哈爾浜②

Category: 中国東北部   Tags: 731部隊  

哈爾浜訪問のもう1つの目的、それは、731部隊本部跡を見学しに行く事。
祖父母の軌跡巡りで長春(旧新京)で終わりにしようかと思っていたが、各地戦跡巡りで曲がりなりにも戦史に多少詳し
くなっていたので、気が重い思いをするのは解っていたが、731部隊本部跡はどうしても見ておきたかった。
2015年8月15日に「侵華日軍第七三一部隊罪障陳列館」という新館がオープンし、見学にあたって、外国人でもパス
ポートの提示義務が必要無くなったと聞いていたし、もっと前は外国人(日本人)は立ち入れなかったと聞いていた。
歴史問題で日本をけん制する為、戦後70年目の節目に「抗日戦争と反ファシズム戦争勝利70年」と位置付ける習近平
指導部の記念活動の一環でリニューアルオープンしたという。良いも悪いも、そのお陰で行く気になった。
以前の様な「パスポート提示義務」があれば、自分が悪い事をしていなくても何となく行く気にはならなかっただろう
当然、「日本人歓迎の街であるはずがない」という思いが頭を占拠してしまっていたからだ。
DSCN1308_convert_20170531155251.jpg
▲731部隊本部跡は、中央大街のある観光地からはバスで約40分程かかる。少し距離があるのでバス代は2元。
DSCN0512_convert_20170602190956.jpg
▲途中、かなりディープな場所を通ってようやく近くまで到着。
近代化といっても広い中国。まだまだ全土が近代化されて綺麗になった訳では無い。
写真を撮るのが失礼にあたるのではないか、と思う様な村なども沢山ある・・・(撮影はしていない)
DSCN0511_convert_20170602190521.jpg
▲入口だ・・・此処は哈爾濱市平房区。当時も平房(へいぼう)と呼ばれていたらしい。
現在平房区は哈爾浜開発区になっており、辺り一帯は工場が多数並んでいる。開発区だから日本企業もあるはずだ。
DSCN1295_convert_20170602191856.jpg
しかし、平日だというのに特に渋滞や大型トラックなどが行き交う様子は見られなかった・・・。
DSCN1296_convert_20170602191916.jpg
▲何処かの工場の従業員の様だが、行軍しながら並んでこっちへ歩いて来たので本当にビックリした。
72年前の事で、もう何も無いのは解っているのだが、731部隊本部跡付近という事で思わず少し構えてしまった。
DSCN1297_convert_20170602192031.jpg
しかし、何か寂しい様な感じがする哈爾浜開発区だ。旧日本軍(関東軍)の印象が頭から離れないからかもしれないが、
中国の景気減速は色々な場所で肌で感じる事が出来る。もう世界の工場だった時代は終わった・・・。
DSCN0516_convert_20170602193027.jpg
居住区が見えてきた。グランドハイエースかな?と思ったが違う様だ(笑)上手く作ってある。
DSCN1293_convert_20170602193222.jpg
見えた!これが「侵華日軍第七三一部隊罪障陳列館」か・・・手前の車はトヨタ・ヤリスLセダン。恐らく今年発売に
なったばかりのトヨタが中国で販売している日本名「ヴィッツ」の中国専用モデルだ。当然日本では売っていない。
DSCN0521_convert_20170602194440.jpg
とうとう来てしまった・・・ここは哈爾濱市平房区新疆大街(しんきょうたいがい)25号。731部隊本部があった所だ。
DSCN0528_convert_20170602195002.jpg
入館は、液体・ライターは入口で捨てなければならない。それ以外は何もなかったし、入場料は無料。
敷地内見学も全て無料で、中国の余裕が感じられた。日本では原爆資料館も遊就館も、安いけど有料だった・・・。
流石に世界文化遺産登録を目指しているだけあって、言語が6ヵ国・・・読んで字の如し既に重たい雰囲気だ・・・。
世界文化遺産登録は個人的には辞めて欲しいと思うが、アウシュヴィッツも世界遺産リストに登録されている事だし、
仕方無いのか・・・「負の世界遺産」だな・・・。
DSCN0525_convert_20170602195815.jpg
PART1から見学していく。しかし「九・一八」歴史博物館の様に館内の展示物説明書に日本語訳は無かった・・・。
DSCN0530_convert_20170602200009.jpg
中国語と英語のみか・・・こりゃ大変だ・・・。リニューアル前は日本語訳もあったと聞いていたのだが・・・。
DSCN0531_convert_20170602200221.jpg
・・・ま、その通りだろうな・・・731部隊(満州第七三一部隊)の正式名称は「関東軍防疫給水部本部」。
防疫や水の供給の研究を行っていた他、細菌戦に必要な生物兵器の研究・開発の為、現地での捕虜などに対して人体実
験も行っていたとされている機関だ。長春(旧新京)の第100部隊(関東軍軍馬防疫廠)も書いてある・・・。
DSCN0532_convert_20170602201115.jpg
「九・一八」歴史博物館の様に館内の展示物説明書に日本語訳が無いので、説明書は撮影しなかった。
DSCN0533_convert_20170602201319.jpg
話す事は出来ないが、漢字なのである程度は理解出来るのが中国語の良い所。英語だと満州の地名が全く解らない。
DSCN0535_convert_20170602201721.jpg
▲南京中央病院にあった第1644部隊(栄一六四四部隊)南京でも細菌戦研究をしていたんだ・・・。
DSCN0536_convert_20170602202436.jpg
▲広州市の中山医科大学にあった第8604部隊(波八六〇四部隊)。
DSCN0537_convert_20170602203045.jpg
▲シンガポ-ルのエドワ-ド7世医科大学病院にあった第9420部隊(岡九四二〇部隊)シンガポ-ルって・・・。
防疫給水部(ぼうえききゅうすいぶ)は大日本帝国陸軍に置かれた、疫病対策を目的とした医務、ならびに浄水を代表
するライフライン確保を目的とした部隊で、自然に存在する病原体に対しての防疫活動の他、生物兵器に対する防護
としての防疫も任務であった。しかし各部隊は生物兵器や化学兵器の研究開発機関として細菌戦研究が主な役割だっ
たとされている。
DSCN0539_convert_20170602204225.jpg

DSCN0541_convert_20170602205205.jpg

DSCN0538_convert_20170602204355.jpg
本物も複製もあるとの事だが、どちらにしても悲しい事実だな・・・結局、殺し合いは最後はこうなるんだね・・・。
DSCN0540_convert_20170602204527.jpg
スパイの疑いをかけられたロシア人や、レジスタンスの八路軍兵士(中国人)や、その協力者の疑いをかけられた者は、
憲兵隊や特務機関に捕らえられ、多くの場合、拷問を受け、正式な裁判もないままに処刑されていた。
DSCN0552_convert_20170602210423.jpg

DSCN0542_convert_20170602205417.jpg
▲康徳五年六月三十日か。康徳元年が昭和9年だから昭和13年か。よくこんな物が残っているもんだ・・・。
DSCN0543_convert_20170602205915.jpg

DSCN0547_convert_20170602211012.jpg

DSCN0546_convert_20170602210933.jpg

DSCN0548_convert_20170602211201.jpg
▲東京の陸軍軍医学校防疫研究室か・・・ここから石井四郎を中心にして研究活動が始まったんだ・・・。
DSCN0549_convert_20170602212045.jpg
陸軍軍医学校と共同作業だったというが、軍医には良心がある人も沢山居ただろうに・・・だって一応医者でしょ。
DSCN0550_convert_20170602215105.jpg
細菌戦を実行する為に多くの中国人・ロシア人捕虜達が実験材料にされたとされている・・・。
DSCN0553_convert_20170602215258.jpg
▲「遠藤日誌」この本がきっかけで多くの日本人が知るところとなった訳だ・・・。
遠藤三郎は元陸軍中将。明治37年8月1日~昭和59年9月9日まで一日も欠かさず生涯にわたり「日誌」を書き残した。
「極秘」のスタンプが押された軍事機密書類も数十点含まれる93冊は、埼玉県狭山市立博物館に寄託され、研究者の
みの閲覧が可能となっている。一般人は見る事が出来ない・・・。
戦後の昭和56年に『悪魔の飽食』という本が角川書店から出版されて反響を呼んだが、捏造写真が多数含まれている
として、昭和58年『新版悪魔の飽食』として再出版された。(著者 森村誠一)
帝銀事件などで731部隊の存在が噂される事はあったが、本著以降、国内で広く731部隊の存在が認識されるターニン
グポイントとなった。この作品を元にした混声合唱組曲(池辺晋一郎作曲)・劇も作られ、劇を元に中国で映画が制作
された「黒い太陽731」YouTube※映画は想像で描かれた部分が多数あり、全て事実では無いが大筋あっていると思う
南方戦跡の慰霊碑を見てきたが、何処も隊や政府や個人が個別に建ててバラバラ・・・結局、日本人の敵は日本人?
DSCN0554_convert_20170602221027.jpg
▲川島 清は731部隊第四部細菌製造部長で、敗戦時、逃げ遅れてソ連の捕虜になった人だ。
そして、細菌戦に関わった12名の関係者が、ソ連のハバロフスクで裁判にかけられて証言した人物の事を言っている。
萩原英夫は元憲兵で、731部隊本部建築に携わった鈴木組の一員として本部の建設工事に加わった経緯がある。
DSCN0556_convert_20170602222423.jpg

DSCN0558_convert_20170602222616.jpg

DSCN0559_convert_20170602222740.jpg

DSCN0560_convert_20170602222848.jpg
▼731部隊長 石井四郎軍医中将(何故か写真が逆だ・・・服のボタンのかけ方が逆になっている・・・)
DSCN0561_convert_20170602223029.jpg
▼よく見かける写真はこちら。立派な陳列館なのに・・・このへんが中国と言ってしまえばそれまでだが・・・。
          Shiro-ishii_convert_20170604205837.jpg      
人体実験や細菌兵器開発で有名な石井四郎軍医中将だが、防疫給水でも成果を挙げ、防疫給水部は衛生部隊として、日
本初となる感状授与の栄誉を受け、金鵄勲章と陸軍技術有功賞を受けた人だ。(防疫給水に関して自作自演の噂もある)
南方戦線の劣悪環境で戦死していった日本兵を想うと、石井部隊は南方戦線で防疫・給水任務で活躍してほしかった。
DSCN0562_convert_20170602225127.jpg
昭和17年8月1~昭和20年3月1日までは石井四郎の後任として北野 政次陸軍軍医中将が第2代部隊長を務めている。
DSCN9990_convert_20170613103430.jpg
「九・一八」歴史博物館に北野 政次軍医中将が当時使っていた椅子と机が展示されている。DSCN9991_convert_20170613103532.jpg
昭和20年4月~支那派遣軍(上海)第13軍軍医部長となる。8月、終戦に伴い上海で捕虜となり、刑務所に拘留される。
昭和21年1月9日捕虜を解放されて上海から千葉県へ帰国。
昭和34年日本ブラッドバンク取蹄役、東京プラント長に就任。10月、石井四郎の死去に伴い葬儀委員長を務める。
昭和61年死去。享年91歳。
DSCN0004_convert_20170613103352.jpg

(「侵華日軍第七三一部隊罪障陳列館」に話を戻します)
DSCN0564_convert_20170602225313.jpg
資料が少ないと言われているが、結構沢山写真が残っているもんだ・・・。
DSCN0565_convert_20170602225445.jpg
1938年(昭和13年)末頃、731部隊が満州国賓江省双城縣平房の地点に大工事の入札を行った。
松村組が落札し、本部の建設は1939年(昭和14年)に着手、翌年完成した。そして1940年(昭和15年)に部隊員が移動
して来ている。731部隊の施設は、新京(現在長春)にあった関東軍司令部が直接監督し、工務関係部署の念入りな設計
と、日本特殊工業・大林組他、軍の御用業者の手による施工で完成した。
DSCN0563_convert_20170602225708.jpg
▲このフロアは、足元のガラスの下が巨大な731部隊本部を再現した模型ジオラマとなっている。
DSCN0590_convert_20170602233401.jpg
▲後で見学する事になるが、①②は現存している。③は731部隊が爆破して帰国しているので跡しか残っていない。
③はロ号棟と呼ばれた生体実験を繰り返したとされる収容所。内側の2棟は7号牢獄と8号牢獄という特設監獄だった。
この写真は、全体の写真を撮っていると、中国人見学者が私に「ここが重要だ、ここを撮れ」と中国語で一生懸命話か
けてきた。一目見て私が日本人だと解ったのであろう・・・キツイ言い方では無かったが、中国語でも何となく言いた
い事は理解出来た・・・「解ってますよ。」と日本語で返事をすると、多少柔らかい表情になって去って行った。
731map_2_convert_20170604004414.jpg
▲地図の緑の部分が「ロ号棟」特設監獄があった場所。爆破処分された為、現在は基礎部分の跡のみが残る。
 青い部分は、今見学している「侵華日軍第七三一部隊罪障陳列館」がある場所だ。
731harubinhonbukusatsu.jpg
▲完成まもない頃の哈爾浜731部隊本部の空撮。写真右方向が北だ。下に飛行場格納庫が写っている。
DSCN0589_convert_20170603000332.jpg
特設監獄の造りは非常に頑丈で、ソ連参戦の日、1945年8月9日に部隊は特設監獄の破壊を決定したが、通常のダイナ
マイトでは壊れなかった為、トラックで大量の500キロ爆弾を運び込み、それでやっと破壊して証拠隠滅が行われた。
これらの作業は、監獄の存在を秘密にしておく為、部隊敷地内の工兵隊にも頼まず、その存在を知っている部隊員だけ
に密かに行わせたという。
DSCN0567_convert_20170602230743.jpg
憲兵隊や特務機関に捕らえられ「どのみち殺される」存在とされていた囚人達は、「どうせ死ぬのなら、お国の為に役
立って死ね」という論理により、人体実験や生体解剖による殺害が正当化されていたとされている。
DSCN0570_convert_20170602231114.jpg
▼少年兵の様に見える。貧しい家庭が多かった内地の少年だろうか。甘い誘いと徴兵義務で極寒の地に来たのか・・・
DSCN0566_convert_20170602230323.jpg
▲2月か・・・哈爾浜の2月は極寒だろう・・・4ヵ月位しか暖かい季節は無いから部隊員も大変だったであろう。
DSCN0568_convert_20170602230928.jpg
▲▼女性が写っているのには驚いた。彼女達も当然人体実験の噂ぐらいは知っていただろう。
DSCN0572_convert_20170602231024.jpg
※[ 証言 ]七三一石井部隊 今、初めて明かす女子隊員の記録 という本があるらしい。機会がれば読んでみたい。
DSCN0573_convert_20170602232337.jpg

DSCN0576_convert_20170602232556.jpg

DSCN0579_convert_20170602233249.jpg
何でこんな物が哈爾浜の731部隊跡に沢山残っているんだろう。ソ連と戦わず逃げて帰ったのに・・持って帰れよ・・。
DSCN0583_convert_20170602235135.jpg
あまりこういう勲章の様な物には興味が無いが、本物か?これ・・・。
DSCN0585_convert_20170602235241.jpg
DSCN0586_convert_20170602235323.jpg

DSCN0587_convert_20170602235820.jpg

DSCN0595_convert_20170603001342.jpg

DSCN0588_convert_20170603000202.jpg

DSCN0597_convert_20170603001023.jpg

DSCN0603_convert_20170603001557.jpg
「どのみち殺される」者の利用は、強制収容所のユダヤ人・ロマの人々やポーランド人を実験に利用したナチスドイツ
と構造的に共通している。社会主義者や共産主義者に対する差別思想は、当時日本本土でも「アカ」とされた人々が拷
問や虐殺に遭った時代・・・「硫黄島からの手紙」の映画でも「アカ」という言葉は聞いた事がある。
それが外地(中国)の筋金入りの「アカ」に対しては、残虐に扱う事への抵抗が少なかったのかもしれない・・・。
特に捕らえられても毅然として拷問に屈しないソ連のスパイや八路軍兵士には、なおさら恐怖と憎悪の念を募らせたは
ずだ・・・今では考えられない思考回路になっていた日本人が多かったのも事実だ・・・。
DSCN0601_convert_20170603001857.jpg
▼満州国には哈爾浜の本部を合わせて6ヵ所も支部があったという事か・・・。
DSCN0600_convert_20170603001811.jpg
▼孫呉(そんご)支部(満州第673部隊)
DSCN0604_convert_20170603002458.jpg
▼牡丹江(ぼたんこう)支部(満州第643部隊)
DSCN0605_convert_20170603002630.jpg
▼林口(りんこう)支部(満州第162部隊)
DSCN0607_convert_20170603003002.jpg
▼大連(だいれん)支部(満州第319部隊)大連にもあったんだ・・・施設はまだ残っているのかな・・・?
DSCN0608_convert_20170603004037.jpg
あとは、海拉爾(ハイラル)支部(満州第543部隊)か・・・(写真撮り忘れ)
DSCN0609_convert_20170603004753.jpg

DSCN0606_convert_20170603004655.jpg
やっと1階フロアを見学し終え、エスカレーターで2階へ上がってきた。
DSCN0612_convert_20170603004944.jpg
「九・一八」歴史博物館も此処も、とにかく大きい。陳列館だけの広さはトヨタ博物館並みだ・・・遊就館の比で無い。
DSCN0611_convert_20170603005021.jpg
▲PART3「人体実験」のフロアだ・・・。
DSCN0613_convert_20170603131002.jpg

DSCN0614_convert_20170603131236.jpg

DSCN0615_convert_20170603131039.jpg
頭の良い医学者達がこの顕微鏡を使い、罪悪感を胸にしまい込んで日々一生懸命研究していたんだ・・・
DSCN0616_convert_20170603131110.jpg

DSCN0618_convert_20170603131459.jpg
▼長春にあったと書いてある・・・新京にあった第100部隊の物か・・・。
DSCN0617_convert_20170603133328.jpg
旧日本軍の医療品関係品は見た事が無かった。南方戦跡の博物館で程度の良い物はあまり見かけない・・・。
DSCN0620_convert_20170603133602.jpg
アルミでしっかり作られている・・・医療関連品は兵器以上に丁寧な作りの様な気がした。
DSCN0622_convert_20170603134047.jpg

DSCN0623_convert_20170603134129.jpg

DSCN0625_convert_20170603134337.jpg

DSCN0627_convert_20170603134431.jpg
マウスを使った実験の事か・・・。
DSCN0626_convert_20170603134614.jpg
動物実験で留めておけば良かったが・・・とことんいってしまうんだろうな・・・結果が欲しくて。
DSCN0628_convert_20170603134710.jpg
▼現存する「鼠飼育小屋」
DSCN1170_convert_20170603135119.jpg

DSCN1167_convert_20170603135543.jpg
小屋の中もしっかり当時のまま残っている。動物実験に関しての建物は爆破処分されずに残った様だ。
DSCN1162_convert_20170603135155.jpg
▼地図上の赤矢印の黒部分辺りに「鼠飼育小屋」は現存する(青部分が今居る「侵華日軍第七三一部隊罪障陳列館」)
731map_4_convert_20170604132450.jpg
▼このフロアは床が全面「鼠飼育小屋」になっている・・・凄い演出だ・・・。
DSCN0630_convert_20170603135000.jpg

DSCN0632_convert_20170603135954.jpg
色々な道具が残っている・・・。
DSCN0636_convert_20170603140031.jpg

DSCN0637_convert_20170603140056.jpg

DSCN0639_convert_20170603143609.jpg

DSCN0640_convert_20170603143805.jpg

DSCN0645_convert_20170603143849.jpg

DSCN0646_convert_20170603144010.jpg

DSCN0641_convert_20170603143928.jpg

DSCN0648_convert_20170603144353.jpg
▼現存する鼠飼育小屋の他にもこんなにあったんだ・・・広大な敷地だから恐らく沢山色々な施設があったのだろう。
DSCN0649_convert_20170603144600.jpg

DSCN0643_convert_20170603164337.jpg
▼▲この古写真の施設は現存していない。
DSCN0642_convert_20170603164253.jpg

DSCN0650_convert_20170603144914.jpg

DSCN0651_convert_20170603145036.jpg
田中班班長 田中英雄や動物飼養班班長 石井三男・ 植物菌研究だった八木沢班班長 八木沢行正が紹介されている
DSCN0654_convert_20170603145159.jpg
石井四郎が戦犯免責と引き換えに米軍に渡した研究データ。この膨大な資料が引き伸ばされて展示されている。
DSCN0656_convert_20170603145635.jpg
アメリカに引き渡されたデータは約80%と言われているが・・・言葉が無い・・・。
DSCN0657_convert_20170603145658.jpg
TOP SECRETと書かれた全ての資料は旧日本軍石井部隊の研究結果だ・・・。
DSCN0658_convert_20170603145724.jpg
敗戦を知った時、何故此処で自決出来なかったのか・・・戦地では大勢の日本兵や幹部が自決しているというのに。
DSCN0661_convert_20170603145749.jpg
百歩譲ってこの人体実験が「お国の為」ならば、全て証拠隠滅して自決するのも「お国の為」ではないのか・・・。
DSCN0660_convert_20170603150809.jpg
今こうやって哈爾浜の地で「日本の恥」が全世界の人に晒されている・・・嘘だと思いたいが、そうでもなさそうだ
DSCN0666_convert_20170603151619.jpg
また目を覆いたくなるようなセットが作られている・・・。
DSCN0662_convert_20170603151928.jpg
ロ号棟の中での解剖実験室のジオラマだ・・・。
DSCN0663_convert_20170603152126.jpg
731部隊員の多くは戦後医学界に復帰しているが、この研究成果が現代の医療に生かされているとは思えない。
DSCN0664_convert_20170603152206.jpg
いや、思いたくない・・・。
DSCN0659_convert_20170603152531.jpg
岡本班班長 病理研究だった岡本耕造・石川太刀雄丸・(もう1人は読み方解らず)は解剖技師だったと書いてある。
DSCN0672_convert_20170603220654.jpg
▲死体焼却炉のレンガの残骸か・・・古写真の半壊した焼却炉は現存しない。
DSCN9995_convert_20170605220801.jpg
▲▼この写真は「九・一八」歴史博物館に展示してあった731部隊を紹介するジオラマ。
DSCN9993_convert_20170605220704.jpg

DSCN9997_convert_20170605220946.jpg

DSCN9994_convert_20170605221015.jpg
▲▼「九・一八」歴史博物館に展示するよりここに展示した方がいいのではないだろうか・・・。
DSCN9998_convert_20170605221307.jpg
(侵華日軍第七三一部隊罪障陳列館に話を戻します)
DSCN0684_convert_20170603221308.jpg
人体野外実験か・・・。当時731部隊本部から北西へ約260キロ離れた場所に、731部隊専用の特設野外実験場だった
「安達(アンダー)野外実験場」があったという。
DSCN0689_convert_20170603221510.jpg

DSCN0683_convert_20170603230044.jpg
▲元731部隊航空班の隊員だった松本正一という人の証言記録映像が流れていた・・・。
松本正一さんは埼玉県出身、19歳で仙台の陸軍飛行学校入校、8ヵ月の訓練後、熊谷飛行学校で半年間戦闘機乗りの実
用訓練を受けたパイロットだ。731部隊航空班の軍属として着任、26歳で終戦を迎えるまでの7年間731部隊航空班の
パイロットとして働いた。給料は当時の20歳前後の若者の2倍だったという。
松本によると、満州の細菌戦部隊の中で航空機を持っていたのは731部隊だけだったという。
731部隊航空班が所有していたのは88式2型(2人乗り偵察爆撃機)・91式(1人乗り戦闘機)・94式偵察機・97式軽爆磯
輸送用に使われていた重爆機などのかなり旧式の低性能機だった。
▼赤矢印の部分が飛行場だったが現在は残っていない。(青い部分が今居る「侵華日軍第七三一部隊罪障陳列館」)
731map_1_convert_20170604001655.jpg
つまり、731部隊が細菌兵器の研究・開発の総元締めであったと同時に、実戦部隊であった事を物語っている。
航空機による細菌作戦の実験と実戦以外にも、航空班の仕事があった。それは本土からネズミを輸送する事だった。
埼玉県春日部市では、1万軒にも上る農家が副業としてネズミを飼育していた。
松本は「731部隊本部から重爆撃機を操縦して春日部へネズミをとりに行った。大きい箱には約300匹、小さい箱には
約200匹入り、1回で約3000匹を運び、731部隊他、南京・シンガポール・ジャワへも輸送した」と証言している。
特設実験場だった「安達実験場」の上空から捕虜達の上に腸チフス菌を詰めた陶器製爆弾(宇治式爆弾)を1度投下した
事があると証言している。勤務中に菌液が機内に充満する事故で、同期生の鈴木さんが亡くなったそうだ。
石井隊長専用機の操縦担当だった、航空班班長で細菌戦実戦パイロットの増田美保少佐が平房を離れられない時は、
松本が石井隊長を乗せて東京へ飛ぶ事があった。その時は立川の飛行場へ降りることが多かったという。
敗戦直前の731部隊施設の爆破隠蔽工作に携わった後、松本は飛行機で平壌へ。後、帰国したとの事。
※増田美保少佐(薬剤将校)は航空班々長。細菌戦部隊のパイロットで、石井部隊長の親戚。戦後防衛大学校教官。
※宇治式爆弾とは石井四郎が開発した陶器製爆弾の事で、ウジ弾と呼ばれていた。
DSCN0691_convert_20170603221947.jpg

DSCN0692_convert_20170603222130.jpg
▼このフロアは野外実験場のジオラマだ・・・。
DSCN0673_convert_20170603220926.jpg
十字架に捕虜(マルタと呼ばれていた)をくくりつけて空から細菌爆弾を投下したって事か・・・。
DSCN0677_convert_20170603221839.jpg

DSCN0676_convert_20170603222513.jpg

DSCN0682_convert_20170603222613.jpg

DSCN0685_convert_20170603222640.jpg

DSCN0686_convert_20170603222703.jpg
色々残っている様だが、何に使った物なのか良く解らなかった・・・。
DSCN0687_convert_20170603222728.jpg
▼▲731部隊航空班で開発したという菌液雨下装置の圧搾空気のボンベか・・・?
DSCN0697_convert_20170603222758.jpg

DSCN0698_convert_20170603222825.jpg

DSCN0699_convert_20170604112737.jpg
「凍傷実験」か・・・吉村班の事だな。
DSCN0700_convert_20170604114133.jpg
毎年酷寒(零下20度以下)の1年中で一番寒い月(11月・12月・1月・2月)に部隊内で行われていたとされる凍傷実験。
DSCN0701_convert_20170604114230.jpg
この研究は、将来再び起こるであろう対ソ戦を目的として行われていたという。
DSCN0707_convert_20170604150757.jpg

DSCN0705_convert_20170603224320.jpg
▲凍傷研究の責任者だった吉村寿人(よしむら ひさと)班長と、越 定男部隊員(運輸班)が紹介されている。
DSCN0708_convert_20170604121503.jpg
吉村班長は、生理学者として師である正路倫之助(兵庫県立医科大学、後の神戸医科大学初代学長)より731部隊に赴任
するよう命じられ、凍傷研究に従事した。吉村の731部隊における研究について、かつての部下らによるハバロフスク
裁判での証言やイギリスの取材陣らが収集した証拠資料と証言資料では、人体実験での貴重な「研究」とされる。
戦後、731部隊の人体実験のデータと推定されるものを用いて日本生理学会に論文を多数発表する。
京都大学に戻り、正路倫之助が学長になった兵庫県立医科大学(現在の神戸大学医学部)に移動して研究を続け、その後
京都府立医科大学の教授となり、学長も務めた。
1978年(昭和53年)「環境適応学」の先駆的業績を果たした功績に勲三等旭日章が授与された。(ウィキペディアより)
DSCN1207_convert_20170604121717.jpg
▲吉村班の冷凍実験室は朽ち果てながらも辛うじて現存していた(地図上4の茶色で囲っている部分)
731map3_convert_20170604122527.jpg
嫌々ながら送り込まれた吉村班長のような研究者にとっても、731部隊の研究施設は、研究費・設備・研究資材等、
どの点においても夢の様に贅沢な場所だった。731部隊は当時のお金で年間1千万円(現在の貨幣価値の約90億円)も
の莫大な経費を使っており、半分の500万円が研究事業費だった(残り半分の500万円は人件費)。
国家総動員体制が敷かれていた日本において石井部隊は、自分の研究テーマに制約なく研究に没頭できる「理想的」な
環境にあったという。石井部隊長は出身大学である京都大学医学部の教授達の協力を取り付けていた。
京大だけでなく、東京大学医学部・東京大学伝染病研究所・大阪大学・慶応義塾大学・東北大学・熊本医科大学・北海
道大学・金沢医科大学などの教授達を、陸軍軍医学校防疫研究室の「嘱託」にし、石井部隊長はこれらの教授達を通し
て優秀な弟子を石井部隊へ派遣してもらい、研究者を確保していた。
DSCN0712_convert_20170604144040.jpg
▲軍馬もガスマスクをしている・・・生々しいジオラマだ・・・。
DSCN0702_convert_20170604144326.jpg
▲毒ガス実験のジオラマか・・・ロシア人親子と書いてある・・・。
DSCN0715_convert_20170604144657.jpg
▲右上の毒ガス貯蔵庫は現存している。
DSCN1272_convert_20170604144904.jpg
毒ガス貯蔵庫を見学しながら「大久野島」を思い出していた・・・。
DSCN1271_convert_20170604145213.jpg

DSCN0716_convert_20170604151133.jpg
▲大量の旧日本軍ガスマスクの展示
DSCN0720_convert_20170604151502.jpg

DSCN0721_convert_20170604151521.jpg
千羽鶴が見えた・・・あえて写真は撮らなかったが、元隊員達が送った物なのか・・・。
DSCN0722_convert_20170604151543.jpg

DSCN0725_convert_20170604151853.jpg
▲逮捕された者達はこのダッジ(Dodge)の特別トラックで哈爾浜駅から731部隊本部まで連れてこられた。
DSCN0733_convert_20170604152736.jpg
元731部隊運輸班だった越 定男元隊員が証言している。戦後「日の丸は紅い泪に」という告白記を出した人だ・・・
昭和58年に本を出した後、相当な嫌がらせを受けたらしい・・・うぅ・・・難しい話だな・・・。
この特別トラック(4.5トン車)の荷台にはトイレも完備されていたと越 定男元隊員は証言している。
他、731部隊本部に隣接していた専用飛行場には、友軍機と言えども着陸を許されず、東京からの客は新京(現・長春)
の飛行場から平房までは汽車だった。しかし、視察に来た東条首相らの飛行機は専用飛行場に降りたのを見たという。
DSCN0731_convert_20170604153747.jpg
しかし、本物かな・・・これ。朽ち果てて残されていた本物をレストアしたのだろうか・・・?
DSCN0743_convert_20170604153925.jpg
旧日本軍の使ったダッジトラックのバンを初めて見た。不謹慎だがカッコいいと思った・・・これ欲しい・・・!
DSCN0736_convert_20170604153849.jpg
日本最大と言われる石川県にある日本自動車博物館にも行った事があるが、流石にこれは無かったな・・・。
1947dodgetruck.jpg
▲参考画像。少し新しいが1947年式ダッジトラック(Dodge truck)。この荷台部分をバンに改造したのだろう。
DSCN0727_convert_20170604160519.jpg
▲▼新京(現在の長春)にあった関東軍司令部と関東憲兵隊司令部が紹介されている。(今も建物は現存する)
DSCN0728_convert_20170604162737.jpg
当時731部隊本部に連れてこられた囚人(捕虜)達は新京から連れて来られた人が多かったと言う。近いからか・・・。
DSCN0730_convert_20170604164659.jpg
▲元731部隊員達の証言映像が流されている・・・下の黒電話は当時使われていた物か!?内地でも高級品のはず。
DSCN0745_convert_20170604165156.jpg
「特設監獄」
DSCN0747_convert_20170604165646.jpg
▲731部隊特別班の班長だった石井剛男班長は石井四郎部隊長の実弟で石井兄弟の次男。
DSCN0751_convert_20170604174346.jpg
▼ロの字の内側にある2棟が7号牢獄と8号牢獄と呼ばれた特設監獄だった。
roghoto_convert_20170604173821.jpg
▲当時のロ号棟を上空から撮影した物。終戦直前に跡形も無く爆破処分された。
DSCN0753_convert_20170604174543.jpg
▲特設監獄の模型
DSCN0754_convert_20170604181843.jpg
▲特設監獄の鍵か・・・。
DSCN0755_convert_20170604182059.jpg
▲石井剛男班長の下で、特別班の囚人の健康診断をする部門に勤務していた石橋直方部隊員が紹介されていた。
DSCN0757_convert_20170604185945.jpg
▲石橋直方 元部隊員がスケッチしたロ号棟と特設監獄7号牢獄と8号牢獄。
DSCN0761_convert_20170604190303.jpg

DSCN0765_convert_20170604194317.jpg
「牡丹江事件」
1941年(昭和16年)敬蘭芝(けいらんし)さんが、夫の朱之盈(しゅしえい)さんと共に憲兵隊に捕まり、拷問の末に敬蘭芝
さんは釈放されたが、夫はそのまま「特移扱」となって731部隊に送られ、帰らぬ人となった。
「大連黒石礁事件」
1943年(昭和18年)王亦兵(おうえきへい)さんの父、王耀軒さんと叔父の王学年が憲兵隊に捕まり、拷問の末「特移扱」
となって731部隊に送られ、帰らぬ人となった。
などが紹介されている。
DSCN0764_convert_20170604193031.jpg

DSCN0762_convert_20170604194118.jpg

DSCN0766_convert_20170604194505.jpg

DSCN0767_convert_20170604194628.jpg

DSCN0769_convert_20170604194830.jpg
昭和47年(1972年)田中角栄が命を懸けて訪中した際に「一切の賠償をお互いに求めない」という、対日賠償請求権の
放棄を約束してくれた周恩来首相。日中国交正常化が成された日中共同宣言を思い出した・・・。
DSCN0768_convert_20170604194750.jpg
やっとPART3まで見終えた・・・しかしまだPART4もあるようだ・・・何という広さと量だ・・・。
DSCN0774_convert_20170604222036.jpg

DSCN0773_convert_20170604222429.jpg

DSCN0775_convert_20170604222718.jpg
わぁ・・・風船爆弾だ・・・。
DSCN0778_convert_20170605212124.jpg

DSCN0779_convert_20170605213414.jpg
▲細菌陶器爆弾の破片。日本にあった物と書いてある・・・。「大久野島」か・・・?
DSCN0781_convert_20170605214318.jpg
▲▼細菌陶器爆弾だ・・・本物か?レプリカか?いや、本物っぽいな・・・。
DSCN0783_convert_20170605215053.jpg

DSCN0006_convert_20170605212353.jpg
▲▼「九・一八」歴史博物館に展示してあった細菌陶器爆弾。こっちがレプリカだな・・・。
DSCN0003_convert_20170605213157.jpg

DSCN0784_convert_20170605215843.jpg
▲「八八式炸弾延期引」と書いてる・・・何だろう?
DSCN0782_convert_20170605232618.jpg

DSCN0780_convert_20170605232724.jpg
▲▼細菌陶器爆弾の図面か・・・。
DSCN0785_convert_20170605232744.jpg

DSCN0788_convert_20170605232941.jpg
▲731部隊と直接関係あるのか無いのか「ふ号作戦」で使用された風船爆弾の紹介だ・・・。
DSCN0789_convert_20170605233454.jpg
風船爆弾の爆弾も細菌爆弾だったからな・・・。実際1個アメリカに到達して被害を与えている事実がある。
DSCN0790_convert_20170605233742.jpg
▲日本本土で風船爆弾を作る動員学徒の女学生の古写真。恐らく「大久野島」で撮影された写真だろう。
DSCN0793_convert_20170605234229.jpg

DSCN0794_convert_20170605234342.jpg

DSCN0796_convert_20170605234410.jpg

DSCN0797_convert_20170605234455.jpg

DSCN0798_convert_20170605234605.jpg
▲川島 清軍医少将は731部隊第四部細菌製造部長で、ハバロフスク裁判にかけられて証言した1人だ。
 太田 澄は南京の第1644部隊(栄一六四四部隊)3代目隊長で、731部隊第二部長。細菌戦を指揮したとされる。
DSCN0800_convert_20170605234945.jpg

DSCN0801_convert_20170605235310.jpg

DSCN0802_convert_20170606203736.jpg

 DSCN0803.jpg

DSCN0804_convert_20170606203848.jpg
▲「田村良雄が哈爾浜で使い方を説明」と書いてある・・・元731部隊少年兵だった篠塚良雄元隊員の事だ・・・。
この方の経歴を書くと長くなるのでウイキペディアを参考にして頂きたい。通化事件(つうかじけん)など奥が深い。
DSCN0808_convert_20170606212049.jpg
▲名盤には「アクメ乾熱滅菌器 株式会社島津製作所」と書かれている・・島津製作所って戦時中からあるんだ・・。
DSCN0815_convert_20170607185826.jpg
在日本国内と書いているから、終戦後本土から没収された物だろう・・・。
DSCN0816_convert_20170607185858.jpg

DSCN0818_convert_20170607185748.jpg

DSCN0817_convert_20170607185918.jpg

DSCN0819_convert_20170607190353.jpg
▼「PART5」どこまであるのか・・・。
DSCN0820_convert_20170607190538.jpg

DSCN0821_convert_20170607230358.jpg

DSCN0828_convert_20170607230531.jpg

DSCN0826_convert_20170607231637.jpg
▼▲何のジオラマだこれ?「Submision of the letter written in blood」と書かれている・・・。
DSCN0829_convert_20170607230552.jpg
「血で書かれた手紙の提出」??
DSCN0833_convert_20170607230844.jpg
昭和14年のノモンハン事件の事だ・・・。
DSCN0834_convert_20170607231007.jpg

DSCN0835_convert_20170607231203.jpg

DSCN0839_convert_20170607232322.jpg

DSCN0840_convert_20170607232425.jpg
またジオラマだ・・・738高地と書いてある。
DSCN0836_convert_20170607232357.jpg

DSCN0837_convert_20170607232240.jpg
ノモンハン事件で石井部隊が細菌戦を行ったと書いてある。
DSCN0838_convert_20170607232446.jpg

DSCN0842_convert_20170607234218.jpg
出動部隊の給水支援を行う事となり、石井式濾水機などを装備した防疫給水隊3個他を編成して現地へ派遣。
当時部長の石井大佐自身も現地へ赴いて指導にあたった。
DSCN0843_convert_20170607234323.jpg
最前線での給水活動・衛生指導は、消化器系伝染病の発生率を低く抑えるなど大きな成果を上げたとされる。
DSCN0845_convert_20170607234449.jpg

DSCN0846_convert_20170607235904.jpg
その功績により、第6軍配属防疫給水部は、第6軍司令官だった関東軍 荻洲立兵中将から衛生部隊としては日本初と
なる感状の授与を受け、石井大佐には金鵄勲章と陸軍技術有功賞が贈られた。
DSCN0854_convert_20170608224644.jpg
DSCN0852_convert_20170608224605.jpg

DSCN0851_convert_20170608224524.jpg
DSCN0850_convert_20170608224503.jpg

DSCN0859_convert_20170608225229.jpg

DSCN0855_convert_20170608225400.jpg

DSCN0856_convert_20170608225439.jpg

DSCN0857_convert_20170608225522.jpg

DSCN0868_convert_20170608230335.jpg

DSCN0866_convert_20170608225551.jpg
空から細菌を撒いたんだ・・・。
DSCN0867_convert_20170608225623.jpg
原爆もそうだけど、殺し合いは結局とことんまでいってしまうのね・・・はぁ~・・・(呆)
DSCN0869_convert_20170608225651.jpg

DSCN0872_convert_20170611173808.jpg
▲陸軍一式双発輸送機か?ロ式輸送機?のエンジンをかけている・・・場所は哈爾浜731部隊本部か?
ISSIKIYUSOUKI.jpg
▲(参考画像)陸軍一式輸送機
DSCN0871_convert_20170611173836.jpg
▲元731部隊航空班だった松本正一元隊員。
DSCN0873_convert_20170611174555.jpg

DSCN0874_convert_20170611174616.jpg

DSCN0875_convert_20170611174637.jpg

DSCN0876_convert_20170611174657.jpg

DSCN0877_convert_20170611174730.jpg

DSCN0878_convert_20170611174750.jpg

DSCN0879_convert_20170611175139.jpg

DSCN0880_convert_20170611175228.jpg

DSCN0881_convert_20170611175307.jpg
▲満州国は、ソ連参戦まで本土と比べ、比較的食糧事情は良かった様で、ふっくらした隊員もいる。
DSCN0882_convert_20170611175350.jpg
▼「PART6」やっと最後の展示まで来た。
DSCN0883_convert_20170611175416.jpg
昭和20年8月9日ソ連参戦で731部隊は特設監獄の破壊を決定。8月12日その存在を知っている部隊員だけで破壊工作
証拠隠滅が行われた。
DSCN0887_convert_20170612203231.jpg
破壊されたロ号棟跡のジオラマだ。
DSCN0885_convert_20170612203158.jpg
ロ号棟に監禁されていた囚人(マルタ)は昭和20年8月10日の朝食に毒を混ぜて殺害。それでも死ななかった者には容赦
なく機関銃が向けられ、全員殺害された。ロ号棟中庭に穴を掘り、死体はそこに埋められた。
DSCN0888_convert_20170612203257.jpg
▼残された残骸などが無造作に展示されている。
DSCN0890_convert_20170612203355.jpg

DSCN0894_convert_20170612203550.jpg

DSCN0895_convert_20170612203619.jpg
▼▲HIGH PRESSURE STEAM STERILIZATION TANKと書かれている。高圧蒸気滅菌タンクの残骸だ・・・。
DSCN0892_convert_20170612203523.jpg
▼残された新聞の欠片だろう・・・高島屋のロゴが確認出来る。
DSCN0889_convert_20170612203500.jpg

DSCN0899_convert_20170612204915.jpg

DSCN0904_convert_20170612205133.jpg

DSCN0907_convert_20170612214151.jpg

DSCN0909_convert_20170612210216.jpg
▲私はかなり時間をかけて見学していたので、見学者の合間を狙って撮影していたが、実際は、写真に写っている様な
状態で、かなりの見学者数だった。修学旅行と思われる学生団体にも遭遇し、涙ぐむ女性生徒も多く見かけた。
しかし、中国人は皆、展示に見入る事は少なく、素早くあっさり見学してる感じだった。
DSCN0910_convert_20170612214408.jpg
施設を破壊した後、8月14日731部隊員やその家族は、敷地内の引き込み満鉄線特別貨車約40両連結に乗って南下。
8月24日に朝鮮(釜山)から船で島根・山口・長崎などの本土の港に大量の資料や物資と共に帰還している。
(大本営に証拠隠滅写真を提出する為、石井部隊長は大連で爆破後の写真(映像)を現像している。)
DSCN0911_convert_20170612214726.jpg
▲731部隊長石井四郎とアメリカ占領軍との研究資料に関する取引の事を言っている・・・。
DSCN0912_convert_20170612215347.jpg
▲「障子の向こうで密かに密約が交わされた」みたいな凝った演出で紹介されている。
古写真に写るのはアメリカ軍のマレー·サンダース陸軍中佐でアメリカ合衆国の細菌学者(軍医)。
昭和20年9月アメリカ太平洋陸軍総司令部(GHQ)の命でつくられた科学情報調査団(通称コンプトン調査団)の一員とし
て横浜に上陸。元軍医内藤良一や政治家亀井貫一郎を窓口に、関東軍防疫給水部本部(731部隊)の本格調査に入った。
紹介された関係者を尋問しても、みな実態についてほとんど何も知らないことに業を煮やし、内藤に対し「皆がもし真
実を語るならその秘密を守り戦争犯罪人として訴追しないことを約束する」と述べた。内藤はサンダースと交渉、サン
ダースは連合国軍最高司令官ダグラス・マッカーサーに内藤らの戦犯免責を提言した。
後に人体実験の資料など研究成果の提供を交換条件として、731部隊関係者は戦争犯罪に問われないこととなった。
同年10月に日本での調査を終え帰国、11月1日付で調査報告書(「サンダース・レポート」)をアメリカ国防総省に提
出した。(ウイキペディアより)
※第1次・第2次のレポートは旧731部隊員が証言しなかった為、人体実験の事実が明るみになる事は無かった。
 昭和22年6月20日にペンタゴン宛に出された第3次レーポート(フェルレポート)で人体実験の証言が提出された。
DSCN0913_convert_20170613094628.jpg
逃げ遅れた哈爾浜本部以外の支部隊員は昭和20年8月22日武装解除。
DSCN0916_convert_20170613094926.jpg
遼寧省瀋陽市と山西省太原市の2カ所で「日本戦犯特別軍事法廷」が開かれた。最高で禁固20年の判決が出た。
DSCN0915_convert_20170613094837.jpg

DSCN0918_convert_20170613095039.jpg
※ソ連のハバロフスク裁判の判決では、死刑判決は無く、最高刑は懲役(強制労働)25年。
DSCN0919_convert_20170613095100.jpg
19名が紹介されているが、お名前がわかる範囲は以下の通り。
高橋隆篤 獣医中将。関東軍臨時病馬収容所所長、関東軍獣医部長などの職を務めた。
昭和24年ハバロフスク裁判で強制労働25年の刑に処せられる。昭和27年脳出血のためソ連で死去。

柄沢十三夫 軍医少佐。731部隊第4部細菌製造課課長。ハバロフスク裁判で強制労働20年の刑に処せられる。
昭和31年12月26日釈放帰国と知るも、約1ヶ月前に自決した。

山田乙三 大将。関東軍司令官を務め、8月9日ソ連参戦後、総司令部を新京から通化に撤退させ持久戦を図る。19日ジ
ャリコウヴォのワシレフスキー元帥(極東ソ連軍総司令官)との停戦交渉を開始。
その後、関東軍総参謀長秦彦三郎や総参謀副長松村知勝、作戦主任参謀草地貞吾らと共にソ連に抑留され、10年以上
経って日本へ帰国した。

梶塚隆二 軍医中将。陸軍省医務局衛生課長、関東軍軍医部長を務めた。731部隊を監督する立場にあったことから、
昭和24年、ハバロフスク裁判で強制労働25年の刑に処せられる。昭和31年に帰国。

川島清 軍医少将。1934東郷部隊、731部隊第4部長を務めた。ハバロフスク裁判で強制労働25年の刑に処せられる。
川島少将はハバロフスク裁判で「人類に対する日本の犯罪は、徹底的に暴露されるべきだ」と言っている。

平桜今作 獣医中尉。新京第100部隊研究員。細菌・毒物を製造。ハバロフスク裁判で強制労働10年の刑に処せられる。
ハバロフスク裁判で「細菌戦争の責任をもちながら被告席にいない天皇、石井四郎の厳罰を望む」と言っている。

三友一男 獣医軍曹。昭和19年9月まで新京第100部隊所属。昭和23年に逮補され、ハバロフスク軍事裁判で強制労働
15年の刑に処せられる。

齋藤美夫 少将。憲兵隊長春憲兵分隊長、華南日本派遣憲兵隊隊長、満州国陸軍少将、憲兵訓練処処長を歴任。
西俊英 軍医中佐。731部隊教育部長 兼 孫呉支部長を務め、ハバロフスク軍事裁判で強制労働18年の刑に処せられる。
榊原秀夫 林口支部長。満州駐屯第1師団歩兵第57連隊附軍医、関東軍防疫給水部林口支部長を務めた。
小林喜一 分隊長。奉天日本憲兵分隊長などの職を務め、昭和20年8月20日、瀋陽でソ連軍の捕虜となった。
西永彰治 分隊長。 延吉間島日本派遣憲兵長、開封憲兵分隊長などを務めた。
木村光明 分隊長。満州国勃利縣憲兵分隊隊長を務めた。
志村行雄 海拉爾(ハイラル)日本憲兵隊隊長。
堀口正雄 新京憲兵隊惇化憲兵分隊長と錦州憲兵隊中佐隊長を務めた。
上坪鉄一 憲兵隊中佐隊長。鶏寧・東安・四平で職を務めた。昭和20年8月24日ソ連軍によって拘留された。
蜂須賀重雄 旅順で警察を担当、昭和19年奉天鉄道警護上校団長に就任。昭和20年9月28日に逮捕された。
藤田茂 師団長。陸軍騎兵第28連隊大佐連隊長、第43軍第59師団師団長務め、昭和20年8月朝鮮咸興で捕虜となった。
原弘志 満洲国鉄道警護総隊総監部警備科長、鉄路警護軍少将参謀長を務め、昭和20年9月に捕虜となった。

この様に満州に取り残された者や山田乙三大将の様に戦おうとした者も含め、捕らえられた日本軍将兵は、敗戦後の外
地で中国やソ連の裁きを受ける事となる。石井部隊長を筆頭に本土へ逃げ帰った者達は、秘密は墓場まで持っていくべ
きではなかったのか?それが出来ないのであれば現地で自決するか、素直に捕らえられるべきではなかったのか・・・
「嘘つきは泥棒の始まり」と言われるが、満州を泥棒したのであれば、最後まで嘘はつき通すべきではなかったのか?
戦争を知らない世代で、当時を生きていない者が何も言う権利は無いとも思うが、結果この様にほぼ全てが明るみにな
ってしまっている以上、当時、中国に駐屯していた日本軍人の愛国精神を賛美しようと努力しても、所詮ただの人間に
過ぎないと思ってしまうのが悲しいところだ。何の為に多くの日本兵が死んでいったのかと思うと非常に心苦しい。
DSCN0929_convert_20170614001039.jpg
戦後証言している元部隊員に何か言える立場でも無いし、証言した気持ちもわかる。
DSCN0926_convert_20170614001003.jpg
しかし、どうしても「よく言った」とは思えない・・・。
DSCN0925_convert_20170614000920.jpg
軍人も軍属も、軍隊という所は「生半可な気持ちで入る組織では無い」という教訓だろう。自衛隊も含めて・・・。
DSCN0924_convert_20170614000813.jpg
この方達は兵役義務時代の人達なので、どこまで本気で軍隊に入ったかは定かでないし、責められる必要も無い。
DSCN0920_convert_20170614000614.jpg
細菌戦の被害者のコーナーだ・・・空から投下したペスト菌に感染した現地住民の証言などが紹介されている・・・。
DSCN0930_convert_20170614101818.jpg
中国語と英語のみ・・・もう読もうと努力する気力が無かった・・・。
DSCN0941_convert_20170614101941.jpg
元隊員の謝罪文が大きく引き伸ばされて展示されている・・・もう何度も見たけどな・・・ちょっと諄い。
DSCN0932_convert_20170614101912.jpg
被害者の方達の現在の写真だ・・・。
DSCN0933_convert_20170614103131.jpg
日本の原爆資料館を見ている様だ・・・皆、足の症状ばかりだ・・・。
DSCN0934_convert_20170614103509.jpg

DSCN0935_convert_20170614103715.jpg
もう70年以上前だからお年寄りばかりだ・・・日本でも同じだが、証言者がご存命のうちに・・・という事だろう。
DSCN0936_convert_20170614103839.jpg

DSCN0937_convert_20170614103946.jpg

DSCN0938_convert_20170614104303.jpg

DSCN0939_convert_20170614104349.jpg
大日本帝国陸軍の化学戦研究機関であった関東軍化学部(満州第516部隊)では、かなりの数の化学兵器を扱っていた。
関東軍防疫給水部(731部隊)と共同で人体実験をしたとされている部隊でもある。
戦時中、大久野島などで大量に生産された化学兵器は中国大陸に持ち込まれ、使用されなかったものが、終戦に伴い、
遺棄された。戦後、中国の開発が進むにつれて、工事現場などから化学兵器が掘り出され、被害者が出る事故も起きて
きた。旧日本軍が遺棄した化学兵器を、中国側が危険を減らす為に人里離れた場所に移した物もあるという。
細菌兵器や化学兵器には数十年経っても毒性を失わない物も多い。
1990年、中国政府は日本政府に対し、遺棄化学兵器の処理を非公式に打診。日本政府は1991年から現地調査を進め、
1995年の化学兵器禁止条約批准の後には、同条約の規定に基づいて、残存する化学兵器の処理を進めた。
1997年の化学兵器禁止条約(CWC)で、日本にはこうした化学兵器を処理する義務が生じた。
遺棄化学兵器は、中国北部の黒龍江省から南部の広東省までの広範囲で、最大の埋設地、吉林省敦化(とんか)市ハルバ
嶺(れい)には、約30~40万発にのぼる旧日本軍の化学兵器が埋設されているものと推定されている。
1999年日中両国政府が覚え書きを交わし、旧日本軍が遺棄した化学兵器は、日本政府が条約に従って廃棄を行う事を
確認。その後、発掘調査や安全な処理技術の選定などを経て、2010年から、中国各地で比較的小規模な処理を開始。
条約では原則として10年以内に化学兵器を廃棄する事を求めていて、2007年が期日だったが、老朽化した遺棄化学兵
器の処理はこの期間ではできない為「2022年までの処理完了を目指して最善の努力をする」ということになり、国際
機関の承認を得て、今も内閣府の職員・自衛隊の方達による懸命な作業が続いている。
吉林省敦化市ハルバ嶺以外では2007年2月までに37000発が日本の事業で回収されている。
DSCN0942_convert_20170614111248.jpg
という事で、やっと全ての展示資料を見終えた。
DSCN0945_convert_20170614111443.jpg
順路には、まだ731部隊に関する資料が展示されている・・・もう終わったのでは?かなり諄い・・・。
DSCN0946_convert_20170614111511.jpg

DSCN0947_convert_20170614111532.jpg
諄い展示物を見ながら順路を進んでいくと外に出れる。
DSCN0948_convert_20170614111858.jpg
次は現存する731部隊施設、施設跡の実物だ・・・もうお腹一杯というところだが、最後まで見学して帰ろう。
以上、中国東北部(旧満州)旅行、その5「哈爾浜旅行記②」を終わりとします。
次回は、その6「哈爾浜旅行記③」をお届けします。


本ブログに掲載している画像等のデータは、非営利に限り自由にお使いください。商用利用は一切禁止します。
にほんブログ村 歴史ブログ 太平洋戦争/大東亜戦争へ
にほんブログ村←クリック有難うございます。

戦史 ブログランキングへ←クリック有難うございます。
スポンサーサイト

 2017_06_03

Comments


 管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

WhitePigeon

Author:WhitePigeon
今の日本があるのは英霊達の戦ってくれたお陰だと思っています。慰霊と感謝の念を伝える為に各地戦跡に足を運んでいます。少しでも多くの方に太平洋戦争(大東亜戦争)がどの様な戦争だったのかを知って頂き、軍民問わず全ての英霊に感謝する事をお伝えしたくて当ブログを書いています、画像・情報提供して頂いた方々に感謝申し上げます。
[沖縄戦を深く知るツアー]をご希望の方はメールにてお願いします。
pochetteevnara@gmail.com

ブロとも申請フォーム

Access counter

沖縄戦跡巡り

QRコード

QR




pagetop