何度も上京しながら行けなかった場所、「千鳥ケ淵戦没者墓苑」にやっと行く事が出来ました。
現在も続いている太平洋戦争(大東亜戦争)の犠牲者の遺骨収集。身元不明のご遺骨は南方の
戦地他からここに帰って来られます。100円を納めて菊の花を顕花出来ます。「戦争へ行った」
「いかされた」等、色々理由はあると思います。しかし、日本の為に戦ってくれた英霊に対して
感謝する気持ちを日本人は決して忘れてはいけません。1度足を運ばれる事を切望します。
静かで、春は桜が綺麗な場所です。

DSCN6808.jpg

DSCN3849_convert_20170809235735.jpg
▲2017年7月25日再訪。
DSCN6799.jpg

DSCN6801.jpg

DSCN6800.jpg

DSCN6805.jpg

DSCN6804.jpg

DSCN6810.jpg

DSCN6807.jpg

千鳥ケ淵戦没者墓苑

太平洋戦争(大東亜戦争)は連合軍との戦いだけと思いがちですが、連合軍との戦いの前に、日本が始めた日中戦争
も忘れてはいけません。日中戦争の記憶は帰還された日本兵の方々が家族に語ることなくこの世を去られたケースが
多いです。祖父は中支で通信兵として戦い生還しています。足に貫通銃創うけた話以外は何も語りませんでした。
全てを知り、理解するのは難しいですが、歴史の事実を知ってから今の日本の置かれている状況を日本国民一人一人
が考えなければならない時期がきています。勝戦国であれば今の日本の立場、我々戦争を知らない世代の考え方も大
きく変わっていたと思いますが、敗戦国である事実は変わりません。中国、アメリカ、フィリピンなど、かつて敵対
した国と戦わずしてどうやって上手く付き合っていくか。日本人は真剣に考えなければならないと思います。
アメリカがいつまでも守ってくれませんから・・・。



拙い駄文を最後までお目通し下さり有難うございます。
「沖縄戦跡ツアー」承ります。名護~糸満までの沖縄戦の激戦地戦跡をご案内します。
名護~糸満までの戦跡を、ガイドブックに載らない戦跡も含め、3日~4日程度で巡るSP戦跡ツアーとなっております。
「百聞は一見にしかず」 現場で実際に自分の目で見る戦跡は、沖縄戦を肌で感じる事が出来ます。
事前に当ブログ「沖縄戦」をご覧頂くと、沖縄戦の大筋が、現存する戦跡を含めてご理解頂けると思います。
お客様の希望日時・希望戦跡地などをメールでお伝え下さい。折り返しコーディネートさせて頂いたスケジュール等を
お返事差し上げます。 pochetteevnara@gmail.com までお気軽にお問い合わせ下さい。
(お電話でのお問い合わせは、〇九〇-二六一八-二一四四 まで)
にほんブログ村 歴史ブログ 太平洋戦争/大東亜戦争へ
にほんブログ村

戦史 ブログランキングへ
スポンサーサイト
 2014_06_25




プロフィール

WhitePigeon

Author:WhitePigeon
今の日本があるのは英霊達の戦ってくれたお陰だと思っています。慰霊と感謝の念を伝える為に各地戦跡に足を運んでいます。少しでも多くの方に太平洋戦争(大東亜戦争)がどの様な戦争だったのかを知って頂き、軍民問わず全ての英霊に感謝する事をお伝えしたくて当ブログを書いています、画像・情報提供して頂いた方々に感謝申し上げます。
[沖縄戦を深く知るツアー]をご希望の方はメールにてお願いします。
pochetteevnara@gmail.com

ブロとも申請フォーム

Access counter

沖縄戦跡巡り

QRコード

QR




pagetop