台」と同じく着工1898年(明治31年)→竣工1901年(明治33年)
 舞鶴要塞の中でここ、金岬砲台のみが昭和9年に廃止された様です。
DSCN3741_convert_20160723221953.jpg
舞鶴湾入口の防衛として21センチ砲4門、15センチ砲4門が設置された金岬砲台。短い期間と言っても、明治33年~
昭和9年・・・1901年~1934年の33年間、明治/大正/昭和と、激動の日本史を見てきた砲台なんですね。
金岬砲台廃止2年後に日中戦争が始まり太平洋(大東亜戦争)へ・・・、航空機の時代になっていったという事ですね。
DSCN3738_convert_20160723223412.jpg
▲砲座はしっかり4門残っていました。砲が無い以外は全て当時の面影を残しています。
DSCN6243.jpg
▲画像は(芸予要塞)愛媛県今治市の「小島」で撮影した物。「坂の上の雲」のロケで使用されたレプリカ。
 芸予要塞は24センチ砲で、舞鶴要塞より強力ですが、似た様な砲が設置されていたのでしょう。
DSCN3748_convert_20160723224555.jpg
▲砲座跡の下にはしっかり掩蔽部
DSCN3749_convert_20160723224804.jpg
半地下にレイアウトされた掩蔽部は何処の要塞跡を見てもいいですね~。
DSCN3744_convert_20160723225246.jpg
▼オタマジャクシが沢山泳いでました。
DSCN3753_convert_20160723225913.jpg

DSCN3742_convert_20160723225433.jpg
もっともっと時が経てば自然に埋もれてしまうだろう・・・。年に1度ぐらいは大掃除してあげたいと思う遺構でした。

今回舞鶴訪問は前日7/16入で舞鶴地方隊サマーフェスタ2016も見学しました。その時の画像も少し紹介して終りです
DSCN3477_convert_20160723231032.jpg
▼陸上自衛隊の軽装甲機動車に体験搭乗出来た、悪路での乗り心地の良さが体験出来た。
DSCN3490_convert_20160723231213.jpg
▼舞鶴地方隊第44掃海隊のすがしま型掃海艇。見学すると甲板は木だったので驚いた。
DSCN3541_convert_20160723231344.jpg
▼このような兵器を使わずして何とか他国と上手くやっていける方法はないものか・・・。
DSCN3586_convert_20160723231525.jpg
▼海上自衛隊 第23航空隊
DSCN3601_convert_20160723231956.jpg

DSCN3608_convert_20160723232113.jpg

DSCN3606_convert_20160723232458.jpg
▼海上自衛隊舞鶴地方隊に現存する「大講堂」昭和8年10月完成(現在は海軍記念館として見学可能)
DSCN3640_convert_20160723232244.jpg
軍が国民を威圧し、支配するのはいけませんが、敗戦国と言えども最低限、国防は必要なのだろう。
しかし、軍隊は国民を守る為の軍隊であって欲しいと切に願う。24万人の自衛隊で戦争が出来るはずも無いのだから。
JAPAN 1945-1990(1)YouTube JAPAN 1945-1990(2)YouTube
JAPAN 1945-1990(3)YouTube JAPAN 1945-1990(4)YouTube


にほんブログ村 歴史ブログ 太平洋戦争/大東亜戦争へ
にほんブログ村

戦史 ブログランキングへ
 2016_07_17


昭和20年2月19日~3月26日に日米が激突した「硫黄島の戦い」は、映画「硫黄島からの手紙」等で有名だ。
iwo_jima_invasion_convert_20160823102418.jpg
アメリカでは「父親たちの星条旗」YouTube
Iwo-Jima-ariel-Feb45_convert_20160823121535.jpg

LandingCraftSuribachi_convert_20160823104350.jpg
▲昭和20年2月19日硫黄島に上陸作戦を開始する米軍。
Shers-Iwo-Jima_convert_20160823121747.jpg
小笠原方面陸海軍最高指揮官「栗林忠道陸軍中将」率いる日本軍の奮闘は周知の通り。
昭和20年2月19日米海兵隊第1波が硫黄島に上陸を開始した。この時、栗林陸軍中将の命令を無視し、応戦砲撃を
行った日本海軍の海岸砲により擂鉢山火砲陣地が露呈し、全滅した。日本海軍の指揮官は「市丸利之助海軍少将」
戦いの最後に市丸利之助少将が残した「ルーズベルトニ与フル書」も忘れてはいけない。
Rinosukeichmaru.jpg
▲市丸利之助海軍少将(いちまるりのすけ満53歳没)

『ルーズベルトニ与フル書』(現代語訳)
日本海軍市丸海軍少将が 「フランクリン ・ルーズベルト」 君に書を宛てる。
私は今、我が戦いを終えるに当たり一言貴方に告げることがある。

日本国が 「ペルリー(ペリー)」提督の下田入港を機とし、広く世界と国交を結ぶようになった時より約百年の間、
国の歩みは困難を極め、自ら欲しないにも関わらず日清戦争、日露戦争、第一次欧州大戦(第一次世界大戦)、満州事
変、支那事変を経て、不幸にも貴国と交戦することになった。
そして貴方は我々を、あるいは好戦的国民であるとし、あるいは黄禍論を用い貶め、あるいは軍閥の独断専行である
とする。

思いよらぬもの甚だしいと言わざるを得ない。貴方は真珠湾攻撃の不意打ちを理由に対日戦争(大東亜戦争) 唯一の
宣伝資料とするが、そもそもにおいて日本国が自滅を免れるためこの行動に出る他ないという程の窮地にまで追い詰
めたような諸種の情勢というのは、貴方の最も熟知するものであると思う。

畏れ多くも日本天皇は皇祖皇宗建国の大詔に明らかなように、養成(正義)、重暉(明智)、積慶(仁慈)を三鋼(
秩序)とする八紘一宇(天下を一つの屋根の下に)の文字によって表される皇謨に基づき、地球上のあらゆる人間は
その分に従い、その郷土においてその生を生まれながらに持たせ、それによって恒久的平和の確立を唯一の念願にな
さったのに他ならない。

これは 「 四方の海皆はらからと思ふ世になど波風の立ちさわぐらむ 」 (意訳:人は皆家族であるのに、なにゆえ
争わねばならないのか) という明治天皇の御製(天皇の詩)は貴方の叔父セオドア・ルーズベルト閣下が感嘆したも
のであるが故に、貴方もよく熟知しているのは事実であろう。

私たち日本人はそれぞれ階級を持ち、また各種の職業に従事するけれども、結局はその職を通じ皇謨、つまりは天業
(天皇の事業)を翼賛(補佐)しようとするのに他ならない。

我ら軍人は交戦を以て天業を広めることを承るに他ならない。

我らは今、物量に頼った貴方の空軍の爆撃、艦隊の射撃の下、外形的に後ろへ退くもやむなきに至っているが、精神
的にはついに豊かになり、心地ますます明朗になり、歓喜を抑えることができなくもある。

この天業翼賛の信念が燃えるのは日本国民共通の心理であるが、貴方やチャーチル君は理解に苦しむところであろう。

今、ここに貴方達の精神的貧弱さを憐れみ、以下の一言を以て少しでも悔いることがあれば良いと思う。

貴方達のなすことを見れば、白人、とくにアングロサクソン(アメリカとイギリスの主な民族)が世界の利益を独占
しようとして、有色人種をその野望実現のための奴隷として扱おうということに他ならない。

この為に邪な政策をとり有色人種を欺き、所謂悪意の善政を行うことで彼らを喪心無力化しようとしている。

近世に至り日本国が貴方達の野望に抗し有色人種、特に東洋民族を貴方達の束縛より解放しようと試みたところ、貴
方達は少しも日本の真意を理解しようと努めることなく、ただ貴方達に有害な存在となし、かつて友邦とみなしてい
たにも関わらず仇敵野蛮人であるとし、公然として日本人種の絶滅を叫ぶに至った。これは決して神意にかなうもの
ではないだろう。

大東亜戦争によって所謂(いわゆる)大東亜共栄圏が成立し、所在する各民族はわれらの善政を謳歌しているから、
貴方達がこれを破壊することが無ければ、全世界にわたる恒久的平和の招来は決して遠くは無いだろう。
貴方達はすでに成した。十分な繁栄にも満足することはなく数百年来にわたるあなた方の搾取から免れようとするこ
れらの憐れむべき人類の希望の芽をどうして若葉のうちに摘み取ろうとするのか。

ただ東洋のものを東洋に返すに過ぎないではないか。

あなた方はどうしてこのように貪欲で狭量なのか。

大東亜共栄圏の存在は少しも貴方達の存在を脅威するものではない。 むしろ世界平和の一翼として世界人類の安寧
幸福を保障するものであって、日本天皇の真意はまったくこれに他ならない。
このことを理解する雅量(器)があることを希望してやまないものである。

翻って欧州の事情を観察すると、また相互無理解に基づく人類闘争がいかに悲惨であるかを痛感し嘆かざるをえない
今ヒトラー総統の行動の是非を云々するのは慎むが、彼の第二次世界大戦開戦の原因が第一次世界大戦の終結の際、
その開戦責任の一切を敗戦国ドイツに押し付け、その正当な存在を極度に圧迫しようとした貴方達の処置に対する反
発に他ならないということは看過できない。

貴方達の善戦によって力を尽くしてヒトラー総統を倒すことができたとして、どうやってスターリン率いるソヴィエ
ト(※共産主義:著者注)と協調するのか。世界を強者が独専しようとすれば永久に闘争を繰り返し、ついに世界人
類に安寧幸福の日はないだろう。

あなた方は今世界制覇の野望が一応、まさに実現しようとしている。あなた方は得意げに思っているに違いない。
しかし貴方達の先輩ウィルソン大統領はその得意の絶頂において失脚した。

願わくば私の言外の意を汲んでその轍を踏まないで欲しい。

市丸海軍少将 
(『米国大統領への手紙』 平川祐弘 新潮社より引用 )

昭和20年3月26日未明、日本軍硫黄島守備隊は最後の組織的反攻を行い、栗林陸軍中将、市丸海軍少将以下数百名の
残存部隊がアメリカ軍陣地へ総攻撃をかけた。
市丸少将は遺書としてアメリカ大統領フランクリン・ルーズベルトに宛てた『ルーズベルトニ与フル書』をしたため、
これをハワイ生まれの日系二世三上弘文兵曹に英訳させ、日本語/英語各一通を作りアメリカ軍が将校の遺体を検査す
ることを見越してこれを村上治重大尉に渡した。村上大尉は最後の突撃の際にこれを懐中に抱いて出撃し、戦死。
『ルーズベルトニ与フル書』は目論見どおりアメリカ軍の手に渡り、7月11日、アメリカで新聞に掲載された。
それは日米戦争の責任の一端をアメリカにあるとし、ファシズムの打倒を掲げる連合国の大義名分の矛盾を突くもので
あった。(ルーズベルトは4月12日に死去した為『ルーズベルトニ与フル書』は本人は目にしていないとみられる)
公式な戦死日は訣別の電報が打電された3月17日とされている。市丸の最期を確認した者はおらず、遺体も発見されて
いない。市丸が所有していた刀を米兵が拾い、ニュージャージー州の骨董店に並べられていたが、市丸の遺品であるこ
とが判明しNHKのテレビ番組を通じ遺族の元へ戻っている。
太平洋艦隊司令長官チェスター・ニミッツ元帥は、この手紙をアナポリスの海軍兵学校に提出させ、そこに納めさせた
現在もこの書は、アメリカ海軍兵学校内アナポリス博物館に今でも大切に保管されている。
『ルーズベルトニ与フル書』これを読むといつも考えさせられる・・・。硫黄島「戦場の郵便配達」YouTube

kuribayashi.jpgTakeichi_Nishi_convert_20160603111226.jpg
 ▲栗林忠道陸軍中将(満53歳没)      ▲西竹一陸軍中佐(満42歳没)

[ 西竹一陸軍中佐 ]
硫黄島守備隊として戦車第26連隊の指揮をとった。硫黄島での戦闘で西は戦場に遺棄されたアメリカ軍の兵器を積極的
に鹵獲し、整備・修理した後それらを使用して勇戦したと伝えられている。
戦闘末期の撤退戦の中でもはぐれた兵士を洞窟内に入れることを拒絶する他指揮官が多かった中、西は「一緒に戦おう」
と受け入れたという。
「硫黄島からの手紙」でも描かれた、負傷したアメリカ兵を尋問の後、乏しい医薬品で出来るだけの手当てをした事、
母親からの手紙がその米兵のポケットにあった・・・といったエピソードも証言として大野芳、城山三郎、R.F.ニューカム
などの著作でも触れられている。
昭和20年3月17日に音信を絶ち、3月21日払暁、兵団司令部への移動の為、敵中突破中に掃射を受けその場で戦死した
か、もしくはその後に銀明水及び双子岩付近にて副官と共に拳銃自決したとも、あるいは3月22日火炎放射器で片目を
やられながらも、数人の部下らと共に最期の突撃を行い戦死したともいわれている。
また他の説に、硫黄島戦末期に日本軍に鹵獲され使用されたM4中戦車の話がある。
接近してくる戦車に挨拶した米海兵隊員がいきなり銃撃を受けたり、戦場で合流した戦車から至近距離で砲撃を受け、
戦車が複数台撃破されたりした。後にこのM4中戦車は撃破され、中から日本兵の死体が発見されたが、その中の1人が
西ではないかとも言われている。しかし、西の最期の詳細は不明である。
昭和7年ロサンゼルスオリンピックでは、西はウラヌスを駆って馬術大障害飛越競技にて優勝金メダリストとなる。
これは2015年(平成27年)現在においても日本がオリンピック馬術競技でメダルを獲得した唯一の記録である。
B24s-over-IwoJima_convert_20160823102730.jpg
▲▼硫黄島上陸作戦前、日本兵が「定期便」と呼んだ空襲が何度も繰り返された。
B24-IwoJima_convert_20160823103034.jpg
しかし、日本兵の命がけとも言える過酷な地下豪構築作業により作られた地下陣地のお陰で被害は最小限だった。
JapaneseIwo-Jima_convert_20160823111316.jpg
▲戦い終結後、投降する日本兵の写真(ご苦労様でした・・としか言いようが無い)
iowjimabeigun_convert_20160707204430.jpg
▲「硫黄島の戦い」が終結し、アメリカ軍に占領された硫黄島に米軍機が並ぶ。奥には摺鉢山が見える。

硫黄島の現在は日本に返還されたものの、一般人は「遺骨収集」以外では立ち入る事が出来ない島だ。
旧日本海軍は硫黄島に、千鳥、元山、北と3つの飛行場を建設した。
「硫黄島の戦い」終結後、米軍が拡張整備した旧元山飛行場は、日本兵の遺体が多数残っているであろう洞窟陣地坑道
のある元山飛行場と、その東側エリアの上にコンクリートを流し拡張整備し、日本本土爆撃の基地として使用した。
現在は自衛隊に引き継がれてそのまま使用されている・・・。
2万を超える日本軍戦死者の内、現在も約12000柱の遺骨が見つかっておらず、その多くは現在の硫黄島飛行場下の坑
道内にあると見られており、防衛省の調査では滑走路下の約1800カ所で遺骨が埋まっている可能性があるとしている。
一日も早く英霊を助け出してあげて、日本人であれば誰でも慰霊に訪れる事が出来る様になって欲しいと強く望む。


にほんブログ村 歴史ブログ 太平洋戦争/大東亜戦争へ
にほんブログ村

戦史 ブログランキングへ
 2016_06_03

ロタ島

Category: ロタ島  

ロタ島は1521年マゼランの一行より発見され、スペイン統治領土とされた。マリアナ郡島(マリアナ諸島)という呼び
名はスペインの女王マリ・アンにちなむもの。米西戦争で敗れたスペインはグアム島を米国に譲渡。1899年ロタ島、
テニアン島を含む北マリアナ諸島の支配権を450万ドルでドイツに売却した。
その後第1次世界大戦でドイツが敗れ、宣戦していた日本は、ドイツ領南洋諸島全体を占領。
大正3年(1914)北マリアナ諸島をその支配下においた。
大正9年(1920)に国際連盟委任統治領として正式な日本領土となり、敗戦までの約40年間日本が統治した島である。
昭和10年(1935)南洋興発製糖工場が完成したが、生産効率がままならず工場は3年余りで操業停止に追い込まれた。
グアム島北方40kmに位置するロタ島は、昭和19年初頭までは何の軍事施設も無く、サイパンから海軍の見張員6名
が派遣されていただけであった。昭和19年3月マリアナ諸島防備強化の為、陸海軍部隊が進出。
数度に渡る配備変更の後、独立混成第10連隊歩兵第1大隊(大隊長 徳永明大尉)を主力とする陸軍約1031名を教育総
監部派遣教官から今川茂雄少佐が守備隊長として指揮し、海軍第56警備隊派遣隊・341空・265空派遣隊・設営隊等
2005名を、昭和19年6月19日マリアナ沖海戦に参加し、グアム基地に帰還中、米軍F6F戦闘機に追跡され、ロタ島に
不時着した艦上爆撃機「彗星」の搭乗員 阿部善次大尉が海軍部隊の指揮官となり 同年10月海軍少佐に昇進。
在ロタ島海軍部隊指揮官としてロタ島の守備に就いた。(阿部機不時着時の偵察員は中島米吉少尉)
米軍はサイパン島攻略後、ロタ島を飛び越えてテニアン島・グアム島に上陸した為、ロタ島に米軍が上陸したのは日本
が無条件降伏してからであった。なので、米軍が上陸したマリアナ郡島激戦地の様な地上戦は無かったとはいえ、空爆
や艦砲射撃は熾烈だったと言う。激しい空爆や艦砲射撃の中で陸海軍合わせて236名の日本兵が戦死している。
▼ロタ島空襲を終え、帰還する米戦闘機(奥にロタ島が写っている)
WildcatRotaIslandMarianas24Jun1944_convert_20160516132434.jpg
敵中に孤立したロタ島守備隊は、連日の様に米軍の空襲を受けながらも、自給自足を続けながら必死に日本本土空襲に
向かうB-29爆撃機の機数・方位を無線で日本本土(東京)に警告する役目を担った。
昭和20年(1945)9月2日米軍の駆逐艦が投錨。午前11時ロタ島で現地部隊の降伏調印式と武装解除が行われた。
9月4日海軍将兵1853名/陸軍将兵947名が武装解除の上、ロタ島を離れグアム島米国海兵隊捕虜収容所に軟禁された
後(指揮官や幹部のみか、全員かどうかは不明)昭和21年(1946)11月帰国した。
戦後ロタ島はアメリカの信託統治領を経て、1978年以降アメリカの自治領となり現在に至っている。
地上戦が無かった為、島ごと丸焼けにならなかった事もあり、原生林や自然が多く残り、マリアナ諸島で唯一、飲用に
適した「湧き水」の豊富(石灰粉が少々キツイ)なマリアナ諸島最後の楽園「ロタ島」に行ってきた。

※海軍部隊の指揮官としてロタ島を守備した阿部善次大尉(山口県出身)は帰国後、航空自衛隊1佐として英語教育隊の
 隊長を勤める。戦後ハワイを訪れ、生き残りの米国元軍人らと友好を深めた。
 日本側の宣戦布告が遅れた事を知ったのは戦後数年が経ってからだった様で 「何故最後通告が遅れたのかを第三国
 を通じてでも謝らなかったのかというのが非常に悔しい。軍人として対等に戦いたかった、準備も出来なかった米軍
 兵士は悔しかったに違いない。」と言う言葉を残している。2007年4月6日死去 享年90歳
 戦後「勝ち抜くための条件・艦爆隊長の戦訓新装版」という本も出版されている。是非読んでみたいと思う。
 abeyosirotaii.jpg
※阿部善郎は彼のペンネーム。昭和21年11月26日復員。戦後は航空自衛隊一等空佐。
 
グアム→サイパン→ロタ島の順でロタ国際空港に到着した。グアム→サイパン55分 サイパン→ロタ島30分
今回の旅はロタ島がメインだった事もあり、まずはロタのホテルにチェックインし、次の日、ローカル便でロタ➡サイ
パン➡テニアンに向かった。スターマリアナズエアーのサイパン➡テニアン便セスナが2011年11月墜落事故を起こし
て以降、サイパン➡ロタ便の日帰りツアーは現在催行されていない。
DSCN3306_convert_20160511233652.jpg
▼現在の空港は日本軍が建設途中だったものを米軍が拡張整備したものだと聞いた。
 戦時中は第341海軍航空隊[紫電]/第263海軍航空隊[ゼロ戦]/第521海軍航空隊[銀河]の配備予定があった
 又は配備されていた?様で基地地上員も含め総員2005名の海軍部隊が駐屯していたと言う(内152名戦死)
DSCN3307_convert_20160511233617.jpg

DSCN3276_convert_20160511234244.jpg

DSCN2214_convert_20160513195051.jpg
▼入国を済ませロタ国際空港を出るといきなり目に飛び込んできたのは日本海軍の兵器と航空機のエンジンだった。
 空港駐車場脇にアツタ二一型エンジン1機がプロペラが付いた状態で、天山の火星二五型1機、零戦の栄二一型3機が
 展示(放置?)されている。以前は零戦の機体部分の残骸も置かれていたと聞いていたが現在は無かった。
 戦後ロタ島を訪れた阿部善朗氏の証言によると、マリアナ沖海戦時の1944年6月19日空母「隼鷹」を発進した艦上
 爆撃機「彗星」(阿部善次大尉/中島米吉少尉)が1時間近くF6Fに追跡され、かろうじてロタ島に不時着した機体の物
 であると言う。(プロペラ付アツタ二一型エンジンの事)
DSCN3242_convert_20160512002224.jpg
ロタリゾートホテル入り口から空港に向かって車で少し走った右手ジャングルにゼロ戦が放置されていると聞いた。
当時海軍が建設していたとされる飛行場(現ロタ国際空港)がどの程度完成していて、飛行場周辺がどの様になっていた
かなど、詳細が全く解らないとの事で、そのゼロ戦が被弾して不時着した物なのか配備されていて空爆にあい使い物に
ならなくなったのか等、詳細は解らない。再訪して是非そのゼロ戦を見たいと考えている。プロペラが無かったと聞い
たので、画像の空港に展示されているどれかかもしれない・・・。どなたか案内して頂ける方、ご一報下さい。
DSCN3263_convert_20160512002259.jpg
昭和19年6月15日ヤップ島を出撃した「第二次機動部隊索敵攻撃隊」261空の銀河10機、ゼロ戦4機の内、ゼロ戦3機
がロタ島に不時着・大破の記録が残っている。(航空戦史 雑想ノート【海軍編】参照)
昭和19年6月17日夕刻テニアン島を出撃した「テニアン沖艦船攻撃隊」ゼロ戦12機の内、2機がロタ島に不時着。
搭乗員は終戦まで残留との記録が残っている。(航空戦史 雑想ノート【海軍編】参照)
DSCN3256_convert_20160512185508.jpg
▲日本軍13mm連装機銃座
DSCN3244_convert_20160512185540.jpg
▲▼海軍艦上爆撃機「彗星」のエンジン(アツタ二一型)阿部善次大尉/中島米吉少尉 搭乗機
DSCN3252_convert_20160512191000.jpg

DSCN3254_convert_20160512190932.jpg
▼海軍艦上攻撃機「天山」のエンジン(火星二五型)
DSCN3245_convert_20160512185620.jpg

DSCN3258_convert_20160512191740.jpg
▼残りは海軍零式艦上戦闘機(ゼロ戦)のエンジン(栄二一型)
DSCN3250_convert_20160512190717.jpg

DSCN3246_convert_20160512185717.jpg

DSCN3261_convert_20160512191116.jpg

DSCN3247_convert_20160512185742.jpg
▼小さな空港だが、スコップ1つの人力で建設作業をしたという戦時中の日本海軍ロタ飛行場がどんな感じだったのか
 想像もつかない・・・資料も全く無く調べようが無い・・・。展示されているエンジンも説明書看板等は全く無い
DSCN2196_convert_20160512193524.jpg
▼人口3000人程度の小さな島といえどレンタカー無しにはまわれない。
DSCN2774_convert_20160512194404.jpg

DSCN2777_convert_20160512194504.jpg
▼日本統治時代のロタ島(昭和19年6月11日大規模な米軍の空襲により消失)
Rota_Island_in_the_Japanese_Period.jpg
日本統治時代のロタ島はサイパン島、テニアン島に比べ島の開拓が遅れ、昭和9年(1934)当時でも在住する日本人は
わずか1000人余りであった。それでも昭和10年(1935)12月南洋興発株式会社製糖工場が完成。
▼ロタ島南洋興発製糖工場
rotakoujyo.jpg
サトウキビ栽培・砂糖の生産が開始された。サトウキビ栽培は経験のあった沖縄や奄美の方が中心だったが、サイパ
ン島に進出した別の会社が多数倒産し、帰国も出来ずに困って居た人々を南洋興発が救ってロタ島で採用した。
現地(ロタ島)で雇われた日本人の方々は東北方面の方が多かったと言う。しかし砂糖の生産はうまくいかず、製糖工場
は3年余りで操業停止してしまう。ロタ島の土が肥料分を含まない痩せた土だったという事と、病気(ココナッツの木
に湧く害虫?)を起こしてうまく育たなかった様だ。
(サイパン島・テニアン島でも当初はサトウキビの害虫被害が多く、島のココナッツの木を全て伐採したと聞いた)
加えて肥料を調達する為に本土へ行った者が、仕入れ資金と共に行方不明となり、結果サトウキビ栽培を諦め、サイパ
ン島・テニアン島で出る砂糖きびの搾りかすを発酵させて酒を造った。
出来た酒は南米などで言う“ラム酒”だが、それを水で薄めて“南洋誉”と言う名で国内販売をした様だ。
DSCN2094_convert_20160512203204.jpg
▲▼ロタ島南部の西港付近に今も残る南洋興発株式会社製糖工場(南洋誉工場)跡
DSCN2102_convert_20160512203607.jpg

DSCN2104_convert_20160512204701.jpg

DSCN2116_convert_20160513201829.jpg
▲当時の古写真と照らし合わせて見学するも損傷が激しく、原型が想像つかなかった。
DSCN2107_convert_20160512204739.jpg
▲米軍による艦砲射撃による穴が生々しい。
DSCN2108_convert_20160512204818.jpg

DSCN2118_convert_20160513203207.jpg

DSCN2109_convert_20160512204844.jpg

DSCN2119_convert_20160513202515.jpg

DSCN2113_convert_20160512204910.jpg

DSCN2120_convert_20160512220106.jpg

DSCN2112_convert_20160512204951.jpg
▲▼日本統治時代、サトウキビを運んだ汽車が現存している(ドイツ製と聞いた)
DSCN2096_convert_20160512205721.jpg

DSCN2098_convert_20160512205622.jpg
▼南洋興発事務所跡
DSCN2124_convert_20160512214311.jpg

DSCN2125_convert_20160512214347.jpg
▼ロタリゾート&カントリークラブ近くにもう1両シュガートレインが現存している。
DSCN2672_convert_20160512211653.jpg
子供の頃に行った遊園地にはこの様な形の汽車のレプリカが園周を走っていた様な気がする。
DSCN2677_convert_20160512211605.jpg
この汽車が活躍していた頃のロタ島にタイムスリップしてみたい衝動に駆られた
DSCN2674_convert_20160512212147.jpg
サイパン島・テニアン島・ロタ島共に日本統治時代は線路が引かれ、秋の収穫期にはこの汽車に何両もの貨車が連結
され、収穫したサトウキビを製糖工場まで運んでいた。余地がある時には運賃1円で乗客も乗せたと聞いたが、1円は
当時、労働者の1日分に相当する金額であったと言う。
DSCN2683_convert_20160512212109.jpg

DSCN2681_convert_20160512212208.jpg
▼ロタリゾート&カントリークラブ(左側はゴルフ場と海、右側は宿泊施設、真っ直ぐ走ると右側に汽車がある
DSCN2786_convert_20160512214745.jpg
▼ロタココナッツビレッジに、当時ロタ島に住んでいた沖縄出身者達が記憶を頼りに完成させた日本統治時代の
 ロタ島地図が展示されている。現在は営業していない為、今回M氏による特別なはからいで見学させて頂いた。
DSCN2695_convert_20160512230450.jpg

DSCN2694_convert_20160512230252.jpg
▼現在は営業していないロタココナッツビレッジ
DSCN2701_convert_20160512230928.jpg
▲▼かつて日本人が経営していた。M氏は「誰か引き継いでくれる人がいれば嬉しい事だが、もう無理だろう」と。
DSCN2699_convert_20160512231053.jpg
▲▼バブル期は日本人観光客が沢山宿泊していただろう。しかし観光客が減った今ぐらいが丁度良いとM氏は語った。
DSCN2690_convert_20160512231017.jpg
▼南洋興発製糖工場跡から徒歩2分、西港がある。敗戦後日本軍守備隊がロタ島を離れた場所かもしれない。
 (10月頃は25cm~30cmのアジが入れ喰い状態だと聞いた。ロタ島で食べた刺身は最高に美味しかった)
DSCN2131_convert_20160512233907.jpg
▼昭和20年(1945)9月2日武装解除し、米軍の舟艇に乗せられロタ島を離れる日本軍守備隊(米軍撮影)
6RotaSept1945.jpg
▼ソンソン村近くの東港(上記の古写真は東港かもしれない)
DSCN2982_convert_20160512235056.jpg
ロタ島の港は水深が浅く大型船が入港出来ない。沖に停泊し、小型船で往復して物資等を陸揚げするのだと聞いた。
米軍の小型艇に乗せられた武装解除した日本軍ロタ島守備隊の画像でも同じ様に、沖合いに停泊している船に移送
されている様子が伺える。
ShounMaru1944_convert_20160516133209.jpg
▼▲ロタ島東港停泊中米軍に撃沈された松運丸(現在有名な沈船ダイビングスポットとなっている)戦死者は0との事
ShounMaru19442_convert_20160516133232.jpg

▼ソンソン村東港から海沿いに車で15分、海軍砲台跡が2基残っている、1基目は砲座・砲身は残されていない。
 当時から設置されなかったのか、戦後取り去られたのかは不明。
DSCN2613_convert_20160513191246.jpg
▼1基目から歩いても3分程の並びに2基目がある。観光ガイド等に掲載されている有名な日本海軍砲台
DSCN2937_convert_20160513191959.jpg

DSCN2625_convert_20160513192325.jpg

DSCN2616_convert_20160513192531.jpg
▼▲メンテナンスされており、少々力は要るが左右に動く。この様な状態の日本軍砲台を初めて見た。
DSCN2627_convert_20160513192741.jpg
▼砲台内から東港を望む。試し撃ちの1発のみ発射されたと聞いた。ロタ島に限らず、設置された砲台の多くは海軍の
 旧式の軍艦から外され転用された物がほとんどだった。砲身寿命は200発程度だと言う。
DSCN2949_convert_20160513193303.jpg
▼角度を変えるとロタ島の最南端にあるウエディングケーキマウンテンが見える
DSCN2961_convert_20160513193806.jpg
▼この場所からのウエディングケーキマウンテン(立入禁止区域)が一番綺麗だと言う。
 ※ウエディングケーキマウンテンには砲台跡がいくつか残っていると、許可を得て行った事のあるM氏から聞いた。
DSCN2612_convert_20160513194153.jpg
▼日本海軍砲台跡から更に走ると「斉藤隊戦死者の墓」がある。
DSCN2638_convert_20160513210844.jpg

DSCN2637_convert_20160513205101.jpg

DSCN2636_convert_20160513205632.jpg

DSCN2640_convert_20160513205703.jpg
▲一礼して感謝を伝えた。案内して頂いたM氏はロタ島を訪れると必ずお参りし、タバコを供えると言っていた。
 素晴らしい方だと思った。ロタ島を訪れた際はバカンスの前に立ち寄ってお参りしてあげて欲しい。
DSCN2646_convert_20160513211510.jpg
▲▼さらに10分程走って左側「日本軍人軍属」の墓がある。(空襲で亡くなった民間人も埋葬されていると聞いた)
DSCN2647_convert_20160513211810.jpg
ここでも一礼して感謝を伝えた。
DSCN2648_convert_20160513211910.jpg
ロタ島もか・・・と思った。同じ日本人の墓がバラバラにある。旧日本軍人と旧日本軍属の違いを知る若い世代がど
れ程居ようか。せめて同じ敷地内に立てる事は出来ないだろうか。ロタ島にも日本政府が建てた慰霊碑は無い。
御遺族の方や有志の方がそれぞれの想いで立てられた物に何も言う立場にないが、海外の戦地で戦いに倒れた先人へ
感謝の慰霊が日本人観光客に定着しないのはこれも原因の1つにあると思う。
DSCN2649_convert_20160513232352.jpg
▲▼3つ目の日本陸軍砲台(ここは高射砲)はロタ島の丁度中心辺りの丘にあった。
DSCN2666_convert_20160513235152.jpg

DSCN2664_convert_20160513235417.jpg

DSCN2658_convert_20160513235922.jpg
▼砲台の脇には退避壕があった。
DSCN2657_convert_20160514000233.jpg

DSCN2656_convert_20160514000258.jpg
中に入ってみておそらく人口的に掘られた壕だと感じた。
DSCN2653_convert_20160514000348.jpg
▼日本陸軍司令部跡。
DSCN3101_convert_20160514003827.jpg
▼▲機銃掃射の跡が生々しい、空襲の激しさを物語っていた。
DSCN3104_convert_20160514003919.jpg
空襲が激しくなるとソンソン村にあったロタ神社(トンガ洞窟野戦病院)に司令部を移動した。
DSCN3105_convert_20160514004817.jpg

▼昭和20年(1945)9月2日武装解除に応じるロタ島日本軍守備隊(米軍撮影)
1RotaSept1945-_convert_20160514124337.jpg

rotabusoukaijyo.jpg

4RotaSept1945_convert_20160514124602.jpg
▲激しい空爆を逃れて島を転々としていたのであろう、設営された臨時テントが見える。
DSCN3111_convert_20160514123933.jpg
▲場所を見つけようと陸軍司令部跡から更にダート道を走って探しに行ったが、よく似た風景は沢山ある為、場所
 の特定は諦めた。
3RotaSept1945_convert_20160514125053.jpg
▲▼現地人(チャモロ人)を守りつつも、バラック作りの小屋で自給自足の生活をし、終戦まで頑張ったロタ島守備隊。
2RotaSept1945_convert_20160514125112.jpg
戦死者も多く出ているが、半数以上の日本兵が無事日本に帰還された事を非常に嬉しく思う。

DSCN2877_convert_20160514130242.jpg
▲ソンソン村に残るロタ神社跡。階段しか残っていないが、階段を登るとその更に上にはトンガ洞窟がある。
DSCN2878_convert_20160514130615.jpg
▼ここが戦時中、野戦病院(神威洞)として使われ、空襲が激しくなった後には司令部として使われた洞窟だ。
DSCN2879_convert_20160514130844.jpg
▼中に入ると、入り口の狭さからは想像できない広い空間があった。その昔はトンガ人が住んでいたと聞いた。
DSCN2880_convert_20160514131426.jpg

DSCN2882_convert_20160514131501.jpg
▼入って右手にはコンクリートで固められた平らなスペースが広がる。恐らく負傷兵を寝かせていた場所であろう
DSCN2884_convert_20160514131758.jpg

DSCN2892_convert_20160514131822.jpg

DSCN2890_convert_20160514131943.jpg

DSCN2896_convert_20160514132029.jpg
▲▼中はかなり広い。各所に人工的に平らにされた場所があり、ここが最終の司令部だった事が伺える。
DSCN2898_convert_20160514132420.jpg

DSCN2902_convert_20160514132508.jpg
▼見学を終えて入り口に向かう。
DSCN2908_convert_20160514132705.jpg
▼トンガ洞窟のほぼ真上に位置するソンソン展望台はロタ島で1番有名な観光スポットだ。
DSCN3136_convert_20160514134223.jpg
▼ロタ島ソンソン村と最南端の景色が一望出来る。
DSCN3137_convert_20160514134827.jpg
▼この場所からの夕日は最高だった、日の入り時間は夕方6時。絶景が見れた。
IMG_2026_convert_20160514181054.jpg
現在は観光名所のソンソン展望台も、戦時中は日本軍の見張台だった様だ。夕日を拝む為に時間潰しをしていた時、
たまたま沖縄から来られた御家族に出会った。おじい様と娘様、そのお子様お2人だった。
聞けばおじい様はロタ島で生まれ、10歳までロタ島で育ったそうだ。ソンソン展望台には機銃が設置され、日本兵が
上空を監視していたと言う。初めて知った。「野戦病院跡を見に行く」と言って御家族は去っていった。
なるほど、ここは最後の司令部壕の真上だ。私が息を切らして登ってきた道は先人が作ってくれた道だった。
御家族が去ってから展望台の周囲を再確認した。するとおじい様が言った通り、機銃座が設置されていたであろう岩
組と鋼鉄の残骸が確認出来た。
DSCN3151_convert_20160514184520.jpg

DSCN3152_convert_20160514184746.jpg

DSCN3155_convert_20160514184918.jpg
沖縄から来られた御家族に出会わなければ見落としていたであろう。この場を借りてお礼を申し上げます。
展望台からの景色を眺めながら、娘様がおじい様に「どう?思い出した?」と優しく声をかけていたのが印象的だった。
DSCN3135_convert_20160514203136.jpg
▲ソンソン展望台に登る道中に洞窟がある、ロタ島でもリン鉱石を採掘していたと聞いていた。
DSCN3133_convert_20160514204223.jpg

DSCN3126_convert_20160514211015.jpg

DSCN3127_convert_20160514211134.jpg
▲入ってみるといくつも坑道があり、リン鉱石を採掘した様な跡があった。
DSCN3018_convert_20160514190130.jpg
▲ソンソン村には東京苑という居酒屋風レストランがある。北海道出身の日本人が経営していると聞いた。
 食事は非常に美味しく、日本にいるのかと思う程だった。特に刺身料理、魚を使ったチャモロ料理は絶品だった。
 日本語が出来る優しいフィリピン人男性1人、女性2人で店をきりもりしていた。もちろん美味しいロタ水は無料だ。
 看板娘のエミリーさん、ウェイターのモンさんに親切にして頂いた。いいお店だったので滞在中は毎晩通った。
 ロタの東京苑はサイパン?テニアン?(どちらか忘れた)の2号店だったが今はロタ店だけだと聞いた。エミリーさん
 はサイパン?テニアン?に居たがオーナーに頼まれ、フィリピンに戻らずロタ店に来たという。ロタリゾートで働く
 ご主人と2人でロタ島で暮らしている。「フィリピンは人が多くて疲れるからロタに永住するかも?」と語った。

DSCN2780_convert_20160514191722.jpg
地元の人はわさびとキッコーマン醤油が大好き。わさびを強烈につけて刺身を食べているのが印象的だった。
DSCN2781_convert_20160514191756.jpg
▲▼ロタ島のスーパーで撮影。バックで駐車するのは私だけだった・・・。日本人観光客だと直ぐわかってしまうか?
DSCN2779_convert_20160514192229.jpg
▼ソンソン村から車で5分、ロタ洞窟博物館がある。ほとんど開館していないとの事だったが案の定閉館していた。
DSCN3043_convert_20160514220735.jpg
▼少し覗いてみたが、旧日本軍の物が少し展示してあった。
階段を上って最初に目に飛び込んできたのは日本軍?アメリカ軍?の重機関銃だった。米軍が上陸後置いていった物か?
DSCN3071_convert_20160514222154.jpg
▼日本海軍九六式25ミリ機銃(艦載用対空機銃の代表的な機関砲)
DSCN3044_convert_20160514221535.jpg
▲▼「ひょっとしてこの機銃座がソンソン展望台に設置されていた物かもしれない」と思いながら見学した。
DSCN3047_convert_20160514222400.jpg

DSCN3049_convert_20160514222548.jpg

DSCN3050_convert_20160514222654.jpg

DSCN3079_convert_20160514222833.jpg

DSCN3052_convert_20160514223012.jpg
ロタ島にはドイツ統治時代にハンティング目的で持ち込まれた鹿が繁殖し、野生の鹿が沢山いると聞いた。
DSCN3053_convert_20160514223218.jpg

DSCN3045_convert_20160514223408.jpg
▼閉館していたが隙間からカメラを入れて撮影。
DSCN3063_convert_20160514223542.jpg
▼ロタ洞窟博物館からソンソン村方面を望む。
DSCN3057_convert_20160514224106.jpg
▼ロタ空港から車で10分。ラッテストーン石切り場がある。
DSCN2722_convert_20160515093844.jpg
約3500年前、マリアナ諸島の原住民は東南アジアから到達した。
彼等はチャモロと呼ばれる独自の民族となり、独自の文化を育て、原始的な生活していた。
今から約490年前にスペインが統治するまでマリアナ諸島は紀元前、タガ王朝時代としてチャモロ民族が暮らしていた
タガ王朝時代の首都はテニアン島。テニアン島にはタガ遺跡が残されている。この石切り場で切り出された先材は、テ
ニアン島に運ばれる為の物だったのではないか?とも言われている。スペイン統治時代にはチャモロ人を虐殺・制圧し
チャモロ伝統文化を壊してチャモロ人をグアム島に移した。ロタ島の原住民(チャモロ)は激しく抵抗。
山間部に身を隠し生きのびた原住民が現在のロタ島チャモロ人の祖先とされ、彼等こそが真のチャモロ人だと聞いた。
スペインが植民地にする為の調査で、テニアン島上陸の際に使用した小舟に積んで有った物が全部盗まれて小競り合
いに発展したと言う話を聞いた。比較的治安の良いロタ島ですが、やはりコソ泥は居るらしく、スペイン統治時代には
「ドロボウ諸島」と呼ばれていたそうだ。
DSCN2719_convert_20160515094350.jpg

DSCN2710_convert_20160515114816.jpg
▼切り出された巨大な石は住居の土台として使用されていたとの事。住居部分は釘を使わない建築だったそうだ。
tagaoutyo1.jpg
グアム島・サイパン島・テニアン島で現存している建った状態(当然ラッテストーンのみ)を見る事が出来る。
ロタ島でも現存するらしいが場所が解らなかった為、見学していない。

DSCN2729_convert_20160515121448.jpg
▲ラッテストーン石切り場跡から東へ10分程、M氏お勧めの場所「バードサンクチュアリ」がある。
DSCN2743_convert_20160515121829.jpg
マリアナ諸島で一番多くのレッドフーテドブービーを見る事が出来るとされ、沢山の種類の鳥を見学出来る場所だ。
DSCN2758_convert_20160515122659.jpg
暑さと時間が経つのを忘れてしまうぐらいの素晴らしい場所だった。
DSCN2744_convert_20160515122501.jpg
▼日本統治時代、ロタ松島と呼ばれた場所は「ピナタンパーク」というプールを備えたちょとした観光スポットになっ
 ていた様だが、現在は営業しておらず、廃墟になっていた。
DSCN2875_convert_20160515131614.jpg

DSCN2868_convert_20160515133231.jpg
ウォータースライダーなどが廃墟となり放置されていたが、ロタ島の魅力はテーマパーク・レジャー施設などでは無い。
テーマパーク・レジャー施設へ行きたければわざわざグアムで乗り継ぎしてロタ島に来なくともグアム島で満喫出来る。
ロタ島の魅力はロタブルーの海、地上戦が無かったお陰で残った原生林と手付かずの大自然。そして日本統治時代を懐
かしくも快く思っていてくれている親日のチャモロ民族の人達だ。わずか3000人程度の静かな島にテーマパークは必
要無いとあらためて思った。静かなビーチと真っ青な海、美味しい天然水と治安の良さ。現地チャモロ人と出稼ぎに来
ている真面目なフィリピン人達の親切さ。新鮮な魚料理で食べ物も美味しい。南の島でこれ以上の贅沢は無いと思った。
DSCN2874_convert_20160515133416.jpg
▼ソンソン村から南へ徒歩20分、ロタ島居住区最南端に公営住宅が建ち並ぶ地域がある。
 東日本大震災の後、北マリアナ連邦ロタ島では、公営住宅の空き家をリニューアルし、日本の被災者に提供を決定。
DSCN2137_convert_20160515135457.jpg
約30棟程在る公営住宅をリニューアルし、日本人被災者に住んで貰うんだと、ロタ市長を始め、幹部が日本を訪問。
福島県まで出向き「被災者の受け入れ準備が整っています」と表明してくれたという。
震災後に被災者の為の住宅を用意して受け入れを表明したのは、ロタと台湾だけだと言う。
DSCN2139_convert_20160515141824.jpg
しかし、日本政府からは公式な発表も無ければ、報道も無かった。私も何も知らなかった、初めて聞いた。
DSCN2149_convert_20160515142003.jpg

DSCN2141_convert_20160515142139.jpg
▼結果、日本人(被災者)は誰も行かなかったという事だが、初めてのロタ島訪問時に、その事実を「知っている」と
 「知らない」とではロタ島に対する見方はかなり違ってくるものとなり、島で出会うと当たり前の挨拶をしてくれ
 る島民、車ですれ違う度に手を上げて挨拶してくれる島民に対して、自然と感謝の気持ちで接する事が出来、とて
 も気持ちが和むロタ島の旅だった。
DSCN2142_convert_20160515142205.jpg
▼公営住宅の突き当たりはウエディングケーキマウンテン(立入禁止区域)と思ったが、廃墟のパウパウホテルがあった
DSCN2153_convert_20160515164739.jpg

▼アスマンモス・クリフ(釣りの名所らしく年1回釣り大会が行われると聞いた)
DSCN2791_convert_20160515145927.jpg
戦時中、ロタ島では日米の地上戦が無かった為、サイパンやテニアンの様な悲劇が無くて本当に良かった・・・。
DSCN2794_convert_20160515150307.jpg

ロタ島で有名な観光スポットである「スイミングホール」「テテトビーチ」を見学してロタ島をあとにした。
DSCN3021_convert_20160515125033.jpg
▲スイミングホール
DSCN3038_convert_20160515125659.jpg
▲テテトビーチ
DSCN3232_convert_20160515125827.jpg
ロタ島訪問前、かつてロタ島で居住経験を持つI氏にロタ島出国時にしか見れない「絵」の話を聞いていた。
最後にロタ国際空港出国待合室でしか見る事の出来ない「絵」で学ぶロタ島の歴史を紹介して終わりにしたいと思う。
※「絵」に対する説明文は全て、飾ってある「絵」の横に説明書として添えてある文章である。
DSCN3286_convert_20160515170440.jpg
▲チャモロ時代(1500B.C-1521A.D)
紀元前1500年頃、チャモロ人は勇敢にもマリアナ諸島までカヌーで航海して来たと言われています。
男性は、特徴ある円柱形のラッテ・ストーン(絵の中央をご覧下さい)を基礎に家を建て、女性は布製品、レッド・スリ
ップ・マリアナスの模様に入った陶器、絨毯、亀の甲羅の装身具等を作り、腕利きの漁師達は大きなカジキマグロを捕
獲する技術を開発し、農民達は土地を耕し、段々畑を作り、巧みにたくさんの作物を作りました。
結果的にチューク、ヤップ、カロラインスを含めた諸島間で貿易が始まりました。当時、高価なコヤスガイや亀の甲羅
が貨幣として流通していました。
部族間の抗争も頻繁に起こり、味方が敵に傷を負わされたり、殺されたりすれば、直ちに戦争という状態でした。
「投石」「やり」が主な武器だったそうです。
ヨーロッパ人が初めてミクロネシアを訪れたのは、マゼランがそれら諸島を発見した時であり、それは世界一周の航海
の中で、初めて探検家達が経験した未知との遭遇でした。
DSCN3289_convert_20160515175248.jpg
▲スペイン統治時代(1521-1898)
1565年、スペイン人ミゲル・ロペス・レスガスピィがグアムに上陸し、マリアナ諸島の所有権を主張しました。
まもなくスペインの帆船がメキシコとフィリピンの間を行き交うようになり、途中、食糧や水の補給の為、ロタ、グア
ムに立ち寄りました。その為、ロタは世界で初めて太洋を横断する交易路の中継地点となりました。
1668年、スペイン人はカソリック教徒の指導者ルイス・デ・サンビトーレスの下、マリアナ諸島に定住する事を宣言
し、また1682年ロタに教会を建てました。スペイン人は、チャモロ人にスペイン人社会の価値観や特色を受け入れさ
せるため、「征服」政策を持ち込みました。宗教上の改宗やチャモロ文化の排除は、やがて戦争へと発展しました。
1668年には60000人居たチャモロ人は、スペイン人との戦いや、水泡性疾患、インフルエンザが原因で1710年には、
3539人まで減少していました。右手上部のコーナーをご覧下さい。悲痛な表情の人物、倒れているラッテ・ストーン
これらは多くの古代文化が失われてしまったことを物語っています。
DSCN3293_convert_20160515203311.jpg
▲ドイツ統治時代(1899-1914)
米西戦争の敗北により、宗主国であるスペインはその領土であったマリアナ諸島をドイツに売却しました。
白い征服を見につけた、有能なドイツ人官吏ジョージ・フリッツはコプラ(ヤシ油の原料)生産による経済自立を目指し
ました。また、その当時ロタでは米、コーヒー、砂糖、柑橘類が生産されていました。
教会では、僧侶がスペイン人からドイツ人にバトンタッチされ、社会面では、道路、水道、また、西港を建設するため
暗礁となっていた水路等の社会基礎整備が行われました。ドイツ人については、時間に厳しいこと、そして初めて船外
機を紹介したと言われています。
DSCN3282_convert_20160515182711.jpg
▲日本統治時代(1914-1945)
第一次世界大戦のさなか、ドイツが太平洋より撤退した後、日本人は直ちに北マリアナ諸島を接収しました。
やがて1920年、国際連盟(国連の前進)は、ミクロネシアにおける日本の統治権を承認しました。
日本人は政府の貸付金や補助金を使って、事業を奨励し、島の経済に「独立採算制」を導入しました。
「サトウキビ」、列車、燐鉱業等がそれです。また、港の改修、軌間の狭い鉄道の敷設を行い、製糖業を発展させまし
た。1935年までは、ロタには8000人の日本人、800人のチャモロ人が住んでいました。また、多くの朝鮮人と沖縄の
人達も定住し、ロタの経済発展に貢献していました。交通機関では、日本郵船が日本・ロタ間の定期航路を開設し、人
々の異動や荷物の輸送に貢献していました。ロタの西港には石造りの埠頭があり、東港は人々の乗降船用に使用されて
いました。第二次世界大戦中、連合軍はロタを迂回して行ったため、食糧や医薬品が不足し、人々は困窮した生活を送
らざるを得ない状態でした。
DSCN3285_convert_20160515213709.jpg
▲米国統治時代(1945-現在)
終戦後、国連は太平洋諸島の信託統治行政官に米国を指名しました。
アメリカ大陸と同じぐらい広大なこの領域は、ロタ島を含むミクロネシアWP取り囲んでいます。
やがて、ミクロネシア・ロタ・サイパン・テニアン諸島は米国の信託領ではなく、一つの連邦共和国として、認めるよ
う主張しました。1976年、米国との間で、北マリアナ連邦制定に関する条約が成立。1977年新憲法発布。
米国の統治下にもかかわらず、条約上北マリアナは民主的、且つ独自の政府を持ち、政治・経済をコントロールするユ
ニークな立場にあります。伝統的な農業を維持しながら、一方では観光業、そして中国、フィリピン、バングラディッ
シュ等の人々が雇用されている労働集約型産業が発展し、国の経済、人々の生活を支えるに至っています。
USA

にほんブログ村 歴史ブログ 太平洋戦争/大東亜戦争へ
にほんブログ村

戦史 ブログランキングへ
 2016_05_03



12  « 2017_01 »  02

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

EVNARA

Author:EVNARA
今の日本があるのは英霊達の戦ってくれたお陰だと思っています。感謝の念を伝える為に各地戦跡に足を運んでいます。少しでも多くの方に太平洋戦争(大東亜戦争)がどの様な戦争だったのかを知って頂き、軍民問わず全ての英霊に感謝する事をお伝えしたくて当ブログを書いています、画像等提供して頂いたリンクの方々に感謝申し上げます。情報提供等ございましたら★を@に換えてお願いします。
pochetteevnara★gmail.com

ブロとも申請フォーム

Access counter

検索フォーム

QRコード

QR




pagetop