グアム島太平洋戦争戦没者慰霊祭

Category: 慰霊祭  

グアム島在住のケン芳賀さんからお誘い頂き、グアム島太平洋戦争戦没者慰霊祭に参加させて頂きました。
以下慰霊祭趣旨です。
太平洋戦争後、グアム島に未だに放置されている旧日本軍将兵のご遺骨は18,000柱余りと推認されており、埋葬
地認定に欠かせない島民の記憶も希薄となっており、ご遺骨の母国帰還を願って早期の対応が求められています。

先の大戦終結後、関係諸国に対し謝罪し、賠償請求に応じ、復興、開発に資する無償援助を含む資金供与、技術
援助及び円借款等の施策を講じてきましたが、米領ではあっても、現地島民チャモロ人戦争犠牲者に対する日本
政府代表による謝罪表明及び公式慰霊祭が過去行われたことはありませんでした。

直接被害を受けた地元民も高齢化が進む中、高市早苗議員をはじめ、日本国国会議員を中心とする慰霊祭と本趣
旨に賛同される方々のご参加を得て、沈黙を保つ英霊を慰撫し、鎮魂・感謝の誠と、戦没犠牲者が命じる不再戦の
決意をお伝えし、米軍海兵隊主力が強硬上陸し、日本軍守備隊約12,000名以上を戦死させた戦場アサン海岸、ニ
ミッツヒルを俯瞰する展望台にて実施されました。

▼太平洋戦争国立歴史公園内アサン展望台指定戦争跡地にて執り行われました。
DSCN4354_convert_20140527205634.jpg
▼参加者全員で記念撮影。
1013896_509819175756356_934905872_n_convert_20140527002903.jpg

942661_509758865762387_1081839661_n_convert_20140527003225.jpg1045153_509763305761943_91574798_n_convert_20140527003257.jpg
参加者のお一人にグアム島で戦われ、生還した星一男さんがいらっしゃいました
602718_505735672839922_1063102558_n_convert_20140527003042.jpg

DSCN4382_convert_20140527205708.jpg
日本人も多く訪れるビーチにはひっそりと当時の日本軍が作ったトーチカが海水浴客のタオルかけになっていた。
(画面右下の草に埋もれかかったコンクリートの固まり)

グアムへ訪れた際には1日戦跡を歩いてみてはいかがでしょうか。
グアム在住の芳賀建介さんがトレッキング&戦跡ツアーを実施されています。

慰霊祭主催 公益財団法人太平洋戦争戦没者慰霊協会



拙い駄文を最後までお目通し下さり有難うございます。
「沖縄戦跡ツアー」承ります。名護~糸満までの沖縄戦の激戦地戦跡をご案内します。
名護~糸満までの戦跡を、ガイドブックに載らない戦跡も含め、3日~4日程度で巡るSP戦跡ツアーとなっております。
「百聞は一見にしかず」 現場で実際に自分の目で見る戦跡は、沖縄戦を肌で感じる事が出来ます。
事前に当ブログ「沖縄戦」をご覧頂くと、沖縄戦の大筋が、現存する戦跡を含めてご理解頂けると思います。
お客様の希望日時・希望戦跡地などをメールでお伝え下さい。折り返しコーディネートさせて頂いたスケジュール等を
お返事差し上げます。 pochetteevnara@gmail.com までお気軽にお問い合わせ下さい。
(お電話でのお問い合わせは、〇九〇-二六一八-二一四四 まで)
にほんブログ村 歴史ブログ 太平洋戦争/大東亜戦争へ
にほんブログ村

戦史 ブログランキングへ
スポンサーサイト

 2013_06_29

Comments


 管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

WhitePigeon

Author:WhitePigeon
今の日本があるのは英霊達の戦ってくれたお陰だと思っています。慰霊と感謝の念を伝える為に各地戦跡に足を運んでいます。少しでも多くの方に太平洋戦争(大東亜戦争)がどの様な戦争だったのかを知って頂き、軍民問わず全ての英霊に感謝する事をお伝えしたくて当ブログを書いています、画像・情報提供して頂いた方々に感謝申し上げます。
[沖縄戦を深く知るツアー]をご希望の方はメールにてお願いします。
pochetteevnara@gmail.com

ブロとも申請フォーム

Access counter

沖縄戦跡巡り

QRコード

QR




pagetop