fc2ブログ


多野岳ホーク基地跡

Category: 沖縄本島  

沖縄県名護市の多野岳は、標高383mの沖縄本島で3番目に高い山。
因みに1番は国頭村字奥間の与那覇岳で標高503m、2番は本部町と名護市にまたがる標高453mの八重岳だ。

多野岳は昭和31年米軍に強制接収され、昭和34年、沖縄配備計画に基づき米軍羽地陸軍補助施設としてミサイル発射
台と関連施設が構築され、ホークミサイル基地として使用されていた。
昭和37年からその敷地は徐々に返還され、昭和47年(沖縄祖国復帰)に全面返還されている。
沖縄戦では日本軍第3遊撃隊「護郷隊」の拠点となっていた。

IMG_5365_convert_20210612111914.jpg
▲那覇方面から国道58号線を北へ、仲尾次交差点を右折して登っていく。
IMG_5368_convert_20210612115755.jpg
▲▼登り途中にあるソーラーパネル施設。以前はジムカーナ場があるミニサーキットだったと地元の友達に聞いた。
IMG_5369_convert_20210612115828.jpg

IMG_5372_convert_20210612120430.jpg
道は一本道なのでどんどん登っていく。
IMG_5373_convert_20210612120451.jpg
アンテナ施設がいくつも建っている。
IMG_5384_convert_20210612213604.jpg

IMG_5379_convert_20210612213720.jpg

IMG_5375_convert_20210612214004.jpg

IMG_5376_convert_20210612214047.jpg

IMG_5390_convert_20210612215205.jpg
▲中腹からの眺め。羽地ダムも見える
IMG_5397_convert_20210613222653.jpg

IMG_5401_convert_20210613222754.jpg
▲▼また太陽光パネルの施設が広がっている。
IMG_5969_convert_20210613223118.jpg
名護市の施設(廃墟)跡地を活用しているようだ・・・。
IMG_5398_convert_20210613222849.jpg

IMG_5400_convert_20210613222946.jpg
▼更に登っていく
IMG_5970_convert_20210613223225.jpg

IMG_5927_convert_20210613224900.jpg
▼▲来た道を振り返ると、本部半島、瀬底大橋、瀬底島が綺麗に見えた。
IMG_5928_convert_20210613224705.jpg

IMG_5929_convert_20210614114936.jpg
この辺り一帯がホークミサイル基地だった場所だ。
IMG_5930_convert_20210614115030.jpg
昭和44年頃から保養施設「名護いこいの村」となったそうだが、それらしい施設は見当たらず。
IMG_5931_convert_20210614115114.jpg

IMG_5932_convert_20210614120441.jpg
この先には羽地陸軍補助施設時代の保管庫も残っているそうだが今回は行けずじまい・・・。
IMG_5939_convert_20210614120315.jpg

hawkmissile_convert_20210614121021.jpg
▲アメリカ陸軍ホークミサイル(多野岳サイトの写真ではない)
IMG_5943_convert_20210614120634.jpg

IMG_5942_convert_20210614120703.jpg

IMG_5941_convert_20210614120730.jpg
▲ホーク発射台跡
02013799-700x569_convert_20210614121155.jpg
▲アメリカ陸軍ホークミサイル(多野岳サイトの写真ではない)
IMG_5944_convert_20210614120615.jpg

02013796-700x458_convert_20210614121244.jpg

IMG_5940_convert_20210614133411.jpg

IMG_5948_convert_20210615094125.jpg
▲▼この先は東シナ海。中共に睨みを効かせていたものが徐々に減り、それにつれて中共の力も増している・・・。
IMG_5950_convert_20210615094222.jpg
どうする沖縄県・・・国のやる事にいつまでも「反対!反対!」では生活していけないぞ・・・?
IMG_5966_convert_20210615094951.jpg
▲一緒に行った元自衛隊員のうちなーんちゅも呆れている・・・。
今の辺野古などの反対運動員の多くは「ないちゃー」である事を本土の人達は良く理解すべきである。


この映画は是非見ておきたいですね「凛として愛」YouTube
※APAホテルでは無料で視聴できるとの事だ。素晴らしい取り組みですね。


拙い駄文を最後までお目通し下さり有難うございます。
「沖縄戦跡ツアー」承ります。名護~糸満までの沖縄戦の激戦地戦跡をご案内します。
名護~糸満までの戦跡を、ガイドブックに載らない戦跡も含め、3日~4日程度で巡るSP戦跡ツアーとなっております。
「百聞は一見にしかず」 現場で実際に自分の目で見る戦跡は、沖縄戦を肌で感じる事が出来ます。
事前に当ブログ「沖縄戦」をご覧頂くと、沖縄戦の大筋が、現存する戦跡を含めてご理解頂けると思います。
お客様の希望日時・希望戦跡地などをメールでお伝え下さい。折り返しコーディネートさせて頂いたスケジュール等を
お返事差し上げます。 pochetteevnara@gmail.com までお気軽にお問い合わせ下さい。


沖縄県は本州などと違い、医療体制が完全ではない離島です。
新型コロナウィルス感染予防の観点から、マスク未着用の方、各所において感染対策ルールを守れない方はご依頼をお
断りさせて頂きます(見学途中であっても即中止します)
無症状であっても咳エチケットや感染予防対策等、常識あるふるまいや行動をお願いします。


にほんブログ村 歴史ブログ 太平洋戦争/大東亜戦争へ
にほんブログ村←クリック有難うございます。

戦史 ブログランキングへ←クリック有難うございます。
スポンサーサイト




 2021_06_12

Comments


 管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

WhitePigeon

Author:WhitePigeon
今の日本があるのは英霊達の戦ってくれたお陰だと思っています。慰霊と感謝の念を伝える為に各地戦跡に足を運んでいます。少しでも多くの方に太平洋戦争(大東亜戦争)がどの様な戦争だったのかを知って頂き、軍民問わず全ての英霊に感謝する事をお伝えしたくて当ブログを書いています、画像・情報提供して頂いた方々に感謝申し上げます。
[沖縄戦を深く知るツアー]をご希望の方はメールにてお願いします。
pochetteevnara@gmail.com

ブロとも申請フォーム

Access counter

沖縄戦跡巡り

QRコード

QR




pagetop