三重県津市にある香良洲歴史資料館に行ってきました。ここは海軍予科練があった場所で、今は
歴史資料館と当時の正門(赤レンガ)がかろうじて少し残るのみとなっています。歴史資料館に
は練習機「白菊」の部品や特攻ボート「震洋」のスクリューなど、貴重な物が多く展示されてい
ます。入館は無料で、三重・大阪などからの修学旅行生も多く訪れるそうです。

DSCN7993.jpg
▲現在の正門は当時の物を忠実に再現し、現在の場所に建てられた物だそうです
101103-07_convert_20140926210533.jpg 101104-01_convert_20140926210443.jpg
▲当時の正門と兵舎
DSCN8000.jpg
▲この地で学び戦地に散っていった多くの若者の名を記した石碑が並んでいました

DSCN7991_convert_20140925233113.jpg DSCN7990_convert_20140925232942.jpg
▲練習機「白菊」の翼                            ▲特攻ボート「震洋」のスクリュー
DSCN7995_convert_20140925233231.jpg DSCN7994_convert_20140925233155.jpg
DSCN7997_convert_20140925233806.jpg DSCN7999_convert_20140925233839.jpg

DSCN7998.jpg
▲三重県津市香良洲町6320 「香良洲歴史資料館」入り口
DSCN8001_convert_20140925234125.jpg DSCN8002_convert_20140925234157.jpg

DSCN8003_convert_20140925234222.jpg DSCN8004_convert_20140925234249.jpg
▼在りし日の練習機「白菊」と展示されている模型
98b21280_convert_20140925235945.jpg DSCN8021_convert_20140926000101.jpg
「白菊」は特攻作戦にも使用されたそうです。遅い練習機に250㌔爆弾を2個かかえて・・・。
徳島白菊特攻隊員追悼「白菊花火」取材動画①
siragiku_convert_20160130032417.jpg
▲白菊。低速の練習機に250キロ爆弾を2発も搭載した為、80~90ノットしか出なかった。手前の白菊は昭和20
 年5月29日、徳島第3白菊隊の北光円1飛曹、為広二見2飛曹の搭乗機として串良を出撃、沖縄の海に散る。
siragikutai_convert_20160130032904.jpg
▲神風特別攻撃隊「徳島第2白菊隊」昭和20年5月27日18:01白菊9機が鹿屋基地から出撃。
 沖縄周辺の敵艦船に突入、散華した。遅い練習機が敵艦にたどり着けたかどうかは不明。
kikusuisiragiku_convert_20160130033600.jpg
▲神風特別攻撃隊菊水部隊「白菊隊」 昭和20年5月24、25、27日に特攻出撃。
tokkosiragiku_convert_20160130033947.jpg
▲神風特別攻撃隊「徳島白菊隊」白菊は練習機の為速度が遅く、特攻は夜間に行われた。
 昭和20年5月24、25、27、29日、6月21、25日に出撃。白菊28機、隊員55名が散った。
※昭和20年5月29日「徳島第3白菊隊」15機が鹿児島県串良基地より出撃。1機が徳之島に不時着している。

▼米軍捕獲時の「震洋」と展示されている模型
11431280_convert_20140926001724.jpg DSCN8012_convert_20140926001905.jpg
DSCN8023.jpg
DSCN8025_convert_20140926193719.jpg DSCN8007_convert_20140926193638.jpg
DSCN8005_convert_20140926202522.jpg DSCN8009_convert_20140926202551.jpg
DSCN8029_convert_20140926202642.jpg DSCN8030_convert_20140926202706.jpg
▼当時の予科練の模型。香良洲町3分の2をしめていました。
DSCN8008.jpg
▼現在もわずかに残る当時の正門跡の赤レンガ塀
DSCN8068_convert_20140926203441.jpg
かつてこの地にあった「三重海軍航空隊」は大規模な“教育施設”であり所属する飛行機や滑走路はないまま
終戦と同時に3年で役目を終えた。3年間に全国各地から約65,000人が入隊し、多い時には兵舎に約15,000人
もの若者(14歳~19歳)が厳しい訓練を受け、この内約5,000人が特攻隊員として万世や知覧などから出撃し、
戦死されたとの事です。

是非ご覧下さい [散華の世代からの問い~元学徒兵吉田満の生と死~]

映画『ひとりひとりの戦場 最後の零戦パイロット』も是非ご覧下さい。
公式HP




拙い駄文を最後までお目通し下さり有難うございます。
「沖縄戦跡ツアー」承ります。名護~糸満までの沖縄戦の激戦地戦跡をご案内します。
名護~糸満までの戦跡を、ガイドブックに載らない戦跡も含め、3日~4日程度で巡るSP戦跡ツアーとなっております。
「百聞は一見にしかず」 現場で実際に自分の目で見る戦跡は、沖縄戦を肌で感じる事が出来ます。
事前に当ブログ「沖縄戦」をご覧頂くと、沖縄戦の大筋が、現存する戦跡を含めてご理解頂けると思います。
お客様の希望日時・希望戦跡地などをメールでお伝え下さい。折り返しコーディネートさせて頂いたスケジュール等を
お返事差し上げます。 pochetteevnara@gmail.com までお気軽にお問い合わせ下さい。
(お電話でのお問い合わせは、〇九〇-二六一八-二一四四 まで)
にほんブログ村 歴史ブログ 太平洋戦争/大東亜戦争へ
にほんブログ村

戦史 ブログランキングへ
スポンサーサイト
 2014_09_23




プロフィール

WhitePigeon

Author:WhitePigeon
今の日本があるのは英霊達の戦ってくれたお陰だと思っています。慰霊と感謝の念を伝える為に各地戦跡に足を運んでいます。少しでも多くの方に太平洋戦争(大東亜戦争)がどの様な戦争だったのかを知って頂き、軍民問わず全ての英霊に感謝する事をお伝えしたくて当ブログを書いています、画像・情報提供して頂いた方々に感謝申し上げます。
[沖縄戦を深く知るツアー]をご希望の方はメールにてお願いします。
pochetteevnara@gmail.com

ブロとも申請フォーム

Access counter

沖縄戦跡巡り

QRコード

QR




pagetop