FC2ブログ


友ヶ島


和歌山市加太に属する友ヶ島は、紀淡海峡に浮かぶ無人島群で、地ノ島、神島、沖ノ島、虎島の総称。
瀬戸内海国立公園の一部となっている同島(沖ノ島/虎島)には、明治22年から外国船の大阪湾侵入に備え、砲台の建
設が開始され、最大28㎝砲台が設置された。明治37年~38年の日露戦争で、日本は辛くも勝利したので、ロシアな
どの外国艦隊が湾内に侵入して来る事は無く、その後太平洋戦争でもほとんど使われる事無く日本は敗戦を迎えた。
友ヶ島第一砲台:27cmカノン砲(4門)
友ヶ島第二砲台:27cmカノン砲(4門)
友ヶ島第三砲台:28cm榴弾砲(8門)
友ヶ島第四砲台:28cm榴弾砲(6門)
友ヶ島第五砲台:12cmカノン砲(6門)
虎島保塁:9cmカノン砲(4門)
友ヶ島の砲台施設は「由良要塞」の一角。淡路島の由良地区(現 洲本市由良)を中心に要塞司令部が置かれ、友ヶ島、
加太・深山地区の3地区で構成されていた。
由良要塞は終戦時には第2総軍第15方面軍直轄部隊で運営されており、敗戦まで要塞施設として一般人の立ち入りは
一切禁止され、当時の地図や地形図には掲載されていなかった。
第2次世界大戦は既に航空機が主力になった為、大砲の使用はほとんど無く、終戦と同時に米軍により砲施設は撤去
されたが、弾薬庫などの遺構が多く残り、現在は瀬戸内海国立公園に属しているものの、近代遺跡(廃墟)として写真
家やコスプレイヤーなどに「ラピュタっぽい!」と、人気の島となっている。

DSCN9051_convert_20180328121402.jpg
和歌山市の加太港から友ヶ島汽船で友ヶ島に向かうのだが、船乗り場駐車場までは少し狭い道のり。
DSCN1923_convert_20180328122139.jpg
▼対向車が来ない様に祈りながら進んで行く。此処を右折すれば駐車場だ。
DSCN1920_convert_20180328122207.jpg
▼駐車場管理のおばちゃんに700円を支払い車を駐車する。いい天気だ~。
DSCN1918_convert_20180328122249.jpg

DSCN1914_convert_20180328122316.jpg
▼▲船は停泊している様だが、この日は風がキツく09:00の便は欠航、10:00の便となった。
DSCN1913_convert_20180328122332.jpg
▼この建物の隅にトイレがあるので用を足しておく。
DSCN1925_convert_20180328122230.jpg
▼さぁ出発だ。往復2000円だが、このサイト(HIS)でクーポンをGETすると10%割引が受けられる。
DSCN1926_convert_20180328122425.jpg
10:00の便は満席。次の船を駐車場で待つ人も多く見られた。
DSCN1928_convert_20180328122449.jpg
▼加太港を出港する。友ヶ島まで20分程の船旅だ。
DSCN1929_convert_20180328122514.jpg
▼釣り船だろうか、乗員が手を振ってくれている。
DSCN1931_convert_20180328122531.jpg
▼虎島が左手に見えると友ヶ島港はもう直ぐそこだ。
DSCN9038_convert_20180328122639.jpg
▼友ヶ島に到着、上陸を開始する。凄い人だ。若い女性の2~3人組が多いのには驚いた。
DSCN1933_convert_20180328155219.jpg
友ヶ島港と言っても桟橋があるだけだ。この桟橋も当時の日本軍が作った物だ。
DSCN1936_convert_20180328155429.jpg
セオリー通り、第2砲台跡から順に見学していく事にした。
DSCN9016_convert_20180328155515.jpg
案内板の画面で言うと右方向(灯台方面)だ。
DSCN9019_convert_20180328155835.jpg
▼乗って来た船が加太港に帰って行く。
DSCN1937_convert_20180328193126.jpg
▼友ヶ島唯一の宿「海の家」が見えてきた。
DSCN1939_convert_20180328194957.jpg
島では軽トラを何台か見たが、全てナンバープレートはついていなかった。流石無人島!
DSCN1940_convert_20180328195524.jpg
▼▲早速廃墟が見えた。赤煉瓦の建物はおそらく当時の軍施設だろう。
DSCN1941_convert_20180328193522.jpg
DSCN1942_convert_20180328193540.jpg
右手には海が綺麗だ。
DSCN1948_convert_20180328193736.jpg
タンカー?LPガス?船もゆっくり走っている。海の向こうに見えるのは淡路島だ。
DSCN1947_convert_20180328193758.jpg
先の方角をみると・・・?
DSCN1944_convert_20180328193818.jpg
!出た、第2砲台跡!
DSCN1946_convert_20180328193835.jpg
第2砲台跡が見えて思わず足取りが早くなってしまうが、途中にも旅館の廃墟が・・・。
DSCN1949_convert_20180328194354.jpg
富士屋別館・・・、かつては此処で営業していたのだろう・・・。
DSCN1952_convert_20180328194427.jpg
現在、友ヶ島の宿は1件のみ。「海の家」が夏季のみ営業しているそうだ。
DSCN1950_convert_20180328194409.jpg
なので、夏季以外は、基本無人島というわけだ。「軽食」と書いてあっても食事が出来る所は無い。
DSCN1953_convert_20180328195854.jpg
第2砲台に着いた。
DSCN1965_convert_20180328200155.jpg
なかなか大きな砲台施設跡だ。此処は敗戦後、進駐軍が爆破処分しようとした砲台らしい。
DSCN1956_convert_20180328200319.jpg
柵がしてあり、基本中には入れないが、自己責任で。
DSCN1969_convert_20180328200843.jpg

DSCN1966_convert_20180328200900.jpg
中は見学する人は少ないとみているのか、弾薬庫などはゴミ箱と化していた・・・。
DSCN1968_convert_20180328200610.jpg
何とかならんのかね、このゴミ。自己責任見学だとしても綺麗に保存して欲しいものだ・・・見学する気になれない。
DSCN1964_convert_20180328201300.jpg
気を取り直して裏手にまわってみる。
DSCN1959_convert_20180328201502.jpg
ダイナマイトを仕掛けて爆破したのだろうか・・・盛大に割れている。
DSCN1958_convert_20180328201521.jpg
▲自己責任で・・・。
DSCN1960_convert_20180328201556.jpg
27cmカノン砲の設置跡だ。
DSCN1961_convert_20180328201620.jpg
▲紀淡海峡を望む。この先の淡路島(由良砲台)と挟み撃ちの位置関係だ。
DSCN1963_convert_20180328201639.jpg
この先何十年とかけて腐食して無くなっていくのだろう・・・。
DSCN1971_convert_20180328222231.jpg
次に向かうのは第1砲台跡と友ヶ島灯台。
DSCN1974_convert_20180328222418.jpg
▲柵がしてあり中に入れない・・・順路は右手の階段を登って行く。
DSCN1975_convert_20180328222439.jpg
▲左手の棲息掩蔽部に後付けされたと思われる謎の煙突。戦後何かに転用されて使用していたのか?
DSCN1978_convert_20180328222507.jpg

DSCN1980_convert_20180328222530.jpg
▲先程の柵が向こうに見える、誰かがこちらを見ている。「入っていいの?」という小声が結構聞こえた(笑)
DSCN1982_convert_20180328222545.jpg
▲弾薬庫はコンクリートブロックで完全に蓋がされている・・・ここまでしなくてもいいのに・・・。
DSCN8919_convert_20180329183515.jpg
▲2つ目の弾薬庫もしっかり蓋がされている・・・。
DSCN1976_convert_20180328222609.jpg
▲砲座跡
DSCN1985_convert_20180328222625.jpg
▲監視所か兵舎が建っていたのだろう・・・門柱と外壁だけが残っていた。
DSCN1983_convert_20180328222650.jpg
▲海側の景色は淡路島。こうやって見ると淡路島は大きい。
DSCN1984_convert_20180329184139.jpg
友ヶ島灯台も見学、明治3年5月英国人技師リチャード・ヘンリー・ブラントンにより着工されたAランクの保存灯台。
DSCN8928_convert_20180329184008.jpg
明治23年8月由良要塞第1砲台建設の為、東に25m移設されている。
DSCN1987_convert_20180329185300.jpg

DSCN1994_convert_20180405134156.jpg
▲▼友ヶ島灯台から少し奥に行くと観測所跡。
DSCN1988_convert_20180330005326.jpg
若い女性達は観測所の上に乗って必死に景色を撮影している。当然、観測所には興味は無いのだろう・・・。
DSCN1990_convert_20180330005455.jpg
鉄扉がちゃんと残っている。
DSCN8926_convert_20180330005518.jpg
中の状態も良い、綺麗に作ってあるな~素晴らしい。
DSCN8925_convert_20180330005611.jpg
鉄扉に付いている小窓にはガラスが入っていたのだろうか・・・まさかね。
DSCN8923_convert_20180330005550.jpg
▼天井部分はコンクリートが剥がれ落ちて鉄がむき出しになっているが、逆にリベットが見えて構造が解りやすい。
DSCN8914_convert_20180330013501.jpg
当然、当時カムフラージュの為に盛ってあったであろう土は無くなっている。画像の2人は「こんな薄い鉄板丸出しで
敵に攻撃されたら一発で終わりやで!」と、訳の解らない会話をしていた・・・無知は怖い。

DSCN8929_convert_20180405133626.jpg
順路を進んでいくと、丁度、富士屋別館の反対側に出た、兵舎か何かの遺構が残っている。
DSCN8930_convert_20180405133651.jpg
▲キャンプ場を抜けて太平洋側に出ると素晴らしい景色が広がっていた。
DSCN1996_convert_20180405134351.jpg
▲次は海軍聴音所跡に向かう。
DSCN8932_convert_20180405134610.jpg
▲木陰の涼しい山道を少々登っていくと・・・。
DSCN8933_convert_20180405134629.jpg
▲▼あった、海軍聴音所跡だ。周辺には当時の遺構と思われるコンクリートの基礎が沢山残っていた。
DSCN8931_convert_20180405134931.jpg
▼早速中に入って見る。
DSCN8945_convert_20180405135047.jpg
戦後、盛り土等や、付近の木々に隠れ、この施設が発見されたのが遅かった為、比較的良好な状態だったそうだ。
DSCN8935_convert_20180405205623.jpg
それでも、発見されてからも何の手入れもされていないので荒れ放題だが・・・これはこれで味があって良い。
DSCN8936_convert_20180405205700.jpg
▼再び外にまわって見学する。すると・・・ん?二階建てか!?
DSCN8938_convert_20180405205722.jpg
知ってしまった以上、2階に行きたい!
DSCN8939_convert_20180405205757.jpg
▲写真で見ると、何てこと無い高さだが、これが絶妙に高い・・・。
DSCN8940_convert_20180405212907.jpg
ズボンが少し裂けたが何とか登る事が出来た。
DSCN8941_convert_20180405212927.jpg
2階部分は一部屋の様だ。
DSCN8942_convert_20180405212944.jpg
▼次に第3砲台跡に向かう途中、トイレがあった。
DSCN8947_convert_20180405213509.jpg
経年劣化を考えると当時の建物とは考えにくいが、直ぐ近くに近代的なトイレが設置してあったのでこれは当時物か?
DSCN8949_convert_20180405213840.jpg
▲▼当時の物を補修して使用していた時期がある様だ。明治時代の物だとしたら木材が綺麗過ぎる。
DSCN8950_convert_20180405214109.jpg
それでも、外観を含め、当時の姿を偲ぶ事が出来るトイレの建物は初めて見た。
DSCN1997_convert_20180406004524.jpg
「ラピュタっぽい!」と、人気の友ヶ島のメイン見学地、第3砲台跡は、懐中電灯があれば誰でも迷路の様な砲座施設
を思う存分楽しむ事が出来きる。若い女性グループもスマホの懐中電灯片手に肝試ししている人も沢山居た。

DSCN2004_convert_20180406005754.jpg

DSCN2000_convert_20180406004622.jpg
トンネルを抜けると砲座跡、地下に入れば弾薬庫跡。と、カマドウマさえ気にしなければ楽しい空間が沢山!
DSCN2001_convert_20180406004641.jpg

DSCN8955_convert_20180406004729.jpg

DSCN8952_convert_20180406004453.jpg

DSCN8959_convert_20180406004407.jpg
他の要塞も行っているが、これだけの地下トンネルが構築されている要塞は友ヶ島が最大ではなかろうか・・・。
DSCN8962_convert_20180406004749.jpg
明治・大正時代に建設された要塞は、何処も似た様な造りだが、友ヶ島は島全部が要塞で規模が大きい。
DSCN8964_convert_20180406005829.jpg
ふんだんに使われた赤煉瓦のアーチが素晴らしい形を作っている。
DSCN8961_convert_20180406010959.jpg

DSCN8965_convert_20180406010924.jpg
棲息掩蔽部は全て一本の通路で繋がっている。
DSCN8966_convert_20180406010940.jpg

DSCN8968_convert_20180406010856.jpg
見学者が多いので、人を入れず写真に収めるタイミングが大変。
DSCN8967_convert_20180406011018.jpg
▼逆から来たが、本来は此処から第3砲台に入るのだろう、立派で美しい入口だ。
DSCN8972_convert_20180406011044.jpg
▼将校の宿舎だったとされる銃眼を備えた兵舎が残る。
DSCN8973_convert_20180503215820.jpg
▼すぐ横には屋根が抜け落ちた発電所跡が残る。
DSCN8974_convert_20180503215841.jpg

DSCN8975_convert_20180503215900.jpg
▼▲本来の入口を出口として第3砲台跡を後にする。
DSCN8977_convert_20180503215932.jpg
▼次は探照灯跡に向かう。
DSCN8978_convert_20180503215950.jpg
▼道中、この様な石柱が何本もあった。何の為に建ててあるのだろう・・・壁でも作っていたのか・・・?
DSCN8979_convert_20180508224004.jpg
▼探照灯跡に到着、先客は何と大学生位の若い女性2人組だった。こんな寂しい所に女性2人とは流石安全な日本!
DSCN8982_convert_20180508224031.jpg
▼階段を登って見る。
DSCN8983_convert_20180508224121.jpg
▼探照灯が格納されていたであろう部屋を見下ろす。
DSCN8985_convert_20180508224137.jpg
女性2人組に別れの挨拶をして次へ向かう。
DSCN8986_convert_20180508224059.jpg
女性達には「探照灯」の説明と、この島では戦いは無かった事を教えてあげると驚いていた。戦争が此処であったと思
っていたらしい・・・太平洋戦争(大東亜戦争)前から、他国(特にソ連)の侵略に対する備えだった事を教えてあげた。
こうした戦争遺跡には、ただ自由に見学させるだけで無く、自国の歴史を紹介する必要性を強く感じた。

DSCN8994_convert_20180728182035.jpg
次に「虎島」へ!と思ったが、疲れと帰りの船の時間もあり、次回とした。
DSCN9013_convert_20180728182105.jpg
▲船乗り場まで戻って来た。
DSCN9005_convert_20180728182249.jpg
▲▼船乗り場の直ぐ反対側に何やら遺構が残っている・・・!
DSCN9007_convert_20180728182326.jpg
▲▼これも間違いなく当時の遺構だろう。
DSCN9008_convert_20180728182357.jpg
DSCN9010_convert_20180728182343.jpg
▼裏手にまわると、貯水池があった・・・。
DSCN9003_convert_20180728182419.jpg
▼貯水池側から遺構を見ると立派な煙突まで備えている。でかいタービンでもあったのだろうか・・・。
DSCN9004_convert_20180728182436.jpg
▼船の時間になり、名残惜しいが友ヶ島を後にした。
DSCN9028_convert_20180728182507.jpg
▼虎島が見える・・・また来るよー!
DSCN9027_convert_20180728182532.jpg
この映画は是非見ておきたいですね「凛として愛」YouTube
※APAホテルでは無料で視聴できるとの事だ。素晴らしい取り組みですね。



にほんブログ村 歴史ブログ 太平洋戦争/大東亜戦争へ
にほんブログ村←クリック有難うございます。

戦史 ブログランキングへ←クリック有難うございます。
スポンサーサイト

 2018_03_28

Comments

ブロとも申請の件 

大変ご苦労様で御座います。戦中派として、又兄弟を先の大戦で亡くしたものとして貴殿の行為には心より敬意を表したく思います。
「ぶろとも」申請の件には早速お受けいただき改めてお礼を致します。
今後の御活躍に期待と祈りをささげお礼の挨拶と致します。☆!!
遺跡を見ますと連合国から本土を防衛しようと言う強い意思が感じられて涙が出ます。
荒野鷹虎  URL   2018-04-24 17:04  

Re: タイトルなし 

とのさん、行きましょう!!
WhitePigeon  URL   2018-04-03 07:57  

 

あー、こんなの読んだらまた行きたくなってきた!!
夏休みは和歌山方面探索行こうかな(*´w`*)
tonotama  URL   2018-04-03 04:21  

Re: 御苦労様でした 

いつもコメント有難うございます。そうですね、結果的には無駄だったのかもしれませんね。
しかし、当時の情勢を知らない我々がどうこう判断出来る事では無いと思っています。日露戦争が長期化していれば、南へ勢力拡大をはかっていた当時のロシアは必ず日本本土に攻めて来たでしょう。その時に備え無ければどうなっていたか??と考えると、私は無駄では無かったと考えますね。いつの時代も軍事施設は無駄と解っていても各国が「防衛「攻撃」の為に無駄な物を作り続けているのは現在進行形ですね。
WhitePigeon  URL   2018-03-29 18:27  

御苦労様でした 

御苦労様でした、身近に残る遺跡、無駄な物だったのでしょうか?、お疲れ様でした。
Tony  URL   2018-03-29 11:36  

 管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

WhitePigeon

Author:WhitePigeon
今の日本があるのは英霊達の戦ってくれたお陰だと思っています。慰霊と感謝の念を伝える為に各地戦跡に足を運んでいます。少しでも多くの方に太平洋戦争(大東亜戦争)がどの様な戦争だったのかを知って頂き、軍民問わず全ての英霊に感謝する事をお伝えしたくて当ブログを書いています、画像・情報提供して頂いた方々に感謝申し上げます。
[沖縄戦を深く知るツアー]をご希望の方はメールにてお願いします。
pochetteevnara@gmail.com

ブロとも申請フォーム

Access counter

沖縄戦跡巡り

QRコード

QR




pagetop