FC2ブログ


オーストラリア戦争記念館(Part1)


オーストラリア(シドニー)旅行最終日の自由行動日、ガイドさんや同ツアーの参加者から「ホントに行くの!?」
と、言われながら「オーストラリア戦争記念館(Australian War Memorial)」へ行ってきた。
オーストラリア戦争記念館はシドニーからはかなり離れたオーストラリアの首都「キャンベラ」にある。
朝早く起きてシドニーのホテルを出発。歩いてシドニー・セントラル駅(Sydney Central Station)に向かう。

DSCN0721_convert_20180731195626.jpg
朝の時間帯で人が少ない駅までの道のりを、観光で見れなかった通りなどを徒歩でゆっくり見学しながら歩いた。
DSCN0714_convert_20180731195442.jpg

DSCN0715_convert_20180731195731.jpg

DSCN0711_convert_20180731195510.jpg
▼▲ん!?「見ざる聞かざる言わざる」か!日光東照宮の三猿を真似ている!オーストラリア銀行の建物だ。
DSCN0713_convert_20180731195552.jpg

DSCN0722_convert_20180731195655.jpg

DSCN0704_convert_20180807002206.jpg
▼少し小さめのチャイナタウン入口。
DSCN0703_convert_20180731195844.jpg

DSCN0700_convert_20180807002002.jpg

DSCN0694_convert_20180807002047.jpg
チャイナタウン以外でも街中には中国人経営の店も目立つ。中国企業の進出は凄い・・・。
DSCN0679_convert_20180807002529.jpg
日本人もそうだが、フィリピン人・中国人・韓国人は何処にでも居るといった印象だ。
DSCN0705_convert_20180731195815.jpg

DSCN0678_convert_20180807002607.jpg

DSCN0690_convert_20180807002458.jpg

DSCN0693_convert_20180807002127.jpg

DSCN0682_convert_20180807002355.jpg
▼クイーン・ビクトリア・ビルディング
DSCN0731_convert_20180731195144.jpg
オーストラリアが英国の植民地だった1898年、当時の英国国王ビクトリア女王の即位50年を記念して建てられた。
DSCN0737_convert_20180731195309.jpg

DSCN0653_convert_20180807224148.jpg

        DSCN0675_convert_20180807201758.jpg

DSCN6003_convert_20180807202357.jpg
▼▲路面電車が走っている。
DSCN6006_convert_20180807202414.jpg
思わずカメラごしに目で追ってしまった・・・日本の路面電車と違って結構速いのだ。
DSCN6007_convert_20180807202426.jpg

DSCN6011_convert_20180807224037.jpg
▼そうこうしている間にシドニー・セントラル駅(Sydney Central Station)に到着。
DSCN0661_convert_20180807225111.jpg

DSCN6016_convert_20180807225637.jpg
▼▲駅の入口は、先程見た路面電車の駅もかねていた!
DSCN6017_convert_20180807225925.jpg
早速駅構内へ。
DSCN6025_convert_20180807225951.jpg

DSCN6019_convert_20180807230006.jpg

DSCN6024_convert_20180807230022.jpg

DSCN6023_convert_20180807230056.jpg
キャンベラに向け、列車の旅でさぁ出発!では無く、実は前々日に急遽高速バスに変更したので駅は見学のみ。
DSCN6021_convert_20180807230122.jpg
色々調べて頂くと、価格は少し高くなるが、高速バスの方が列車よりも到着時間が1時間以上も早かったからだ。
DSCN6027_convert_20180807235245.jpg
▲シドニー・セントラル駅にMURRAYS高速バスのチケットを買う事務所もバス乗り場もある。
DSCN6028_convert_20180807235855.jpg
AM 8:00出発。キャンベラへの到着時間はAM 11:30の予定だ。
DSCN6029_convert_20180807235926.jpg
オーストラリアの首都「キャンベラ」に向けて出発。
DSCN6042_convert_20180808222610.jpg
途中、シドニー国際空港(キングスフォード・スミス)で客をひろう。
DSCN6047_convert_20180808222344.jpg
来た時に迎えの観光バスに乗った場所だった。
DSCN6049_convert_20180808222644.jpg
此処でほぼ満席状態となって一路キャンベラを目指す。
DSCN6054_convert_20180808223039.jpg
シドニー市内は渋滞が酷い。
DSCN6060_convert_20180808222727.jpg
高速道路に入って一路南にひた走る。
DSCN6061_convert_20180808223107.jpg
トンネルを抜けると空いてきた!やっと大陸らしい景色が見れる
DSCN6077_convert_20180808223012.jpg

DSCN6155_convert_20180808225818.jpg

DSCN6081_convert_20180810001736.jpg

DSCN6138_convert_20180808230006.jpg
▲広大な牧場がひろがり大陸らしい景色だ。
DSCN6104_convert_20180810001708.jpg

DSCN6153_convert_20180808230525.jpg
▲此処は高速道路だよな?自転車が走ってる!
DSCN6170_convert_20180809234922.jpg
高速道路を下り、一般道を走る。
DSCN6172_convert_20180810083845.jpg

DSCN6174_convert_20180809235001.jpg
ここが首都?と思う様な田舎のはるか向こうに都会らしき建物群がまだらに見えてきた。
DSCN6176_convert_20180809235037.jpg
オーストラリアの首都と言っても、シドニーとメルボルンが候補地として上がる中、両都市が譲らなかった為、両都市
のメンツを壊さない様にとシドニーとメルボルンの中間地点の此処キャンベラが首都として選ばれたとの事。

DSCN6180_convert_20180809235101.jpg
なのでキャンベラはまだまだ発展途上の都市なのだ。建設途中の建物が多く、当然シドニーの様なイギリス植民地時代
の古い建造物は見当たらない。

DSCN6193_convert_20180809235335.jpg
▲▼そうこう言っているうちにキャンベラバスステーションに到着。
DSCN6185_convert_20180809235403.jpg

DSCN6187_convert_20180809235424.jpg
受付で聞くと、オーストラリア戦争記念館までは徒歩で40分位との事。時間がもったいないのでタクシーで行く事に。
DSCN6195_convert_20180810000942.jpg
▲トヨタカムリのタクシーでオーストラリア戦争記念館までGO!
DSCN6197_convert_20180810084206.jpg
▲▼オーストラリア戦争記念館に到着。
DSCN6207_convert_20180810083753.jpg

DSCN6206_convert_20180810093401.jpg

DSCN6199_convert_20180810093424.jpg
▼送ってくれたタクシーがUターンして帰っていく。後ろには我々の直ぐ後に見学者を乗せて到着したタクシー。
DSCN6200_convert_20180810084221.jpg
簡単な持ち物チェックとリストバンドを巻いてもらって早速中へ入る。入場は無料だ。
DSCN6209_convert_20180810084649.jpg
想像していたより多くの見学者で賑わっている。そして若い世代が多い!!
DSCN6225_convert_20180810164843.jpg
展示は1916年(大正5年)から始まっている。正直オーストラリアの歴史はド素人で全然知らない・・・。
DSCN6210_convert_20180810164802.jpg
加えて、当然ながら説明文は全て英語で、読み取るのに時間がかかるのでほとんど読んでいない・・・。
DSCN6223_convert_20180810164909.jpg
日本で言うと大正5年の事だから西部戦線 (第一次世界大戦)の事かな?
DSCN6219_convert_20180810164829.jpg

DSCN6213_convert_20180810164725.jpg

DSCN6214_convert_20180810164934.jpg
博物館の中は凄く綺麗で見やすい。
DSCN6211_convert_20180810164741.jpg

DSCN6216_convert_20180810224531.jpg

DSCN6217_convert_20180810224617.jpg

        DSCN6228_convert_20180810224709.jpg

DSCN6226_convert_20180810224651.jpg

DSCN6218_convert_20180810224557.jpg

DSCN6233_convert_20180810224743.jpg
これは広いぞ!帰りのバスの時間まで約4時間しか無い。まだ1916年だし・・・
DSCN6232_convert_20180810224800.jpg
第二次世界大戦(太平洋戦争)時代の展示ブースまではまだまだ有る!昼食抜きで見学し続ける事にした。
DSCN6231_convert_20180810234147.jpg

DSCN6234_convert_20180810234029.jpg

DSCN6235_convert_20180810234047.jpg

DSCN6238_convert_20180810234123.jpg

DSCN6241_convert_20180810234204.jpg

DSCN6259_convert_20180810234239.jpg
DSCN6258_convert_20180810235412.jpg
DSCN6250_convert_20180810234729.jpg
▲日本軍でも同じ様な大砲を何度も見た事があるな・・・英国製だからほぼ同じかもしれない。
DSCN6245_convert_20180810234647.jpg
兵士を運んだ馬車だ。
DSCN6244_convert_20180810235454.jpg

DSCN6261_convert_20180810235114.jpg

DSCN6252_convert_20180810234751.jpg

DSCN6246_convert_20180810234708.jpg

DSCN6243_convert_20180810234622.jpg

DSCN6273_convert_20180811213445.jpg

DSCN6265_convert_20180811213814.jpg
DSCN6274_convert_20180811214128.jpg
DSCN6272_convert_20180811213836.jpg

DSCN6267_convert_20180811213036.jpg

DSCN6268_convert_20180811213505.jpg

DSCN6276_convert_20180811213557.jpg

DSCN6279_convert_20180811213537.jpg

DSCN6292_convert_20180812101758.jpg
DSCN6285_convert_20180812101735.jpg

DSCN6289_convert_20180812101815.jpg
DSCN6286_convert_20180812101920.jpg
DSCN6287_convert_20180812101836.jpg

DSCN6296_convert_20180812151422.jpg
DSCN6298_convert_20180812151441.jpg
DSCN6297_convert_20180812151458.jpg

DSCN6299_convert_20180812151534.jpg

       DSCN6310_convert_20180812151700.jpg

       DSCN6304_convert_20180812151637.jpg

DSCN6313_convert_20180812151820.jpg
▲オーストラリアとニュージーランドの国旗がまぎらわしい・・・星の数と大きさ、位置が違うんだけどね。
DSCN6312_convert_20180812151801.jpg

DSCN6311_convert_20180812151728.jpg

DSCN6302_convert_20180812151609.jpg

DSCN6352_convert_20180813104612.jpg
1918年の展示が多い。多分、第一次世界大戦の西部戦線だと思う・・・。
DSCN6339_convert_20180813104353.jpg

DSCN6345_convert_20180813104518.jpg
DSCN6346_convert_20180813105147.jpg
DSCN6349_convert_20180813104556.jpg

DSCN6344_convert_20180813104453.jpg

DSCN6343_convert_20180813104429.jpg

DSCN6314_convert_20180813104122.jpg

DSCN6357_convert_20180831093201.jpg

DSCN6356_convert_20180831092946.jpg

DSCN6355_convert_20180831092844.jpg

次回、オーストラリア戦争記念館(Part2)へ続きます。

これは是非見て欲しいですね。【凛として愛】泉水隆一監督作品YouTube
※APAホテルでは無料で視聴できるとの事だ。素晴らしい取り組みですね。



拙い駄文を最後までお目通し下さり有難うございます。
「沖縄戦跡ツアー」承ります。名護~糸満までの沖縄戦の激戦地戦跡をご案内します。
名護~糸満までの戦跡を、ガイドブックに載らない戦跡も含め、3日~4日程度で巡るSP戦跡ツアーとなっております。
「百聞は一見にしかず」 現場で実際に自分の目で見る戦跡は、沖縄戦を肌で感じる事が出来ます。
事前に当ブログ「沖縄戦」をご覧頂くと、沖縄戦の大筋が、現存する戦跡を含めてご理解頂けると思います。
お客様の希望日時・希望戦跡地などをメールでお伝え下さい。折り返しコーディネートさせて頂いたスケジュール等を
お返事差し上げます。 pochetteevnara@gmail.com までお気軽にお問い合わせ下さい。


にほんブログ村 歴史ブログ 太平洋戦争/大東亜戦争へ
にほんブログ村←クリック有難うございます。

戦史 ブログランキングへ←クリック有難うございます。
スポンサーサイト

 2018_08_07

Comments


 管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

WhitePigeon

Author:WhitePigeon
今の日本があるのは英霊達の戦ってくれたお陰だと思っています。慰霊と感謝の念を伝える為に各地戦跡に足を運んでいます。少しでも多くの方に太平洋戦争(大東亜戦争)がどの様な戦争だったのかを知って頂き、軍民問わず全ての英霊に感謝する事をお伝えしたくて当ブログを書いています、画像・情報提供して頂いた方々に感謝申し上げます。
[沖縄戦を深く知るツアー]をご希望の方はメールにてお願いします。
pochetteevnara@gmail.com

ブロとも申請フォーム

Access counter

沖縄戦跡巡り

QRコード

QR




pagetop