スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--

(由良要塞)生石山砲台


由良要塞は3つの地区で構成されています。和歌山県(加太地区)、友ヶ島、そして今回訪れた由良地区です。
明治22年に起工された由良地区生石山砲台は、結局一度も使用される事なく昭和の終戦を迎え、米軍により
破壊されました。加太地区に比べると現存状態は悪いですが、それでも赤レンガで築かれた砲台周辺の建造物
は健在で、近年公園化されて見学し易くなった事もあり、見学する価値ありです。
場所はナビで [生石公園] (兵庫県洲本市由良町由良)を検索すると良いと思います。梅で有名な場所です。
DSCN0096_convert_20150922171209.jpg
▲車で峠道を登っていくとまずは第4砲台跡が左手に迎えてくれます。
DSCN0132_convert_20150922202354.jpg

DSCN0099_convert_20150922202503.jpg
▲第4砲台跡から[成ヶ島]が見えます、成ヶ島にも砲台があった様です。
DSCN0101_convert_20150922204307.jpg
▲第4砲台跡駐車場からの眺め。良い天気でしたので友ヶ島も見えました。
DSCN0106_convert_20150922204427.jpg
▲第1砲台跡へは立ち入り禁止です。が・・・、自己責任で柵を越えて中へ。
DSCN0107_convert_20150922204503.jpg
▼▲崩壊寸前の弾薬庫が並んでいます。さらに奥へと赤レンガ倉庫が続いています。
DSCN0113_convert_20150922204544.jpg

DSCN0116_convert_20150922211418.jpg

DSCN0117_convert_20150922212243.jpg
▲砲台の台座跡(丸い部分)
DSCN0137_convert_20150922212538.jpg

DSCN0133_convert_20150922221346.jpg

DSCN0127_convert_20150922221442.jpg
▼▲第1砲台跡駐車場に展示してある24センチ砲(ガスで切断したのでしょうか・・)
DSCN0126_convert_20150922221817.jpg

DSCN159_convert_20150922211932.jpg
今回は第1第4砲台跡を見学したが、第2.3.5砲台跡はフェンスで覆われ見学(撮影)しにくかった為スルーしました・・。
公園整備が進んでいる様なので、見易い状態になればまた訪れてみたいと思います。




拙い駄文を最後までお目通し下さり有難うございます。
「沖縄戦跡ツアー」承ります。名護~糸満までの沖縄戦の激戦地戦跡をご案内します。
名護~糸満までの戦跡を、ガイドブックに載らない戦跡も含め、3日~4日程度で巡るSP戦跡ツアーとなっております。
「百聞は一見にしかず」 現場で実際に自分の目で見る戦跡は、沖縄戦を肌で感じる事が出来ます。
事前に当ブログ「沖縄戦」をご覧頂くと、沖縄戦の大筋が、現存する戦跡を含めてご理解頂けると思います。
お客様の希望日時・希望戦跡地などをメールでお伝え下さい。折り返しコーディネートさせて頂いたスケジュール等を
お返事差し上げます。 pochetteevnara@gmail.com までお気軽にお問い合わせ下さい。

にほんブログ村 歴史ブログ 太平洋戦争/大東亜戦争へ
にほんブログ村

戦史 ブログランキングへ
スポンサーサイト

 2015_09_21

Comments


 管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

WhitePigeon

Author:WhitePigeon
今の日本があるのは英霊達の戦ってくれたお陰だと思っています。慰霊と感謝の念を伝える為に各地戦跡に足を運んでいます。少しでも多くの方に太平洋戦争(大東亜戦争)がどの様な戦争だったのかを知って頂き、軍民問わず全ての英霊に感謝する事をお伝えしたくて当ブログを書いています、画像・情報提供して頂いた方々に感謝申し上げます。
[沖縄戦を深く知るツアー]をご希望の方はメールにてお願いします。
pochetteevnara@gmail.com

ブロとも申請フォーム

Access counter

沖縄戦跡巡り

QRコード

QR




pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。